太陽を克服した禰豆子

【鬼滅の刃】なぜ禰豆子は太陽を克服できた?原作何巻?鬼化前後のプロフィールあり

鬼滅の刃で遂に禰豆子が太陽を克服し兄である炭治郎のもとへと現れます。

今回は、

  • 太陽を克服したのは何巻?
  • なぜ克服できたのか考察
  • なぜ鬼となってしまったのか
  • 太陽は克服したけど人間には戻れたのか

について紹介していきます。

禰豆子が太陽を克服したのは原作15巻126話「彼は誰時・朝ぼらけ」

太陽を克服した禰豆子

引用元:鬼滅の刃

炭治郎は半天狗の頚を斬ることには成功。しかし、夜明けが迫っているため妹の禰豆子の身を案じて、禰豆子を日陰に逃がそうとしますが、頚を斬ったはずの半天狗の体が動き出していたのです。炭治郎が刎ねた半天狗の頭を見ると、舌には「恨」という文字が書かれていますが、本体は「怯」という字であったことを思い出します。

半天狗の本体にトドメを刺しに行こうとしますが、ついに太陽が昇りはじめ禰豆子の体が灼けていき、禰豆子を守ろうとする炭治郎、しかし半天狗も追わなければならない。決断できず迷う炭治郎は禰豆子に蹴り飛ばされ「私のことはいいから半天狗を倒して」という無言のメッセージを受け取ります

禰豆子のメッセージを胸に半天狗を倒すことを決めた炭治郎は、半天狗の居場所を匂いで探ります。すると、逃げている半天狗の体の中をよく見ると体が透けて見え、半天狗の本体が心臓の中にいたのです。追いついた炭治郎がついに半天狗の本体の頚を斬ることに成功しました。

半天狗を倒すことはできても禰豆子を犠牲にしてしまったと絶望する炭治郎。しかし、そこには太陽の下を平気で歩く禰豆子がいました。

禰豆子はなぜ太陽の克服ができたのか

なぜ克服できたのか、漫画内でもはっきりと明かされているわけではないため、ここからは考察となります。

青い彼岸花を幼い頃に食べていたから?

青い彼岸花は無惨が自身の部下を使って探せるほど欲しがっているもので、太陽を克服するのに必要とされています。

過去の回想シーンでは、青い彼岸花と思われるものがあることから、幼いころ青い彼岸花を見たことがあるのは確実です。その後、その花をどうしたのかは定かではありませんが、青い彼岸花を体内に取り入れたことで、他の鬼と違う血液となったのではないでしょうか。

2年間眠り続けたことによる血の改善?

炭治郎の修行中、禰豆子は2年間も眠っていました。その2年間を経て禰豆子は自身の血液を大きく変化させた可能性があり、また、珠世の研究で禰豆子は短時間に血の成分が何回も変化していることが分かっています

禰豆子の血液が特殊であることは、禰豆子の血によって鬼化していた人間が自我を取り戻していることからも証明されていて、このことからも鬼である自身の血液の効果を薄めていたのではないでしょうか。また、禰豆子は2年間眠り続けた間に無惨の呪いを解いており、鬼の呪縛から解き放たれたともとれるので、このことも太陽を克服の一因となっている可能性も。

日の呼吸を知らないうちに会得していたから?

炭治郎が幼い頃父から教わったヒノカミ神楽を禰豆子に見せているシーンがありました。

この際に、兄から舞のことや呼吸のことを教わっていたのか、それとも知らず知らずのうちにその方法を身に着けていた可能性があるんです。

ヒノカミ神楽は日の呼吸でこの日の呼吸は最強の呼吸とも言われており、あの無惨が日の呼吸が広まることを恐れていたことからも特別な呼吸であることが分かっていますが、

  • 日の呼吸を使うことによって鬼化を食い止めていた
  • 完全体の鬼となることを阻止していた

という可能性も秘めています。

禰豆子は太陽は克服したけど人間に戻れたのか?

人間に戻りつつあるねずこ

引用元:鬼滅の刃

太陽を克服した禰豆子ですが、肝心の人間にはいつどうやって戻れたのでしょうか?

禰豆子が人間に戻れたのは196話「私は」

完全に人間に戻った禰豆子引用元:鬼滅の刃

147話、鬼殺隊本部では、鱗滝左近次が苦しんでいる禰豆子を看病していました。

珠世から渡された薬を投薬したことによって禰豆子は苦しんでおり、その様子を見守る鱗滝は「禰豆子は人間に戻れるのだろうか?」と心配していましたが、鱗滝は思えば「炭治郎が禰豆子を連れ現れた時から大きな歯車が回り始めたような気がする」と感じていて、炭治郎と禰豆子という二つの小さな歯車がはまったことで停滞していた状況が一気に動き出したのです。

