【BLEACH】アスキン・ナックルヴァール対グリムジョー戦の結末

星十字騎士団内で唯一無二のムードメーカーで読者からも評価の高いオサレな敵「アスキン・ナックルヴァール」ですが、作中では黒崎一護一行と霊王宮で対峙する事となり、グリムジョー・ジャガージャックと戦いました。

今回は、ナックルヴァール戦が始まるきっかけとなったグリムジョーとの戦いを主に、

  • ナックルヴァール対グリムジョーの流れ
  • ナックルヴァールの連戦の詳細
  • ナックルヴァールの最後
  • ナックルヴァールのプロフィールと能力
  • ナックルヴァールの名言集

など、ナックルヴァール戦の総まとめと能力や名言を紹介したいと思います。

ナックルヴァール対グリムジョーの流れ

巻数 時系列 備考
原作70巻 ナックルヴァール対グリムジョー

逃走しながら「毒入りボールギフト・バル」をグリムジョーに投げつける

ナックルヴァール勝利

グリムジョー瀕死

原作71巻~72巻 ナックルヴァール対黒崎一護

黒崎一護を「毒入りプールギフト・バート」に引き込み霊子中毒にして瞬殺、伝説の絨毯の誕生、茶渡と織姫も霊子中毒に

ナックルヴァール勝利

一護絨毯になる

原作72巻 ナックルヴァール対四楓院夜一

夜一が「瞬閧・雷神戦形」を放つもナックルヴァールに霊圧を解析され無効化、夜一が一護達をユーハバッハの許へ先行させる、夜一の弟夕四郎登場

一護、織姫、茶度が離脱

夕四郎が参戦

ナックルヴァール対四楓院姉弟

夕四郎が「瞬閧・爆炎無双」を放つもナックルヴァールが霊圧を解析し、夜一と夕四郎の攻撃に免疫を持つ

夕四郎を神聖滅矢で射抜き、夜一にハイブリット毒入りボールギフト・バルをを放つ

浦原喜助が参戦

ナックルヴァール勝利

夕四郎重傷、夜一瀕死

原作73巻 ナックルヴァール対四楓院夜一・浦原喜助

浦原が夜一に免疫強化剤を打ち込み瞬閧・雷獣戦形「瞬霳黒猫戦姫」を発動し圧倒

ナックルヴァールが滅却師完聖体「神の毒見ハスハイン」となり脱出不可能の「極上毒入りボールギフト・バル・デラックス」を展開し浦原と夜一を閉じ込め、「毒の指輪ギフト・リング」で浦原の両眼を潰す

ナックルヴァール勝利

夜一戦闘不能

ナックルヴァール対浦原喜助

浦原が卍解「観音開紅姫改メ」を展開し失った目を造り変えると、「極上毒入りボールギフト・バル・デラックス」に出入口を造る

ナックルヴァール完聖体

浦原卍解

ナックルヴァール対グリムジョー

浦原が造った出入口から帰刃「豹王」状態のグリムジョーが侵入してナックルヴァールを背後から貫き心臓を抉り取り殺害

ナックルヴァールの死後濃度が増していく「猛毒領域ギフト・ベライヒ」に閉じ込められた浦原とグリムジョーが倒れる

領域外で待機していたネリエルが出入口を利用して二人を救助

ナックルヴァール死亡

ネリエルが浦原とグリムジョーを救出

ナックルヴァールとグリムジョーの戦いが描かれたのは、黒崎一護の一行が志波家や完現術者の協力を得て霊王宮に戻ってきた際に対峙した原作69巻になります。

グリムジョーは、一護と入れ違いで虚圏の統治を任されていたキルゲを殺害した人物で、キルゲ殺害後は浦原喜助の口車に乗せられて滅却師に対抗する戦力として浦原達と一時的に手を組んでおり、霊王宮突入の際に一護達と合流したのです。

そして、虚の因子を受け継ぐ一護と全力で戦う為にユーハバッハを討つべく同行する先で、ユーハバッハの親衛隊ナックルヴァールと出くわすと、早々に決着を付けるべくグリムジョーから先制攻撃を仕掛けた事が開戦の火蓋を切る事になりました。

ナックルヴァール対グリムジョー①

倒れたグリムジョーに注意するアスキン・ナックルヴァール

引用元:BLEACH

  • 原作69巻~70巻

血の気の多いグリムジョーはナックルヴァールを見つけると猪突猛進の如く単身急襲しますが、ナックルヴァールは素早い動作で回避した後に全速力で逃げ出します。

その行動がグリムジョーの神経を逆撫でする事となり、グリムジョーは単身逃げるナックルヴァールを追従して一護達から離脱してしまうと、ナックルヴァールは逃げながらも死神と敵対する破面であるグリムジョーに共闘を持ち掛けるのですが、当然グリムジョーに交渉など通じる訳もないので火に油を注ぐ形になりました。

