伊黒と甘露寺の最後は夫婦になれた?おばみつの馴れ初めと靴下のプレゼント

鬼滅の刃に登場する多くのカップリングの中でも、伊黒・蜜璃カップルは人気が高いのではないでしょうか。「おばみつ」と呼ばれる二人の関係や感動的なふたりの最後、来世ではどうなったかなど、

  • おばみつの仲のいいシーンまとめ
  • 二人の馴れ初め
  • 伊黒・蜜璃死亡の最後
  • 来世での二人の関係

について紹介していきます。

伊黒小芭内と甘露寺蜜璃のプロフィール

まずは二人のプロフィールを紹介します。

伊黒小芭内の年齢・誕生日・身長・体重

伊黒小芭内の画像

引用元:鬼滅の刃

  • 伊黒 小芭内(いぐろ おばない)
  • 蛇柱
  • 誕生日: 9月15日
  • 年齢:21歳
  • 身長:162cm
  • 体重: 53kg
  • 好きなもの:とろろ昆布
  • CV:鈴村健一

伊黒小芭内は鬼狩りをする鬼滅隊の隊員で、中でも柱と呼ばれる最強クラスの剣士です。

主人である産屋敷耀哉と同じ柱以外の人間を信用しない気難しい性格で、嫌味や皮肉交じりの言葉で接する偏屈な部分を持っており、孤高主義と思われがちが、蜜璃とはプライベートで文通をする程仲がよく、宇髄天元のもとに嫌味を言いながらも加勢し、労いの言葉をかけていたり、重傷を負ったため引退すると述べた宇髄に、後を継ぐ隊士がいないことを理由に拒否したりなど、鬼滅隊の組織についても気を回しています。

他にも、煉獄が亡くなった知らせを聞いた際には「俺は信じない」と呟き、自身が認めた相手の事は内心では強く信頼しているようで、仲間への想いは深いのです。

不死川実弥同様に「鬼は絶対信用せず、問答無用で滅殺すべし」という考えを持っており、炭治郎兄妹のことを受け入れていませんでしたが、無惨との最終決戦の場では、炭治郎を庇った際に両目を失い、鏑丸の誘導のもと二人で共闘した際は驚くことにお互いの息が合い、炭治郎の渡した愈史郎の呪符のお陰で失った視力を補い、感謝の言葉を口にするほどお互いの信頼関係が築けていました。

伊黒小芭内の生い立ち

身内も信用しないネチネチした伊黒小芭内
引用元:鬼滅の刃

小芭内は、女ばかり生まれる一族の370年ぶりの男児で、生まれた時から牢の中で過ごし、母、姉妹、叔母たちから気味が悪いほど親切にされ、過剰なまでの量のご飯を与えられながら、12歳になると牢から連れられて、豪華な装飾が施された部屋に通され、そこで下半身が蛇のような女の鬼の前へと差し出されます

伊黒の一族は蛇の鬼が殺して得た金品などで生計をたてる代わりに、鬼の好物である赤ん坊を生贄として捧げていたのです。

特に小芭内は一族の中でも珍しい男であり、風変わりなオッドアイだったことから、蛇鬼に目を掛けられおり成長して喰う量が増えるまで生かされており、その時に、蛇鬼は自分と同じ口の形にしたいと彼の口の端を切り裂き、その血を飲み干しました。

再び牢に戻された彼は、ここから逃げ出し生きることを誓いながら、いつ脱獄がバレるか分からない状況の中で、精神をすり減らしながら毎日を生きる小芭内の前に、牢に迷い込んだ白蛇の鏑丸と出会い、彼の心の拠り所となっていたのです。

ようやく牢から逃げ出すことに成功するも、蛇鬼がそれに気づき追いかけてきたところに当時の炎柱が登場し、鬼の頸を斬り、生き残っていた従妹と引き合わせましたが、彼女は一方的に小芭内を罵ります。

何の正当性もない言葉ですが、幼い彼の心を抉るには十分な罵声で、この言葉をきっかけに普通の人生を歩むことがなくなった小芭内は、鬼滅隊へと入隊、鬼を憎み倒し続ける日々となり、鬼から人々を守り感謝されることで、自分は”悪ではなくいいもの”になれたと思う日々でしたが、いつまでも殺された50人の腐った手が彼を離さない、そんな業を小芭内は背負っていました。

甘露寺蜜璃の年齢・誕生日・身長・体重

甘露寺蜜璃の画像

引用元:鬼滅の刃

  • 甘露寺 蜜璃(かんろじ みつり)
  • 恋柱
  • 誕生日:6月1日
  • 年齢:19歳
  • 身長:167cm
  • 体重:56㎏
  • 好きなもの:桜餅
  • CV:花澤香菜

