CATEGORY

呪術廻戦

  • 2021年6月1日

【呪術廻戦】呪術界最強!五条悟が発動する領域展開無量空処とは!?

今回は、物語の中でも大人気キャラクターである五条悟の領域展開「無量空処」について紹介していきます。 あの呪術界最強である特級術師が扱う領域展開とはどんなものなのか気になりますね。 領域展開「無量空処」とは 無量空処とは呪術界最強であり、主人公たちの通う呪術高専の教師でもある五条悟が扱う領域展開のこと […]

  • 2021年6月8日

【呪術廻戦】誰の領域が最強!?領域展開最強ランキングを紹介!

今冬に映画化が決まり益々盛り上がる呪術廻戦ですが、その中でも見所はやはり呪術師の技の極意とも言える領域展開ではないでしょうか。 今回はそんな領域展開の最強ランキングを独断と偏見で紹介していきます。 領域展開最強ランキング 第150話時点で登場する6つの領域展開をランキング順に解説していきます。 今回 […]

  • 2021年5月24日

【呪術廻戦】両面宿儺の領域展開「伏魔御廚子」はアニメ何話で登場?

アニメ第2クール目も更に盛り上がった呪術廻戦ですが、ここで改めて1クール目にて描かれた両面宿儺の領域展開についてお話していきます。 「呪いの王」として恐れられている両面宿儺の領域展開はアニメ何話で見れるのでしょうか。 領域展開「伏魔御廚子」はアニメ何話で登場するのか 両面宿儺が発動する伏魔御廚子は、 […]

  • 2021年5月13日

【呪術廻戦】正に神業!スクナの領域展開はどんな必中効果があるのか?

本編では死滅回遊編が始まり更に展開が目まぐるしく動く呪術廻戦も魅力的ですが、キーマンとなった呪術師達がさらによく動いた渋谷事変では、やはり圧倒的な強さを見せた宿儺が魅力的でしたね。 今回は、渋谷事変にて明らかとなった正に神業とも言える呪いの王「宿儺(スクナ)」の領域展開について紹介します。 宿儺(ス […]

  • 2021年5月13日

【呪術廻戦】両面宿儺はアニメ何話で領域展開伏魔御廚子を発動する?

主人公の虎杖悠仁を器として復活の時を静かに待っており、また、呪術廻戦の中で最も恐れられている呪いの王こそが「両面宿儺」です。 普段は虎杖悠仁が宿儺の力を抑えていますが、過去に幾度も入れ替わりその強さを見せていました。 そこで今回は、両面宿儺がアニメ呪術廻戦で見せる領域展開について紹介していきます。 […]

  • 2021年5月12日

【呪術廻戦】呪術高専2年生の禅院真希と乙骨憂太はどんな関係性なの?

現在連載中の呪術廻戦では、呪術高専2年生である禅院真希、狗巻棘、パンダの仲の良い様子が描かれています。 京都姉妹校交流会でも仲の良い様子がひしひしと感じられましたね。 その中でも今回は、本編では描かれていない禅院真希と乙骨憂太との関係性についてご紹介します。 禅院真希と乙骨憂太はどんな関係か 呪術廻 […]

  • 2021年5月8日

【呪術廻戦】特級術師乙骨憂太と元呪詛師ミゲルが再登場したのは何巻?

今回は、今冬映画化が決まった呪術廻戦の登場人物である乙骨憂太と、海外にて乙骨と行動を共にしていたミゲル。 直接的な共通点のない二人がなぜ海外で一緒に行動していたのかについて、本編で海外遠征の真実が語られているのでその話についても触れていきます。 乙骨憂太とミゲルが再登場するのは原作何巻? 乙骨憂太と […]

  • 2021年4月20日

狗巻棘の名呪言「動くな」は原作何巻で登場?アニメでは何話?

主人公虎杖悠仁の一つ上の先輩である狗巻棘は現在本誌では生存が確認され安心した人も多いですが、腕が無くなっておりどういう状況か気になっているところです。 今回狗巻棘の能力は何なのか、そしてどのような人物像なのか、を能力の使用シーンなどを追いながら魅力に迫っていきます。 狗巻棘の「動くな」は原作何巻でア […]

  • 2021年4月18日

【呪術廻戦】伏黒恵が使う術式と式神玉犬の種類と白の特徴

現在渋谷事変後の展開がますます加速している呪術廻戦ですが、そのキャラクターの中心人物の1人である伏黒恵が使う術式はご存じでしょうか? 伏黒恵は禪院家相伝の術式である「十種影法術」を使いさまざまな式神を召喚して呪いを祓っていきます。 今回その中でもはじめに与えられる犬型の式神で特に白という式神とはどん […]

  • 2021年4月16日

【呪術廻戦】八十八橋編は原作何巻で登場してモデルとなった場所はどこ?

今回はアニメ呪術廻戦にも登場し、今後のストーリーにおいて重要な物語となる「八十八橋編」で、普段自らの話をしない伏黒恵の過去が描かれたり、今後重要となるキャラクター達の登場など展開の多いストーリーとなっています。 呪術廻戦の八十八橋編は原作何巻? 今後のストーリーの重要な展開となる「八十八橋編」は、原 […]