【BLEACH】狛村左陣の最後はどうなった?復讐に魂を売った報いの果て

護廷十三隊の癒し枠として人気の高いワンコ系死神・狛村左陣ですが、果たして最後はどうなったのか気になると思います。

そこで、

  • 狛村左陣のプロフィールからみる人物像
  • 狛村左陣の最後はどうなったのか

以上、二項目について詳細を見ていきましょう。

狛村左陣のプロフィール

狛村左陣のプロフィール

引用元:BLEACH

  • 名前:狛村左陣(こまむらさじん)
  • 誕生日:8月23日
  • 身長:288cm
  • 体重:301kg
  • 所属:護廷十三隊七番隊隊長
  • 趣味:犬の世話
  • 好きな食べ物:肉
  • 嫌いな食べ物:ニンジン
  • 初登場:10巻
  • 声優:稲田徹

虚無僧で頭部を覆い手甲などで身を隠した護廷十三隊随一の大柄の死神ですが、その素顔は人狼族でした。

死神になる前は人狼一族から逃げ出し孤独のまま生きていましたが、元柳斎と出逢い拾われたことで死神となり、現在では元柳斎への恩義に報いることが第一義とし、元柳斎に対しては忠誠を誓っています。

獣の素顔

狛村左陣の素顔

引用元:BLEACH

狛村の素顔が初公開されたのは原作17巻148話です。

剣八と東仙の戦いの最後、劣勢だった東仙へ剣八がとどめをさそうとしたところに割って入ったのが狛村で、その際に剣八の一太刀を虚無僧で受けてしまい割れて素顔が露見となりました。

犬派にとっては歓喜のシーンとなり、ここで動物好きのファンを一度に獲得したのではないでしょうか。

以降、ほとんどの登場シーンで虚無僧を取っております。

性格

武人のような堅物で口調もそのものですが、戦闘になれば好戦的となり早期決着を逸りよく卍解を使用しています。

耳がピコピコ動いて可愛い

狛村左陣の耳が動くシーン

引用元:BLEACH

  • 原作38巻ポウ戦後

破面編で、射場が一角に喝を入れている場面で、一角が卍解を使えることに気づいていた射場の声が聞こえていたのもかかわらず、空気を読み耳が遠いと口にする狛村。

その時、耳がピコピコと動く仕草をしているのですが、このシーンは狛村ファンにはたまりませんでした。

東仙要は親友

東仙とは死神になる以前からの親友であり、東仙の亡き友の為に正義を貫くという志に感銘し支持していました。

ただし、東仙が語る正義の言葉の真意が、親友を死なせた世界を憎む復讐心と合わさっていることに薄々感づいていたのです。

親友の裏切り

東仙が藍染と手を組み尸魂界を裏切った際には、東仙の志であった正義を引き合いに出し「貴公の正義は何処へ消えて失せた!」と説得しますが、覚悟を決める東仙の耳へが届きませんでした。

東仙の虚化

東仙の虚化を蔑む狛村左陣

引用元:BLEACH

東仙が藍染から虚の力を授かったことで虚化をした際、狛村は「そこまで堕ちたか!」と激昂します。

後に東仙が一護を引き合いにだして自身が蔑まれる理由を訊ねると、狛村は、

黒崎一護は望んで虚化した訳ではない…

だが貴公は違う…貴公は死神として充分な実力を持ちながら自らその道を踏み外したのだ……‼

引用元:BLEACH 原作44巻 384話

とさし、それは仲間や友を裏切り過ぎた力を手にした東仙の堕落だと説きました。

また、狛村の卍解を受けて負傷した傷を超速再生で癒す東仙の姿をまじまじと観察した後、憐憫の目を向けるのでした。

相容れぬ正義

東仙が亡き親友の復讐の為に組織へ入り死神になったという本心を聞かされた狛村は、東仙の心を見誤っていたと弁明し、互いに相容れぬ定めだと語り敵対を決心します。

また、刀剣解放した東仙は蝿のような醜い姿へと変貌を遂げ目が見えるようになり、狛村の容姿を「思っていたより醜い」と貶すのでした。

狛村左陣が刀剣解放した東仙へ向けるまなざし

引用元:BLEACH 原作44巻 386話

その時の狛村の心境は測りかねますが、やはりこの時も憐憫を掛けたような表情に歪ませています。

東仙と友になろうと決意した理由

東仙の死神となった経緯を聞いた当時の狛村は、僅かな語りから東仙が「自分の愛する世界」と一度も口にしなかったことをに違和感を覚え、瞬時に東仙は本当はこの世界が憎いと思っていることを理解しました。

