【BLEACH】浮竹十四郎は地獄に堕ちていた!衝撃の正体と死亡理由とは?

千年血戦編で浮竹十四郎が霊王の代わりとなって世界の崩壊を一時的に防いだ後、残念ながらそのまま死亡してしまいましたが、その後浮竹がどうなったのか、

  • 浮竹十四郎は地獄へ堕ちた?
  • ミミハギ様と霊王の右腕とは
  • 浮竹十四郎の人物像などのプロフィール

地獄へ堕ちた理由や浮竹の来歴から霊王の右腕との関係を紹介していきます。

浮竹十四郎は地獄へ堕ちていた

週刊少年ジャンプ2021年36・37合併号にて掲載されたBLEACHの続編を描いた短編「獄頣鳴鳴篇(じくいめいめいへん)」で、浮竹十四郎が地獄へ堕ちていた事が発覚しました。

では、どうして地獄へ堕ちたとわかるのか漫画内で語られた事を抜粋してみました。

  • 霊子に宿る霊圧の濃度を指す「霊威」という言葉がある
  • 一般隊士で二十等霊威、副隊長で五等から四等霊威、隊長で三等以上の霊威
  • 死神が死ぬと肉体は霊子となり尸魂界に還るが三等以上は霊圧濃度が高すぎて還れない
  • そのため「魂葬礼祭」という儀式をして還れるようにする

以上の事は真央霊術院で学ぶ範囲であるそうですが、実際はそうでなかったということが京楽春水の口から続けられます。

”三等以上の霊子はどうやったって尸魂界の大地には還れない”

引用元:BLEACH 週刊少年ジャンプ2021年36・37合併号

実際は霊子が尸魂界の大地へ還ることができないというのに、なぜ魂葬礼祭を行うのか、これには別の意味が隠されていたのです。

魂葬礼祭は死んだ隊長達を地獄へ堕とす儀式だった

ここからは地獄へ堕ちたザエルアポロが現世にて黒崎一護と戦いながら語っています。

  • 強さには代償があり、自ら求めた強大さによって還る場所を失った寄る辺無き魂を地獄に堕として救済する
  • 死神は知らぬ間に自分達の手で仲間を地獄に堕とし続けていた

そして、地獄の口を押さえ続けていた藍染惣右介ユーハバッハといった強者が消えたところへ、黒崎一護達死神達が、

  1. 山本元柳斎重國
  2. 卯ノ花烈
  3. 浮竹十四郎

以上の様な強大な霊圧の持ち主を地獄へ堕とした事で均衡が崩れ、地獄の側から口をこじ開けられるようになり、ザエルアポロが現世に来れるようになったと説明しました。

魂葬礼祭とはどんな儀式なのか?

一護に魂葬礼祭について教える恋次

引用元:BLEACH 週刊少年ジャンプ2021年36・37合併号

戦いで死んだ隊長達の葬儀のあと十二年おきにやる儀式で、現世で虚を捕まえてきて墓の前で殺すといった内容になります。

そして今回の短編では、「獄頣鳴鳴篇(じくいめいめいへん)」では元柳斎重國と卯ノ花烈の魂葬礼祭は既に終わっており、浮竹十四郎の番となっていたのです。

ザエルアポロが連れてきた虚によって儀式は完了

浮竹十四郎が地獄門からザエルアポロを刺す瞬間

引用元:BLEACH 週刊少年ジャンプ2021年36・37合併号

阿散井恋次を始め一角や弓親といった馴染みのメンバーと新キャラ含めた副隊長や席官が現世に虚を捕獲しにやってきていましたが、ザエルアポロが虚を引き連れて現世へ出現し戦闘となります。

全員が異様な雰囲気の虚を退治したのち、ザエルアポロの背後に地獄門が出現し、扉が開くと奥から斬魄刀が飛んできてザエルアポロを後ろから突き刺すのですが、その斬魄刀はどう見ても始解した「双魚理」だったのです。

