【BLEACH】リルトットの「落ちたな」の意味と可愛いシーン

聖十字騎士団に所属した五名の女性滅却師の一人リルトットですが、原作65巻581話での発言が物議を交わし検索候補にあがるほど注目された回になりました。

そこで、

  • リルトットの「落ちたな」が話題になった背景
  • リルトットのプロフィールや活躍
  • リルトットのその後について

以上、リルトットの「落ちたな」問題の解説や能力と活躍について紹介していきますので、順に見ていきましょう。

リルトットの「落ちたな」が検索候補にあがる理由は?

上空からやってきた一護が時計塔に突っ込みがリルトットが「おちたな」と発言したシーン

引用元:BLEACH

  • 原作65巻581話

霊王宮から瀞霊廷へ落ちてきた一護が時計塔に直撃する様子を見やるバンビーズといった、一見して可愛らしいリルトット達とギャグっぽい頁ですが、この一コマが波乱を呼ぶとは誰が想像したことでしょう。

実はリルトットの何気ない「おちたな」というセリフが某ゲイ向けA〇メ氏ーカーに主演する男優タクヤさんの語録に挙げられているセリフであり、そのネタを知っている一部の読者が騒いだ(歓喜した)ことが発端となったのです。

多くの読者がなぜBLEACHとタクヤさんを紐づけているのかと言うと、実はその男優タクヤさんの容姿が作者である久保帯人先生と酷似していることから、一部の人間が面白がって久保帯人先生とタクヤさんのコラ画像を作って遊ぶなどして遊んでいました。

その結果、タクヤさんは久保帯人先生をもじってKBTITという呼び名が付き、出演したテレビ番組等のテロップを合成したコラ画像などがネット上に飛び交い、KBTITと久保帯人先生が同一人物であるという誤解が一般人にまで波及する風評被害に繋がったのです。

因みに、実際はサングラスにグラサンを掛けた茶髪ぐらいしか共通点はなく、そこまで瓜二つといったこともないので完全に悪ふざけが炎上していったものですが、久保帯人先生自身もTwitterで自分がKBTITと呼ばれている事を知っている様子で、最終的にはジャンプ編集部から公式サイトにて肖像侵害についての警告文が掲載される事で鎮静化したという、何も知らない第三者の立場から見て笑っていいのか呆れたほうがいいのかネタような珍事件が知らない所で起きていたのでした。

以上の様な経緯があって検索候補にリルトットの「おちたな」があがるので、楽しむ場合は個人的な範囲で嗜むようおすすめいたします。

リルトット・ランパードのプロフィール

高台に座って銀架城を見渡すリルトット

引用元:BLEACH

それでは、ここからは可愛いリルトットの紹介を見ていきましょう。

  • 名前:リルトット・ランパード
  • 愛称:リル
  • 所属:聖十字騎士団、バンビーズ
  • 聖文字:G
  • 固有能力:食いしんぼう(ザ・グラタン)
  • 初登場:原作61巻

小柄で毛先を切り揃えたボブヘアの可愛らしい少女ですが、その実態はかなり辛辣な毒舌家であり大人びた頭脳から冷静に事態を分析する能力に優れた司令塔タイプの滅却師です。

作中ではユーハバッハ若しくは側近から寄越されたであろう敵の資料にも目を通しているらしく、侵攻時の懸念材料である特記戦力の特徴や敵の出方などを視野に入れ仲間に的確な指示を飛ばすなど慎重な性格である反面、裏切られた事に立腹し報復に走るなど大胆不敵な一面もあります。

表情の変化は少なく基本的には無気力且つ脱力したような目元が印象的で、それが性格から来てるものなのか仲間意識など皆無のように人を使えるかそうでないかで判断する部分がありますが、バンビーズに関しては無自覚に身を置ける間柄と認識しているようでした。

関連記事

今回は総勢29名いる聖十字騎士団のメンバーの中で誰が一番強く有用なのかとあくまで主観による評価でランキング形式でまとめてみました。 判定基準は作中での、 固有能力 貢献度(隊長格の撃破など) 脅威度(攻略が難しい[…]

