【BLEACH】バンビエッタが死亡後にゾンビ化!その後の様子が小説で明らかに

星十字騎士団の中でも屈指の人気キャラとなったバンビエッタ・バスターバインは、多くの読者から支持されていましたが残念ながら狛村に敗れてしまいました。

では、バンビエッタはどのようにして死亡しゾンビとなったのか、

  • バンビエッタの死亡とゾンビ化について
  • バンビエッタのその後や小説について
  • バンビエッタのプロフィールと基本情報

等など、バンビエッタの気になる情報を見ていきましょう。

バンビエッタの死亡とゾンビ化の経緯

狛村に敗北した後やってきたジゼルに殺害される直前の嫌がるバンビエッタ

引用元:BLEACH

バンビエッタが死亡しゾンビになった経緯は、原作61巻から始まる二度目の尸魂界侵攻に於ける戦時下です。

一方的に瀞霊廷を蹂躙する見えざる帝国、メダリオンによる卍解の強奪、この圧倒的な戦力差の中一体どのようにして戦況がひっくり返りバンビエッタが敗れたのか、先ずはバンビエッタの動向を搔い摘んで見ていきたいと思います。

巻数 時系列と詳細 備考
原作56巻497話 見えざる帝国の一度目の侵攻時、バンビエッタは狛村と対峙して卍解を掠奪しました。

また、滅却師達が撤退後、狛村の右耳が無かった事からバンビエッタにやられたと推察できます。

狛村から卍解掠奪
原作62巻554話 バンビエッタvs平子真子と狛村左陣

二度目の侵攻時、バンビーズにハブられたバンビエッタは単騎で護廷隊士達を虐殺していましたが、その最中、浦原が開発した侵影薬によりメダリオンから掠奪された卍解を開放されます。

平子と対峙したバンビエッタは、平子の「逆撫」によって言葉や平衡感覚を失うもののすかさず完聖体となって全方位を爆撃して「逆撫」の能力を打ち破り、平子を撃破しました。

平子撃破
原作62巻556話 バンビエッタvs狛村左陣

平子敗北後、駆け付けた雛森を爆殺しようとするバンビエッタから狛村が庇い立てすると、鉄笠の中から人間の顔をした狛村が姿を現します。

毛深い獣耳をした人間の男性を一瞥し「なにそれ…ワンちゃんじゃなくなってるじゃん…」と残念そうに呟くバンビエッタは、一方でその異形を前に分析を始めていました。

そして、あらゆる爆撃を防ぐのではなく正面から受け止めている狛村から「人化の術」を用いている事を聞くと、既に心臓を捧げて一時の不死身を手に入れた狛村を前に怖気づくのです。

原作62巻557話 バンビエッタvs狛村左陣の決着

狛村が不死身となった事でバンビエッタは絨毯爆撃を繰り返しながら距離を取ろうとしますが、「黒縄天譴明王・断鎧縄衣」の特攻により次第に距離を詰められると、次瞬、袈裟斬りに近い一閃で斬り伏せられるのでした。

尚、直接的な敗因は黒縄天譴明王の刀に接触した際に自身の爆撃と誘爆した自爆によるものです。

また、バンビエッタにとっての戦いとは「負けたら死ぬから、殺されるのがイヤだから、死なない為に戦っている」と理由づけていた為、戦う前から命を捨てていた狛村に対し畏怖を覚えていました。

狛村に敗北
関連記事

BLEACH界の癒し系「狛村左陣」ですが、最終章にて人化の術を使い獣の姿へと身を窶して退場してしまいました。 そこで今回は、 狛村左陣が最後に狼になってどうなったのか 狛村左陣が狼になった最後の戦いについて […]

狛村左陣のアイキャッチ

バンビエッタはジゼルに殺害される

  • 原作62巻558話

狛村戦後、戦場に倒れていたバンビエッタはバンビーズの中で自分が一番にやられた事を悔いていましたが、そこへバンビーズが集結し彼女を見下ろします。

ジゼルは「助けてあげる」と曇った眼を向けバンビエッタがいないと淋しいと言い放ちますが、バンビエッタは自分の死を予知した様に必死な形相で「やめてよジジ……」と訴えるも、ジゼルによって敢え無く殺害される結末を迎えました。

