【鬼滅の刃】死んでほしくなかった人ランキング!善良な人間ほど悲惨な最期

鬼滅の刃は人を襲う鬼と鬼を滅する剣士の戦いが描かれていますが、鬼との戦いで多くの犠牲者が出ています。

そこで今回は【死んでほしくなかった人ランキングTOP10】として、数多くいる鬼の犠牲者の中から10人(複数人も含む)をピックアップしてみました。

なお、ネタバレを含んでおりますので未読の方はご注意下さい!

死んでほしくなかった人ランキングTOP10

本記事のランキングは筆者の独断と偏見で人選していますのでランキング外のキャラクターが居ましたら申し訳ございません。

  1. 基本的に人間のみをピックアップ
  2. 鬼(人間時代も含む)は対象外
  3. 主要キャラが独占しています

以上の注意事項を考慮した上で読んでいただけると幸いです。

第10位 鬼殺隊員(吉岡、長倉、島本、野口)

【死地】 無限城、市街地戦など
【討伐者】 鬼舞辻無惨
【退場巻】 単行本21巻、22巻、23巻
【理由】
  1. 一緒に修行した数少ない仲間
  2. 伊之助が泣いていた衝撃

第10位は、柱稽古で同じ釜の飯を食べた【鬼殺隊員達】です。

彼等の死亡は明確にされていませんが、実は彼等と背格好や特徴がよく似た隊士達が無限城や市街地戦で鬼舞辻無惨の犠牲となり命を散らしていると思しき描写が所々にあります。

また、あの嘴平伊之助が「あっちこっちに転がってる死体は一緒に飯を食った仲間だ、返せよ」と涙ながらに発言しているので少なくとも彼等の内の誰かは亡くなっているのかもしれません。

厳しい柱稽古を耐え抜いた彼等ですが、無惨戦では鍛錬の成果を見せる事無く柱達や炭治郎の肉壁となり、鬼のいない世界を夢見て臆せず犠牲となった姿にはウルっときてしまいます。

第9位 粂野匡近(くめのまさちか)

【死地】 屋敷
【討伐者】 元下弦の壱・姑獲鳥
【退場巻】 単行本19巻168話「百世不磨」 / 小説「風の道しるべ」第1話
【理由】
  1. 実弥に弟の姿を重ねて色々と親身になっていた
  2. 優しさが報われていない最期

第9位は、不死川実弥を鬼殺隊に誘い兄弟子でもある風の呼吸使い【粂野匡近】です。

匡近は鬼に殺された弟を守れなかったと自分で自分を責め続けた末に両親の反対を押し切り鬼殺隊に入りましたが、生前自分の過去を一切語らなかった匡近は下弦の壱・姑獲鳥との戦いの最中、姑獲鳥に傷つけられた子供達が死んだ弟に重なり感情を抑えきれなくなりました。

しかし、姑獲鳥の手の内から子供達を救出する為に戦った匡近は実弥と共闘し下弦の壱を追い詰める所まで行くも、母への未練を断ち切れなかった子供が姑獲鳥を庇う様にして立ちはだかった為に止めを刺す事が出来なかった他、また姑獲鳥が匡近を子供諸共殺そうとした際に子供を庇い致命傷を受けて亡くなる最期を迎えています。

関連記事

鬼滅の刃に登場する最高位 柱の一人風柱の不死川実弥の悲しい過去には一人の恩人がいました。 それが粂野匡近(くめの まさちか)なのです。 粂野匡近の過去や性格について 粂野匡近と不死川実弥の関係 匡近の最後はどうな[…]

鬼滅の刃の表紙

実弥が戒めにする「善良な人間から次々と死んでいく」は匡近を筆頭に指しており、匡近の優しさが死亡の要因となった事を憂いているのです。

第8位 うた

【死地】 自宅(現竈門家)
【討伐者】
【退場巻】 単行本21巻第186話「古の記憶」
【理由】
  1. 病気で家族を亡くした直後に縁壱と出会う
  2. 幸せな家庭を築く一歩前で死亡

