【BLEACH】六車拳西はいつ死亡した?ワンダーワイス戦で消息不明になった理由

護廷十三隊の死神の中で唯一卍解によって体術で戦う男「六車拳西」ですが、はたして彼がいつどこで死亡するに至ったのか、

  • 六車拳西が死亡した回と経緯とその後
  • 六車拳西のプロフィールと檜佐木との関係
  • ワンダーワイス戦での消失事件

また、拳西の来歴からその人物像について見ていきましょう。

六車拳西が死亡したのはいつ?

六車拳西がマスキュリンの追撃から檜佐木を助ける場面

引用元:BLEACH 原作62巻

六車拳西の死亡経緯の始まりは、千年血戦編で見えざる帝国が二度目の侵攻にやってきた際のことで、部下の檜佐木が「マスク・ド・マスキュリン」に痛めつけられているところへ拳西がやってきた場面です。

檜佐木にとどめをさすため踏みつけようとするマスキュリンの攻撃から、拳西は同じく足を差し込んで攻撃を止めるといった、ヤンキー漫画さながらの登場に読者は痺れました。

しかし、邪魔をするなと言うマスキュリンに対して「心配すんな、時間は取らせねえよ」と会って早々に斬魄刀を抜き、卍解を披露したところで読者は後の展開を察することに。

六車拳西はマスキュリンに敗北

六車拳西が鐵拳断風をマスキュリンに打ち込む場面

引用元:BLEACH 原作62巻

前述で早々に卍解を使うといった死亡フラグを物ともせず、拳西はマスキュリンを一方的に攻撃し膝をつかせるなど順調な滑り出しをしていたことから、意外と優勢のまま決着はついてしまうと気楽に考えていました。

しかし、読者同様、高みの見物をしていたローズを尻目に檜佐木の「違う…隊長…!」の一言を皮切りに事態は急変することに。

檜佐木がマスキュリンにやられた原因は、マスキュリンと同行している小さなジェイムズにあり、ジェイムズがエールを送る度にマスキュリンはパワーアップしていくといったからくりが隠されていたのです。

六車拳西がマスキュリンの膝落としを腹部に受けてダウンする場面

引用元:BLEACH 原作63巻

その後、パワーアップしたマスキュリンによって立場は逆転、マスキュリン曰く「…10カウントは必要あるまい」と言われるほど見事なやられっぷりを晒した拳西でした。

ですが、この時点で拳西は戦闘不能に陥っただけで息はあります

六車拳西はグレミィの能力で死亡

さて、問題の六車の死亡シーンですが、なんとそれは「グレミィが能力で殺した」というあまりにも唐突で型破りな最後だったのです。

マスキュリンに敗北し重傷を負った拳西とローズは、四番隊副隊長・勇音によって治療されている最中であり、意識は戻っていませんでした。

グレミィの能力で六車拳西が死亡する場面

引用元:BLEACH

  • 原作64巻572話

そこにやってきたのは聖十字騎士団が一人「グレミィ」であり、グレミィの能力「夢想家」は、自分が想像した事を現実の事に変える事が可能で、グレミィが拳西とローズの死を想像しただけで絶命させられてしまうといった経緯になります。

マスキュリンは恋次に、グレミィは剣八によって撃破されましたが、拳西が何れにも深手を負わせた描写がなく、活躍が描かれないまま死亡した不遇なキャラクターとなってしまいました。

関連記事

仮面の軍勢の一人・鳳橋楼十郎ですが、初登場時は虚化もでき卍解もできることを示唆していたことからかなり強い部類だと思い込んでいました。 しかし、全編を通してみればあまりの不遇具合に無能の烙印を押される一人となってしまう憐れなキャラクター[…]