その後、グリムジョーから逃げ切り一護達が居る場所と距離を取った後、ナックルヴァールは一息つく様に休息をとっており、何処から取り出したのか水筒で喉を潤そうとするのですが、その背後にはグリムジョーが棒立ちし、気配を察知したナックルヴァールは水筒を投げ捨て再び逃走するのです。

かなりコミカルな戦闘、と言うよりかはただナックルヴァールが一方的に逃げ続けているだけですが、不意にナックルヴァールは能力で作り出した謎の球体「毒入りボール」をプレゼントとして投げ渡すと、グリムジョーがそれを腕で弾きます。

しかし、グリムジョーが「毒入りボール」に触れた影響で即座に昏倒してしまうと、グリムジョーはうつ伏せに倒れるグリムジョーに「小さい頃教わらなかったか?知らない人からモノ貰っちゃいけませんってな」と言い放ち、止めを刺そうとする描写を最後に場面が変わるのでした。

ナックルヴァール対黒崎一護

  • 原作71巻648話~72巻656話

グリムジョーを下したナックルヴァールが次に対戦したのは、黒崎一護でした。

ポールダンサーのようにポールに捕まり腕を広げ待ち構えていたコマはシリアスな笑いを生みましたが、一護は先に追いかけていた筈のグリムジョーの姿が見えない事から警戒心を露にし、グリムジョーの勝敗を問い質すものの、ナックルヴァールは何でも勝ち負けで物事を語るのは苦手だとのらりくらりと回答を濁します。

そして、一護がナックルヴァールに斬りかかった所で別場所にて京楽春水が卍解し場面が転換するのですが、次にナックルヴァール対一護へと話が戻った時には既に一護は地に伏した状態で敗北していたのです。

誰もが予想しなかった一護が瞬殺される展開は、BLEACH史上最もこき下ろされるネタとなり、別の意味で盛り上がる事になるのでした。

関連記事

黒崎一護の斬魄刀は打ち直した事で二刀一対になったわけですが、その為、始解も卍解もこれまでとは形状も能力も変化しています。 黒崎一護の真の卍解の登場シーン 黒崎一護の斬魄刀「斬月」の紹介 月牙天衝の変化の推移 以上[…]

黒崎一護のアイキャッチ用画像

 

黒崎一護絨毯事件

当時の連載で表記された編集の煽りには「一護でさえ——」と書かれていたものの、一護が瞬殺された危機迫る一幕となる筈が、倒れた一護があまりに二次元的で奥行感がなかった事から読者たちは「一護が絨毯になった」と作者も編集も予期できなかった斜め上の話題として盛り上がりました。

一護は修行後に真の斬月を手に入れた強化イベントがあった手前、それを見せる事もせず打倒したナックルヴァールの実力が相当高いことを匂わせる重要なシーンでしたが、最早話題は一護の絨毯にしか目を向けられず、不朽のネタ画像として扱われる事になります。

因みに、その後に救援に来たチャドと織姫も同じ症状で倒れた際にナックルヴァールが致死量の能力で霊子を猛毒に変換する「毒入りボール」を展開していた事が判明し、一護達はその領域に足を踏み入れた事で霊子中毒になったのです。

ナックルヴァール対四楓院夜一①

  • 原作72巻656話~657話

一護・チャド・織姫の三人を霊子中毒にさせたナックルヴァールでしたが、夜一とは軽いトークを挟むと一目で夜一の性格がバンビエッタと似たような性質だと見抜き、互いに臨戦態勢に入ります。

そして、夜一は打倒ユーハバッハの目的があった事から決着を急いでいた事もあり瞬閧・雷神戦形しゅんこう・らいじんせんけいを開放して早々にナックルヴァールを片付けようと強力な雷を浴びせると、その隙に立てるまで回復した一護達をユーハバッハの許へ先行させ、夜一はナックルヴァールの死体を確認しようとした所、ナックルヴァールは「致死量」の能力で夜一の霊圧を解析した事で軽い全身火傷で済んでいました。