第8位は、継国縁壱の妻【うた】です。

幼少期、縁壱は母が病死したのをきっかけに家を出ると、山の中のこじんまりとした田畑にぽつんと佇む同じ年頃の女の子うたと出会いました。

うたは流行り病で家族を亡くした天涯孤独の女の子であり、一人では寂しいと田んぼに生息するおたまじゃくしを連れて帰ろうとしていた所に縁壱と出会い共に暮らすようになると、十年の歳月を経て結婚しています。

しかし、出産に備えて縁壱が産婆を呼びに家を留守にした間に鬼の襲撃に遭い身籠った子供と共に殺害される最期を迎えました。

家族を失った女の子は縁壱と出会い、今度は自分の家庭を持ち幸せになる直前でしたが、この悲惨な出来事はこの世の不条理を感じてしまいますね。

第7位 産屋敷耀哉(うぶやしきかがや)

【死地】 産屋敷邸
【討伐者】 ーー(自縛)
【退場巻】 単行本16巻第138話「急転」
【理由】
  1. 鬼舞辻無惨を倒す為にその身を犠牲にした
  2. 最期まで輝哉から離れようとしなかった妻と娘と自縛
  3. 呪いから解放されて家族と過ごして欲しかった

第7位は、鬼殺隊現当主を務めた【産屋敷耀哉】です!

産屋敷の血筋から鬼を生み出した呪いから代々病に蝕まれて早死にしてきた産屋敷一族の現当主耀哉は、剣士としての才能に見放されながらも声の力や統率力、強靭な精神力で鬼殺隊をまとめ上げて無惨を倒す為だけに人生を注いだ人間でした。

その結果、己の死はきっかけに過ぎないとして最期まで付き添ってくれた家族(あまね、にちか、ひなき)と共に決死の自縛を行い無惨を倒す為の杭を打ち込んだのです。

妻のあまねが27歳であり、耀哉はあまねより4歳年下という設定なので23歳という若さで障害を終えた事になります。

20代前半であの落ち着き様と死への覚悟は流石鬼殺隊当主という貫禄を感じますが、できれば呪いから解放されて自由に動けるようになった後は家族と楽しい一時を過ごして欲しかったですね。

第6位 伊黒小芭内&甘露寺蜜璃

【死地】 市街地
【討伐者】 鬼舞辻無惨
【退場巻】 単行本23巻第200話「勝利の代償」
【理由】
  1. 異性にトラウマのある2人が死の間際に未来で結婚を誓う
  2. 残された時間があまりにも短い

第6位は、鬼滅の刃のベストカップル【伊黒小芭内と甘露寺蜜璃】の2名です!

2人は異性にトラウマがあったり自分が役になっていないと卑下したりと共通する部分がありあすが、実は伊黒は初対面で蜜璃に一目惚れしており、蜜璃も文通を続ける内に伊黒を好きになったそうで、ずっと両想いなのでした。

しかし、伊黒は自身の血筋を嫌悪している事から今世で蜜璃に告白するつもりはなく、蜜璃も伊黒に嫌われないようにと気を張っていたので、互いが遠慮して告白できない奇妙な距離感に落ち着いていた訳ですが、死に際に蜜璃が告白した事で伊黒も想いの丈を伝えたのです。

2人に残された時間は僅かしか無かったものの、互いに想いを告げると来世で結ばれる事を約束したので、悲しい最期でしたが死亡キャラクターの中では報われた死に方でしたね。

関連記事

鬼滅の刃に登場する多くのカップリングの中でも、伊黒小芭内と甘露寺蜜璃のカップルは読者の中でも根強い支持を得ており「おばみつ」と呼ばれています。 では、二人はどのように出会い、どのような結末を迎えたのでしょうか? そこで今回は、 […]

鬼滅の刃の表紙

ただ、やっぱり生きて結ばれて欲しかったと思ってしまいます

第5位 胡蝶しのぶ(こちょうしのぶ)

【死地】 無限城
【討伐者】 上弦の弐・童磨
【退場巻】 単行本17巻第143話「怒り」
【理由】
  1. 生きてカナエの想いを繋いでほしかった
  2. 蝶屋敷が寂しくなる
  3. 冨岡義勇と結ばれて欲しかった

第5位は、胡蝶カナエを殺害した童磨を倒す為に自らを毒に変えた蟲柱【胡蝶しのぶ】です!