ザエルアポロは浮竹の名前を呼んだ後、浮竹十四郎の目の前で死神達が地獄の餓鬼共を皆殺しにしたことで儀式が終了したと言い残し、地獄門へ連れ戻されていきました。

  • 地獄門の奥から飛んできた斬魄刀が「双魚理」
  • ザエルアポロが姿の見えない相手を浮竹十四郎と呼んでいる

以上の事から、ほぼ確実に浮竹十四郎が地獄に堕ちていると分かります。

浮竹十四郎が死亡した理由

浮竹十四郎がミミハギ様を解放して死亡したシーン

引用元:BLEACH 原作68巻

ユーハバッハが霊王を殺害した事によって世界が崩壊しかけてるのですが、霊王の右腕を宿していた浮竹は、己の臓腑を全て捧げる「神掛」と呼ばれる儀式を行い、霊王の右腕を解放して世界の崩壊を一旦食い止めることに成功します。

しかし、ユーハバッハが霊王の右腕を取り込んだ事で効力はなくなり、浮竹は絶命ました。

浮竹十四郎の病とミミハギ様の関係

浮竹十四郎が3歳の頃に肺病で死にかけた場面

引用元:BLEACH

浮竹は生まれつき肺に病を抱えており吐血を繰り返し寝込んでいますが、実は3歳の頃肺病で死にかけていた事が霊王の右腕「ミミハギ様」を肉体に憑りつかせる発端となるのです。

ミミハギ様とは?

霊王の右腕をミミハギ様として祀っている描写

引用元:BLEACH 原作68巻

東流魂街七十六地区の逆骨に伝わる単眼異形の土着神であり、自らの持つ眼以外の全てを捧げた者に加護をもたらすと伝えられています。

くわえて、ミミハギ様ははるか昔に天から落ちてきた「霊王の右腕」を祀ったもとだとも伝えられていました。

浮竹の父母は迷信深い人だったらしく、病気の浮竹をミミハギ様の祠へ運んだ後、浮竹の肺を捧げる祈祷を行い、そのおかげで浮竹は生き延びることができ死神として瀞霊廷の為に働けるまでになったのです。

神掛とは?

浮竹の肺にはミミハギ様が食い付いており、その力を全身の臓腑へと広げる儀式を「神掛」と呼びます。

神掛によって全ての臓腑を捧げるとミミハギ様の依り代となり、自らの肉体が霊王の右腕そのものと化すのです。

浮竹十四郎のプロフィール

浮竹十四郎が封印具を持ち出してきた場面

引用元:BLEACH

  • 名前:浮竹十四郎(うきたけじゅうしろう)
  • 誕生日:12月21日
  • 身長:187㎝
  • 体重:72kg
  • 所属:護廷十三隊十三番隊隊長
  • 趣味:盆栽
  • 好きな食べ物:おはぎ
  • 嫌いな食べ物:無し
  • 初登場:原作14巻
  • 声優:石川英郎

ルキアの所属する十三番隊の隊長を務め、白い頭髪と病弱な体が印象的な優しい性格の死神です。

隊長の中では温和な性格で、休日は庭の盆栽いじりや池の鯉にエサをやるといった老後のような生活をしており、日番谷冬獅郎とは名前が「とうしろう」と「じゅうしろう」と響きが似ていることから「同じシロちゃん」仲間であること、また、同じ白い頭髪から一方的に親近感を覚えお菓子をあげることもあります。

浮竹十四郎と京楽春水と山本元柳斎重國の関係

かつての師である元柳斎と対峙する京楽と浮竹十四郎

引用元:BLEACH 原作18巻

京楽春水とは、真央霊術院からの付き合いで共に卒業後に初めて隊長に就任した偉業を果たし、現在でも互いに親友だと認識するほど仲がいいです。

山本元柳斎とは、真央霊術院時代に京楽と共に指導を仰いだ仲であるため、浮竹も元柳斎を先生と呼び慕っていました。

浮竹十四郎とルキアの関係

浮竹十四郎がルキアを助けるために道具を解放する場面

引用元:BLEACH 原作18巻

浮竹とルキアは凡そ50年前後の付き合いであり、志波海燕殉職の一件にも海燕含め三人で虚退治に赴いた仲でもあるため、信頼関係は厚い信頼関係を築けているであろうと予想できます。

したがって、ルキアが死神能力譲渡によって重罪になり処刑されようとされていた際には、成り行きに粉臭さを覚え、京楽と共謀して処刑の阻止を企ており、双極の破壊を決行しました。

関連記事

第一話から登場するBLEACHの代表的キャラである朽木ルキアですが、最終章にて死亡したのか、はたまた生存できたのか、 朽木ルキアは死亡したのか? 朽木ルキアの人物像 朽木ルキアの主な関係者 来歴やその後の展開も踏[…]