この結果は夜一の予想と異なった様で渋い顔をしていると、ナックルヴァールと夜一が対峙する場に弟の四楓院夕四郎咲宗が颯爽と駆けつけた事で急遽共闘する形となるのです。

ナックルヴァール対四楓院夕四郎

  • 原作72巻658話~662話

一見して女性の様に中世的な夕四郎の容姿を見て「お嬢ちゃん」と口にしたナックルヴァールは、夕四郎に否定されながら殴り飛ばされます。

続け様に夕四郎は瞬閧・爆炎無双しゅんこう・ばくえんむそうを展開してナックルヴァールに大規模な爆炎を打ち込むのですが、やはり夕四郎の攻撃もナックルヴァールは霊圧を解析し取り込んだ事で既に免疫取得済みとなり、爆風の中から姿を現すと大火傷が速やかに回復している様子が窺えました。

加えて、夜一と夕四郎の霊圧に免疫がついた事で二人の攻撃は今後一切ナックルヴァールに通用しない事を意味し、即ち二人ではナックルヴァールを事実上殺す事が出来ない展開に持ち込んだのです。

夕四郎が畳み掛ける様に追撃に転じた所、爆炎無双は機能せず何の腕力もない拳がナックルヴァールの腹部に当たると、ナックルヴァールは何処からか三本の神聖滅矢を放ち夕四郎の背中を射抜き、夜一には特性の「ハイブリット毒入りボール」を与えて瀕死に追い込みます。

しかし、このタイミングで浦原喜助が登場し、ナックルヴァールと夜一の会話に参加するのでした。

ナックルヴァール対四楓院夜一②

  • 原作72巻662話~663話

いつの間にか合流した浦原が瀕死状態の夜一のお尻に「免疫強化剤」を注射すると、夜一は飛び跳ねた猫の様に空中へジャンプして浦原も追従する様に後ろを付いていき、作戦を練る為に一時離脱します。

浦原が急造した免疫強化剤の効果は長くても5分という短さから、夜一は「瞬閧・雷神戦形」を開放してもう一度早期決着を付けようとした所、浦原に「アレやりましょ」と耳打ちされた後、ナックルヴァールの横槍を受けながらも浦原が紙を捲るのを合図に半ば強制的に「瞬閧・雷獣戦形・瞬霳黒猫戦姫しゅんこう・らいじゅうせんけい・しゅんりゅうこくびょうせんき」へと変貌するのです。

浦原曰くその状態の夜一はネコの様に気分屋となり霊圧が別人へとコロコロ変化するらしく、その変化は一秒に48回という事もあってナックルヴァールの「致死量」では対処しきれない変化速度の為、刹那的に雷の応酬を受けて一時ダウンしたかに思えたのですが、夜一が免疫強化剤の効果が切れたのと同時に辺り一帯が球形の猛毒のエリアと化す「極上毒入りボール」に包まれると浦原と夜一は致死量を下げられて立ち上がるのも困難な状態に陥ります。

更に、砂埃の中から現れたのは滅却師完聖体「神の毒見」となったナックルヴァールが変身した姿でした。

関連記事

BLEACH屈指の最強女性キャラ「四楓院夜一」はその美貌もさることながら、強者との戦闘シーン、お色気描写、笑いどころ等々、全編を通し多岐にわたるジャンルで活躍していました。 しかし、これまで能力の底を見せていなかった夜一を苦しめた千年[…]

原作18巻157話の扉絵の夜一

ナックルヴァール対浦原喜助

  • 原作73巻664話

ナックルヴァールは「夜一の霊圧が1秒間に48回変化する事から1秒で48パターン全て喰らえる」と解釈し、完聖体となって1秒間だけ攻撃を全て受けきる事で全48種をコンプリートし、免疫を獲得したのです。

「神の毒見」状態のナックルヴァールは毒の変質に適応する事が可能な為、これから浦原がどんな手を使って夜一の霊圧を変化させても無効化できると告げると、更に浦原の手を詰む為に「極上毒入りボール」の領域を外界から区切る「猛毒領域」へと派生させて絶対脱出不可能な領域に浦原達を共に閉じ込めるのでした。

浦原から見てナックルヴァールはそこまで忠誠心が高いように見えませんでしたが、ナックルヴァールは三界を潰した後に何を創り出すのか見てみたいと考えていた様で、それを成せる存在がユーハバッハの他に居ないと話し、その行く末を見てみたい筈だと浦原に語り掛けます。

しかし、浦原の見解は「誰も見たことのないものを創るなら自分の手で。それが科学者ってもんス」と断れば、ナックルヴァールは高らかに納得すると「毒の指輪」を作り出して浦原の両眼を潰すのです。