ただし、殺害の描写は省略されていた為バンビエッタの死亡シーンはありません。

バンビエッタのゾンビ化と活躍

ゾンビになったバンビエッタに後ろから抱き着いて命令するジゼル

引用元:BLEACH

  • 原作65巻588話~591話

ジゼルが班目一角と綾瀬川弓親の二名と戦闘になった原作65巻、ジゼルは上記で殺害したバンビエッタを投入しました。

ゾンビとなったバンビエッタは、その不死の特性上四肢を欠損しても難無く戦闘を継続出来る為、一角と弓親の両名を撃破しますが、涅マユリの登場を受け連戦する事になります。

マユリはバンビエッタの能力「爆撃」を分析すると、すぐに看破して「霊子固定装置」を用いて爆発までのタイミングを遅延させる事で被弾を回避し、且つ撃ち返す事でバンビエッタを自爆させました。

その際、ジゼルは爆発の余波から身を護る為にバンビエッタを盾に代用した事で、バンビエッタは損傷していますが、ジゼルの能力で修復可能なのですぐに直されるのです。

また、その後はマユリが指揮する涅骸部隊シャルロッテ・クールホーンに赤子同然にあしらわれると特大の虚閃を身に受けて戦闘不能に陥りました。

 

ゾンビ化したバンビエッタ

ゾンビ化したバンビエッタは、多少の自我が残っている様子ですが口調はしどろもどろなカタコトに近いもので、性格は酷く内向的なものへ退化し常に怯えた様子で体は土色に変色しています。

リンクテキスト:バンビエッタがゾンビとなって登場した65巻を読んでみる

バンビエッタの最後

  • 原作67巻603話

マユリ戦後、ジゼルは自分の肉体の損傷が激しかった為、血を分けたバンビエッタの血肉を貪る事で回復を得ていました。

バンビエッタの腹部に噛みついて血を啜るジゼルに対し「そんなに血とらないで…」とまだ死にたくない事を伝えると、機嫌を損ねたジゼルはバンビエッタの顔面を鷲掴みして「あんたはもう死んでだって」と何度も地面に頭を叩きつけます。

そんな猟奇的な描写の後、横たわったバンビエッタの頭部から血が広がる他、開いた瞳孔が左右別々の方角を向いて機能静止した様な姿が描かれるのでした。

 

最後の出演

余談ですが、続く604話冒頭でユーハバッハの聖別から逃げるジゼルがバンビエッタの遺骸に抱き着いているコマがあるので、正確にはそこがバンビエッタの最後の出演となりますね。

リンクテキスト:バンビエッタが退場した67巻を読んでみる

バンビエッタのその後と小説

  • 小説「BLEACH Can't Fear Your Own World」

さて、バンビエッタは本編でジゼルに殺害され、その最後の出演もジゼルに頭を叩きつけられて機能停止する凄惨なものでしたが、一旦ゾンビとなった彼女はジゼルが生存していれば死ぬ事はありません。

しかし、そのジゼルや他のバンビーズも原作70巻までに全員敗北し退場しています。

ですが嬉しい事に小説「BLEACH Can't Fear Your Own World」にてバンビーズの生存が判明し、バンビエッタは再登場を果たすのです。

ジゼルが回復した事で再びゾンビとして活動を再開したバンビエッタは、虚圏侵攻に於いて葬討部隊ルドボーンと対峙しており、その際には無限に虚を産み落とす「髑髏樹」を前に嘗て死を恐れず立ち向かってきた狛村との戦いのトラウマが呼び起こされる事となり、戦闘放棄する様子が描かれました。

相変わらず知性がダダ下がりしているバンビエッタですが爆撃の能力は健在のままで、小説の敵の一人「已己巳己巴」を相手取り立ち回る姿や、戦うバンビエッタを見かけた平子が一方的に爆撃されたトラウマを蘇らせ顔を引きつらせるといった面白い描写もあります。

↓バンビーズのその後についてはこちら

関連記事

千年血戦篇で登場した星十字騎士団の中でも特に印象的だった5人組の女性滅却師「バンビーズ」は、多くのファンがいると思います。 作中ではリーダーのバンビエッタが真っ先に退場してしまいましたが、その後、大戦が佳境に入ると他のメンバーも順次敗[…]