しのぶは、副作用が出るかも分からない試みを試す為に自らが被験者となり、カナエを殺した童磨を討ち取る為だけに藤の花の毒を1年以上接種し続けました。

それは自分に剣士としての腕力や背丈が不足している事を考えての手段であり、己の犠牲を前提に童磨を弱らせるから確実に頸を斬って止めを刺して欲しいという決死の覚悟からきています。

両親を鬼に殺されたあの日から自分達と同じ思いを他の人にさせないようにカナエと2人で鬼を一体でも多く倒そうと決めたしのぶですが、鬼殺隊に入ってからも姉を殺され、カナヲ以外の継子も殺されると、失う事ばかりのしのぶは常に怒っていました。

それでも自分の手で倒す事は出来なかったものの、最期には自分を食べた童磨が藤の毒の影響で弱体化し仲間の手で葬られたのが唯一の救いでもありますが、やはり胡蝶家が潰えるのは寂しいですね。

関連記事

鬼滅の刃の最終話では、冨岡義勇の子孫が登場しました。 子孫ということは義勇が誰かと結婚し子供を授かったという事になりますが、実際の所、義勇は結婚していたのでしょうか? そこで今回は、 冨岡義勇と胡蝶しのぶの関係 […]

鬼滅の刃の表紙

また、冨岡義勇との関係で生きていればもしかしたら発展があったのではと意見も多く、しのぶの死は惜しまれました。

第4位 時透無一郎(ときとうむいちろう)

【死地】 無限城
【討伐者】 上弦の壱・黒死牟
【退場巻】 単行本21巻第179話「兄を想い弟を想い」
【理由】
  1. 分か身空でありながら凄惨な過去を持つ
  2. 炭治郎や小鉄といった友達が出来たばかり
  3. 有一郎の分まで生きて欲しかった

第4位は、刀を握って2ヵ月で霞柱となった【時透無一郎】です!

無一郎は双子の兄・有一郎を鬼に殺された際に記憶喪失となるものの、産屋敷あまねに助けられてから唯一残っていたのは「死ぬまで消えない怒り」のみであり、鬼を滅ぼす為に血反吐を吐く鍛錬を積み重ねて柱に上り詰めました。

当初は記憶喪失のせいで冷徹で合理的な性格でしたが、炭治郎や小鉄との出会いが無一郎の失った記憶を取り戻す鍵となると、記憶を取り戻した後は無表情・無感情から一転し、相手への気遣いが出来る他、伊黒が蜜璃の事が好きだという他人の感情にも気づくようになったので悲鳴嶼も無一郎の変化には驚いています。

しかし、まだまだ剣士としてもこれから強くなっていく可能性を秘めていながらも仲間を死なせない為に自らが犠牲となり最大の敵・黒死牟を討伐する一翼を担いました

死に際に再会した有一郎が述べた通り、まだ無一郎は14歳でありながらも柱としての責務を全うし障害を終えた為、立派な生き様である反面、彼の死には心残りがあります。

関連記事

刀鍛冶の里編でも活躍した時透無一郎ですが、鬼舞辻無惨との最終決戦が繰り広げられた無限城での戦いでも活躍し壮絶な最期を迎えました。 そこで今回は、 時透無一郎の死亡シーンは何巻何話? 時透無一郎と黒死牟の戦い […]

鬼滅の刃の表紙

また、記憶を取り戻してから戦死するまでの期間が短い為、もう少し本来の子供らしい生活を送って欲しかったですね。

第3位 煉獄杏寿郎(れんごくきょうじゅろう)

【死地】 無限列車
【討伐者】 上弦の参・猗窩座
【退場巻】 単行本8巻第66話「黎明に散る」
【理由】
  1. 炭治郎達の師匠として活躍してほしかった
  2. 小説や外伝で深掘りされる度に泣ける
  3. 父親と和解せずに亡くなったのが心残り

第3位は、誰もが慕いその死を悲しんだ炎柱【煉獄杏寿郎】です!