甘露寺蜜璃は鬼狩りをする鬼滅隊の隊員で、伊黒小芭内と同様に中でも柱と呼ばれる最強クラスの剣士です。

誰にでもときめいてしまう乙女チックな性格の持ち主であり、その性格は異性だけでなく同性もその対象となることも。

彼女が鬼滅隊に入隊となった理由は、添い遂げる殿方を見つけるとのことで、さらに自分よりも強い人を見つけるため柱になった理由を持ち、不死川玄弥に挨拶が返されることがなかった時には取り乱して炭治郎に泣きついたり、直後に彼から松茸のご飯が出ると聞いて笑顔になったりと、寡黙な人物が多い柱の中では珍しく、底抜けに明るく、感情の豊かな人物で、鬼に対しても凝り固まった思考を持たず柔軟に捉えることができる存在です。

一方で、きつすぎて脱落者が後を絶たない煉獄杏寿郎の継子として、柱までに成長した彼女の努力と覚悟は生半可なものではありません。決して浅はかな思いや楽観だけで生きているわけではない、心身ともに強い女性なのです。

関連記事

鬼滅の刃に登場する恋柱の甘露寺 蜜璃について紹介していきます。 甘露寺 蜜璃とはどんな人物? もとは黒髪だった? 蜜璃の「捌倍娘」について 「乳柱」と呼ばれている理由と、他の女性隊士と隊服が違うわけ 痣の出[…]

ほほ笑む甘露寺蜜璃

甘露寺蜜璃の特異体質

お見合い相手に遺伝子を残したくないときっぱり断られてしまった甘露寺蜜璃
引用元:鬼滅の刃

蜜璃は、自分の体を支える筋線維の密度が、先天的な原因によって常人の8倍もあり、そのことから捌倍娘(はちばいむすめ)と呼ばれており、蜜璃が1歳のころ、お腹に弟を授かっていた母の手伝いをしようと、四貫(現在の15㎏)もの漬物石を持ち上げるという逸話を持っています。

関連記事

鬼滅の刃に登場する恋柱の甘露寺 蜜璃について紹介していきます。 甘露寺 蜜璃とはどんな人物? もとは黒髪だった? 蜜璃の「捌倍娘」について 「乳柱」と呼ばれている理由と、他の女性隊士と隊服が違うわけ 痣の出[…]

ほほ笑む甘露寺蜜璃

しかしデメリットもあり、異常な筋肉量によって、普通に生活しているだけで膨大なエネルギーを使用するため、食が太くなり、彼女たちが生きていた大正時代に、高たんぱくで高カロリーな食べ物はまだ無かったため、遠征の際はかなり制限を受けてしまい、このことから、西洋から伝来したハイカラな洋食がお気に入りですが、食費が半端ないとのこと。

伊黒と蜜璃の仲のいい関係が見れるシーンを紹介

本誌でも二人の微笑ましい関係を見ることができます。今回はそんな二人の仲の良いシーンを紹介。

伊黒から蜜璃へ靴下のプレゼント

プレゼントを贈る伊黒

引用元:鬼滅の刃

14巻124話にて伊黒から蜜璃に、黄緑色のしま模様が入ったニーハイソックスをプレゼントします。

髪の毛の色に合わせた靴下の色で、蜜璃のことを思いながら選んだものだと思われプレゼントを渡すのが恥ずかしいのか、目を合わせずに渡している様子がとても微笑ましいですよね。

他の女性隊士と比べ露出度が高い蜜璃の制服は、渡された当時に丈の短いスカートを恥ずかしがっていたようで、それを見かけた伊黒が足元だけでも肌を出さないように長めの靴下を選んだのではないでしょうか。

ちなみに、胸元のあいた隊服は蟲柱である胡蝶しのぶにも最初支給されましたが、運んできた人の目の前で油をかけて燃やしたとか。

美味しそうにご飯を食べる蜜璃を見つめる

甘露寺蜜璃のあまりの大食いっぷりに驚きを隠せない炭治郎

引用元:鬼滅の刃

14巻124話の扉絵に描かれていた二人の微笑ましい様子です。

蜜璃は自身の身体を構成する筋繊維の密度が先天的要因によって常人の八倍にまで達しており、そのことから「捌倍娘(はちばいむすめ)」と言われており、普通に生活しているだけで膨大なエネルギーを使用するので、食が太くなってしまうのです。

ご飯を美味しそうに食べる様子を見つめる伊黒の優しい眼差しは完全に恋をしており、公式ファンブックにも蜜璃は「伊黒と食事する時間が楽しい」と言っていることからお互い、ご飯を一緒に食べる時間が何よりも大切なものであることが分かります。