視力を失った浦原は目から血流しながら深くため息をつくと「…仕方無いっスね」と卍解に到ります。

ナックルヴァール対浦原喜助②

  • 原作73巻664話~665話

浦原は卍解「観音開紅姫改メ」の能力で自分の目を造り変えると、ユーハバッハから与えられた情報に載っていない未知の卍解を前にたじろいでしまいますが、ナックルヴァールの腕が一瞬解体された後に縫合された事で距離を取れば、浦原は自分の卍解の効果範囲と能力の詳細を親切に教えてくれました。

そして浦原はナックルヴァールと斬り結ぶのですが、ナックルヴァールにやられた部位を戦いながら造り変える事で致死量に左右されずに押し切るのです。

ナックルヴァールは力対力の戦いが嫌だと主張するものの、台詞に反して随分と好戦的な笑みを浮かべて怒涛の白兵戦を繰り広げますが、「極上毒入りボール」の中で息ができているのは加減しているだけだと言い放ち、濃度を上げれば戦況は傾くと踏んでいました。

しかし、ナックルヴァールが濃度を操作するより早く、浦原は「もう遅いっスけどね」と呟くのです。

関連記事

「浦原喜助」BLEACHの登場キャラの中で最も謎の多い男です。 単行本2巻から登場して最終章の千年血戦篇まで卍解を出し惜しみしていました浦原ですが、今回は、 浦原喜助の卍解は漫画・アニメの何話? 浦原喜助の斬魄刀「紅姫[…]

浦原登場

ナックルヴァール対グリムジョーの決着

後ろから心臓を抉り取られるアスキン・ナックルヴァール

引用元:BLEACH

  • 原作73巻665話~666話

ナックルヴァール戦の決着は卍解した浦原と距離を取った直後、背後から急襲したグリムジョーの一撃で終わりました。

浦原は「極上毒入りボール」脱出不可能と言われた際、ナックルヴァールが反射的に侵入不可能と言わなかった事を踏まえて試しに領域の外から一息に侵入できる道を造り上げており、外からの侵入口を用意したのです。

そして、浦原はナックルヴァールと対峙する途中でグリムジョーに治療を施した他、破面は帰刃によって破面の霊圧から虚の霊圧へと完全に変化する仕組みを今回の戦いの役に立つと考え、グリムジョーを待機させていました。

そうして浦原が戦闘中に造り出した侵入口を利用して帰刃したグリムジョーが電光石火の如く素早い一撃を警戒を怠っていたグリムジョーに叩き込み心臓を抉り取ったのです。

しかし、心臓を潰したと言うのにナックルヴァールはまだ即死するに至らず、グリムジョーの追撃を受けて尚もナックルヴァールは口を開き、「極上毒入りボール」は自分が死ぬと無意識にかけていたロックが解除されて濃度を増すと言い残して息を引き取るのですが、浦原とナックルヴァールに中毒症状が出始めると二人は意識が朦朧とする中倒れてしまうのでした。

関連記事

グリムジョーは一護戦の最後、ノイトラに不意を突かれたまま本編からも退場してしまいましたが、千年血戦篇にて再登場を果たしました。 今回は千年血戦篇から最終回までを含んだ、 グリムジョーの再登場と味方としての活躍 グリムジ[…]

グリムジョーのアイキャッチ用画像

ナックルヴァールの最期

  • 原作73巻666話

ナックルヴァール戦の最後は同士討ちする様に浦原とグリムジョーも倒れてしまいましたが、その後「猛毒領域」の外に待機していたネリエルが領域の表層から侵入口を探っている様子が描かれており、中で倒れていたグリムジョー達を救出しています。

また、ナックルヴァールは最期にユーハバッハが浦原喜助を未知数の「手段」を持つ特記戦力に据えていた事を理解し、浦原に敬意を示していましたが、恐らく自分の死後濃度を増す「極上毒入りボール」からも何らかの手段を用いて脱出する手段があるものと推測して息を引き取りました。

ナックルヴァールは飽くまでも能力で相手を仕留める事を流儀としていた為、初回のグリムジョーや黒崎一護達にも止めを刺していない事から手加減しての強さでしたが、浦原戦では全てを出し切って戦っていたので満足して死んだ様に窺えますね。

アスキン・ナックルヴァールのプロフィール

アスキン・ナックルヴァールの登場シーン

引用元:BLEACH

【名前】 アスキン・ナックルヴァール
【性別】
【所属】 星十字騎士団シュテルンリッター
ユーハバッハの親衛隊
【聖文字】 D
【能力】 致死量ザ・デスディーリング
【完聖体】 神の毒見ハス・ハイン
【口癖】 「致命的」
【初登場】 原作66巻
【声優】 武内駿輔