鳳橋楼十郎が卍解第三演目を指揮しようとする場面

拳西はジゼルによってゾンビ化

ジゼルによってゾンビ化した六車拳西らがマユリの背後に立つ場面

引用元:BLEACH

続く原作66巻、更に不憫なのが、上述の死亡後には聖十字騎士団が一人・ジゼルの能力「ゾンビ」により、死後ゾンビ兵として滅却師側の駒として体を操られ、マユリにぶつけられました。

マユリに上書きされる

マユリに操作されるゾンビ化した六車拳西

引用元:BLEACH 原作66巻

そればかりか、ジゼル撃破後にはマユリによってゾンビ化の主従を乗っ取られており、マユリのゾンビ兵として戦場で戦う傀儡となるのですが、白哉には憐憫の眼差しを向けられていました。

終戦後の復活し10年後

10年後の隊長達が並ぶ中に確認できる六車拳西

引用元:BLEACH

全てが終わった後、最終回は10年後に時間が飛んでおり、なんと拳西は復活して隊長職を継続しているようでした。

冬獅郎のゾンビ化解除の手順でマユリが蘇生させたのでしょうが、グレミィによって一度完全に死亡した拳西をどうやって蘇生したのかは語られていませんが、めでたい事なので素直に祝いましょう。

六車拳西のプロフィール

過去編で檜佐木を助ける瞬間の六車拳西

引用元:BLEACH

  • 名前:六車拳西(むぐるまけんせい)
  • 誕生日:7月30日
  • 身長:179cm
  • 体重:75kg
  • 所属:元護廷十三隊九番隊隊長、仮面の軍勢
  • 特技:料理
  • 初登場:原作24巻
  • 声優:杉田智和

銀色の短髪に筋肉質で目つきの悪い男性で、左耳に三つ、左眉に一つピアスをつけている少々短気な性格の持ち主です。

六車拳西の来歴

過去編で特攻服のような羽織を着た部下を引き連れる六車拳西

引用元:BLEACH 原作36巻

110年前は護廷十三隊九番隊隊長を務めており、死覇装はノースリーブの羽織に大きく胸元を開けた着こなしで、鳩尾あたりに「69」という数字を刺青した、暴走族のようないかつい風貌でした。

部下の羽織も暴走族のように「六車九番隊」と背中に刺繍されたものを着ていましたが、当時副隊長だった久南白だけはただの死覇装にチャームポイントのスカーフを巻いた格好で、現在同様タメ口で接しています。

六車拳西が虚化した経緯

過去編で虚化して自我を失った六車拳西

引用元:BLEACH 原作36巻

101年前、数名の部下を伴い魂魄消失案件の調査をしていたところ、調査中に襲撃を受け部下を失い、自身も訳が分からないまま虚化させられてしまい、その後救援に来た平子達に襲い掛かりました。

一連の魂魄消失事件の黒幕が藍染・東仙・市丸の三名と判明した後、全ての罪を着せられた浦原喜助が中央四十六室の決定で追放処分となった際、拳西含む平子達は虚として殺処分対象になってしまい、浦原や夜一の協力のもと現世へ逃亡します。

檜佐木修兵との関係

虚から助けたのに泣いている檜佐木に笑えと無理強いする六車拳西

引用元:BLEACH

拳西と檜佐木の出会いは、101年前の魂魄消失案件の調査に赴いていたときのことです。

虚に襲われていた流魂街の三人の子供を助けたのが拳西であり、その時助けた子供の一人が檜佐木で、当時の檜佐木は拳西の刺青に目を奪われていたような一コマがあり、以来拳西に憧れて死神になり顔に「69」の刺青をいれるほど尊敬しているのでした。

檜佐木の卍解習得の稽古に付き合う

一人でも卍解を扱える死神を育成するために檜佐木に稽古をつける六車拳西

引用元:BLEACH 原作60巻

見えざる帝国の第一次侵攻を受け半壊した瀞霊廷と護廷十三隊でしたが、次の襲撃に備えて一人でも卍解を使える戦力を増やすべく、拳西は檜佐木に卍解を習得させようと稽古をつけることに決めました。

