【BLEACH】霊王の欠片一覧!乱菊と霊王の爪の関係や五大貴族の罪とは

この度ご紹介するのは漫画「BLEACH」で伏線が回収されなかった霊王の欠片や正体についてです。

以降、漫画「BLEACH」と小説「bleach can't fear your own world」ネタバレを過分に含みますので、未読の方は書籍の購読をおすすめいたします。

それでは霊王の欠片について見ていきましょう。

霊王の欠片の一覧

水晶に封印されている霊王

引用元:BLEACH

霊王の欠片とは遥か昔に五大貴族の祖によって抉り取られた霊王の身体のパーツを指しますが、現在判明している霊王の欠片は大雑把に見積もって7つあります。

霊王の欠片の部位 持ち主 所属
霊王の心臓 ジェラルド・ヴァルキリー 滅却師
霊王の右腕 浮竹十四郎 死神
霊王の左腕 ペルニダ・パルンカジャス 滅却師
霊王の爪 松本乱菊 死神
霊王の鎖結 道羽根アウラ 完現術者
霊王の力の一部 完現術者
霊王の欠片 産絹彦禰 綱彌代家

それでは、それぞれの部位について見ていきましょう。

霊王の心臓「ジェラルド・ヴァルキリー」

原作72巻656話にて、ナックルヴァールの口からジェラルドの正体が「霊王の心臓」と判明しています。

しかし、事実関係はナックルヴァール曰く噂の域を出ないものでしたが、ジェラルドの能力「奇跡」がユーハバッハが聖文字を与える以前から持っていた能力である為、信憑性は高いでしょう。

本編を通してそれ以上の情報はなく、実際にジェラルドが霊王の心臓であったのかは不明ですが、恐らくジェラルドに回帰したものだと思われます。

千年血戦篇終盤、ユーハバッハが聖別でジェラルドの霊子を吸い上げたので事実上「霊王の心臓」はユーハバッハに回収されているかもしれません。

関連記事

ユーハバッハの親衛隊の一人「ジェラルド・ヴァルキリー」は、原作72巻で霊王宮突入組の死神達の前に立ちはだかると、原作74巻までその戦いは描かれました。 親衛隊の中でも一際しつこかったジェラルドですが、今回は、 ジェラルドの最[…]

ジェラルド・ヴァルキリーが名乗りを上げる場面

霊王の右腕「浮竹十四郎」

霊王の右腕を宿していたのは護廷十三隊十三番隊隊長浮竹十四郎で、原作巻68巻616話で判明しています。

霊王の右腕は東流魂街七十六地区「逆骨」に落ちた後、「ミミハギ様」と呼ばれる土着神として祠に奉られており、浮竹が3歳の頃に肺病に罹った際、両親がミミハギ様に祈祷を行い浮竹の肺を捧げた事でその身に宿す事になりました。

また、霊王の右腕は「静止」を司ると言われています。

千年血戦篇で浮竹が霊王の右腕を解放した事で世界の崩壊を一時防ぐ事が出来ましたが、その後、霊王の右腕はユーハバッハに取り込まれました。

関連記事

浮竹十四郎は千年血戦篇で霊王の代わりとなって世界の崩壊を一時的に防いだ後、力尽きて死亡してしまいました。 そこで今回は、 浮竹十四郎は地獄に堕ちた 浮竹十四郎が行った神掛とは 浮竹十四郎とミミハギ様の関係 […]

浮竹十四郎のアイキャッチ画像

霊王の左腕「ペルニダ・パルンカジャス」

霊王の左腕を宿しているのは、ユーハバッハの親衛隊ペルニダ・パルンカジャスと原作70巻640話で判明しました。

兵主部一兵衛の話では、僅かながら霊王の意志による世界の流れがペルニダやジェラルド果ては黒崎一護を霊王宮へに呼び寄せたとしており、その影響を受けてペルニダの中に眠る霊王の意識が涅マユリ戦で目覚めたのではと予想されています。