ユーハバッハが統括する見えざる帝国ヴァンデンライヒの精鋭部隊星十字騎士団に所属するノリの良いラテン系の滅却師で、千年血戦篇ではユーハバッハの親衛隊に選出されて霊王宮へ帯同しています。

敵に対しても軽薄な性格から内外問わずオサレな言い回しや独特な台詞が功を奏し読者から好かれるキャラクターとなる他、誰よりも慎重深く弱腰又は逃げ腰である等、ユーモアに溢れる描写に愛された人物です。

ナックルヴァールの「致死量」の影響か死ににくい体質らしく、本人曰く「陛下に拾われたのはただひたらに死ななかったからさ」と語っていますが、能力の汎用性や凶悪性は星十字騎士団内でも充分なチートである為、自己評価が低い傾向になります。

しかし、慎重な性格は生き残る為の手段の一つで、事前に敵の情報に目を通す聡明さと戦闘中に敵の能力を分析する思慮深さが備わっており、能力の性質上耐久性を加味しても作中上位の実力者です。

 

「ユーハバッハの親衛隊」

ユーハバッハの親衛隊は以上の計4名で構成されています。

ナックルヴァールの能力致死量ザ・デスディーリング

  • 原作67巻

指定した物質を摂取した時に100%死に至る完全致死量を正確に弾き出し、その量を自在に上下させる事が可能な能力で、初めて使用した際には、自分の血液を摂取する事で王悦の体内を巡る血液の致死量を下げ毒へと変換していました。

加えて、一分ほどあれば一度受けた攻撃からどんなものでも霊圧等を解析し免疫を作ることによって無効化し、その際には肉体の負傷も回復する事もできる半不死身に近い能力と思われましたが、本編では夜一や浦原が霊圧の変化や造り替える能力で対処されています。

技①「毒入りボールギフト・バル

  • 原作70巻635話

「致死量」で指定した物質を取り込んだリンゴサイズの禍々しい毒の球体で、掌より少し大き目な球体を相手へ放り投げる又はぶつける事で触れた相手を毒に陥れる技です。

触れさえすれば範囲も速度も著しく低い為回避は可能ですが、作中でグリムジョーが何気なしに素手で弾いた事から所見で対応するには少し難しい能力でしょう。

技②「ハイブリッド毒入りボールギフト・バル

  • 原作72巻662話

夜一に使った「毒入りボール」の亜種であり、霊子・酸素・窒素の致死量を下げたハイブリット仕様になります。

かなりえげつない能力ですが本編では「ハイブリッド毒入りボール」を受けたにも関わらず憎まれ口を叩く夜一を前にしてアスキン自身も「その状態で死んでねェの正直どうかと思うぜ」と呆れていました。

技③毒入りプールギフト・バート

  • 原作72巻656話

ナックルヴァールを中心に円形に広がる領域内に限り指定したものの耐性を下げる事ができる能力で、本編では対象が持つ「霊子」の耐性を致死未満に設定する事で霊子中毒の症状を引き起こさせたのです。

しかし、この時はナックルヴァールが満腹に近い状態だった為、摂取できる量が限られていたので致死に到りませんでした。

ナックルヴァールの滅却師完聖体クインシーレットシュティール神の毒見ハス・ハイン

アスキン・ナックルヴァールの滅却師完聖体

引用元:BLEACH

  • 初出原作72巻第663話

滅却師完聖体となったナックルヴァールは毒の変質に適応することが可能になり、そのため毒の表層がどれだけ変化しようともベースが同じなら免疫を変化させる事で瞬時に無効化できる様になりました。

光輪や翼は化学構造式を図解で表した様な幾何学的なデザインでサンバイザーの様な半透明なものをかけており、極上毒入りボールにもその幾何学的な模様が描かれています。

また、霊子で造り出した棒で白兵戦もこなしていました。

【完結済み】BLEACH
created by Rinker
黒崎一護・15歳・ユウレイの見える男。その特異な体質のわりに安穏とした日々を送っていた一護だが、突如、自らを死神と名乗る少女と遭遇、「虚」と呼ばれる悪霊に襲われる。次々と倒れる家族を前に一護は!?