朽木ルキアが袖白雪を構える扉絵

浮竹十四郎と志波海燕の関係

誇りを守る為に戦う海燕を食いしばって見守る浮竹十四郎

引用元:BLEACH 原作16巻

浮竹は、死神は常に戦いに身を置くため一つの戦いには二つに分類される戦いの理由があると説きます。

  1. 命を守るための戦い
  2. 誇りを守るための戦い

亡くなった妻や部下達と自分の誇りを守る為に一人で決着をつけさせて欲しいと願う海燕の心情を汲み、浮竹は助太刀を我慢して部下の戦いを見守る事を選択しました。

浮竹十四郎と銀城空吾の関係

浮竹十四郎に渡された代行証が通信装置で監視されていると告げる銀城

引用元:BLEACH 原作54巻

銀城のセリフから、死神の代行証は尸魂界との通信装置であり所有者の霊圧を解析して制御し尸魂界の監視下に置くためのものであると判明し、銀城は代行証を手渡した浮竹十四郎こそ死神代行を監視して手駒に置いた犯人だと一護に告げました。

初代死神代行として浮竹から代行証を渡された銀城は、後に死神によってかつての仲間を殺害された過去を持ち、代行証を通じて監視していた浮竹を恨んでいたのです。

銀城が浮竹を憎む理由の真実

銀城が死神に裏切られたことで浮竹を恨んでる理由はわかったものの、それでは、なぜ死神側が銀城の仲間を殺害するに至ったのかは本編で語られませんでしたが、小説「Can't Fear Your Own World」にて判明しました。

  1. 四大貴族が一人綱彌代時灘は霊王の欠片を集めていた
  2. 完現術者は霊王の欠片を有した人間であり、時灘は銀城に目をつけていた
  3. 浮竹は反対派だったが貴族が監視機能付きの代行証を提案し、渋々了承
  4. 完現術者を捕縛するために刺客を送るが銀城が撃破
  5. 綱彌代家が報告を捏造し銀城が襲ったことにした

これによって浮竹は完現術者の殲滅を指示したわけですが、浮竹は最後まで銀城を信じており、本件の反逆行為に疑念を抱いていたのです。

また、銀城からすれば、突然死神に襲われ仲間を殺害され、代行証の仕組みに気づいたことで浮竹が首謀者だと連想するのですが、一連の背景に四大貴族の綱彌代時灘が存在していたことを補足したのが小説「Can't Fear Your Own World」でした。

浮竹十四郎の斬魄刀「双魚理(そうぎょのことわり)」の解号のセリフと能力

浮竹十四郎が始解「双魚理」を解放する場面

引用元:BLEACH

  • 初出原作18巻156話

解号は「波悉く我が盾となれ 雷悉く我が刃となれ”双魚理”」(なみことごとくわがたてとなれ いかずちことごとくわがやいばとなれ)

始解すると二刀になり刀身が逆十手のように変化し、柄尻から縄のようなもので二刀が繋がり、縄には飾りのような札がぶら下がっていて、尸魂界全土にただ二つ存在する二刀一対の斬魄刀とのことです。

【完結済み】BLEACH
created by Rinker
黒崎一護・15歳・ユウレイの見える男。その特異な体質のわりに安穏とした日々を送っていた一護だが、突如、自らを死神と名乗る少女と遭遇、「虚」と呼ばれる悪霊に襲われる。次々と倒れる家族を前に一護は!?

能力は相手の霊圧を吸収して撃ち返す?

浮竹十四郎が斬魄刀の能力で敵の虚閃を撃ち返す場面

引用元:BLEACH

技名は不明ですが、破面編でのスターク戦では、スタークの虚閃を片方の刀で吸収し、縄を通した後、もう片方の刀から放出し撃ち返すといった技を使っています。

撃ち返す際には、技の速度や圧力や軌道を僅かに調節して、相手が躱すタイミングをずらすなど工夫していました。

浮竹十四郎の卍解

残念ながら双魚理の卍解は、浮竹が死亡したことで一度も登場することなく終了しました。

もしかしたら、今後小説が出ることがあるとしたら未登場の卍解を回収してくれるかもしれませんので、気長に待つしかありませんね。

浮竹十四郎の強さはどれくらい?