聖十字騎士団集合扉絵

リルトットの可愛い行動や言動

初登場から口の悪さからビッチを悪態づくリルトット

引用元:BLEACH

  • 原作61巻544話

リルトットは毒舌家で分析力も高く実力も兼ね揃えた鷹揚自若な滅却師であることがわかっていただけたかと思いますが、リルトットの人気は単純にそれだけではないのです。

例えば、初登場した原作61巻では、初っ端から少女の姿で登場したにもかかわらず男の部下をつまみ食い(殺害)したバンビエッタに対して、悪意の無い柔和な顔のまま「クソビッチ」と蔑むのでした。

この瞬間、多くの読者はリルトットの底知れない個性に魅了されたことは間違いなく、彼女を含めたバンビーズの登場が待ち遠しく思えたことでしょう。

因みに、この時の表情はまさしくレア顔であり、内容が進むにつれてジト目のような無表情顔がデフォルトになっていくのですが、それもまたとても可愛らしいせいか読者に好評でした。

傘を広げて自由落下するリルトット

引用元:BLEACH

  • 原作64巻579話

容姿的な可愛らしさも含んでいるリルトットですが、原作64巻579話で剣八を奇襲するバンビーズが登場する場面では、バンビーズがそれぞれ決めポーズをしている中でリルトットだけは傘を広げてフワフワと降りてきています。

この傘の出所も所持品なのか霊子集束なのかは不明で吃驚しますが、それ以上に傘を支えながら何かお菓子的な食品をもぐもぐと頬張っている事が衝撃的な一コマです。

逃げる死神隊士に幻滅しながらゲップするリルトット

引用元:BLEACH

  • 原作64巻580話

続く580話では、逃げる死神隊士をひとまとめに捕食しながら「逃げんなよ」と呑気に吐き捨て、食べたものは人間でありながら盛大にゲップしている一コマが描かれています。

まあ、常人なら胃の内容量の数十倍食べているのでガスが溜まるのは自然なことでしょうし、見繕った体裁を気にしないのもリルトットの魅力ですね。

一護のマントを吐き出すリルトット

引用元:BLEACH

  • 原作65巻582話

上記に加え、一護が襲来した際に捕食するといった攻撃を仕掛けたリルトットでしたが食べたのは纏ったマントだけであり、その後吹き飛ばされ立ち上がると「ぺっ」と吐き出している一コマがあります。

確か、一護が霊王宮で仕立てた衣服は千手丸お手製のものなのでかなり霊圧が込められていそうですが、リルトットは何の反応もなく吐いているので単純に不味かったのかもしれません。

ただ、この時の表情が口の形がデフォルメっぽく可愛らしいとファンは喜んでいました。

吹き飛ばされたキャンディスをクッションにするリルトット達

引用元:BLEACH

  • 原作65巻583話

ここでは一護に吹き飛ばされたキャンディスを始め、ジゼルやミニーニャがこぞってキャンディスをクッションに次々と飛ばされており、リルトットに至っては悪びれもなく足場としてキャンディスの顔面を活用しています。

見事な三段落ちの〆を担ったリルトットですが、普段周りに関心ないように見せた彼女もちゃんとボケをこなすことができることを証明した貴重な一コマです。

そして何といってもへの字に曲がった無の表情は、絶対に計画的犯行でしょう。

小説でのリルトットの可愛らしい言動

撃ち返すまではできねえよ。

第一、喰ったもんを吐き出すなんて勿体ねえだろ

引用元:BLEACH

  • 小説「BLEACH Can't Fear Your Own World 2巻」

リルトットは「食いしんぼう」といった固有能力であらゆるモノを捕食する事ができるのですが、小説版で似た能力を持つネリエルと邂逅した際には、共通の敵から虚閃を飛ばされるもののリルトットとネリエルの両者が前に立ちはだかり虚閃を食べてしまったのです。

勿論、互いに面識もなく接点もない二人でしたが、即座に似通った能力を見やり親近感を湧かせていましたが、「あなたも似たような技を使うのね」というネリエルの問いに対してリルトットの何気ない返しのセリフが彼女の個性を際立たせる可愛らしい発言に思えました。

因みに、リルトットは捕食するだけでしたが、ネリエルは捕食した霊圧をそのまま鏡の様に吐き出し撃ち返していたので、似た能力でも特性の違いで住み分けされているようですね。

