【BLEACH】崩玉の正体と二つあったのに片方が無くなった理由

BLEACHの破面篇で重要なキーワードとなった崩玉。

今回は、

  • ブリーチに登場した崩玉とは?
  • 崩玉はブリーチ最序盤から登場していたルキアに隠されていた
  • 霊王を否定した藍染惣右介の崩玉との融合

の項目に分けて崩玉について紹介していきたいと思います。

崩玉の正体

「名を崩玉」という浦原喜助のセリフと崩玉
引用元:BLEACH

BLEACH本編で崩玉という言葉が登場したのは単行本20巻BLEACH 175.end of hypnosis7[Truth Under My Strings]です。

崩玉とは、元十二番隊隊長だった浦原喜助が作り出した物質の名で、その能力は瞬時に虚と死神の境界線を取り払うことができるという尸魂界の常識を超えるものでした。

崩玉を浦原喜助が造り出した経緯が単行本36巻BLEACH -98.Turn Back The Pendulum 11で描かれた過去篇で明かされており、浦原喜助は死神の魂魄の強化を研究するうえで虚化という一つの解に辿り着いて、その過程で虚と死神の境界を瞬時に破壊・創造する物質である崩玉を作ります。

つまり、浦原喜助が崩玉を作り出したのは彼の研究の副産物だったということになります。

また、崩玉を作り出した浦原喜助ですが、彼も崩玉の全てを知っていた訳ではなくその最たる例は崩玉の能力で、崩玉の能力は虚と死神の境界を瞬時に破壊・創造することとされていたものの、単行本46巻 BLEACH 401.DEICIDE3にて崩玉の本当の能力が藍染右介の口から明かされました。

崩玉の本当の能力は自らの周囲に在るものの心を取り込み具現化する能力で、願ったことがそのまま現実となってしまう強力な力です。

崩玉の本当の能力を知らなかった浦原喜助も崩玉の危険性を察知して破壊を試みていますが失敗していたほどでした。

 

ポイント
  • 崩玉は浦原喜助が造り出した物質
  • 崩玉の本当の能力は自らの周囲に在るものの心を取り込み具現化する能力

崩玉は二つあったのに一つが消えてしまった理由

BLEACH本編で崩玉は2つ登場しています。

  • 浦原喜助が作り出した崩玉
  • 藍染惣右介が作り出した崩玉

登場した二つの崩玉ですが、藍染惣右介が自分の崩玉に浦原喜助の崩玉を与えていたので、最終的に崩玉は一つだけとなっています。

崩玉の作り方

強大な能力を持った崩玉ですが、その作り方は不明のままです。

涅マユリならば崩玉を作り出すことはできるかもしれませんが、崩玉を作り出した人物が浦原喜助と藍染惣右介という稀代の天才だったので、常人に崩玉を作ることはできないでしょう

崩玉はルキアに隠されていた

浦原喜助の技術を利用して朽木ルキアの魂魄から崩玉を取り出す藍染惣右介の手
引用元:BLEACH

崩玉の存在が藍染惣右介の口から明かされた単行本20巻BLEACH 175.end of hypnosis7[Truth Under My Strings]にて、崩玉を破壊することができなかった浦原喜助の手によって朽木ルキアに隠されていた事が同時に明かされていました。

崩玉を破壊することができなかった浦原喜助は、崩玉に防壁をかけて他の魂魄の奥底に埋め込む事によって崩玉を隠すという手段を取ります。

そこで彼が選んだのが朽木ルキアでした。

どのタイミングで朽木ルキアの魂魄の奥底に崩玉を埋め込んだかは不明ですが、浦原喜助は霊力を失った朽木ルキアに義骸を提供しているので、朽木ルキアが提供された義骸に入った時に彼女の魂魄に埋め込まれた可能性が高いでしょう。

しかも、浦原喜助が朽木ルキアに提供した義骸は、

 

  • 霊子を含まない
  • 義骸に入った死神の魂魄を分解し続ける

という通常の義骸とは違った特殊なものとなっており、尸魂界から補足されないようになっています。

つまり、浦原喜助は崩玉を隠すために朽木ルキアを利用していたことになりますが、最終的に藍染惣右介の手によって崩玉は朽木ルキアの魂魄から回収されてしまいました。

関連記事

BLEACHの登場キャラの中で最も謎の多い人物である浦原喜助。 今回はそんな謎の多い男浦原喜助の、 浦原喜助について 隊長時代 浦原喜助の強さ 卍解の能力 卍解のアニメでの登場有無 など、浦原喜[…]