技④「極上毒入りボールギフト・バル・デラックス

  • 原作72巻663話

「毒入りプール」の領域を更に広域な球形に広げた広範囲の毒入りボールで、滅却師完聖体後に使用しています。

更に、外界からの侵入を拒むために領域を区切る猛毒領域ギフト・ベライヒへと派生し、絶対脱出不可能と豪語しました。

技⑤「毒の指輪ギフト・リング

  • 原作73巻664話

腕輪を媒介に使用したもので、「致死量」の能力を一点に集中させてピアッシングした敵の部位をピンポイントで即死させる効果があり、腕輪は相手に直撃する前に一時的に消失するので視認できなくなります。

アスキン曰く「とんでもなく強くて致死量がロクに効かないヤバい奴に使う」手段のようで、作中では浦原の両眼を潰す手段として使用しました。

関連記事

今回は総勢29名いる星十字騎士団のメンバーの中で誰が最強で有用なのかあくまでも主観による評価をランキング形式でまとめたものになります。 判定基準としては、 固有能力 貢献度(隊長格の撃破など) 脅威度(攻略が難し[…]

聖十字騎士団集合扉絵

神聖滅矢(ハイリッヒ・プファイル)

  • 原作72巻656話

ナックルヴァールの霊子兵装は手首に装飾していた小道具から展開し、手首を主軸に弦が出来上がると一度に複数の神聖滅矢を放ちます。

アスキン・ナックルヴァールのオサレ値が高い名言

ナックルヴァールは一挙手一投足の全てがBLEACH界に於いてオシャレを意味する「オサレ値」が高いものとなっており、容姿のカッコよさや台詞回しの言葉選び、ひいては愛嬌の印象から読者に好かれるキャラクターになりました。

そこで個人的に印象深かったナックルヴァールの名言(迷言)を幾つかピックアップしたので、紹介したいと思います。

①ナックルヴァールと王悦との会話

【原作66巻601話】 「俺が陛下に拾われたのは…ただひたすらに死ななかったからさ…」

「みっともねえ能力だろ…?大嫌いさ、この能力のことを考えると…」

「いつだって俺は致命的な気分になるんだ」

【詳細】 霊王宮侵攻時、親衛隊は零番隊と対峙しナックルヴァールを除く全員が王悦に瞬殺されましたが、ナックルヴァールだけは死にづらい体質のせいで即死出来ずに息を潜めており、「致死量」を操作して王悦の血の耐性を致死量に下げた際に言い放った台詞です。

親衛隊を瞬殺した王悦に一矢報いるばかりか瀕死に追い詰めたこのシーンは、ナックルヴァールの危険性を示した隠れた名場面でした。

【原作67巻602話】 「…あァ、カッコいいよ、…それに比べて俺ときたら最後に勝ったと思っちまった」

「全くナメてたのはどっちだよ…致命的だぜ…」

【詳細】 自分の事をモブ扱いの雑魚として軽視していた王悦へ対して「アンタ俺をナメてただろ」と多少ネガティブなセリフを吐いたナックルヴァールは、致死量を操作した事で勝利を確信します。

しかし、王悦は麒麟寺の温泉で新たな血に入れ替えるといった予期せぬ手段で対処し、呆気に取られていたナックルヴァールを再び目に見えぬ速度で斬り倒すのです。

上記の台詞は王悦が最初から手加減などしていなかったと知ったナックルヴァールが、「生まれ変わったちゃんボクは格好良いKai?」という王悦の言葉に素直な称賛の言葉を返した台詞になります。

BLEACH屈指のオシャレ好きな二人が交わした最高にオサレ値の高い掛け合いでした。

②ナックルヴァールとグリムジョーとの会話

【原作69巻630話】 「まじで!?ヤッター!じゃあ俺達仲間でよくね!?」

「一緒に黒崎殺そうぜ!」

【詳細】 黒崎一護一行が霊王宮に乗り込んできた際、中でも血気盛んで好戦的なグリムジョーに攻撃を仕掛けられ、尚且つ逃走ナックルヴァールをグリムジョーが追いかけてくると、破面が死神と組む事がおかしいと指摘します。

そして、ナックルヴァールの指摘を受けたグリムジョーが「俺は黒崎の敵だ」と発言した事から出たのが上記の台詞であり、ナックルヴァールの切り替えしが実にユニークでフットワークの軽さが窺えました。

【原作70巻635話】 「いったん見逃してくれって!ホラ……これやるからっ!!」

「ギフトだぜ!受け取ってくれえ!」

【詳細】 更に、グリムジョーと鬼ごっこをする事早二回目、小物キャラの如く見逃してくれと懇願するナックルヴァールは走りながら上記の台詞と共に「毒入りボール」をグリムジョーに放り投げるのですが、その時にもお茶目なキャラクターを演じながら攻撃を仕掛けるといった、油断ならない二面性を見せます。