鬼滅の刃公式ファンブック 鬼殺隊見聞録・弐
created by Rinker

沢山のエネルギーを補給するため天丼などのハイカラなご飯をたくさん食べる蜜璃の様子がとても幸せそうで、これからももっと美味しいものを食べて欲しいです。

蜜璃と仲良くする炭治郎に対して嫉妬を向ける

嫉妬する伊黒

引用元:鬼滅の刃

15巻132話にて、柱達による全体稽古で炭治郎が太刀筋矯正訓練のため、伊黒の道場に訪れた時のことです。

伊黒が炭治郎を迎え入れたときのこと、「甘露寺からお前の話しは聞いた。随分とまあ楽しく稽古をつけてもらったようだな」とものすごい剣幕と殺気で登場した伊黒は甘露寺と文通をしているようで、稽古の様子を手紙を通して教えて貰ったようですが、その手紙の内容があまりに炭治郎だらけだったのか、かなり嫉妬していました。

訓練開始から4日後、蛇のようにうねる伊黒の太刀筋をかわし、伊黒の裾にあたり訓練は終了し、「じゃあな さっさと死ねゴミカス。馴れ馴れしく甘露寺と喋るな」とかなり冷たい言葉を吐き捨て、別れを告げます。

蜜璃とかなり仲がよかった事が気に食わなかったようで、最初から最後まで伊黒に嫌われてしまった炭治郎でした。

おばみつの馴れ初め

ここからは二人の馴れ初めを本誌に沿って紹介していきます。

6巻・45話「鬼殺隊柱合会議」

柱会合会議

引用元:鬼滅の刃

伊黒小芭内と甘露寺蜜璃の二人が初めて登場したのは6巻の45話「鬼殺隊柱合会議」です。

炭治郎は鬼滅隊であるにも関わらず、鬼でもあり妹の禰豆子を庇ったとして、一方的に隊律違反であると裁かれることに、同じく、鬼の禰豆子を逃したとして冨岡義勇の隊律違反について、処分と責任の話をする伊黒小芭内と、「相変わらずネチネチして蛇みたい 素敵」とその様子を見ていた甘露寺蜜璃はキュンとしていました。

しかし、他の隊士の発言でも彼女はキュンとしている様子があったため、この時はまだ好意といった気持ちはなかったのではないでしょうか。

14巻・124話「いい加減にしろ バカタレ」の扉絵

ご飯を食べる蜜璃

引用元:鬼滅の刃

本誌のなかでも二人が一緒にいるシーンは少ないのですが、14巻の124話「いい加減にしろ バカタレ」では二人の食事シーンが扉絵で描かれました。

好きなご飯を美味しそうに食べる蜜璃を優しいまなざしで見守る伊黒。この扉絵からも、伊黒は蜜璃に対してかなり好意を持っていることがわかります。

このことについて、200話の「勝利の代償」で、伊黒に告白した蜜璃が「伊黒さんと食べるご飯が一番美味しい だって伊黒さんすごく優しい目で私のこと見ててくれるんだもん」と語っていました。

22巻・188話「悲痛な恋情」

好意を伝える伊黒

引用元:鬼滅の刃

伊黒が蜜璃への好意を言葉にしたのは、22巻・188話の「悲痛な恋情」でした。

ますます無惨の攻撃が激化するなか、ギリギリのところで踏みとどまっている柱達でしたが、これまでの無作為と思える攻撃ではなく、無惨が意図的に蜜璃を狙って放った特殊な攻撃が放たれ、岩・風・水の柱三人が同時に仕掛け一瞬の隙を作りだすことに成功し、すぐさま伊黒が蜜璃を連れて離脱。

離脱した伊黒と蜜璃は離れた場所で待機していた隊士と合流し、蜜璃の手当てと撤退を指示、まだ自分は戦えると言う蜜璃に「もういい 十分やった」と諭す伊黒、「このままじゃ死ねない」と引き下がらない蜜璃を託し彼は戦場へ戻ります。

その場を離れる時、伊黒は一度も振り返ることなく戻っていきましたが、鏑丸は悲しそうに蜜璃のことを見ていたのが伊黒の本心を表しているようで、本当は自分も残って一緒にいたい、離れたくないという彼の想いが伝わってきますね。

戦場へと戻る最中、伊黒の口元の包帯がほどけ、痛々しい傷が晒され、「もし君と 何気ない日常で出会うことができていたらどんなに良かっただろう」「いや無理だな俺は」「まず一度死んでから 汚い血が流れる肉体ごと取り替えなければ」と、今まで明かされることのなかった口元と同じく晒された彼の心の内は非常に卑下されたものでした。

伊黒さんの血族は、人を殺し自らの私腹を肥やす汚い血族で、強奪した金を使い屋敷を構え飯を食らい、する必要もない贅沢をする。業突く張りで見栄っ張りの醜い一族だったため、自分に流れている血はあまりにも穢れている、その血で作られた肉体もまた穢れていると考えていたのです。