また、霊王の左腕は「前進」を司ると言われており、マユリ戦では異常な成長と増殖を繰り返していました。

マユリ戦で見せた霊王の意識はペルニダの性格と打って変わって中々に貫禄と威厳がある口調だった事から大貴族の様に権威的な姿が想像できますが、実態は不明です。

関連記事

ユーハバッハの親衛隊の一人「ペルニダ・パルンカジャス」は、作中でも上位のチート能力で猛威を奮っていました。 そこで今回はペルニダの戦闘を振り返り、 ペルニダのプロフィールと能力 ペルニダ対剣八・マユリ・ネム戦の末路 […]

ペルニダの中の霊王の左腕が目覚めた場面

霊王の爪「松本乱菊」

霊王の爪を宿していたのが松本乱菊とされていますが、本編や文中では明記されていません。

小説「bleach can't fear your own world 2巻」の回想シーンにて、藍染と東仙の会話の中に霊王の爪に言及する台詞がありますが、藍染は「とある少女から奪った魂魄に混じっていた爪」とあからさまに名前を伏せていました。

続けて「魂を大幅に奪ったにもかかわらず、死にもせず、その少女はいまだに死神の素質を持ち合わせたままだ」と話すのですが、この時点で多くの読者は原作48巻の市丸ギンの回想で描かれた魂魄を奪われた少女時代の乱菊を想像した筈です。

したがって、霊王の爪を宿していたのが松本乱菊とされています。

関連記事

冬獅郎が死神になる以前から十番隊副隊長を長年務める松本乱菊ですが、死神になる以前にとある人物から魂魄を一部奪われています。 そこで今回は、 松本乱菊の正体と霊王の爪との関係 松本乱菊のプロフィール 松本乱菊の斬魄[…]

藍染の部下に襲われ傷を負い倒れている松本乱菊

 

霊王の爪は藍染の崩玉に与えられた

霊王の爪は藍染が未完成の崩玉に流魂街の魂を削って与えていた際に偶然強い反応を示した事で発見したもので、崩玉に取り込まれています。

 

霊王の鎖結「道羽根アウラ」

霊王の鎖結を宿すのは小説「Bleach can't fear your own world」で登場した完現術者の「道羽根アウラ」です。

父親が完現術者で母親が人間という親子二代にわたる完現術者である稀なケースで、アウラが生まれる前に母が虚の襲撃を受けその傷が元で出産後に死去しており、その事件が原因で父はアウラの完現術の能力を取り除く手段を模索するようになるとアウラを地下に軟禁して育てていました。

アウラが成長した後、綱彌代時灘が接触してきた際に時灘が父の殺害を指示した黒幕である事実とアウラの魂魄に霊王の鎖結が宿っている事を知らされます。

アウラは完現術者でありながら長い監禁生活で「愛着」という感覚を失ったせいで銀城らの様に物への執着で発現する固有能力が無い代わりに、完現術者の基礎能力「魂魄と霊子の使役」を極限まで極めており、浦原曰く死神が斬魄刀を使わない代わりに白打や鬼道が藍染レベルと指標を示すほどの実力者です。

完現術者は霊王の欠片(因子)が関係している

完現術者は太古より続く人と虚の関わりの中でその狭間より生まれた者達であり、完現術者の力の根源が霊王の欠片と関係している、即ち霊王の力の因子を宿している事が判明しました。

霊王の右腕が死神に憑りついた形がミミハギ様だとするならば、霊王の欠片が人間に憑りつくとどうなるのか、それは崩玉と似たような効果をもたらすのではと推測されています。

完現術者が生まれる理由は、霊圧知覚に長けた虚が霊王の因子を持つ母体を感知し、その結果として完現術者の人間は基本的に胎児の時期に母親が虚に襲われているといった共通点が生まれ、虚の襲撃を受け生き延びた後に出生し、虚の因子の影響を受け将来的に完現術者の能力に目覚めるのです。

