【NARUTO】サイの正体と目的は何?結婚した相手と死亡説を検証

サイと言えばNARUTO第2部から登場し、ナルトとサクラの第7班にサスケの代わりとして配属されたクールで毒舌が特徴のイケメンキャラですが、その正体は謎に包まれており敵か味方かも判断がつかない為同期たちからも孤立していました。

第7班として任務をこなしていくうちに段々とその正体が明らかになっていきますが、果たしてその正体とは?サイの生い立ちや目的を徹底解説していきます。

サイの正体とは?

無表情のサイ

引用元:ナルト

サイの正体は木の葉の里を裏の世界から支える「根」のトップであるダンゾウと木の葉の里を抜け、サスケを連れ去った大蛇丸を繋ぐパイプ役、及び人柱力であるナルトを監視する為に第7班に送り込んだスパイだったのです。

根とは木の葉の里を守る為ならどんな汚い任務でもこなす事が出来る様、構成員に幼い頃から感情を殺す訓練を強制しており、更に情報を決して外に漏らせない様舌に呪印を施している闇の組織ですが、サイはどの様にしてそんな闇の組織に所属するに至ったのかまずはその生い立ちを見ていきましょう。

サイの本名、年齢、誕生日、血液型

筆を持っているサイ

引用元:ナルト

  • 名前:サイ(本名不明)
  • 誕生日:11月25日
  • 年齢:17歳
  • 身長:172.1㎝
  • 体重:53.3㎏
  • 血液型:A型

サイとはダンゾウから与えられた名前なので本名ではありませんが、幼い頃から孤児であった為その本名は明かされておらず後に結婚するイノとの間に生まれた子供も山中とイノの姓を名乗っており、BORUTOではサイ自身も山中サイと名乗っている為、自身でも本名を知らない、もしくは本名を持っていないと言えるでしょう。

そしてサイの強さは根の中でもトップクラスであり、自身で描く絵を実態化させて戦う鳥獣戯画などの遠距離戦を得意としていますが、人の感情が理解できず、サイ自身も感情が欠落してしまっている為第2部の序盤で協力して戦う事はまずありませんでした。

戦闘以外でもサクラにブスと言ったり、ナルトに弱いと言ったりと協調性に欠けた一面や、作り笑顔でその場を取り繕おうとし反感を買う一面が多くなかなか信用出来ない存在でしたが、そんなサイにも第7班としてナルト達と任務をこなしていくうちに少しずつ変化が現れます。

サイの生い立ち

ここからは少し過去に遡りサイの生い立ちを見ていきましょう。

サイの兄

何かを眺めているシン

引用元:ナルト

シンとは、

  • サイと同じく根に所属している
  • サイと数年間に渡り山奥の小屋で寝食を共にしていた
  • 不治の病に侵されてた

という人物です。

孤児であったサイは幼い頃にダンゾウによって拾われ、シンと2人で数年間に渡り山奥の小屋で寝食を共にしていました。

そのため血の繋がりは無いもののシンの事を兄さんと呼び本物の兄弟の様に慕っており、シンからスケッチブックを貰ったサイは常に持ち歩き、そのスケッチブックに2人の物語を描くことを決意するのです。

兄の裏切り

戦っているサイとシン

引用元:ナルト

そんなある日、2人のうちどちらかが死ぬまでの殺し合いをしろとダンゾウに命じられ、これは根に伝わるわざと親しくなるように仕向けた2人に殺し合いをさせる事によって感情を殺すという最終試験だと知ったサイは、シンを殺す事など出来ないと2人で逃げる事をシンに提案。

この頃から不治の病を患っておりこの戦いを避けたとしても長くは生きられないシンは、サイを生かす為にあえて殺意を向ける事で自分を攻撃させ、病気で体力の限界が来た自分をここに置いていけと命じます。

最後は「2人の物語の完成が見たかった」と言い残し、サイを生かす形で命を落としますが、サイはあんなに親しかった兄を見殺しにしてしまったという罪悪感から根の狙い通り感情を失い、兄との思い出も心の奥底にしまいこんでしまった上に今までスケッチブックに書いていた兄との絵も描くことが出来なくなってしまいました。

サイの目的

護衛されているダンゾウ

引用元:ナルト

こうして感情を失い正式に根の一員となったサイにダンゾウは、

  • 第7班に所属することでナルト及び火影の動向を監視し全て報告する事
  • 木の葉崩しを実行したい大蛇丸と木の葉を自分の物にしたいが為に、その手助けをしようとするダンゾウを繋ぐパイプ役

を命じますが、この狙いは強力な戦力である人柱力を他の里や組織に奪われない為にナルトをなるべく里に閉じ込めておきたいという思惑と時期火影の座を狙うために現火影のボロをあぶり出すという思惑であり、更にパイプ役に関しては実際は大蛇丸から盗んだ情報をダンゾウに渡し大蛇丸を出し抜こうとする二重スパイだったのです。