400億の男でもトレンドになった煉獄は劇場や地上波で何度死亡シーンが描かれたのか分かりませんが、猗窩座との死闘の末に討ち死にしたものの乗客200名と後に無惨を討ち取る竈門炭治郎達を守り抜く活躍をしました。

煉獄瑠火の教え通り「弱き人を助けることは強く生まれた者の責務」を愚直なまでに遂行し、母に託された使命を立派に務めた煉獄は、今際の際に母に褒められた事で笑顔を残し息を引き取っています。

煉獄の最期は悲しくも立派な生き様でしたが、瑠火に先立たれて酒に溺れた槇寿郎とは死ぬ前に和解して欲しかったですね。

また、小説や外伝でも煉獄は一際存在感があり、煉獄の存在が柱間のムードメーカーとなっている他、どの柱からも好意的に見られていた事が公式ファンブックでも明かされていますので、もし生きていたら「痣」を発現させたのではないかと妄想してしまいます。

炭治郎が居なければ無限列車で煉獄は眠ったままだったかもしれませんが、煉獄が居なければ猗窩座の登場で炭治郎達は詰んでいたので、必要な犠牲だったのでしょうね。

第2位 悲鳴嶼行冥(ひめじまぎょうめい)

【死地】 市街地
【討伐者】 鬼舞辻無惨
【退場巻】 単行本23巻第200話「勝利の代償」
【理由】
  1. 歴代の柱の中でも長く貢献してきたので報われて欲しい
  2. 沙代との誤解を解いて欲しい

第2位は、最年長で頼れる鬼殺隊最強の柱の【悲鳴嶼行冥】です!

悲鳴嶼は鬼殺隊に入る前は寺で身寄りのない子供の面倒を見ていた盲目の青年でしたが、ある時、子供の一人が鬼と遭遇すると自分の命惜しさに寺の子供達の命を差し出そうと鬼に約束し、鬼を寺に侵入させた事で1名を除き7人の子供達を鬼に殺害されました。

そして、悲鳴嶼は残った1名の沙代だけは守り抜こうと必死で鬼を撃退しましたが、救助がやってきた際に沙代が「あの人は化け物、みんな殺した」という証言をした為、悲鳴嶼は殺人罪で拘束され処刑されそうな所を産屋敷耀哉に救われたという過去を持っています。

しかし、沙代は悲鳴嶼ではなく侵入した鬼の事を証言していたのであり、救助が来た時には鬼は陽光で消滅していた他、沙代自身が事件のショックでまともに話せなくなったという事情があったのです。

悲鳴嶼は黒死牟戦や無惨戦でも一際活躍していましたが、最終決戦で致命傷を負うと既に手遅れである自分の手当てをするよりも若者を治療して欲しいと頼む聖人であり、今際の際では鬼に殺害された子供達から本当は悲鳴嶼の事が大好きで悲鳴嶼を守る為に行動しようとして殺されたとの事情を聞き誤解が解消されています。

悲鳴嶼は子供達と共に天国へ旅立っていますが、ここまで貢献してきた悲鳴嶼にはせめて沙代とも話し合って誤解を解いて欲しかったですね。

また、数年前に胡蝶姉妹を救助して以降、弟子未満、家族未満という不思議な関係性を築きながらもカナエを亡くし、姉を亡くしたしのぶの事も心配していながらも彼女の覚悟を止める事が出来ずに無限城での戦いで亡くしてしまうという悲運も重なっている事から、悲鳴嶼はこれまでに多くの人を救っていながらも貢献度に対してあまりにも報われていないキャラクターでした。

第1位 不死川玄弥(しなずがわげんや)

【死地】 無限城
【討伐者】 上弦の壱・黒死牟
【退場巻】 単行本21巻第179話「兄を想い弟を想い」
【理由】
  1. 実弥と仲直りした後が見たかった
  2. 家族の分まで長生きして欲しかった

第1位は、風柱・不死川実弥の弟で「鬼喰い」の特異体質を持つ【不死川玄弥】です!