そして無惨を殺し、自分も死ぬことによって、自分の中に流れる「汚い血」が浄化されることを心の底から願って「鬼のいない平和な世界で もう一度人間に生まれ変われたら 今度は必ず君に好きだと伝える」と自分の夢を語っていました。

23巻・200話「勝利の代償」 伊黒と蜜璃の死亡

蜜璃との思い出を話す伊黒

引用元:鬼滅の刃

長い戦いの末、鬼滅隊は無惨を塵にすることに成功。しかし、勝利への代償は非常に大きいもので、無惨を倒すべく立ちあがった鬼滅隊士、柱の多くが亡くなり、23巻・200話「勝利の代償」では、二人で最後の時間を過ごす光景が描かれ、お互いがお互いのことをどう思っていたか、そして自分の夢を語る機会となりました。

その場を指揮していた輝利哉が、傷ついた隊士の治療をするよう促すなか、伊黒は横たわっている蜜璃のもとへと向かい抱きかかえ、無惨を倒したことを告げると安堵の声を漏らす蜜璃は、「体がもう痛くないや もう少しで私死ぬみたい」「俺もすぐ死ぬだろう 君はひとりじゃない」と語りかける伊黒。自分は何も力になれなかったと謝罪する蜜璃に、そんなことはないと否定する伊黒は、初めて出会ったときのことを話します。

「きみはあまりにも普通の女の子だった」

「ささいなことではしゃいで、鈴を転がすように笑う」

「そんな姿に何度も助けられた、自分も普通の人間だと思わせてくれて幸せだった」

他の皆も同じことを考えているよと、語り掛けます。

誰にでも分け隔てなく笑顔を向けてくれる優しい心の持ち主の蜜璃は、多くの人を救ってきた。

最後の会話をする甘露寺蜜璃

その言葉に涙を流す蜜璃は、伊黒に「好き」と自分の気持ちを言い、自分の願いを彼に伝え、「生まれ変われたら また人間に生まれ変われたら 私のことお嫁さんにしてくれる?」と願い、勿論だと約束する伊黒。

「君が俺でいいと言ってくれるなら、絶対に幸せする 今度こそ死なせない必ず守る」

現代では結婚しておしどり夫婦に!

おしどり夫婦の伊黒と蜜璃

引用元:鬼滅の刃

現代に生まれ変わった二人は定食屋を営んでいます

カナタが「奥さん」「旦那さん」と呼んでいる様子から夫婦になっていることは間違いないようです。

この定食屋では、蛇の置物があることや、料理がメガ盛りであることが有名なようで、善照が奥さんの胸を見すぎて、旦那さんに包丁を投げられるといった事件など、多くのおばみつ要素があります。

蛇の置物

蛇の置物といえば、幼いころ家の中に忍び込んできて以来、親友のように慕っており唯一の信頼できる相手である鏑丸(かぶらまる)のこと。

メガ盛り定食

定食屋のメガ盛りと言えば、14巻の扉絵に登場した二人の思い出の場所です。

美味しそうにご飯を頬張る蜜璃のことを優しそうに見つめる伊黒の表情が印象的なシーンで、蜜璃が彼に惚れることとなった一幕です。

自信の特異体質によって普通の女の子よりも大食いで力持ちな彼女は周りから数奇な目で見られることも多かった過去を持っているため、ありのままの自分を否定せず、受け入れてくれる伊黒の気持ちが何よりも嬉しかったのだと思います。

だからこそ、自分の好きな趣味が反映され、家業となっているのは嬉しいことですよね。

一途な伊黒

そして、自分の奥さんのことを見つめる男の視線を許さない伊黒の性格は、変わらず健在のようです。

本誌でも、炭治郎が蜜璃と仲良くなっただけで、敵意をむき出し嫉妬していたことがるので、現代でも奥さんのことを一途に愛していることが分かります。

おしどり夫婦として、幸せな二人ですが、実はなんと子供もいるようでその数なんと5人!

前世では悲しい最後を迎えてしまったが故に、子供もいてご飯もたくさん食べれる現状がとても幸せで、読者の幸せになってほしいが叶った瞬間でもあるので、これからもずっと幸せなまま最後を迎えて欲しいですね。

まとめ

  • 伊黒から靴下のプレゼントを贈る理由がとても素敵だった
  • 二人で過ごす食事の時間が何よりも幸せな時間だった
  • おばみつの馴れ初めは、読者もキュンとしてしまうものだった
  • 来世を約束した二人の最後は感動的だった
  • 生まれ変わった伊黒と蜜璃は、前世での約束を果たしていた

鬼滅の刃でも人気の伊黒と蜜璃カップルですが、その最後はとても悲劇的な終わり方で、読者の多くがこの最後に涙しました。

ですが、現代へと生まれ変わった二人は、お互いの夢を叶え定食屋を開くこともでき、おしどり夫婦として有名になっています。

鬼のいない現代では幸せに生きて欲しいですね。