浮竹は殆ど寝込んでいる為、万全状態での戦闘はあまり描かれていませんが、少ない戦闘シーンからある程度の実力は分析できるのではないでしょうか。

尸魂界編の浮竹十四郎の戦績

  • 山本元柳斎重國戦

元柳斎と交戦中に藍染の謀反報告を受けて驚く浮竹十四郎

引用元:BLEACH 原作20巻

双極破壊後、京楽と共闘して元柳斎と対峙しましたが戦闘描写はなく、両書共に本気を出しておらず実力はわからないものの、元柳斎が無傷に対して浮竹と京楽は汚れていることから、一対二にして、元柳斎とは相当の力量差があると考えられます。

  • メタスタシアに寄生された志波海燕戦

メタスタシアに憑依された海燕を斬り裂く浮竹十四郎

引用元:BLEACH 原作16巻

万全なら恐らく無傷で倒せるほど余裕のある攻撃をしていることから、副隊長以上の実力は固いと踏んでよいでしょう。

ただし、吐血によって不調になった事で取り逃がすなど、やはり体調面で実力が上下するといった不安定な戦闘力です。

破面編終盤の空座決戦時の浮竹十四郎の戦績

  • リリネットとスターク戦

リリネットから斬魄刀を取り上げる浮竹十四郎

引用元:BLEACH 原作42巻

第1十刃スタークの従属官リリネット・ジンジャーバックとの戦闘では、リリネットの斬魄刀を奪い弄んでいる様子から、少なくとも従属官クラスでは始解する必要性がないほどの実力の差があると見ていいでしょう。(リリネットが弱すぎる可能性もあります)

続くコヨーテ・スタークとの戦闘では、虚閃を吸収し撃ち返すことで互いに大規模な虚閃の打ち合いを続けていましたが、ワンダーワイスの登場で勝負は中断します。

  • ワンダーワイス戦

ワンダーワイスに背後から胸を貫かれる浮竹十四郎

引用元:BLEACH 原作42巻

こちらはワンダーワイスの不意打ちで背後から胸を貫かれたため浮竹の敗北になりますが、ワンダーワイスの気配を知覚できていない点や、後に元柳斎が帰刃状態のワンダーワイスを楽々倒している事から、元柳斎より劣る事が明確となり、ワンダーワイスとは五分五分もしくは卍解すれば勝てる程度の認識で構わないと思われます。

ワンダーワイスに関しては、浦原喜助も初見で違和感を感じていたり受け身になっていたので、特殊な事例かもしれません。

千年血戦編一回目侵攻での浮竹十四郎の戦績

元柳斎の卍解の影響を受け浮竹十四郎が喉が乾くシーン

引用元:BLEACH 原作57巻

この戦いでは、滅却師の誰と戦っているのか相手の顔が描かれていないため判別できませんが、恐らく聖十字騎士団の誰かだと思われます。

浮竹は少し怪我を負っていて表情が芳しくないことから苦戦していると予想できますが、卍解を奪われることもなく五体満足で生存していることから、聖十字騎士団の下位とは渡り合える実力なのではないでしょうか。

補足として、元柳斎の卍解の影響を受け喉が乾いていました。

浮竹十四郎が地獄へ堕ちた死亡経緯と人物像のまとめ

今回、浮竹十四郎が地獄へ堕ちた経緯として、

  • 死神側が、亡くなった隊長格を弔う魂葬礼祭を行って地獄へ堕としていた
  • 浮竹十四郎は世界の崩壊を抑える為に神掛を行いミミハギ様の依り代となり死亡した
  • ミミハギ様は浮竹十四郎が3歳の頃に肺病を患いその肺を捧げた霊王の右腕だった

以上の事がわかり、浮竹は三界の為に命を差し出したのにもかかわらず地獄へ堕とされていたことが発覚するなど救いようのない設定がありました。

地獄へ堕ちた浮竹が果たして敵として君臨するのかは原作者久保帯人先生次第ですが、「獄頣鳴鳴篇(じくいめいめいへん)」は不穏な空気を匂わせるような読み切りとなります。

【完結済み】BLEACH
created by Rinker
黒崎一護・15歳・ユウレイの見える男。その特異な体質のわりに安穏とした日々を送っていた一護だが、突如、自らを死神と名乗る少女と遭遇、「虚」と呼ばれる悪霊に襲われる。次々と倒れる家族を前に一護は!?
>ねるBL

ねるBL

☆BL作品は最近立ち上げたばかりの姉妹サイトをご覧ください。