バンビーズが初めて登場したシーン

バンビエッタ・バスターバインのプロフィール

聖十字騎士団の集合絵に写るバンビエッタ

引用元:BLEACH

【名前】 バンビエッタ・バスターバイン
【愛称】 バンビ
【性別】
【聖文字】
【能力】 爆撃ジ・エクスプロード
【所属】 滅却師、星十字騎士団シュテルンリッター、バンビーズ(リーダー)
【初登場】 原作56巻
【声優】 竹達彩菜

ミニスカートの軍服に軍帽を纏う長い黒髪の少女で、同じ星十字騎士団のナックルヴァールからは「美人」との評価を受ける程美麗な容姿を持っています。

男性滅却師から好意を寄せられる一方で、傲慢不遜な態度が悪目立ちする為、正確には難があり、リルトット曰く「ビッチ」だそうです。

また、星十字騎士団の女性滅却師を集めた5人組のチーム名に自らの名前をモチーフにした「バンビーズ」と名付け、そのリーダーを気取る等の傲慢な性格から実際にはバンビーズのメンバーからは軽視される等、良くも悪くも独善的な人物でした。

バンビエッタの能力「爆撃ジ・エクスプロード 」

  • 原作62巻554話

自身の霊子を撃ち込み接触したものを爆破させる能力で、その真骨頂は霊子による攻撃故に爆弾という実態や概念に縛られない為、単純に防ぎ様が無く霊子そのものを対処しなければ盾や防具の意味を為さない点です。

また、爆撃という攻撃手段は単騎や集団戦でも群を抜いており、距離を取る事が出来れば一方的に戦場を支配する事ができます。

作中ではピンポイントに霊子を打ち込んで狙い撃ちの様な事をしていたので、例えばライフルを扱う要領で爆撃での狙撃も出来そうですね。

 

「爆撃」の弱点は?

霊子が接触するまでに僅かな猶予があったり、爆風範囲に居れば自身も被弾してしまう恐れがあります。

狛村戦では、彼が不死の肉体を手に入れていたからこそ果敢に攻め入る事で誘爆させる事が出来ましたが、捨て身でない限りでは突破は難しそうですね。

バンビエッタの滅却師完聖体クインシー・フォルシュテンディッヒ

完聖体となって爆撃し尽くした瀞霊廷に佇むバンビエッタ

引用元:BLEACH

  • 原作62巻555話

狛村との戦闘で披露したバンビエッタの完聖体姿ですが、星型の光輪と霊子で生成された翼が生えるといった身体的特徴以外、固有名称や能力の詳細は判明していません

戦闘描写からして、常時飛廉脚効果があるのか自由に空を飛び回る事が出来る他、翼から無数の霊子の弾を飛ばす事で通常時を凌駕する絨毯爆撃を繰り出す等、全体的に基礎能力が向上しているのは確実です。

 

一方的な爆撃能力

空中を滑走する事でより安全圏から一方的に絨毯爆撃できるので、ジゼルの「あのコバカだからホントにこの戦いすぐ終わっちゃうよ」という言葉通り、威力だけを鑑みればバンビエッタ一人で瀞霊廷の破壊は容易に出来る印象でした。

しかし、バンビエッタ本人に耐久力や白兵戦の素質がない事と、近距離での爆撃は自身を巻き込む恐れがあるので、完聖体と言っても案外脆い様に窺えます。

バンビエッタのかわいい場面一覧

バンビエッタは初登場時から既に読者の人気を勝ち取り、以降登場する度に話題となりBLEACH界を担ぎ上げる一人になりましたが、一体どのような要素が可愛いと話題になったのか紹介したいと思います。

①単純に容姿が可愛い
  • 原作56巻496話

初登場時、掛け声と共に戦場を駆け巡るような天真爛漫な印象のバンビエッタは、キャラの作画が定着した最後期と比較すると若干幼いように思えます。

しかし、数多く登場する歴代の女性キャラに引けを取らない可愛い容姿は読者を魅了するには充分でした。

②寡黙になると美人
  • 原作61巻544話

普段の居丈高な物言いとは裏腹に、シリアスな場面では物思いに耽る精悍な顔つきのバンビエッタを拝む事が出来、幼さが消えて大人びた美人の顔立ちが浮き彫りになった際には色気を感じさせます。

元々美人と評価されているバンビエッタなので、年齢が重なれば夜一や乱菊のような色気の溢れた女性に育つ事は約束されたようなものですね。

③バンビエッタの欲求不満な描写
  • 原作61巻544話

バンビエッタは欲求不満になると男性滅却師の中からイケメンを選出し個室へ連れ込む事が発覚しています。

多くの男性読者をどぎまぎさせた描写ですが、残念ながらバンビエッタの欲求不満の解消法はイケメンを殺害するといった嗜虐的なものであった為、その扱いに方に戦慄を覚えました。