したがって、銀城空吾もまた死神であり虚であり完現術者であるため、黒崎一護同等に霊王になる器の素質を持つ者なのでした。

XCUTIONの構成員や井上織姫と茶渡泰虎も霊王の因子を宿しているという認識で問題ないと思われます。

 

完現術の力

完現術者はすべて「両親が虚に襲われた」という自分自身ではどうしようもない理不尽な状況から手にした力なのです。

黒崎一護と霊王の欠片の関係

完現術者の理論で言えば一護の母親「真咲」は一護の出産後に虚の襲撃に遭っているので該当しません。

しかし、一護に受け継がれたホワイトは藍染が造り上げた改造虚であり、その源は死神達から回収した魂魄で造った「崩玉」にあります。

藍染の「崩玉」の中には、恐らくですが上述の松本乱菊の魂魄から奪った霊王の爪或いは霊王の因子が残っていたとも捉える事が出来るので、霊王の欠片を取り込んだ崩玉から生まれたホワイトに霊王の因子が含まれている可能性は充分にあり得るでしょう。

したがって真咲からホワイトを受け継いだ一護にも霊王の因子が流れ込んでいて完現術を習得できたのではと考察されています。

関連記事

BLEACHの作品内において、死神・虚・完現術・滅却師と全ての種の因子を持ち合わせる主人公である黒崎一護ですが、一護がどうして全ての因子を所有しているのか、また内在するに至ったのか、 黒崎一護の生い立ち 黒崎一護が保有する力[…]

黒崎一護が斬月を抱え瞑想しているシーン

霊王の欠片と産絹彦禰の関係

小説「bleach can't fear your own world」のキャラクターとして登場した産絹彦禰は、少年少女とも判別できない子供の容姿に善悪の垣根がない純粋無垢な性格が特徴的な天真爛漫なキャラクターです。

その正体は、綱彌代時灘がこれまで集めたありとあらゆる魂魄を練り混ぜて造り上げた人造魂魄であり、その魂魄の材料として、

  1. 霊王の欠片の一部
  2. グレミィの脳
  3. 虚や滅却師果ては現世の水子の魂

以上の素材を道羽根アウラの力で霊王の欠片を軸に纏め上げられた存在で、死神に必要な魄睡(霊力の発生源)と鎖結(霊力のブースター)が出来上がった段階で山田清之助により肉体を形成されました。

その為、作中では一護に似た霊圧を有し、虚とも死神とも滅却師とも思える力を使用しています。

「霊王」の正体とは

霊王の胸部をユーハバッハが剣で貫いた瞬間

引用元:BLEACH 原作68巻

  • 小説「bleach can't fear your own world 3巻」

霊王は千年血戦篇で水晶のような物に封印されるように霊王宮に祀られていましたが、四肢をもがれた状態で死んでいるのか生きているのか判別できませんでした。

霊王の正体は「全ての祖」と言われる存在で、「世界がこの形となる前、生と死の境すらない混沌とした世界の中で、初めて虚と人の間に立った原初の護り手、滅却師と死神、そして完現術者。全ての祖であるとでも言うべき存在さ」と尸魂界の歴史を知る綱彌代時灘が話しています。

虚圏や現世が生まれる以前、森羅万象が曖昧で生と死や進展も後退もない億年かけて冷えるのを待つだけの世界は、虚になる事すら霊子の循環の一部だと割り切っており、やがて虚が人間を捕食し始めてたのをきっかけに世界の循環は止まってしまったのです。

このままでは魂魄の全てが一つの巨大な大虚へ成り果てて世界が完全に静止する事になるのを待つのみだったのですが、ある時一つの命が誕生し虚を滅却して世界に循環を齎します

それが初代霊王でした。

 

霊王の強さ

霊王が生まれた時代に、同じように特殊な力を持つ者が生まれていましたが、その中でも霊王は突出しており、兵主部曰く「正に万能、全知全能に近い力を持っていた」そうです。

兵主部一兵衛は霊王の親友?