鱗滝は現場で戦うことはできませんが、遠くから炭治郎らを強く応援していました。

195話、気を取り戻し目覚めた禰豆子は街が見える場所へ到着し、禰豆子の右目は人間だった頃の目に戻っていたのです。

196話、禰豆子は鬼舞辻無惨と戦う兄の炭治郎がいる街の近くまで来ていて、道中、禰豆子は今まで会った人や今までの出来事を思い出し、そして、禰豆子はついに完全に人間へと戻っていきました。

禰豆子が鬼になった理由

睨む鬼舞辻無惨

引用元:鬼滅の刃

禰豆子が鬼となった一話で、竈門家は鬼の襲撃にあい、その際、傷口から鬼となってしまう血液が入ってしまったからです。

竈門家を襲った鬼は、鬼滅の刃196話にて、鬼舞辻無惨自身であったことが明らかになっていて、鬼の始祖である無惨の血液は人間を鬼に変えることができ、鬼となる人間を増やすため、人の少ない山奥だった竈門家が適切な場所であった為、襲われたのだと考えられます。

禰豆子は他の鬼と違った存在だった

禰豆子が人間に戻ることができたのは、『人間化薬』の存在があったからです。

通常この薬が無ければ鬼は人間に戻ることはできませんが、この薬を完成させることができたのは、禰豆子の存在があったからこそでした。

この薬を作った珠世は、何百年も昔に無惨によって人喰い鬼にされてしまい、自身を鬼にさせた無惨をとても恨んでいました

その後、自ら”呪い”(思考の読み取り、位置の把握、鬼舞辻の名前を言うと細胞が崩壊)を解除し、食人行為をせずとも定期的な血液の摂取のみで抑えられように体を改造、そして、『鬼の治療法』の開発を視野に入れていたのですが、研究は難航、そんな時に竈門兄弟、禰豆子と出会います。

禰豆子は他の鬼と違い、

  • 食人行為をせず、代わりに長い睡眠をとる
  • 鬼の弱点でもある太陽の光を克服

このことから、人間に最も近い鬼という存在になりました。禰豆子が、このような特殊体質になったのは、鱗滝の元で2年間眠りに着いた時だと考えられます。

そして禰豆子の特殊な血液によって、この薬は完成し、また、鬼化してしまった炭治郎にも『人間化薬』を使用。無惨の細胞に対する抗体を持った禰豆子の血を摂取、薬の力も相まって人間に戻ることができたのです。

竈門禰豆子のプロフィール

鬼化の前のねずこと、鬼となってしまったねずこにについて紹介していきます。

人間だった頃

人間の禰豆子

引用元:鬼滅の刃

  • 名前:竈門 禰豆子(かまど ねずこ)
  • 六人兄妹の長女で、炭治郎の妹
  • 誕生日:12月28日
  • 趣味:裁縫
  • 好きなもの:金平糖
  • 声優: 鬼頭明里
  • 町でも評判の美人

家族想いの優しい少女で、母親と共に幼い弟妹たちの面倒を見る役目を担っていて、ただ優しいのではなく、兄に似て我が身を省みない面もあったそうです。

鬼化後

鬼となった禰豆子

引用元:鬼滅の刃

鬼舞辻無惨によって鬼となり人を食わねば生きていけない運命を背負うこととなりますが、兄である炭治郎を食べようとした禰豆子に必死の呼びかけを行う炭治郎によって食欲を抑え込むことに成功した唯一の鬼となりました。それ以降は、トレードマークである竹の口枷を付けるようになります。

鬼となった後は、自身の身体を眠りながら改造。食欲を睡眠によって補うように。その際、鱗滝 左近次 (うろこだきさこんじ)によって、「人間は皆家族であり、家族を守り、家族を傷つける鬼を許すな」という暗示をかけられ、人間を家族の誰かとして認識し、守るため戦うようになりました。また、自身の改造を行っている際に、鬼舞辻無惨の呪いを外すことにも成功。

禰豆子は無惨から分けられた”鬼の血”の量が多かったため、若い鬼であるにも関わらず身体能力が高く、こぶし一つで鬼の体を崩壊させ、一蹴りで鬼の頭を飛ばすことができます。

本来であれば、人を喰らい続ける事で身体能力を増強し、さらに”血鬼術”が使えるようになるのですが、禰豆子は人を喰らうことが一切無く、危機に直面した際に自らの意志で力を増強し、血鬼術すら習得してしまったのです。

まとめ

炭治郎の悲願でもある、妹の禰豆子が人間に戻ることへの第一歩として太陽を克服した禰豆子。人間の言葉を話せているシーンはなんだかウルウルしてしまいました。

そして、このあと、太陽を克服した鬼として鬼舞辻無惨に狙われていき、更に戦闘は激しいものとなっていきます。

  • 禰豆子が太陽を克服したのは、15巻126話「彼は誰時・朝ぼらけ」。
  • 禰豆子が人間に戻った場面は、196話「私は」

最終巻の発売やアニメ2期も近い鬼滅の刃が今後も楽しみで仕方ありません。