拳西の提案は唐突なもので檜佐木は困惑していましたが、虚化した白と対決させるといった強硬手段に出ており、更には檜佐木の闘争心に火をつけるため、敢えて「俺は東仙みてえに甘かねえぞ」と毒を吐きやる気にさせたのです。

卍解やるやる詐欺

冬獅郎達と同調して六車拳西が檜佐木をいじる場面

引用元:BLEACH 原作74巻

最終話では、結局本編で使用されなかった檜佐木の卍解について乱菊達が本当に卍解を使えるのかという「卍解やるやる詐欺」を煽っていた際、檜佐木が卍解に至る一部始終を見ているはずであろう拳西も乱菊側に立ち檜佐木を弄り倒すのでした。

六車拳西の斬魄刀「断地風(たちかぜ)」の解号のセリフと能力

短刀を握り六車拳西が始解「断地風」を解放する場面

引用元:BLEACH

  • 初出原作36巻104話

解号は「吹っ飛ばせ”断地風”」

始解すると形状がコンバットナイフのように変化し、振り下ろした太刀筋を炸裂させることができる能力です。

他の死神と比べ圧倒的にリーチが短い近接用に見えますが、作中使用時には巨大な虚相手に一歩も動かず攻撃していることから、案外膂力や霊圧で中距離にも対応しているようでした。

卍解「鐵拳断風(てっけんたちかぜ)」

六車拳西が卍解「鐵拳断風」を初使用する場面

引用元:BLEACH

  • 初出原作43巻377話

卍解すると斬魄刀の形状が刃のついたメリケンサックのようになり、背中には羽衣のような帯が出現します。

始解と違い完全に白打に頼った近接主体の出で立ちですが、打撃の一打に強烈な霊圧が込められており、触れている間は無限にその威力が炸裂し続けるといった能力です。

六車拳西の強さ

キレやすい性格とヤンキーのような態度のせいか第一印象ではあまり強そうに見えない拳西は、はたして本当に強いのか見ていきましょう。

大事な場面で仲間を助ける

六車拳西が虚化して暴走状態の一護からリサを助けるところ

引用元:BLEACH

原作25巻、一護の虚化制御の修行時には仮面の軍勢総出で虚化状態の一護と交代制で戦っており、徐々にヒートアップする一護と押され気味のリサの間に「時間だ代われ!」と割って入ります。

相手のプライドを逆なでせず、予めルールで決めていた時間だと強調して一護の攻撃からリサを護った姿は忘れることのない拳西の名場面の一つでしょう。

その後も、未完成とは言え油断した白哉に手傷を負わせた虚化一護を、素の状態で相手取る拳西はなかなかに強いと判断できます。

六車拳西がワンダーワイスの追撃から白を助けるところ

引用元:BLEACH

次に、原作43巻で、虚化が解けた白がワンダーワイスの反撃に遭い追撃を受けようとしたところ、ここでも拳西が颯爽と割って入り、ワンダーワイスの攻撃を受け止めるのでした。

他にも上述で紹介した檜佐木を助ける場面などがあることから、拳西の強さがそれなりに達している実力者だということがわかっていただけたのではないでしょうか。

【完結済み】BLEACH
created by Rinker
黒崎一護・15歳・ユウレイの見える男。その特異な体質のわりに安穏とした日々を送っていた一護だが、突如、自らを死神と名乗る少女と遭遇、「虚」と呼ばれる悪霊に襲われる。次々と倒れる家族を前に一護は!?

攻撃力はなかなか強い

六車拳西が一撃でマスキュリンを跪かせた場面

引用元:BLEACH 原作62巻

卍解した際の一撃の威力は、当時の恋次を一撃で倒し檜佐木を簡単にやっつけるようなマスキュリンにお腹を押さえて膝をつかせるほどです。

卍解は相手に触れている間この一撃の威力が延々と続く仕様なので、間違いなく拳西は白打戦に於いて上位の実力者でしょう。

虚化はなぜ使わない?