しながら、逃げながらもあわよくば相手が「毒入りボール」を受け取ったらラッキーという頭の回転の速さはさすがですね。

【原作70巻635話】 「ギフト・バルってのは毒入りボールって意味さ」

「小さい頃教わらなかったか?知らない人からモノ貰っちゃいけませんってな」

「ママの言いつけ守れないなんてアンタ致命的だぜッ」

【詳細】 「毒入りボール」に触れ昏倒したグリムジョーに向けた台詞で、相手が身動き取れなくなるやドヤ顔で姿を現す所はナックルヴァールの愛嬌でしょう。

③ナックルヴァールと夜一の会話

【原作72巻656話】 「違うね、自分のスタイルで敵を倒す事さ」

「あくまで致死量を操作するのが俺のスタイル」

「首を絞めるなんてのはあんたやバンビみたいな女に似合いのスタイルさ」

【詳細】 「毒入りボール」によって一護・チャド・織姫を霊子中毒にしたナックルヴァールに対し、夜一が「相手が動けんならそのまま首でも絞めれば良かろう」と提言した所、ナックルヴァールには戦闘での矜持とポリシーがあって飽くまでも「致死量」の能力で倒すのが自身のスタイルであると言い放った際の台詞です。

流儀さえ無ければその場で一護達を殺害する事もありましたが、指摘を受けた後は夜一を首を絞めるような野蛮な女と揶揄し、さらっと星十字騎士団のバンビエッタを引き合いに出して乏しめたのですが、夜一はナックルヴァールが比較するバンビエッタの性格を踏まえると「美女のやり方」と表現し直し、遠回しに自分を美女と呼称する夜一を前にナックルヴァールも素直に認める事にしました。

【原作72巻656話】 「あんたもバンビも確かに美人だが……女の価値は顔じゃねェよ……」

「オシャレかどうかだ!!!」

【詳細】 ナックルヴァールは夜一やバンビエッタを美人と認めますが、女性の価値はオシャレかどうかだと上記の台詞を発言し、持論を展開する事で夜一を牽制します。
【原作72巻658話】 「手遅れだ、思ったより俺の能力の理解が遅かったなァ」

「致命的だぜ、四楓院夜一」

【詳細】 夜一との戦闘で「瞬閧・雷獣戦形」と夕四郎の「瞬閧・爆炎無双」を立て続けに受けたナックルヴァールでしたが、霊圧を取り込み解析して免疫をつける事で今後二人の攻撃を全て無効化できると断言した際の台詞で、あの夜一の一手先を進むナックルヴァールの余裕を含んだ立ち姿も相まってカッコいい演出でした。
【原作72巻665話】 「そいつは違うぜ、俺なら充頑張ってるさ」

「アンタじゃなけりゃとっくに死んでる」

「自分がバケモンなの棚に上げて俺がヌルいみたいに言うのヤメてくんねェか、ヘコむぜ」

【詳細】 霊子・酸素・窒素を致死量に指定した「ハイブリッド毒入りボール」を与えたにも関わらず、死にもせず軽口を叩ける夜一が「生かさず殺さずの塩梅に調節するのは正直どうかと思うぞ」と発言した事から否定的に入った際の台詞で、一応夜一以外ならば皆死んでる事を告げつつも、自分がチート級なのを他所に夜一をバケモノ扱いしたシーンでした。

④アスキンと浦原の会話

【原作72巻662話】 「ああもう、何だって俺ばっかりこんなめんどくせえのに当たるんだよ」
【詳細】 グリムジョー、チャド、織姫、夜一、夕四郎の面々に加え、特記戦力としてユーハバッハが警戒していた黒崎一護と浦原喜助と立て続けに戦うハメになってしまったナックルヴァールが一人独白した際の台詞で、他の星十字騎士団が地上でやられてしまったが為に一人尻拭いしなければならないナックルヴァールの苦労が伝わってきます。
【原作72巻663話】 「……もしかして……あのヒト今言葉通じない……?」
【詳細】 浦原が何かをした途端、夜一が瞬閧・雷獣戦形「瞬霳黒猫戦姫」を展開した事で、その変貌ぶりから明らかに言葉が通じないであろう事を読み取った際に近場に居た浦原に問いかけた台詞です。

