CATEGORY

NARUTO

  • 2021年3月31日

【NARUTO】はたけカカシの過去や現在について年齢別に徹底紹介!

はたけカカシとは左目に写輪眼を持ち、一度見た術はその写輪眼でコピーして自身の物としてしまう事からコピー忍術のカカシや写輪眼のカカシと呼ばれ、他里でもその名を轟かせる程の実力の持ち主であり、6代目火影まで上り詰めた人物です。 その他者を圧倒する実力もさることながら甘いルックスで原作において大変人気のあ […]

  • 2021年3月17日

はたけカカシが6代目火影に就任した年齢や歴代火影と比較した強さ

はたけカカシと言えば写輪眼のカカシと他里までその名を轟かせ、第一部から第二部まで様々なシーンで大活躍を見せる木の葉きっての実力を持つキャラクターですが、その強さの所以でもある写輪眼を第四次忍界大戦においてうちはマダラに奪われ、永久に失ってしまうことになりました。 しかしそれまでの数々の功績を称えられ […]

  • 2021年2月28日

【NARUTO】はたけカカシの暗部時代の知られざるその過去とは

はたけカカシと言えば写輪眼のカカシとその名を他里まで轟かせ6代目火影にもなった木の葉随一の忍ですが、カカシの忍人生は決して順風満帆なものではなく、父親を初めとする数多くの親しい人達の死を幼い頃から経験しており、その過去の壮絶さは想像を絶する物でした。 数々の死線を仲間の犠牲の上にくぐり抜けてきたカカ […]

  • 2021年2月21日

【NARUTO】日向は木の葉にて最強と謳う秘伝の技と日向ヒアシの強さ

木の葉の里において最強と謳われる忍一族の1つ、日向一族は写輪眼以上の視野と動体視力、また透視能力を使ってチャクラの経絡系をも見る事の出来る血継限界の白眼を持つ一族ですが、あの大筒木カグヤも白眼を持っておりその血筋は天忍に当たります。 そこで今回はそんな崇高で最強の日向一族とその技について紹介していき […]

  • 2021年2月21日

【NARUTO】人柱力で尾獣の能力や強さや死因が分かる一覧!

NARUTOにおいて世界の均衡を保つ大きな役割を担っている尾獣は、その強大すぎる力はあまりにも危険な為人間に封印することでコントロール下に置く風習がありますが、人柱力によってはコントロールしきれずに暴走してしまう事も。 そんないつ暴走するか分からない人柱力は尾獣の力を得る代わりに各里でも超危険人物と […]

  • 2021年2月21日

【NARUTO】はたけカカシは結婚している?その相手とは誰なのか

原作NARUTOの最終話ではナルトとヒナタやサスケとサクラ等、様々なキャラクターが結婚し子供がいる事で話題になりましたが、そんな中でも6代目火影となりクールで頼りになるその性格からキャラクター人気1,2を争うはたけカカシはどうなったのかと疑問に思う方が多いはず。 そこで今回は、第4次忍界大戦後カカシ […]

  • 2021年2月21日

【NARUTO】サイの正体と目的は何?結婚した相手と死亡説を検証

サイと言えばNARUTO第2部から登場し、ナルトとサクラの第7班にサスケの代わりとして配属されたクールで毒舌が特徴のイケメンキャラですが、その正体は謎に包まれており敵か味方かも判断がつかない為同期たちからも孤立していました。 第7班として任務をこなしていくうちに段々とその正体が明らかになっていきます […]

  • 2021年2月21日

【NARUTO】猿飛アスマが死亡したのは何話?残された家族のその後は

木の葉の中で随一の火遁の使い手と言えば猿飛一族であり、そんな一族の中でも現在は火影補佐であるシカマルの師であった猿飛アスマは一際その存在感を放っていましたが、暁によって殺されてしまいます。 そこで今回は、アスマは何話で殺されてしまったのか? 殺されるに至った経緯から残された家族のその後までをまとめま […]

  • 2021年2月21日

【NARUTO】ナルトとヒナタの結婚式は何話?告白したのはどっちから?

ナルトは暁や大蛇丸等凶悪な敵との駆け引きや激しいバトル、また様々なキャラクターの過去や因果関係が見所のアニメですが、キャラクター同士の恋愛関係も所々に描写されており、特に主人のナルトの恋愛が気になるところ。 そこで今回はナルトとヒナタの結婚までの経緯をまとめてみました。 ナルトとヒナタの結婚式は何話 […]

  • 2021年2月21日

【NARUTO】はたけカカシの写輪眼2度無くなった理由と経緯

NARUTOにおいて作品の序盤に登場した、上忍のコピー忍者のカカシことはたけカカシ。 後に6代目火影となり、他里でもその名を轟かせる程の強さを持つ忍で、その強さの大きな要因の1つは写輪眼ですが、はたけカカシはその写輪眼を物語の終末で失う事になってしまいました。 そこで今回は、カカシが何故写輪眼を失う […]