一護は虚化を使いこなしているのに対し、なぜ拳西を始め仮面の軍勢は虚化を使わないのか、これは作品における不朽のテーマでしょう。

千年血戦編中に白やひよ里は虚化していることから、虚の力を解除した背景は薄そうです。

ただ一説挙げるならば、隊長職に復帰した際に中央四十六室若しくは規定か何かで虚の力は使わないなどの制約が交わされたのではないでしょうか。

そうすると平子や鳳橋など隊長のみ虚化しない縛りに説明がつくのですが、皆さんは如何思いでしょう。

ワンダーワイス戦の疑惑と消失事件

六車拳西とワンダーワイスが全力で戦おうとする場面

引用元:BLEACH

ただ一つ、疑惑が生じたのは原作43巻377話、拳西vsワンダーワイスの開戦でのことでした。

ここでは、白の虚化時間が切れたことでワンダーワイスにやられてしまうのですが、そこへ拳西が颯爽と助けに入り、白に代わりワンダーワイスと戦うのです。

自分の敵討ちだと喜ぶ白、調子に乗ってるガキにゲンコツするだけだと言う拳西。

そして、拳西の本気の表れである卍解の速攻で始まるワンダーワイス戦は、次瞬で場面が変わった為どうなったのかは引き延ばしとなり、この手の演出はBLEACHによくあることなので読者も翌週か翌々週には結果が見れるだろうと踏んでいました。

しかし、拳西の再登場はいつまで経ってもやってこなかったのです。

消えた拳西の行方は?

上述通りあんなにも格好良く卍解を披露した拳西ですが、彼の姿は描かれることなく、なんと先にワンダーワイスが戦線に復帰したのです。

原作45巻393話、無傷のワンダーワイスは元柳斎の前に立ちはだかり、交戦します。

しかしながら、我々読者は「拳西は?」という疑問が過ったせいで素直にその戦闘を楽しめないものとなりました。

ここからは憶測ですが、再登場したワンダーワイスを隅々まで観察しても傷一つ追っていないことから、拳西は普通に戦って普通に負けたというのが濃厚でしょう。

もしかしたらワンダーワイスが刀剣解放した際超速再生で拳西との戦いで受けた傷を治したのかもしれませんが、何れにせよ敗北したのは確実だと考えられ、それならば以降も拳西が登場しない理由に納得できます。

また、信憑性は薄いですが、作者が拳西を忘れてたという説もありますが、それだとあまりに憐れなキャラクターではないでしょうか。

六車拳西の死亡経緯と人物像についてのまとめ

  • 六車拳西の死亡はマスキュリンに敗北したことから始まり、グレミィによって殺害された
  • ジゼルによってゾンビ化したが、マユリによって蘇生された
  • ワンダーワイス戦で行方不明になった理由は恐らく存在が忘れられていた

六車拳西が死亡した経緯は聖十字騎士団との連戦や敗北にあり、死亡後も一時はゾンビ化するもののマユリによって蘇生措置が行われ、最終回には元気な姿で復帰していることがわかりました。

檜佐木との関係も101年前に拳西が虚から助けたのがきっかけだと過去編で描かれており、卍解習得の稽古をつけるなど目を掛けていることも話の筋で予想できます。

ただ、不憫なところが場面展開や演出の都合なのか存在が忘れられがちだという一点でしょう。

【完結済み】BLEACH
created by Rinker
黒崎一護・15歳・ユウレイの見える男。その特異な体質のわりに安穏とした日々を送っていた一護だが、突如、自らを死神と名乗る少女と遭遇、「虚」と呼ばれる悪霊に襲われる。次々と倒れる家族を前に一護は!?
>ねるBL

ねるBL

☆BL作品は最近立ち上げたばかりの姉妹サイトをご覧ください。