世界を愛せなくなった東仙が再び世界を愛せるように狛村は東仙と友になろうと決めたのです。

東仙との決着

刀剣解放の力を過信していた東仙は以前なら警戒できたであろう檜佐木の死角からの一撃を受け、致命傷を負い敗北しました。

今迄の我々の関係は仮初だった

我々はいずれ刃を交え————こうして心から解り合う運命だったのだ

引用元:BLEACH 原作45巻 387話

戦いの前我々がいずれ刃を交えることになると知っていたという東仙の言葉を再読し、戦いの最中同じことを考えていたと吐露する狛村が続けたセリフであり、己を捨てた復讐はするなと説きます。

また、東仙が死ねば東仙が友を失ったように狛村の心にも穴があくと諭し、東仙は漸く復讐心から解放されたのか涙を浮かべました。

しかし、漸く理解し合えたと思えた次瞬、藍染の手によって東仙の命は絶たれたのです。

斬魄刀「天譴(てんげん)」

狛村左陣の始解

引用元:BLEACH

  • 初出原作16巻139話

解号は、轟け「天譴」(とどろけてんげん)

刀の形状は変化しないものの、狛村の攻撃に合わせて巨大な刀や拳が具現化し攻撃する能力です。

具現化する刀が壊れても斬魄刀に影響はありません。

卍解「黒縄天譴明王(こくじょうてんげんみょうおう)」

狛村左陣の卍解

引用元:BLEACH

  • 初出原作17巻148話

鎧兜を被った巨人を召喚する能力で、狛村の一挙手一投足と連動して動く巨人の攻撃は、その大きさから攻撃範囲と威力が凄まじく、あらゆる敵を力でねじ伏せます。

しかし、巨大すぎるせいか動きが鈍重で次への動作にラグが生じたり、天譴が傷を負うと狛村にもダメージがリンクするデメリットも。

黒縄天譴明王は弱い?

たびたび議論される狛村の卍解はデメリットばかりで弱いのでは問題について語っていきます。

始解と比較して卍解は天譴が巨人状態で偶像化しているせいで良い的になっており、被弾面積が増えたことで相手の攻撃を躱しきれない鈍重さが評価を著しく下げてしまいました。

そして最大の欠点は狛村の肉体と天譴のダメージが共鳴していることで、寧ろ卍解がリスクになっているのではないでしょうか。

天譴と黒縄天譴明王との大きさや攻撃範囲の差異が見られないことから、何が上昇したのかよく分からない卍解となってしまっています。

実は修復可能な当たり斬魄刀?

ただし、狛村と天譴の結びつきが高いことから、天譴が傷ついても狛村が回復すれば斬魄刀が治るとして、一度壊れた斬魄刀は修復できないといった原則の対象外となり、一時ハズレ卍解と嘲笑されていた評価を見直すことになりました。

狛村左陣の最後の戦いはバンビエッタ戦

狛村左陣とバンビエッタの対峙

引用元:BLEACH

  • 原作56巻496話

狛村の最後の戦いは最終章千年血戦編のバンビエッタ戦になります。

見えざる帝国の侵攻を受け瞬く間に崩壊していく瀞霊廷を護る為に、狛村もまた戦陣へ赴くのですが、対峙するのは聖十字騎士団が一人・バンビエッタでした。

…こんな少女までもが賊軍の戦士なのか…!

引用元:BLEACH 原作56巻496話

こんなワンちゃんまで隊長やってんの?

ズイブン人手不足なんだね尸魂界って!