兵主部一兵衛が霊王誕生について語った際、霊王と同じ時代に生きていた事が判明し霊王の知り合いだと言う事が分かりました。

まだ三界に分かれる以前、霊王を筆頭に特殊な力を持つ者達が現れていたそうですが、兵主部もその中の一人であり、霊王とは尸魂界開闢以前からの付き合いです。

霊王護神大戦後は、昔話をする際に既に玉座から消え去ったかつての霊王の姿を懐かしむように思い馳せる描写があります。

関連記事

コミックス58巻にて、他の零番隊メンバー達と共に瀞霊廷に降り立った兵主部一兵衛。 今回は、零番隊の頭目として霊王宮に侵入してきたユーハバッハと対峙した彼の 最後はどうなったのか 兵主部一兵衛の目的 兵主部一兵衛の[…]

修行中の恋次とルキアに「ようく喋る様になったのう」と声を掛ける兵主部一兵衛

五大貴族の祖が霊王に犯した罪

嘗て五大貴族と呼ばれた「綱彌代家」、「朽木家」、「四楓院家」、「志波家」、そして家名が不明の家門五名の祖が霊王の存在に深く関係しています。

  1. 綱彌代家の祖は、滅却の力がいつか自分に向くのではないかと恐れ
  2. 朽木家の祖は、世界をより盤石な形とする為に新たな規律が必要だと主張
  3. 四楓院家の祖は、停滞した世界を前に進める為には更なる循環の形が必要だと主張
  4. 志波家の祖は、虚にも心がある故に滅却ではなく浄化の道を探るべきだと主張
  5. 不明の一族の祖は、後に地獄と呼ばれる坑を塞ぐ二となる世界が必要だと主張

各一族が動悸こそ別方向でしたが「今ある世界を分離させる」といった共通の目的を持っていて、現在の三界分立(尸魂界、現世、虚圏)にする為に、全知全能に近い強大な力の主、霊王の力が必要だったのです。

しかし、志波家が霊王の説得に当たろうとしたその隙をついて、綱彌代家が霊王を結晶に封じ込め霊王の全能の力を楔にして五人の貴族は新たな世界の基盤を造り上げました。

魂に生と死の区切りをつけ循環をもって世界を新たな段階に引き上げる、その世界を管理する者達をいつしか「死神」と呼ぶようになったのです。

ところが、無抵抗で封じられた霊王が封印から自力で抜け出して復讐する事を恐れた綱彌代家は、前進と静止を司る霊王の右腕と左腕を捥ぎ取って生かさず殺さずの矛盾の螺旋に霊王を放り込み、綱彌代家を始めとする何人かの始祖達は永い時をかけて霊王の心臓を抉り両足を削り臓腑を刻んで本体から切り離し力を削ぎ落として、都合の良い「王」を作り出しました。

このような状態でも現在の霊王には意志があったとし、千年血戦篇で大局を導く流れのまま黒崎一護達を霊王宮に呼び寄せたと言われています。

また、このような歴史的背景から綱彌代時灘は霊王の事を生贄の山羊だと揶揄していました。

関連記事

本作「BLEACH Can't Fear Your Own World」は全3巻で構成された小説であり、漫画BLEACHで描き切れなかった久保帯人先生の設定を詰め込んだ一冊であると共に、尸魂界や死神の起源から霊王の誕生等の伏線回収が詰まる、[…]

小説「bleach can't fear your own world」の表紙

志波家の没落

歴史的に見れば志波家も他の五大貴族を止められなかった為に同罪と言う見方もありますが、志波家の祖だけは自ら霊王を説得する方針で、霊王を無理矢理封印した綱彌代家に強く反発していました。

「自分達が為した罪を世に広く知らしめ裁きを世に委ねる」と主張した志波家は、最悪、自らの身を霊王の代わりの贄にする為にその術を探っていましたが、結局方法は見つからなかったのです。

