CATEGORY

コミック

  • 2021年6月3日

【かぐや様は告らせたい】四宮かぐやのダークでやばい父と3人の兄

国の心臓そしてその本家本流の四宮家は、千を超える子会社を持ち、総資産200兆円の四宮グループのトップです。 四宮グループは高度経済成長期に国内有数の大財閥になっていきましたが、その過程で内紛や敵対的買収などで数多くの犠牲を出していました。 その四宮グループの中枢である四宮一族とはどのような人たちでし […]

  • 2021年6月3日

【かぐや様は告らせたい】藤原千花の好きな人と理想の男性像とは

かぐや様は告らせたいのメインヒロイン、藤原千花。 感情表現豊かで天真爛漫な性格、天才的なピアノの腕と五か国語を操るマルチリンガル、秀知院学園でもトップクラスの美貌とナイスバディの持ち主で、男子生徒人気も高く告白する人も多いそうです。 そんな藤原千花ですが、彼女には恋愛頭脳戦を仕掛けるほど好きな人はい […]

  • 2021年6月3日

【進撃の巨人】ファルコが鳥になったのはなぜ?見上げていた鳥は何?

天と地の戦いではファルコが鳥の巨人になってみんなを助け出す場面が描かれていました。 ファルコはなぜ空を飛ぶことができたのでしょうか。 今回は、ファルコが鳥になった理由とファルコが見上げていた鳥の正体について解説して行きたいと思います。 ファルコが鳥になったのはなぜ? ファルコが鳥になったのは、ジーク […]

  • 2021年6月3日

【進撃の巨人】コニー死亡!?まさかの巨人化や彼が辿った運命

エレンと同期の小柄な少年、コニー・スプリンガーは陽気な性格で少々おバカなところもありますが、勇気と身軽さを武器に生き残ってきた104期のムードメーカーです。 そんな彼ですが、故郷ラガコ村の母親が巨人にされ、同期で「双子のような」存在だったサシャを失い、非常に辛い思いをしています。 そして最終決戦にお […]

  • 2021年6月1日

【呪術廻戦】呪術界最強!五条悟が発動する領域展開無量空処とは!?

今回は、物語の中でも大人気キャラクターである五条悟の領域展開「無量空処」について紹介していきます。 あの呪術界最強である特級術師が扱う領域展開とはどんなものなのか気になりますね。 領域展開「無量空処」とは 無量空処とは呪術界最強であり、主人公たちの通う呪術高専の教師でもある五条悟が扱う領域展開のこと […]

  • 2021年5月31日

【はじめの一歩】ブライアンホークは鷹村に負けた後どうなったのか?

ブライアンホークは『はじめの一歩』作中でジュニアミドル級の世界王者として君臨していたボクサーです。 しかし、鷹村との試合に負けてから世界王者ではなくなってしまい、その後ブライアンホークは何をしてるのかというのを、考察していきます。 ブライアンホークは鷹村に負けた後に引退した 引用元:はじめの一歩 鷹 […]

  • 2021年5月30日

【かぐや様は告らせたい】お可愛い早坂回は何話?意外と天然な七変化

単行本の人物紹介に毎回載っている「かぐや様は告らせたい」の重要人物、早坂愛。 ミステリアスな反面、年相応で思春期な気持ちも併せ持つお可愛い早坂が主役なのは何巻の何話で見られるでしょうか。 今回の話はアニメ第3期以降の内容も含まれるため、アニメ派の人にはかなり先取りしたものになります。 早坂愛がメイン […]

  • 2021年6月8日

【呪術廻戦】誰の領域が最強!?領域展開最強ランキングを紹介!

今冬に映画化が決まり益々盛り上がる呪術廻戦ですが、その中でも見所はやはり呪術師の技の極意とも言える領域展開ではないでしょうか。 今回はそんな領域展開の最強ランキングを独断と偏見で紹介していきます。 領域展開最強ランキング 第150話時点で登場する6つの領域展開をランキング順に解説していきます。 今回 […]

  • 2021年5月29日

【進撃の巨人】アニ復活は原作何巻?どう描かれている?

「女型の巨人」としてエレン達の前に立ち塞がり、死闘を繰り広げたアニ・レオンハートは調査兵団ではエレン達の同期であり、クールで格闘術に優れた兵士でした。 しかし死闘の末に、彼女は巨人の持つ「硬質化」の力により、自身を鉄以上の硬度を持つ透明な水晶体の中に封じ込めてしまいます。 調査兵団はその後、彼女を地 […]

  • 2021年6月9日

破壊神マグちゃんが面白いと思うポイントと登場するキャラクターまとめ

週刊少年ジャンプで連載されている破滅ほんわかコメディ漫画「破壊神マグちゃん」 今回は、マグちゃんの面白いポイントと見所をご紹介します。 破壊神マグちゃんのあらすじと登場人物 引用元:破壊神マグちゃん まずは、「破壊神マグちゃん」あらすじと登場人物をまとめてみました。 破壊神マグちゃんのあらすじ 引用 […]