兄を殺したとも言える根に憎しみの感情すら湧かないサイはダンゾウの忠実な部下となり、ただひたすらにダンゾウからの危険なスパイ任務のために毎日を過ごしていました。

サイの感情の変化

この様にサイ自身の目的というよりかは、ダンゾウの目的の為与えられた任務をただひたすらにこなしていたサイですが、ナルト達第7班や同期達との関わりの中で少しずつ変化が現れます。

サイと第7班

本を見ているナルトとサイ

引用元:ナルト

初めは協調性がなく、仲間が傷ついても任務遂行を優先する冷たいサイの事をナルトもよく思っておらず2人の中は険悪でしたが、サイが入って初めての第7班の任務であった大蛇丸の側近であるカブトと接触する任務で大蛇丸と対峙することになり、サスケを連れ去った本人である大蛇丸を前にしたナルトは怒りのあまり九尾化し、近くにいたサクラにまで危害を及ぼすほど自我を失ってしまいます。

ヤマトの必死の封印術によって暴走は止まりますが、その隙に大蛇丸に火影直轄部隊のリストを渡すことにより大蛇丸へ取り入り、そのまま姿を消してしまったサイを追ってナルト達は大蛇丸のアジトへ潜入しました。

そこでサイを見つけ出しサイの本当の任務を知ったナルト達は怒りを爆発させ、どうしてこんな事をするのかと尋ねると、サイは「僕はダンゾウ様の手足で、僕は存在しない。感情がないからどんな任務でもこなすだけ」と答えますが、サクラが兄からもらったスケッチブックをずっと大切に持っているのは感情が捨てきれず、兄との繋がりを大切に思っているからだという指摘を受けサイは考えさせられる事に。

その後の任務でサスケを連れ戻す為に必死になるサクラとナルトの姿を目の当たりにしたサイは繋がりとは何なのかと疑問を抱くようになり、その答えを知る為に自ら他人と繋がりを持とうと人間関係の本を読んだりと少しずつ仲間に寄り添い始め、ついに兄との物語を完成させる程になっていきました。

兄との再会

怒っているサイ

引用元:ナルト

ナルトの監視任務もダンゾウから受けていたサイですが、仲間の為にダンゾウに嘘の報告をするだけでなく、命を懸けて仲間を守ろうとする様になり、ナルト達からの信頼も厚い物になっていたそんなある日第4次忍界大戦が勃発します。

  • 第4次忍界大戦

長距離戦を得意とするサイは特攻隊として敵の前線に攻め込みますが、そこにはカブトの穢土転生により蘇ったシンとデイダラの姿がありました。

デイダラはシンの身体に起爆粘土を埋め込み、穢土転生であるが故の不死身を利用した人爆弾を作り戦闘を行いますが、兄を侮辱されたサイはここで初めて感情を大爆発させデイダラに激怒、自らの手で操られているシンを止めようとしますが穢土転生の、

  • 不死身
  • 穢土転生をかけている術者に解の印を結ばせるか、術をかけられている者の魂を開放しないかぎり止まらない

という特徴に苦戦を強いられます。

しかしそんな戦闘中にサイのカバンからシンが送ったスケッチブックが落ちてしまい、完成された2人の物語がシンの目の前に広がった瞬間「やっと見たかった物が見れた」と言ってシンの魂は昇天していき、この瞬間サイの魂も長年のしがらみから解放されたのです。

ナルト疾風伝を見るなら【dアニメストア】
5

・初回加入時は31日間無料
・アニメ見放題月額440円(税込)
・DLすれば、いつでもどこでも視聴可能
・劇場版やOVAも見れる

イノとの結婚

話しているイノとサイ

引用元:ナルト

第4次忍界大戦で兄とのしがらみも解け、更に仲間との繋がりの大切さを知ったサイは人の気持ちも段々と理解できる様になり原作には描写がないものの、アニメの第713話では自分を助けようと必死になるイノに心惹かれていきデートに誘うまでになります。

その後2人はめでたく結婚し、2人の間にはイノジンという男の子が誕生しました。

このことか分かるようにサイは死んでおらず、続編の「BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS」でも火影となったナルトを支える役割として活躍しています。

まとめ

最初はダンゾウのスパイとしてナルト達を裏切り続けてきたサイですが、その背景には根の非情な訓練やサイの恵まれない生い立ちがあり、第7班として任務をこなすうちに本来の優しいサイの姿を取り戻して仲間からも厚い信頼を寄せられるようになりました。

BORUTOでは火影直轄の暗部としてナルトのサポートをしたり、第25班の担当上忍を務めたりと活躍の場が広がっているので、今後は警戒すべき人物としてではなく木の葉の信頼できる忍としてサイに注目していきたいと思います。