焦燥感にかられながらも夜一に話しかけては「何だよ無視すんなよ」と対話を試みていたり、状態を察して敵の浦原に質問を投げかけたりと、ナックルヴァールの自由さが浮き彫りになって面白いシーンでした。

因みに、その状態の夜一の一撃を受け負傷した際は「ウソだろッ!?」と心底吃驚した表情を披露しています。

【原作73巻664話】 「さァどうするよ浦原喜助」

「まさかあんたの打つ手を1から10まで潰したくらいで万策尽きた訳じゃ無ェだろう?」

【詳細】 完聖体となったナックルヴァールが夜一の霊圧変化数にも対応し、浦原が用意した手の内を悉く潰した際の台詞で、そこにはユーハバッハが危険視する特記戦力としての浦原の次の手を警戒する慎重な持ち運びと、強者と戦う事で生まれる昂揚感が隠れているように窺えました。
【原作73巻664話】 「俺はキツい言葉を遣うのが好きじゃなくてね」

「キツい言葉を遣う奴ってのは余裕が無く見えるだろ?」

「余裕のある男でいたいもんでね」

【詳細】 更に浦原の手を封じる為に用意した「猛毒領域」を発動させ、弱腰のナックルヴァールが脱出不可能だと断言した際に放った台詞です。

これまで何をするにも低姿勢だったナックルヴァールが強気に出た事から読者もナックルヴァールの本気を見て息を呑んだものですが、流石の浦原も警戒心を露にしていました。

【原作73巻666話】 「アンタにゃ敬意を表してえが……こればっかりはどうしようも無ェ……」

「アンタらにゃもう逃げる力なんか残っちゃいねェだろう……すまねェな……」

「……とは言え……アンタならきっと……何とかしちまうんだろうなあ……」

【詳細】 脱出不可能と断言したナックルヴァールでしたが、浦原は卍解の能力で領域の外から侵入する術を造り出しており、その侵入経路から現れたグリムジョーによって撃破されます。

グリムジョーの急襲を受け敗北したナックルヴァールですが、絶命するまでの間に浦原の脅威を身をもって知った事でその手腕に敬意を払った際に上記の台詞を遺しました。

死に際には本心から敵に賞賛を贈り、自身のポリシーを貫いたような最期を見せた事から、ナックルヴァールは敵ながら好印象のキャラクターに昇華したのです。

ナックルヴァールとグリムジョーの戦いと最後についてのまとめ

 

  • ナックルヴァールはグリムジョーを始め、一護やチャドや織姫、夜一や夕四郎、そして浦原と一人で強敵と交戦
  • ナックルヴァールは一度全員を戦闘不能に追い込むが、浦原の卍解の反撃に遭う
  • ナックルヴァールは脱出不可能の「猛毒領域」を造るが、浦原が卍解で侵入口を造り、グリムジョーの侵入を許すと心臓を抉り取られ潰され死亡
  • ナックルヴァールの死後は「極上毒入りボール」の濃度が高まり浦原達と同士討ちになりかけるが、ネリエルが侵入口から浦原達を救出
  • ナックルヴァールは最初から最後までオサレなセリフを遺して作中屈指の良キャラとなった

ナックルヴァールは霊王宮で黒崎一護の一行を迎え入れると、そのままグリムジョーや四楓院夜一そして浦原喜助等の強敵を一人で足止めする他、全員を一時的に瀕死の戦闘不能に追い込んでいます。

この事から見てもナックルヴァールが死神側のトップ層に負けず劣らずの強さを持っている事が分かりますし、ナックルヴァールが「致死量」で相手を倒すという流儀を持ち合わせていなければ早々に決着がついていた事実から、ナックルヴァールの強さがあの時点で一護や浦原達を凌いでいた事は確かでしょう。

しかし、慎重すぎて疑り深い性格や相手の未知なる能力を深読みして分析する姿勢が足枷となっていますし、何より致死量で瀕死に追いやった後にちゃんと止めを刺さない事が敗因に繋がっていますので、チョコラテが無ければユーハバッハや藍染までとはいかなくとも充分に脅威なチートキャラでした。

ですが、コミカルな作風やあまり憎めないユーモア溢れるキャラクター性は読者人気を獲得するに至ったので、ナックルヴァールはその性格も含めて面白いから許してしまえますね。

【完結済み】BLEACH
created by Rinker
黒崎一護・15歳・ユウレイの見える男。その特異な体質のわりに安穏とした日々を送っていた一護だが、突如、自らを死神と名乗る少女と遭遇、「虚」と呼ばれる悪霊に襲われる。次々と倒れる家族を前に一護は!?