ただ、殺害された男性滅却師がなぜか上半身裸だったり、殺害後にバンビエッタが衣服のファスナーやスカートを整えるといったコマが描かれていた事から「いったい何をやっていたんだ?」という興奮冷めやらぬ読者の純粋で穢れた疑問の声が多く上がったのです。

いや、本当に何やってたんですかね……?
④バンビーズに舐められるバンビエッタ
  • 原作62巻554話

瀞霊廷への二度目の侵攻時、死神側が卍解を奪還する術を開発した事で敗北した蒼都やBG9に動転しすぎだと悪態づきますが、標的の狛村が近くに居ない不満をバンビーズに当たり散らかしていました。

しかし、周囲にバンビーズが居ない事に気付いたバンビエッタは、一人で喋っている事に羞恥心を覚え頬を紅潮さ沸々と怒りを露にするのです。

除け者にされた苛立ちと気恥ずかしさからギャグ顔と怒り顔、更には照れ顔まで僅か2ページで披露したバンビエッタの表情の変遷にファンは歓喜しました。

⑤バンビエッタはゾンビになっても可愛い
  • 原作65巻590話

原作62巻で狛村に敗北し、ジゼルに殺害された後ゾンビにされたバンビエッタですが、彼女の人気は死後も上がり続けるといった異常事態に発展しました。

その理由は、ジゼルの能力でゾンビになったバンビエッタはある程度の自我が残るものの、その度合いはジゼルが与える血の量に左右されるといったもので、生前の高慢ちきな性格が打って変わり不活発で口数少ない幼児の様な性格に成り代わったのです。

この生前の性格との落差によるギャップが読者の胸を射止めました。

⑥バンビエッタはリョナ展開も対応可能
  • 原作67巻603話

こちらは一部のマニア向けになりますが、BLEACHは女性キャラにも容赦なく怪我を負わせたり欠損させる節があるのでそういった性癖の読者にも高い評価を受けています。

その中でも、ゾンビとなったバンビエッタは腕を斬り落とされたり、爆撃の盾にされて全身火傷を負う等、様々なリョナ要素を加味するに至りました。

加えて、ジゼルがバンビエッタに覆い被さり血肉を貪るといった描写はかなり衝撃的なもので、その後に瓦礫に頭を何度も叩きつけて焦点が合わなくなったバンビエッタの表情はエグイ表現となる一方、読者を新たな属性に目覚めさせる一翼を担ったのです。

バンビエッタの死亡やゾンビ化とその後についてのまとめ

星十字騎士団屈指の人気キャラバンビエッタは、

 

  1. バンビエッタは狛村と戦い敗北した後、ジゼルに殺害されてゾンビにされた
  2. ゾンビ化後、ジゼルの兵隊として一角・弓親を撃破し、マユリと戦うがシャルロッテに敗北し一旦機能停止する
  3. バンビエッタはジゼルに血を啜られる最中に頭を地面に叩きつけられて完全に機能停止し退場
  4. 霊王護神大戦後、バンビエッタはジゼルに血を与えられて復活し、ルドボーンや已己巳己巴と戦っている
  5. バンビエッタは生前死後を含め多くの読者を魅了した

以上の様に脚光を浴びながらもその扱いはぞんざいなもので残念ながら退場してしまいました。

しかしながら、可愛い容姿から一転してゾンビになる怒涛の展開に読者は一喜一憂するものの、生前の傲慢な性格から死後知能が退化したギャップのふり幅が功を奏したのか、ゾンビとなった後も彼女の人気は衰える事はありません。

そして、千年血戦篇直後を描く小説にてバンビエッタやバンビーズの生存や活躍が描かれた事で彼女らの話題性は不朽のものとなった事でしょう。

↓バンビーズのメンバーについてはこちら

【完結済み】BLEACH
created by Rinker
黒崎一護・15歳・ユウレイの見える男。その特異な体質のわりに安穏とした日々を送っていた一護だが、突如、自らを死神と名乗る少女と遭遇、「虚」と呼ばれる悪霊に襲われる。次々と倒れる家族を前に一護は!?