そうか、あの野郎、中々の女たらしだな

引用元:BLEACH

  • 小説「BLEACH Can't Fear Your Own World 3巻」

これは叫谷でのリルトットの一言ですが、黒崎一護の存在を活用しようと目論む綱彌代時灘に対し一護を利用しないでと激怒するネリエルを傍観していたリルトットは、思わず隣に居たグリムジョーにネリエルが一護の彼女なのかと問いかけていました。

意外にも一護の番は他にいると返答するグリムジョーでしたが、一護を女たらしだと評価するリルトットのお茶目な一面が垣間見れます。

そして、本人がいない場所でひっそりと低評価を受けている一護にほんの少し同情してしまいますね。

リルトットの能力「食いしんぼう(ザ・グラタン)」

十一番隊隊士を「食いしんぼう」の能力でまとめて捕食するリルトット

引用元:BLEACH

  • 原作64巻580話

ユーハバッハから授かった聖文字「G」の能力は獲物を貪り喰らうといった可愛らしい容姿と相反したなかなかにグロテスクなもので、能力を行使する際は対象の質量によって口が伸縮自在に大きく変異し一度に捕食することが可能になります。

「食いしんぼう」の真髄は食べた相手の能力を消化する間だけ行使できることにあり、小説ではユーハバッハ相手にペペの「愛」の能力を行使する算段だったと語られていましたが失敗に終わりました。

因みに、滅却師の毒である虚も我慢すれば捕食することは可能らしいですが、不味いものは不味いらしくあまり乗り気にはなれないようです。

リルトットの滅却師完聖体は未登場?

リルトットが滅却師完聖体になって聖十字騎士団達と向かってくる場面

引用元:BLEACH

  • 原作65巻586話

リルトットが滅却師完聖体を披露したのは一護の盾となって足止めに入る隊長格数名を相手にした65巻ですが、残念ながら他の聖十字騎士団同様に戦闘描写がないため完聖体の名称や能力は明らかにされていません。

ただ、他の聖十字騎士団同様に頭頂部に星型の円盤が浮上し翼が生えるまでは一緒で、リルトットの翼は山型にギザギザしており、翼の形が聖十字騎士団それぞれ異なる事がうかがえます。

リルトットの霊子兵装

リルトットがポーチから霊子兵装の道具を取り出すシーン

引用元:BLEACH

  • 原作65巻582話

リルトットを含むバンビーズの霊子兵装は、腰元に付けたハート型のバックルを叩くとハートに小さな羽が生えた物体が出現し、それが弓へ変化します。

しかしながら、あまり俗物に興味が無いようなリルトットに思えましたが、意外と可愛い小道具が好きなのか、若しくはバンビーズのメンバーで統一するといった同調圧力をめんどくさがって受け入れたのかは不明ですが小柄な外見と合わさって可愛らしいバックルですね。

射出部分が歯形の牙になっているリルトットの霊子兵装

引用元:BLEACH

  • 原作65巻583話

滅却師の霊子兵装も個性があるようで、出現したリルトットの霊子兵装はギザギザの歯形のような先端をしたかなり独創的なデザインの弓でした。

リルトットの神聖滅矢

リルトット含むバンビーズの神聖滅矢

引用元:BLEACH

  • 原作65巻583話

やはり霊子兵装から繰り出される神聖滅矢にも個性があるようで、右から順に、リルトット、ミニーニャ、ジゼル、キャンディスの鏃となり、リルトットの矢は口のようなデザインとなっています。

この矢を受けると貫通するのか捕食されるのか、はたまた爆発するのかは不明ですが、一護へ向け放った一撃は周囲の建造物を巻き込んで吹き飛ばす威力といった俯瞰描写となっていたので、当たれば大ダメージは避けられないでしょう。

リルトットの千年血戦編での活躍や行動

狛村に敗北したバンビエッタを見下ろすバンビーズ

引用元:BLEACH

  • 原作62巻558話

視えざる帝国が瀞霊廷へ二度目の侵攻を行った際、リルトットは主にバンビーズの面々と行動を共にしており、バンビエッタが単身で暴れている内に離脱(バンビエッタと別行動)し、バンビエッタの敗戦後は横たわるバンビエッタをバンビーズと共に見下ろしていました。

ジゼルがバンビエッタをゾンビに変える事に黙認していることから特別親交が深いわけでもないのか、若しくは手遅れの状態だったから口出ししなかったのかは不明ですが、バンビエッタの能力には関心があったことからただ単に性格が合わなかったのかもしれません。

