CATEGORY

鬼滅の刃

  • 2021年5月19日

【鬼滅の刃】鬼殺隊は階級制⁉鬼殺隊のメンバーと階級一覧を大公開!

アニメの第二期が決まった鬼滅の刃ですが、鬼殺隊の剣士には階級が存在します。 鬼殺隊の階級は少し特殊で番号やアルファベットではないので、なかなか覚えるのが大変ですが、 鬼殺隊とは 鬼殺隊の階級 鬼滅の刃に登場するメンバーの階級紹介! について、紹介していきたいと思います。 鬼殺隊とは 引用元:鬼殺隊見 […]

  • 2021年6月11日

宇随天元の継子は善逸だった?天元の呼吸から継子が誰になるのか考察

音柱宇随天元が遊郭の戦いの後、鬼殺隊を引退しましたが宇随天元には継子がいたのでしょうか? 今回は、 宇随天元の継子は一体誰だったのか 継子とは一体何者なのか それぞれの柱に継子は存在したのか について詳しく調べていきました。 柱になるとなぜか継子がモテる 引用元:鬼滅の刃鬼殺隊見聞録弐 継子とは、柱 […]

  • 2021年6月11日

音柱の宇髄天元が引退した理由は他の柱よりも弱いことが原因なのか

鬼滅の刃のキャラクターの中でもイケメンで体格もよく全てが完璧だ宇随天元は、遊郭編の戦いの後引退してしまうのですが、引退した理由は天元の弱さにあったのでしょうか? 今回はそんな天元の引退した理由や呼吸を調べてみました。 宇随天元の呼吸 引用元:鬼滅の刃 宇随天元は音の呼吸を使う柱の一人で鬼滅の刃の中で […]

  • 2021年4月11日

【鬼滅の刃】音柱の宇髄天元の兄弟の数は何人いて過去に何があった?

誰よりも派手なキャラで鬼と戦う宇随天元(うずいてんげん)ですが、実は今の派手な姿とは正反対の忍の家系で厳しい修行を受けていた過去を持っていました。 遊郭編の戦いで、堕姫(だき)が「忍は江戸の頃には絶えてるでしょ?」と驚いたように、江戸時代で忍は絶えてなくなっていたと考えられていましたが、宇随家は忍の […]

  • 2021年4月4日

【鬼滅の刃】柱が死亡したシーンと命の代わりに残した大切なもの

子供から大人まで大人気の鬼滅の刃は、映画や主題歌も話題になり、アニメも続編が決まるなど、話題の作品です。 鬼滅の刃はメインの竈門炭治郎(かまどたんじろう)・妹の禰豆子(ねずこ)・我妻善逸(あがつまぜんいつ)・嘴角伊之助(はしびらいのすけ)は大人気なのはもちろん、それと同じく人気があるのが9人の柱達で […]

  • 2021年4月8日

【鬼滅の刃】音柱の宇随天元の嫁3人を徹底調査!嫁が3人いる理由

鬼滅の刃の人気キャラクター宇随天元には嫁が3人いるのですが、どの嫁も特徴的で可愛らしいキャラから強気のキャラ、賢いキャラとバランスが取れています。 最強の忍を目指していた宇随家にとって最強の嫁をそろえたといったところでしょうか。 今回は、宇随天元の嫁3人について、名前や特徴、嫁が3人もいる理由に嫁の […]

  • 2021年3月20日

【鬼滅の刃】歴代の柱と技の名前を大公開!呼吸や過去の柱達について

アニメ第2期の作成が決まった鬼滅の刃、これから続々と柱達が活躍するシーンが出てきますが、柱と聞いて気になるのは、名前はもちろん呼吸と技の型ですね。 そんな現在の柱達と過去に登場した柱達の、 現在の柱の名前と過去の柱の名前 柱達の呼吸の種類と技の名前 この2つについて紹介していきます。 現在の柱の名前 […]

  • 2021年3月17日

【鬼滅の刃】不死川玄弥が死亡した経緯と鬼化した際の技や能力

大人気漫画、鬼滅の刃に登場する不死川玄弥(しなずがわげんや)、彼は主人公・竈門炭治郎(かまどたんじろう)の同期でもあり、鬼殺隊の柱のひとりでもある、風柱・不死川実弥(しなずがわさねみ)の弟でもあります。 そんな不死川玄弥の、 不死川玄弥の死亡シーン! 不死川玄弥、鬼化⁉ 不死川玄弥の技 […]

  • 2021年3月8日

【鬼滅の刃】パワハラ会議での鬼舞辻無惨の女装と下弦解体の理由

アニメ第26話の鬼舞辻無惨による下弦の鬼達を集めて無限城で行われた会議。 そのあまりの横暴さと自分の部下でも容赦なく殺していく無惨の姿に、ネットでは通称パワハラ会議と呼ばれています。 無惨含む鬼側をあまり応援していない読者からは「これはキツイ・・・」と言われていましたがどうでしょう? 今回はそんなパ […]

  • 2021年2月17日

伊黒と甘露寺の最後は夫婦になれた?おばみつの馴れ初めと靴下のプレゼント

鬼滅の刃に登場する多くのカップリングの中でも、伊黒・蜜璃カップルは人気が高いのではないでしょうか。「おばみつ」と呼ばれる二人の関係や感動的なふたりの最後、来世ではどうなったかなど、 おばみつの仲のいいシーンまとめ 二人の馴れ初め 伊黒・蜜璃死亡の最後 来世での二人の関係 について紹介していきます。 […]