CATEGORY

アニメ

  • 2022年9月11日

【オーバーロード】マーレのパンツはどちらの性別用?気になる強さについて

オーバーロードに登場するダークエルフのマーレはその見た目と可愛らしい仕草などからファンの多いキャラクターでもある一方で実はマーレは服装は女装であるものの性別は男のため、彼のパンツは男性用か女性用かどちらなのか気になる読者もいるようです。 そこで今回は、 マーレのパンツはどちらの性別用? マーレの強さ […]

  • 2022年9月11日

【オーバーロード】セバスが裏切りを疑われた理由とは?最強執事の正体

オーバーロードに登場するセバスは見た目はダンディで、仕事を忠実にこなす我々が思い浮かべるような理想的な執事でありナザリックの他のNPCと同様にアインズに対して絶対の忠誠を捧げていましたが、彼はとある理由から裏切りを疑われてしまいます。 そこで今回は、 セバスが裏切りを疑われた理由 セバスの正体 以上 […]

  • 2022年8月31日

【オーバーロード】八階層のあれらとは?ナザリック最強の戦力の正体

オーバーロードにおいて、ナザリック地下大墳墓はユグドラシル時代から強大な戦力を持ち、ナザリックに対抗できるような存在が極端に少ない転移後の世界ではほぼ敵なしと言っていいほど圧倒的です。 そんなチート集団のナザリックにおいて最強の戦力とされている八階層のあれらという存在達が第八階層に配備されていますが […]

  • 2022年8月31日

【オーバーロード】最強ランキングTOP5!至高の41人の強さは何位?

オーバーロードではゲームの世界からアバターのまま別の世界へ転移し、その常識を無視したチート級の強さで世界征服を進めていくアインズを君主としたナザリック地下大墳墓。 今回はそんなナザリックに関係した者をランキング形式で5人厳選しました。 またナザリック地下大墳墓のNPC達は自らを想像してくれた至高の4 […]

  • 2022年8月28日

【幽遊白書】幻海が生き返った経緯と若かりし頃の姿に人気があるわけ

幻海といえば幽助の師匠で「幻海ばあさん」の愛称で知られる霊光波動拳の遣い手です。 小柄でおばあちゃんなのにとても強くて憧れる存在としてもファンの間では有名で、初登場時からおばあちゃんだった幻海はその分、謎に包まれている人物でもあります。 幻海の死亡説・生き返った説について 幻海の若い時は可愛い 幻海 […]

  • 2022年8月12日

【幽遊白書】修羅の強さと父の黄泉に対する思い

魔界三大妖怪の一人、黄泉には息子が存在します。 息子、という意味では幽助が雷禅の息子ですが、こちらは隔世遺伝なので少し勝手が違いました。 今回は黄泉の息子・修羅に注目していろいろ知っていきたいと思います。 修羅の強さ 修羅のプロフィール 修羅の父親と母親 以上の事を中心に知っていきましょう。 修羅は […]

  • 2022年8月11日

【幽遊白書】人気キャラの作品終了後のその後を考察する

幽遊白書が連載を終えて、気になる事は各キャラのその後についてでしょう。 ここでは人気キャラたちのその後について考察していきたいと思います。 蔵馬のその後 螢子のその後 武威のその後 朱雀のその後 幽助のその後 桑原のその後 飛影のその後 最終回のその後 最終回で分かっている事からその後の考察をしてい […]

  • 2022年8月13日

【オーバーロード】イビルアイは死亡する?仲間になるストーリーが判明!

オーバーロードに登場するイビルアイは背丈や声は幼い少女でですが、彼女の実力はアインズや神人などの例外を除いて世界最強クラスであるものの、その素性は謎も多いです。 そこで今回は、 イビルアイが死亡する可能性 イビルアイがアインズの仲間になるストーリーについて イビルアイのチート級のタレント 以上、世界 […]

  • 2022年8月14日

【2022年版】号泣必至!感動して泣ける恋愛アニメ作品

「恋愛アニメを観てキュンキュンしたい!」「とにかく感動して泣きたい!」そんな気分になることありませんか? 本記事では、号泣できると評判の恋愛アニメ作品をピックアップし、あらすじと号泣できるポイントをご紹介します。 気になった作品があったら、ぜひチェックしてみてください。 また、 dアニメストア Hu […]

  • 2022年8月12日

【オーバーロード】ラナーの正体のネタバレ!王女を辿る結末

オーバーロードに登場するリ・エスティーゼ王国の王女ラナー、彼女の表の顔は比の打ちどころのない素晴らしい王女であり国民からの評価も高いものの、彼女の兄弟や一部の貴族、そして我々読者が知っている本当の彼女はその表の顔からは想像できないほど別人です。 そこで今回は、 ラナー王女の正体 ラナーの辿る結末 以 […]