バズビーのバーナーフィンガーで腹部を打ち抜かれるリルトット

引用元:BLEACH

  • 原作65巻の内容

その後は十一番隊の雑兵をひとまとめに捕食したり、グレミィを打ち破った剣八を仕留める為にバンビーズ総出で奇襲し、特記戦力の脅威を誰よりも理解し潰そうと試みるも、一護の到着により標的を切り替えることになります。

しかし、手柄を独占しようとするバズビーのバーナーフィンガーに背後から腹部を打ち抜かれたバンビーズでしたが、続々と集合する聖十字騎士団と競う様に立ち上がり、特記戦力である一護に立ち向かうのです。

そして、恋次やルキア、白哉など死神側の主力が集結したことで一護を取り逃がすことになり、リルトットはその場に居合わせた他の聖十字騎士団と共に滅却師完聖体を解放し、白哉達と交戦しました。

リルトットvs朽木白哉

白哉相手に生き残ったリルトットとミニーニャ

引用元:BLEACH

  • 原作66巻594話

白哉相手に5人がかりで挑んだ聖十字騎士団でしたが、リルトットとミニーニャ以外はあっという間にやられたようで、情けないと嘆くリルトットの後ろでミニーニャが「実力的にはあたし達が残るのは妥当」と発言していることから、バンビーズや聖十字騎士団の中でも実力が高い事がうかがい知れます。

しかし、白哉相手には苦戦を強いられているようで、上述で開放した完聖体も解けていることからリルトットの実力は多く見積もって白哉以下であると推察できるでしょう。

リルトットvsペペ

静かな怒気を孕みながらペペに近寄るリルトット

引用元:BLEACH

  • 原作66巻597話

白哉との戦闘中、味方であるはずのペペの固有能力「愛」の攻撃を受けたミニーニャが操られ、リルトットは仕方なしに気絶させる事で対処します。

ペペが白哉やマユリに操られたゾンビ状態の六車と鳳橋にやられた後、ミニーニャを倒したリルトットが険悪な空気に包まれた形相でペペの前に立ちはだかりゴミを見るように見下ろした後は能力で容赦なく捕食するのでした。

この時、一歩踏みしめる度に霊子を取り込んで完聖体の翼が生成するといった演出と、「責任の取り方ぐらいわかってんだろうな?」との発言から、ペペはリルトットの怒髪天を衝いた結果泣きながら謝るも食べられる最後をむかえます。

聖別によって殺されかけたことでユーハバッハを裏切る

聖別から逃れる際にジゼルを庇うリルトット

引用元:BLEACH

  • 原作67巻603話

霊王宮で親衛隊が全滅したことでユーハバッハは聖別を発動して瀞霊廷に残された聖十字騎士団から力を奪取しましたが、この時穴倉に居たリルトットはジゼルを庇うように共に奥へ飛び退いて死亡を回避しました。

穴倉の外にいたロバートが白骨化するのに対し、穴倉に隠れたリルトットとジゼルは完聖体の力を奪われる程度で済んだようで、この仕打ちにリルトットは激怒したようすで霊王宮に居るであろうユーハバッハに文句を放っています。

その後原作69巻にてユーハバッハに見切りをつけたリルトットはジゼルやバズビーと共に死神と一時的な休戦と協定を交わし、私怨でユーハバッハを討つ事を決意しました。

【完結済み】BLEACH
created by Rinker
黒崎一護・15歳・ユウレイの見える男。その特異な体質のわりに安穏とした日々を送っていた一護だが、突如、自らを死神と名乗る少女と遭遇、「虚」と呼ばれる悪霊に襲われる。次々と倒れる家族を前に一護は!?

リルトットvsユーハバッハ

ユーハバッハに腹部を攻撃され大量出血するリルトット

引用元:BLEACH

  • 原作70巻635話

死神と協力して霊王宮まで赴いたリルトットとジゼルでしたが結果は明白ながら返り討ちにされたようで、省略された戦闘描写の後、同行したジゼルは血を流しながら地面に伏し、リルトットは腹部から大量に出血し余力のみで佇んでいる場面が描かれていました。

