• 2021年2月17日

【鬼滅の刃】愈史郎は最後に死ぬ? 珠世との関係と無限城での功績

鬼でありながら人の味方でもあった珠世と愈史郎の最後はどうなったのでしょうか? 後の戦いにおいて、この二人がいなければ勝利は無かったと言えるほどの重要な存在であった珠世と愈史郎について、その最後と彼らの功績と共に紹介していきます。 目次1 珠世と愈史郎のプロフィール1.1 珠世の年齢・身長・趣味・声優 […]

  • 2021年2月17日

【鬼滅の刃】炭治郎とカナヲはその後結婚した!桜の木の下ではラブラブ?

205話では二人の子孫と思われる人物が登場、このことから二人は結婚していた可能性が非常に高いようですが実際のところはどうなのでしょうか? 炭治郎とカナヲは結婚した? 二人の馴れ初め など、竈門炭治郎と栗花落カナヲの結婚の真相や二人の出会いについて調べてみました。 目次1 竈門炭治郎と栗花落カナヲのプ […]

  • 2021年2月20日

【薬屋のひとりごと】猫猫が手作りチョコレート?壬氏からの調薬依頼

人攫いにあい下女として後宮で働いていた猫猫は、お世継ぎ様の連続死の原因が高級おしろいの毒であると見抜き、薬の知識と字の読み書きが出来た事で玉葉妃の赤子を救い、猫猫は侍女に出世しました。 ある日毒見役を引き受ける猫猫に、麗しき宦官壬氏から「媚薬を作ってくれないか?」と驚くべき依頼をされます。 「時間と […]

  • 2021年2月21日

【呪術廻戦】伏黒津美紀は何故呪いで眠っているのか?年齢はいくつ?

原作では偽夏油が次に起こすであろう事件の話が描かれており、新章もダークなストーリーになりそうな呪術廻戦ですが、伏黒恵の姉 伏黒津美紀が長い眠りから目を覚まします。 新章で登場するかもしれない伏黒津美紀を詳しく調べ考察しまとめました。 目次1 伏黒津美紀とは1.1 伏黒津美紀のプロフィール1.1.1 […]

  • 2021年2月15日

ジョジョ5部ナランチャ・ギルガの謎の最後!死亡した原因と名セリフ

ジョジョの奇妙な冒険5部で登場するナランチャ・ギルガは作中ではスタンド、エアロスミスを扱い数々の敵を打ち破っていきました。 基本的には頭が悪く、常識的なことがかけていたり、智略を巡らせたりするのが苦手な彼ですがミスタ同様チームのムードメーカー的な存在だった、そんなナランチャ・ギルガの最後と死の直前に […]

  • 2021年2月17日

【ヒプマイ】躑躅森蘆笙の過去を調査!元ヤンキーって本当?

ついにセカンドバトルの概要も発表され、盛り上がりをみせるヒプノシスマイクですが、セカンドバトルの初戦はどついたれ本舗とBuster Bross!!ですね。 今回はどついたれ本舗の二番手である躑躅森蘆笙の過去について調べていきます。 目次1 躑躅森蘆笙について1.1 躑躅森蘆笙の身長・体重・誕生日1. […]

  • 2021年2月21日

【NARUTO】はたけカカシは結婚している?その相手とは誰なのか

原作NARUTOの最終話ではナルトとヒナタやサスケとサクラ等、様々なキャラクターが結婚し子供がいる事で話題になりましたが、そんな中でも6代目火影となりクールで頼りになるその性格からキャラクター人気1,2を争うはたけカカシはどうなったのかと疑問に思う方が多いはず。 そこで今回は、第4次忍界大戦後カカシ […]

  • 2021年2月17日

【ヒプマイ】キャラクター別の好きな食べ物と嫌いな食べ物について調査!

ゲームやアニメ、舞台など様々な展開をしているヒプノシスマイクですが、都度キャラクターの好きな食べ物や嫌いな食べ物について情報が小出しにされてきました。 今回はヒプノシスマイクのキャラクターの好きな食べ物、嫌いな食べ物について、アニメ、コミックス、ゲームなどの媒体から一斉調査をしてまとめました。 目次 […]

  • 2021年2月17日

【ヒプマイ】四十物十四とアマンダの関係は?マイクについても調査!

18歳らしい可愛らしい言動と中二病モードとのギャップが特徴的な四十物十四ですが、彼の口からは「アマンダ」という言葉がよく出てきますよね。 今回は四十物十四とアマンダの関係や、四十物十四のマイクについて調べました。 目次1 四十物十四とアマンダ1.1 四十物十四の過去1.2 四十物十四とアマンダの関係 […]

  • 2021年2月21日

【呪術廻戦】偽夏油や虎杖とも関係が?呪術界最悪の術師加茂憲倫について

様々な謎を秘めている呪術廻戦のストーリーですが、御三家の一つである禪院家、その中でも過去の当主であり最悪の呪術師と称される加茂憲倫は、その正体から能力まで全てが闇に包まれたキャラクターです。 そんな加茂憲倫ですが、週刊少年ジャンプ本誌で偽夏油との関係が明かされ、ファンの間で大きな話題になりました。今 […]