引用元:BLEACH 原作56巻496話

狛村とバンビエッタが対峙した際のやり取りが好きな方は多いのではないでしょうか。

卍解を奪われる失態

卍解を奪われた狛村左陣

引用元:BLEACH 原作56巻497話

前以って雀部長次郎の報告を受け敵が卍解を封じる策を持っていると知っていながら早期決着をつける為に心逸りして卍解した四人の隊長の内の一人となり、当たり前ながらバンビエッタに卍解を奪われてしまい当惑します。

部下の士気を鼓舞する狛村左陣引用元:BLEACH 原作57巻505話

しかし、卍解を奪われて劣勢になろうとも、戦線に躍り出た元柳斎に続き部下の士気を高めることは忘れていません。

総隊長が戦場で立っている間は早々に倒れることがあってはならないと激励を贈り、己をも鼓舞するのでした。

元柳斎の死を嘆く

元柳斎の死を嘆く狛村左陣

引用元:BLEACH 原作58巻

元柳斎の死後、成す術なくやられた護廷は静まり返り、隊長格は誰もが悲痛な面持ちで元柳斎の死と向き合っていました。

そんな中、砕蜂が続報を伝えに来た部下にあたり、六車と言い合いになっていたところ、声を荒げて仲裁に入ります。

この時の描写で、片耳を負傷して包帯を巻いているのが分かりました。

大爺様

狛村左陣と大爺様

引用元:BLEACH 原作60巻 538話

昔、一族の姿を恥じた狛村は、虚無僧と鎧で身を包み人の振りをして生きていたのですが、見えざる帝国の襲撃と強敵の出現、そして大敗を喫したことで力不足を知り、大爺様に一族の秘儀を教えてもらうため会いにきたのでした。

しかし、大爺様は世界の崩壊に関心は無く、現状の安寧を維持することを望んでおり、折り合いのつかぬまま狛村と戦闘になり、また、描写はありませんが、以降で秘術を会得した狛村がいることから、卍解がない状態で大爺様に勝利したと予想されます。

【完結済み】BLEACH
created by Rinker
黒崎一護・15歳・ユウレイの見える男。その特異な体質のわりに安穏とした日々を送っていた一護だが、突如、自らを死神と名乗る少女と遭遇、「虚」と呼ばれる悪霊に襲われる。次々と倒れる家族を前に一護は!?

人化の術

狛村左陣の人化の術

引用元:BLEACH

一族の秘儀「人化の術」授かるには、大爺様に己の心臓を捧げることでした。

一時は逡巡する狛村ですが、一族を捨てて逃げた恥知らずの狛村を拾い上げてくれた元柳斎の恩に報いるべく、また大恩人の元柳斎の屈辱を晴らすべく滅却師と立ち向かうには力が必要だったので、己の心臓を迷うことなく差し出すのです。

心臓を差し出した事で人の姿でいる内は不死身となり、その容姿は僅かに獣の体毛を残した長髪の男性へと変化しています。

バンビエッタとの戦闘中では、人化の術習得後の狛村の姿が露見したことで、その姿に対して「ワンちゃんじゃなくなってるじゃん」と若干不機嫌になるバンビエッタの表情が印象的です。

狛村の一族の罪咎

狛村左陣の一族の罪咎

引用元:BLEACH 原作62巻 556話

狛村の人狼一族は、生前の罪咎によって畜生道に堕ち、それでも死にきれずに尸魂界へと舞い戻った一族ということが大爺様との会話で判明しました。

人化の術は、その罪咎の鎖を一時断つことで獣としての罪を受ける以前の姿へと立ち戻り絶大な力を得る秘術なのでした。

卍解「黒縄天譴明王・断鎧縄衣(だんがいじょうえ)」

狛村左陣の卍解断鎧縄衣

引用元:BLEACH

  • 初出原作62巻556話

命を吹き込まれた鎧の卍解・黒縄天譴明王鎧を脱ぎ捨て霊圧と力のみがむき出しとなった姿です。

人化の術で心臓を差し出して不死状態となった狛村と共鳴し、天譴明王もまた命(鎧)を脱ぎ捨て不死身となりました。

故に、どんな攻撃を受けても直ちに再生し無尽蔵の攻めの手を得た狛村は、人化の術使用中に於いて作中上位の強さを手に入れたのです。

バンビエッタに完勝

狛村左陣とバンビエッタの決着

引用元:BLEACH

  • 初出原作62巻558話決着

バンビエッタとの再戦では、人化の術を既に使用しており不死身状態で応戦したことでバンビエッタの攻撃を意に介さず、同じく朽ちぬ卍解「黒縄天譴明王・断鎧縄衣」を用いて積極的に攻勢に転じていました。