浦原登場

魂魄に埋め込まれた崩玉を取り出す方法

浦原喜助が朽木ルキアの魂魄の奥底に崩玉を埋め込んで隠していたと藍染惣右介の口から明かされましたが、それと同時に魂魄に直接埋め込まれた異物質を取り出す方法が二つある事も語られています。

 

  • 双極の様に超々高度の熱破壊能力で外殻である魂魄を蒸発させて取り出す
  • 何らかの方法で魂魄組成に直接介入して強制的に分離させる

藍染惣右介は朽木ルキアの魂魄に崩玉を隠したような魂魄への異物質埋没という技術は浦原喜助が編み出した技術だと話していて、さらに、埋め込む技術を編み出したならそれを取り出す技術も編み出していたはずだと藍染惣右介は言っていました。

藍染惣右介の思惑は当たっていて朽木ルキアの双極での処刑に失敗したものの、地下議事堂の大霊書回廊で浦原喜助の研究のデータを一つずつ調べ上げていた彼は、魂魄組織に直接介入して強制的に分離させる方法を知ります。

しかし、どのように取り出すかなどの詳細の部分までは明かされていませんでした。

 

ポイント

結果論でしかないのですが浦原喜助は自分の技術を利用されて崩玉を奪われてしまった事になります。

霊王を否定した藍染惣右介の崩玉との融合

服をはだけさせみぞおちに埋め込まれた崩玉を見せる藍染惣右介
引用元:BLEACH

霊王を否定し、自分自身が天に立つと言って尸魂界を裏切った藍染惣右介が崩玉と融合した姿が単行本46巻BLEACH 396. THE BITEで描かれています。

致命傷に近い傷を虚化の超速回復のように一瞬で治療するなど不死身の肉体となった藍染惣右介は、その後の戦いの中で様々な姿へと変化していきました。

さらに、黒崎一心や四楓院夜一、浦原喜助といった実力者が霊力を感じられない程の領域に達するなど他者を寄せ付けない力を手にした藍染惣右介ですが、最終的には黒崎一護に敗れ、崩玉によって手にした力の全てを失ってしまいます。

藍染惣右介が力を失った際に「崩玉はアナタを主とは認めないと言ってるんスよ」と浦原喜助は言っていましたが、黒崎一護の見解は違いました。

黒崎一護は藍染惣右介が望んで力を手放したのではないかと言っています。

崩玉と融合する事で何かしらの能力の変化があるのかもしれませんが、崩玉の能力は自らの周囲に在るものの心を取り込み具現化するというものでした。

融合しても能力に変化がないと仮定すると自分と対等以上の戦いをする者が現れた事によって、無意識の内に生まれた心を崩玉が具現化した可能性が高く、藍染惣右介が望んで力を手放した可能性が高いですね。

崩玉の正体と二つあったのに片方が無くなった理由のまとめ

  • 元十二番隊隊長だった浦原喜助が作り出した物質で自らの周囲に在るものの心を取り込み具現化するという能力を持つ
  • 朽木ルキアの魂魄の奥底に埋め込まれており、特殊義骸によって見つからないようにしていた
  • 藍染惣右介が力を失ったのは、崩玉に見限られた訳ではなく彼が望んだことだった

破面篇で重要なキーワードとなった崩玉は、周りに与える影響などの強力な力を持っていました。

登場した二つの崩玉ですが、藍染惣右介が自分の崩玉に浦原喜助の崩玉を与えていたので、最終的に崩玉は藍染の持つ一つだけとなっています。

浦原喜助がどのようにして崩玉を生み出したのかなどの謎の多い物質である崩玉ですが、重要なキーワードの一つである事に違いはありません。

【完結済み】BLEACH
created by Rinker
黒崎一護・15歳・ユウレイの見える男。その特異な体質のわりに安穏とした日々を送っていた一護だが、突如、自らを死神と名乗る少女と遭遇、「虚」と呼ばれる悪霊に襲われる。次々と倒れる家族を前に一護は!?