【鬼滅の刃】童磨は琴葉が好きだったのにどうして食べたのか考察

上弦の弐である童磨は人間の姿で「万世極楽教の教祖」として信者の女性を喰うことで力を蓄えていました。

童磨が上弦の弐に成り上がることが出来たのもこれが大きな理由だと考えられます。

今回は、女性のみを好んで喰う童磨が共に暮らしていた琴葉を食べたのかどうかを調べて行きました。

関連記事

鬼滅の刃無限城での壮絶な戦いでは、沢山の柱たちが鬼に殺されてしまいますが、その中でも女性で直接鬼に殺されてしまったのが胡蝶しのぶ(こちょうしのぶ)です。 後に、甘露寺蜜璃(かんろじみつり)も命を落としますが、蜜璃の場合は鬼に直接殺され[…]

童磨が死んだことに安心し喜ぶ胡蝶しのぶ

嘴平琴葉は伊之助の母親だった

単行本第18巻第160話

引用元:鬼滅の刃

童磨と一緒に暮らしていた嘴平琴葉は鬼殺隊の嘴平伊之助の母親でした。

それが分かるのが単行本第18巻第160話「重なる面影・蘇る記憶」で、童磨がいる万世極楽教に駆け込んだ時は赤ちゃんだった伊之助を連れていたことも分かっています。

関連記事

鬼滅の刃に登場する鬼殺隊の1人であり主人公の竈門炭治郎と同期である嘴平伊之助(はしびらいのすけ)は、上半身は裸に頭は猪を被っているので素顔があまり出てこないキャラクターです。 初めて登場したときのインパクトに同じ鬼殺隊である炭治郎と善[…]

伊之助の登場シーン

その後、伊之助だけを崖から川へ投げ込んで助けて自分は童磨の犠牲になったのですが、なぜ琴葉が童磨の寺に逃げ込んだのでしょうか?

万世極楽教は悩める人の駆け込み寺

子供の頃から万世極楽教の教祖だった童磨

引用元:鬼滅の刃

童磨の寺は、童磨が作った万世極楽教は夫の暴力や居場所のない可哀そうな人を保護しているような施設だったのですが、本当のところは可哀そうな女性たちを保護して生活をさせていたのではなく、童磨が喰うために女性をストックする施設として活用していました。

万世極楽教に逃げ込んだ際の琴葉の様子

万世極楽教に逃げ込んできたときの琴葉

引用元:鬼滅の刃

童磨の寺に逃げ込んだ時の琴葉は、

  • 17~8歳くらい
  • 赤ちゃん(伊之助)を抱いていた
  • 夫に殴られたせいで片目を失明
  • 顔も原型が分からないくらい変形
  • 夫が伊之助にまで手をかけようとした
  • 日常的に夫から暴力を受け、姑からいじめを受けていた
  • 親も兄弟もおらず頼るところがなかった

かなりボロボロの状態で傷だらけの琴葉を童磨が手当てしてあげたことで綺麗な顔を取り戻し、その後一緒に暮らすことになりました。

琴葉を寺に置いたのは童磨が琴葉を好きだったから

童磨が琴葉を喰わなかった理由を語る

引用元:鬼滅の刃

もともと助けた時から琴葉のことを喰うつもりはなく、童磨は琴葉を寿命が尽きるまでは手元に置いておくつもりでした。

「心の綺麗な人が側にいると心地いいだろう?」という童磨でしたが、喜怒哀楽を表現しない童磨に「心地よい」という感覚を与えた琴葉は、余程心が綺麗だったのでしょう。

ただ、それが「好き」という感情だったかは最後まで分かりませんでした。

実際には胡蝶しのぶ(こちょうしのぶ)と死ぬ直前に対面した時に、初めて「これが恋というやつかなぁ」と言っていたほどだったので、琴葉と暮らしていた時は恋愛感情は無かったのかもしれませんね。

童磨が琴葉を食べた理由

信者を喰っていることが琴葉にバレて罵られる童磨

引用元:鬼滅の刃

琴葉は童磨が鬼だということを知らずに生活していましたが、ある時童磨が信者の女性を喰っていることを知ります。

童磨なりの理由を説明しても当然理解することは出来ずに童磨を罵り続け、とうとう寺院を飛び出してしまいました。

これに、童磨はまた自分でも知らず知らずショックを受けていたのではないでしょうか。

バレて罵られたらすぐに喰えばいいだけの話なのに喰わずに一生懸命に琴葉に説明し、理解してもらおうとしていたのですが、逃げた琴葉を追いかけ崖から伊之助を落としたところで童磨は琴葉を殺してしまいました。

「こんな所から落っことして助かるはずないのに、最後まで頭の悪い娘だなぁ」と涙を流す童磨は、伊之助への同情ではなく琴葉への思いが通じなかったことへの悲しさからだったのかもしれません。

童磨は琴葉を骨も残さずに食べた

琴葉を骨まで残さず喰ったという童磨

引用元:鬼滅の刃

童磨は琴葉を骨まで残さずに喰ってしまいました。

その理由は、

  • 家に戻っても旦那に殴られる
  • 一人じゃ何もできないから母子で野垂れ死ぬ

ということもありますが、喰ったものに対して「不幸だよねぇ琴葉。幸せな時ってあったのかな?何の意味もない人生だった」と回顧するところに、これまでただ「栄養補給」として喰っていた女性たちとは違う感情を持っているように感じます。

何より、伊之助に出会った時に琴葉のことを思い出したことが琴葉を特別視していた証拠でしょう。

これまで数えきれないほどの女性を喰ってきた童磨が顔を見ただけで記憶を蘇らせるほど印象に残っていた琴葉は、実質的に童磨の初恋の相手と言っても過言ではありません。

童磨にもほんの少しは人としての感情があったのではないでしょうか。

童磨が琴葉を食べたのか?考察結果のまとめ

  • 琴葉は童磨の寺院で暮らしていた
  • 心が綺麗な人を側に置くと心地良いから童磨が琴葉を寿命が尽きるまで置くことにした
  • 童磨が信者を喰っていることがバレたが理由を説明しても琴葉に理解してもらえなかった
  • 琴葉への恋愛感情を童磨自身は理解していなかったが初恋に近い感情を抱いていた
  • 琴葉への愛情から骨まで残さず喰ってしまった

童磨がもっと自分の感情をコントロール出来たり、喜怒哀楽を人間の時に少しでも感じることが出来ていれば、また琴葉が童磨の言うことを理解出来たら状況が変わっていたかもしれません。

生き延びることに執着する琴葉だったら生きる為、伊之助を守る為に妥協して童磨と暮らす道もあったかもしれませんが、皮肉にも心が綺麗だったことで許せなかったのでしょう。

今回紹介したエピソードは伊之助の生い立ちにも関連してくるのでぜひ映像化して欲しいですね。