バンビエッタの強力な能力「爆撃」を受けようと狛村の不死の肉体には何の意味もなく、「元柳斎殿が命をかけた戦いに儂が命をかけぬ理由などあるものかこの戦いに踏み入る前に命はとうに置いてきた!」この戦いにかける狛村の信念は固く、断鎧縄衣の一振りのもとバンビエッタを撃破したのです。

復讐心

狛村左陣の復讐心

引用元:BLEACH

大爺様の語りべとして人化の術を習得してまで敵を倒した狛村の心境を説いています。

今の狛村の感情は、さんざん友である東仙要に説いていた「復讐心」であることに狛村自身気づいていないのです。

しかし、復讐こそ一族の真の姿だと語り、狛村が一族のもとへ戻ってきたことに大爺様は不敵に笑い、狛村の真黒な怨嗟を啜り大爺様は生き永らえるのでした。

狛村もまた東仙に放った言葉を自身の戒めとしなかった報いと知り、護廷の名を背負いながら復讐に魂を売った報いを受け物言わぬ畜生に成り果てていく自身を顧みて後悔の念にとらわれている目を浮かべます。

最後は獣になった

人化の術が解け獣になる狛村左陣

引用元:BLEACH

バンビエッタ撃破後すぐにユーハバッハを討つべく銀架城へ赴こうとしたところ人化の術が解けてしまい、完全に獣の姿へと変貌していまいます。

射場は獣に成り果てた狛村に「隊長は何も間違うとりゃせんのです。倒しましょう、山本元柳斎重國殿の為に」と心に寄り添い励まし、狛村は獣の状態で何を思うのかただただ射場の言葉を噛みしめていました。

狛村左陣が狼になり射場に背負われる場面

引用元:BLEACH

その後、射場に背負われ同行している描写から生存している筈ですが、最終話まで登場はなく、終結後は隊長を辞めており、後任には射場が就任しています。

小説版でのその後

獣になったことで隊長職を退いた後、射場によって護廷十三隊の面々には狛村は戦士したと伝えられていますが、霊圧の残滓から狛村の生存に気づいている人もいました。

また、人狼族の少年を射場に預け、狼として山で生活していることも判明し、人語を話せなくなったものの人狼を介して意思疎通がはかれることもあり、今でも射場と交流がありよく相談を受けています。

狛村左陣の最後と人物像についてのまとめ

  • 狛村左陣は人化の術を使い敵を倒した後は獣になり護廷を辞めた
  • 東仙に説いていた復讐に憑りつかれていた
  • その後は狼となり山で生活している

狛村の最後は圧倒的な力を有する聖十字騎士団が一人バンビエッタを倒す為に人化の術を大爺様から授かり、ほとんど差し違えるに等しい最後でしたが、元柳斎に報いる為命を投げ出してまで得た力は、図らずもかつての友へ向けさんざん説いてきた復讐心からなる感情だったと知ります。

一時とはいえ不死の肉体によるゾンビアタックを使えることで作中トップ層と引けを取らない強さを手に入れましたが、そのデメリットが高いため、やはり狛村当人の実力は中堅クラスといったところでしょうか。

また、完全に狼となり野生に帰った狛村ですが、小説版で生存していることが判明、加えて射場のよき相談相手として存在していることで安堵した読者もいることでしょう。

【完結済み】BLEACH
created by Rinker
黒崎一護・15歳・ユウレイの見える男。その特異な体質のわりに安穏とした日々を送っていた一護だが、突如、自らを死神と名乗る少女と遭遇、「虚」と呼ばれる悪霊に襲われる。次々と倒れる家族を前に一護は!?
>ねるBL

ねるBL

☆BL作品は最近立ち上げたばかりの姉妹サイトをご覧ください。