妓夫太郎の強すぎる血鬼術と梅毒による特殊な見た目について

遊郭編に登場する上弦の鬼でありながら、異彩を放つ妓夫太郎と堕姫兄妹。

  • 上弦の陸・妓夫太郎の正体
  • 先天性梅毒による不気味な見た目
  • 2人の兄弟愛
  • 妓夫太郎の最後はどうなった?
  • 過去がかわいそうな妓夫太郎と梅

今回は兄の妓夫太郎とはどんな人物なのか紹介します。

上弦の陸・妓夫太郎(ぎゅうたろう)の正体

妓夫太郎の画像

引用元:鬼滅の刃

  • 十二鬼月・上弦の陸
  • 堕姫の実の兄
  • 鎌を使った血鬼術

妹の堕姫と共に上弦の陸を与えられていますが実際は兄の妓夫太郎の称号であり、妹はオマケ程度ではありますが、下弦の鬼との実力差は圧倒的で兄の方はこれまでに柱を15人、妹は7人倒すという実績を持っています。

無惨からの評価も高く、妓夫太郎には「境遇と貪欲な性格を高く評価」とお気に入りであると示している一方で、堕姫は「頭悪い子供」と評価しています。

最愛の妹を存外に扱う無惨に怒りそうな妓夫太郎ですが、彼も堕姫は「頭が弱い」と言っているのでそこは共通認識のようです。

関連記事

遊郭編に登場する美しい花魁、実はその正体は上弦の鬼であり、陸の位を授けられた実力の持ち主だったのです。 堕姫の正体 血鬼術の帯は厄介? 梅という名前の由来 堕姫の最後 謝花兄妹について、読み方とキメツ学園で[…]

兄を呼ぶ梅

ただ、堕姫は素直で染まりやすい子であると兄は考えているので、何事も兄に頼りきりになっている点を見て、馬鹿であると言っているのだと考えられます。

妓夫太郎の体の痣は「先天性梅毒」によるもの

彼の顔や体にある黒いシミのような痣は先天性梅毒によるもので、母親から感染したものと考えられます。

ほとんどは死産になることが多いようですが、無事に生まれることができても何らかの障害を抱えることになるのです。

捻くれた思想の持ち主

見た目通りの性格をしていると言っても過言ではないほど、非常に陰険で残忍、また非常に嫉妬深いため、誰の幸せを壊したいと願うため誰にでも憎悪を向け、「奪われる前に奪い、取り立て、人にされて嫌だった事、苦しかった事は人にやって返す」と述べています。

善逸と対峙した際には、「人にされて嫌だったことはすべきじゃない」と善逸が諭すも、「自分が不幸だった分は幸せな奴から取立てねぇと取り返せねえ」「それが俺たちの生き方だからなあ」と返すほど捻くれた性格の持ち主なのです。

妓夫太郎という名前が示す彼の思想

妓夫太郎という名前には彼が執拗に「取り立て」という行為にこだわり続ける理由が込められているのです。

「妓夫(ぎゅう)」というのはある仕事の名前で、その仕事は遊郭における客の呼び込みや勘定の回収などを行う下働きの者たちを指す役職名であり、名前を付けて貰えなかった彼の呼び名として付けられたのが妓夫太郎という名前でした。

役職名をそのまま名前として付けられたのは彼だけであり、現在の役職で例えるなら「○○ 店長」という本名になるという異様な名付けなのです。

深い兄妹愛

歪んだ思想を持ちながらも2人の兄弟仲は本物のようで、妹を泣かせる者は決して許さず、また堕姫も美しくないものを嫌う性分でありながら、兄の事は強く慕っています。

相当な兄妹愛ではありますが、親からは見放され、助けてくれる大人もいなかったためお互いが「唯一の肉親」として大切にしあっているため当然の絆なのかもしれない。

関連記事

鬼滅の刃の遊郭編に登場する鬼でありながら、100年以上も上弦の陸としての地位を守り続けた実力の持ち主です。 上弦の陸の死亡!最後はどうなった? 上弦の陸との戦いは? 妓夫太郎と堕姫の最後は悲惨?童磨との関係は? […]

堕姫と妓夫太郎の二人は地獄へ向かう

こうした2人の繋がりも無惨にとっては意味のないものに見えたようで、遊郭編での負けた要因は妹にあると述べ、どちらも人である部分が多かったからこそ敗れたのだとしています。

血鬼術「血鎌」

自身の体内から鎌を生成し攻撃を繰り出します。

この能力は上弦の鬼の権能でもあり、上弦の壱の黒死牟(こくしぼう)の使う刀や上弦の弐の童磨(どうま)の使う扇なども、自分の血肉から作られたものなのです。

この鎌には猛毒の効果が付与されており、通常の鬼殺隊士であれば触れただけでも即死してしまう強さであり、毒耐性のある者でも早めに解毒剤を飲まなければ死んでしまうという最強の武器で、後述の血鬼術にはこの毒がすべてに付随します。

なお自身の性格上、毒を使うのは相手を苦しませるための一環として使うので、よくある正攻法を避けるような戦い方はせず、真正面から突っ込んで戦うスタイルをとっていました。

血鬼術:飛び血鎌(とびちがま)

飛び血鎌

引用元:鬼滅の刃

鎌から血の斬撃を飛ばす技。

自在に軌道を変えることができ、何かに当たって弾けるまで敵を追い続け、この斬撃に触れるだけでも毒に侵されてしまいます。

血鬼術:跋扈跳梁(ばっこちょうりょう)

跋扈跳梁

引用元:鬼滅の刃

血の斬撃で身を覆う防御技。

発動時間が早く、全方位への防御や至近距離の迎撃にも使えるため、劇中ではこれにより雛鶴の毒のクナイを防いでいます。

血鬼術:円斬旋回・飛び血鎌(えんざんせんかい・とびちがま)

円斬旋回・飛び血鎌

引用元:鬼滅の刃

飛び血鎌を自身の腕から螺旋状に直線の軌道で放つ技。

腕の振り、予備動作もなしのノーモーションで繰り出されるので、広範囲の斬撃を繰り出せるため、回避するのはほぼ不可能です。

最大出力ともなると、辺り一帯を更地にする程の破壊力を誇ります。

妓夫太郎の強すぎる血鬼術と梅毒による特殊な見た目のまとめ

  • 上弦の陸は兄の妓夫太郎の方
  • 血鬼術は鎌を使い、付与効果として猛毒が付いている
  • 妓夫太郎と堕姫は実の兄弟

炭治郎兄妹と妓夫太郎兄弟の対比関係が明確に現れたふたつの兄弟の物語であり、炭治郎兄弟もどこかで道を間違えれば鬼になっていたし、逆に妓夫太郎兄弟には助けてくれる人がいれば鬼にならずに済んだかもしれないという、真逆に位置にあるようで実は隣り合わせだったのです。

鬼としてやったことは許されることではありませんが、ずっと一緒に歩んでいて欲しいと思います。

鬼滅の刃 全巻
created by Rinker