玄弥は最終選別で初登場した時や蝶屋敷でのすれ違い時等は癇癪を起こして人相や態度も最悪でしたが、刀鍛冶の里編で玄弥の生い立ちが判明すると、実弥も玄弥も本来はよく笑う優しい子供だったと判明します。

しかし、ろくでもない父が亡くなった後、女手一つで7人兄弟を育ててくれた母を2人で守ろうと誓った後に最愛の母が鬼化し兄弟達を斬殺、そして実弥が弟を守る為に母を手に掛けてしまうと玄弥が「人殺し」と罵倒した為に一夜にして仲睦まじい家族が破局してしまうのです。

実弥が出て行った後も玄弥は罵倒した事を謝る為に同じ鬼殺隊に入り、剣士としての素質が無いにも関わらず、鬼を食べてでも柱の兄に会う為に戦ってきましたが、実弥にはいつ死んでもおかしくない鬼殺隊から弟を追放するという決死の覚悟があった為、中々取り合ってもらえませんでした。

関連記事

大人気漫画「鬼滅の刃」に登場する不死川玄弥は、竈門炭治郎たちと最終選別を受けた同期であり、鬼殺隊の風柱・不死川実弥の実の弟です。 今回は不死川玄弥の最期はどうなったのか?を重点に、 不死川玄弥の死亡は何巻何話? 不[…]

鬼滅の刃の表紙

そんな2人が漸く仲直り出来たのが黒死牟の討伐後であり、致命傷を負った玄弥は鬼化の影響で遺体も残さずに消滅する僅かな時間で実弥にこれまでの謝罪と感謝を口にすると「幸せになって欲しい」と心から伝えて亡くなっています。

ですが、実弥の言う通り、母や弟達にしてやれなかった分も玄弥には所帯を持って年老いるまで幸せに暮らして欲しかったですね。

鬼滅の刃の死んでほしくなかった人のまとめ

今回は10人ほどピックアップしましたがまだまだ鬼による被害者は多く存在します。

何れのキャラクターも生い立ちからして報われて欲しい人ばかりでしたが、善良な人間から不条理に死んでいく本作ではその願いは届きませんでしたね。

柱ほどの強さを持っていても満足のいく死を迎えられないので、鬼に殺害された一般人や無惨に成す術もなく殺された鬼殺隊員は余程悔しい気持ちで死んでいったのではないでしょうか。

【完結済み】鬼滅の刃
created by Rinker
時は大正時代。炭を売る心優しき少年・炭治郎の日常は、家族を鬼に皆殺しにされたことで一変する。唯一生き残ったものの、鬼に変貌した妹・禰豆子を元に戻すため、また家族を殺した鬼を討つため、炭治郎と禰豆子は旅立つ!! 血風剣戟冒険譚、開幕!!
【最新刊】鬼滅の刃 外伝
created by Rinker
水柱・冨岡が出会ったマタギの娘・八重は父の仇を討つため山に入るが――!? そして、炎柱になる前の煉獄と鬼との戦いの行方は…。『外伝』二本、炭治郎たちの“ゆる”活劇譚4コマ『きめつのあいま!』も完全収録の公式スピンオフ!!
【最新刊】キメツ学園!
created by Rinker
ここは小中高一貫の私立校・キメツ学園―― 大人気マンガ『鬼滅の刃』のキャラクターたちが、生徒&先生に!? 炭治郎たちの学園ライフはやっぱりドタバタの連続!? 公式スピンオフ、はじまるっ!!
【完結済み】鬼滅の刃公式ファンブック 鬼殺隊見聞録
created by Rinker
本作の前身『鬼殺の流』の第一話~第三話のネーム初出し完全収録!! ・主要登場人物の誕生日や年齢、趣味などの詳細なプロフィール大公開! ・吾峠先生描き下ろしのミニイラスト付き「大正コソコソ噂話」大放出! ・本書のためだけに描き下ろされた「キメツ学園」の特別編がドドンと九ページ掲載!! ・カバーもカバー下の恒例イラストもオール描き下ろし!! ほか特別付録や秘蔵カット、先生直筆のアニメ設定資料など、鬼殺隊士超必読のあれこれが所狭しと掲載! 是非とも手にすべし!!