「てめえを殺せなくて残念だぜ…」と最後の言葉を吐き捨てるとリルトットは倒れ、以降バンビーズの登場は皆無となり、大戦から完全に退場したというわけです。

リルトットのその後

リルトットはジゼルと共にユーハバッハに報復しに向かった挙句返り討ちにあい死亡したように思えましたが、実はその後、滅却師の存続を危惧していたハッシュヴァルトの命を受けた側近の女性滅却師がリルトットとジゼルを介抱しており、尸魂界を脱出していたのです。

回復したリルトットはジゼルとゾンビのバンビエッタを連れ、現在十二番隊涅マユリの捕虜となっているミニーニャとキャンディスの情報を掴み、彼女らを救出すべく新たな戦力を欲して虚圏へ出立します。

虚圏にはキルゲが統括していた狩猟部隊の残党が捕縛されているようで、戦力補充の為に救出してはハッシュヴァルトの側近の元へ逃がす、もとい放逐し、その成り行きで葬討部隊ルドボーンやロリとメノリなどの破面と交戦することになり、加えて現王であるハリベルやグリムジョーにネリエルといった十刃と対峙するのですが産絹彦禰の介入により乱戦へ発展しました。

リルトットはバンビーズと仲良く喫茶店でケーキを食べる

紆余曲折あり死神や完現術者と協力し現総隊長京楽を筆頭に護廷とも密接になったことから、終息後にはマユリの監視の下解放されたミニーニャとキャンディスを連れ自由を獲得しました。

その後は現世のどこかにある喫茶店でケーキを食べながら今後の生き方ついて会話をしたのが最後となり、小説版の登場は終わりになります。

リルトットとグレミィの関係

小説で触れられたいくつかの材料の中でも衝撃的だったものの一つとしてリルトットとグレミィの関係が挙げられます。

小説の本編中に何とグレミィの脳が回収され再利用されていると判明し、リルトットは産絹彦禰と対峙した際にグレミィの霊圧を感じ取ってしまい、その衝撃的な真実を知ることになったのですが、そこでリルトットとグレミィに親交があった回想が加筆されました。

リルトットは空腹を紛らすためにグレミィの能力でドーナツを作り出してもらっており、グレミィもまた化物だと恐れられてる自分にこうも私的な目的で近づいてくるリルトットに興味がある素振りが描かれています。

その回想内容が千年血戦編での第一侵攻撤退後の閑話であり、その為リルトットは「大戦が終わり自由になったら何をするんだ」と質問を投げかけており、その問い掛けにグレミィは「想像もしてなかった」と前置きして料理がしたいと語りました。

しかし、そんな他愛もない会話が二人の最後のやり取りとなり、リルトットは大戦中にグレミィが剣八に敗北し霊圧が消失する瞬間を目撃するといった、何とも切ない別れとなったことで多くの読者がリルトットとグレミィの関係に遣る瀬無さを覚えたことでしょう。

リルトットの「落ちたな」の意味と可愛いシーンのまとめ

  • リルトットの「落ちたな」発言の人気は、作者に似た男優の語録と一致したことで一部のファンが騒ぎ立てたため
  • リルトットは小柄な容姿に反して毒舌家で可愛い
  • 千年血戦でユーハバッハを裏切り死亡したと思われたが小説で生存が判明
  • 小説では浦原マユリと取引し、解決後にはバンビーズと共に解放され現世で過ごす

リルトットが発した「落ちたな」が検索候補に浮上するほど人気となった背景には、読者が久保帯人先生と似た容姿を持つ某男優を揶揄ったコラ画像の波及や、男優の語録の一つとリルトットのセリフとが一致したためということが分かりました。

また、それを差し引いてリルトットが人気な理由は、華奢な少女の風貌に反した毒舌と「食いしんぼう」の能力行使の絵面のギャップや、度々お腹が空いて何か食べているコマが写り込んだり、ギャグをこなす様子が可愛く描かれていたことが目ざとい読者の関心を惹きつけたのでしょう。

そして、千年血戦で死亡したと思われた大人気のリルトット達バンビーズの面々が実は小説で生存が判明し、尚且つ作中のサブキャラクターとして終始活躍しているといった展開を受け、多くのファンが歓喜したと思います。

【完結済み】BLEACH
created by Rinker
黒崎一護・15歳・ユウレイの見える男。その特異な体質のわりに安穏とした日々を送っていた一護だが、突如、自らを死神と名乗る少女と遭遇、「虚」と呼ばれる悪霊に襲われる。次々と倒れる家族を前に一護は!?