その為、霊王の説得に失敗した際は力及ばずとも自らが三界の礎となる覚悟でしたが、綱彌代家に霊王を討たれた為に断念する事になりました。

それらの歴史背景から結果的に志波家は生き永らえましたが、綱彌代家によって長い間冷遇されると志波一心や志波海燕の件で完全に没落してしまったのです。

しかし、志波家の祖の思いが届く様にその血縁である黒崎一護が霊王になりうる資質を持って現れた事で兵主部は「これも因果か」と思っていました。

霊王の目とユーハバッハの関係

霊王もまたユーハバッハと同じ未来を見通す力があったと言われているものの、無理矢理封印されて世界の楔にされる未来は見えなかったのかと思えてなりません。

しかし、これに関しては兵主部から「どう足掻いても避けられぬという未来を視ていたからか、それとも、何かしら新しい世界に希望を見出していたからか、その御心までは計り知れんが……霊王様は、敢えて抵抗せんかったそうじゃ」と語っています。

滅却師の始祖がユーハバッハとするのならば、霊王とは滅却師の力そのものの源流です。

ユーハバッハが霊王の子孫にあたるのかは不明ですが、霊王から削り落とされた力が顕現したのか或いはジェラルドやペルニダのように回帰したのかは定かではないものの、ユーハバッハが一護に「我が息子」と述べたように、力の源流が霊王にあるのならばユーハバッハが霊王に「父」と言った意味に繋がるのではないでしょうか。

霊王護神大戦後の二代目「霊王」

一護に斬られてユーハバッハに力を奪われた霊王ですが、大戦後ではユーハバッハの遺骸が新たな霊王として霊王大内裏に祀られています。

  1. 三界を元に戻し一つにすること
  2. 霊王を殺害し生と死のない苦痛から解放すること

これらを目指したユーハバッハが今や自らが世界の楔となり霊王と同じ境遇になっているという皮肉な結果に終わりました。

しかし、千年血戦篇でユーハバッハが霊王の力を全て吸い取っていなければ、危うく黒崎一護が霊王にされるといったバッドエンドが待っていたような発言を兵主部がしています。

霊王の欠片の一覧と霊王の爪や五大貴族についてのまとめ

  1. 霊王の欠片は五大貴族が霊王を封印して削ぎ落したパーツ
  2. 霊王の欠片は、一部は死神や滅却師に回帰し、一部は人間(完現術師)へ宿っている
  3. 霊王とは、三界が成立する以前に生まれた特殊な能力者で「全ての祖」
  4. 霊王は、綱彌代家に封印され世界の楔にされた
  5. 歴史的背景を知っている藍染やユーハバッハは霊王の殺害(縛りから解放)を目論んだ

霊王は死神が世界を統治する以前、三界(尸魂界、現世、虚圏)がない世界に生まれた特殊な能力者でり、五大貴族の一人綱彌代家の非道な行いによって楔にされた事が判明し、藍染やユーハバッハがなぜ執拗に死神を憎み霊王を殺そうとしたのかが明らかになりました。

全ては綱彌代家の祖が行った罪が発端であり、それに追従した残る四貴族の祖によって地盤は固められ霊王は贄とされたわけですが、死神側が巨悪の根源だったとは究極のどんでん返しではないでしょうか。

本編で語られなかった霊王に関する伏線が語られる小説「bleach can't fear your own world」は、久保帯人先生が緻密に練ったBLEACHの設定を余すことなく成田良悟先生が執筆されています。

千年血戦篇後の尸魂界や滅却師の事情、懐かしい破面に完現術者の面々と新たな敵キャラクター、そして檜佐木修平を主人公に紡ぐ物語は霊王への核心に触れ固唾をのむ展開となっているので、BLEACHファンなら楽しめる内容となっていますので未読の方におススメです。

また、ゲームアプリ「BLEACH Brave Souls」でも小説の物語を追体験しながら遊び尽くせるので、プレイしながら体験したい方に推奨できます。

【完結済み】BLEACH
created by Rinker
黒崎一護・15歳・ユウレイの見える男。その特異な体質のわりに安穏とした日々を送っていた一護だが、突如、自らを死神と名乗る少女と遭遇、「虚」と呼ばれる悪霊に襲われる。次々と倒れる家族を前に一護は!?