灰と幻想のグリムガルの主要メンバー

灰と幻想のグリムガルの強さランキング!死なないことが強者である

  • チーとな能力がない
  • 武器や防具が恵まれているわけではない
  • 仲間に恵まれるとは限らない
  • 死んだらそれで終わり

と、ゲームではおおよそあり得ない設定、いや、このリアルな設定だからころ人気を集めている灰と幻想のグリムガル。

原作やアニメでも明確な強さについて触れられていないため、実際に誰が一番強いのか?については意見が分かれるところ。

そこで今回は独断で「灰と幻想のグリムガルの最強メンバー」について考えてみました。

灰と幻想のグリムガルの強さを決める前に

灰と幻想のグリムガルの主要メンバー
引用元:灰と幻想のグリムガル公式サイト

このランキングはアニメ1クール分とアニメの公式ページと自分の主観を織り交ぜて製作しているため、1つの考え方として見てください。

それと、登場人物がそこまで多くはない為、アニメに登場した義勇兵(一部の強者を除く)ランキングを付けていきたいと思いますが、ランキングに入る前にこの作品の独特な世界観について。

〜あらすじ〜

ある時目が覚めるとそこは真っ暗な塔の中、外へ出てみると目の前に広がるのは見たこともない世界“グリムガル”

11名の少年少女は元の世界の記憶は無く、所長であるブリトニーに義勇兵になり生き抜くことを勧められる。そして11名の中のハルヒロ、マナト、ユメ、シホル、モグゾー、ランタの6名でパーティーを作りこの世界を冒険し生き抜いていく…そんな物語りをどこまでも自然に描かれたです。

生き抜く為に必要な強さは単純な戦闘力ではない!?

この作品を通して作者は1つの大切なワードを訴えかけてきているように感じます。

「生きるって、簡単じゃない。」

他の異世界モノとは違い神様から人並外れた力があるわけでも無く死んでも平気というわけでもない、それがこの世界観。最近は多くの異世界モノがアニメ化していて、その多くはチート能力を持ちそれを活用し生き抜いたり、スローライフを送ったりと様々です。

最弱の魔物として出てくるゴブリン相手に1体複数でも手こずるなんて事はありませんよね?

でも考えて欲しい!

  • 異世界転生した途端命をそう簡単に奪えるようになるのか?
  • 小動物1匹殺した事もないそこのあなたは魔物だから…と割り切って簡単にその命を奪うことができますか?

きっとできないと思います。いや、出来ないからこそこのリアルな物語が多くのドラマを生んでいるのでしょう。

倒したコボルトの鼻飾りを丁寧に取っても、むしりとってもそこに違いはありません。けどそこに最低限の敬意を払おうとする主人公達、それは偽善なのかもしれないと分かっていてもそうしてしまう。それこそが主人公であるハルヒロ達の強さなんです。

灰と幻想のグリムガルの強さランキング!

さて、前置きはこのくらいにして、肝心の灰と幻想のグリムガルに登場するキャラクターの中でこいつが強い!と思うキャラを4位から発表していきます。

第4位 マナト

武器を構えるマナト
引用元:灰と幻想のグリムガル公式サイト

マナトが強うと思う理由

  • ハルヒロたちの中で最強であり精神的支柱
  • 神官でありながらサポートをしつつ近接での戦闘が可能
  • 冷静な判断力と引くときは引く決断力がある

ハルヒロ達パーティーのリーダーであり、ゴブリンの群れを相手に命を落としてしまう、このアニメをおいて最も重要なメンバーの1人。

すでに命を落としてしまっている以上ここからの成長は見込めないが、彼の死はハルヒロ達にとってとても大きな成長を促した事も含めみんなの拠り所であったことが窺える。

マナトはパーティーのバランスを考え神官になりサポートをしつつ近接での戦闘もできた。経験がとても浅い中冷静な判断力と引くときは引く決断力があることなど、まさにリーダーの素質そのものでしょう。

マナトがいなかったらパーティーとして動くことが難しかったと言っても過言では無く、とても扱いづらいであろうランタにも一目置かれていた存在でした。

マナトが生き続けていたら危ない橋を渡る事もなく順調に義勇兵の道を歩んでいたと思われる。これほどの逸材が4位止まりなのはやはり命を落としてしまったことに起因します。

第3位 レンジ

灰と幻想のグリムガルのレンジ
引用元:朝日放送テレビ

ハルヒロ達と一緒に転生して来たメンバーの1人で、所長のブリトニーにも最初から噛みつく強い殺気と戦闘力を兼ね備えていt、アニメ版でもすぐに義勇兵になる為の10シルバーを稼ぎハルヒロ達パーティーとの違いを見せつけていました。

あまりアニメ内では戦う姿は描かれていないのと、パーティーの雰囲気は淡々とダンジョンを攻略していく様子から、いずれパーティー内での争いや仲違いに繋がりかねない事からこのランキングになりました。単純な戦闘力だけで言えば11名のなかで間違いなくトップです。

灰と幻想のグリムガルでは生き抜くことこそ強さだとっているので、単純に戦闘力だけで生きているレンジは少し危険な存在と言えます。

第2位 ランタ

返り血を浴びて怯えるランタ
引用元:灰と幻想のグリムガル公式サイト

ハルヒロ達パーティの暗黒騎士。おそらく厨二心からその職を選んだ模様

彼は一見クラスに1人はいるノリが良すぎて少しKYになりがちな存在の人間で、馬鹿っぽいと思われがちですが実はとても頭が良く、マナトを失いリーダーになり自分の弱さに押しつぶされそうになるハルヒロに突き放しているようで背中を押す一言を投げかける大事な役割を担いました。

そして2位と言うレンジより高順位に付けたのには1つのシーンが原因。

それがデッドスポットから仲間を守るためにおとりになったシーンです。おそらくレンジでも1体1では勝てない相手。そんな相手に対しても怖じけずに仲間を引き離し、最後にそこから離脱までしたランタの悪運と生存本能は目を見張るものがあります。

なんだかんだ最後に身を守るのは運なのかもしれませんね。

第1位 ハルヒロ

ナイフを構えているハルヒロ
引用元:灰と幻想のグリムガル公式サイト

ハルヒロはクラスで言うならいつも眠そうにしていてクラスの端っこにいる空気のような存在。

そんな彼は師匠にオールドキャットと言う通り名をもらい盗賊になりました。

盗賊はRPGなどではあまり強くないように思われがちですが、熟練したパーティーではその存在はとても大きいとバルバラは言って、そしてハルヒロにはとても大きな可能性を秘めた力があります。

臨戦状態においてたまにゾーンの様な状態に入り敵がスローに見えるのと、ナイフの軌道が目に映し出され、それが出たら慌てず、自然にその線に沿ってナイフを流す事で相手を確実に殺せる。

これの凄いところはデッドスポットに対しても有効で、自分も意識を失いつつも、デッドスポットを倒す事が出来ました

バルバラも稀になると言っていたので、ハルヒロのその力の頻度はおそらく異世界転生の特典なのか、もしくは天性のものなのかは定かではありませんが、とても強力であることは間違いありません。

いつもマナトが言っていた「これは命のやり取り」と言うことを再確認し、より高みにハルヒロ達パーティーが登ること間違いなし。

まとめ

灰と幻想のグリムガルは異世界転生ものの中でもかなりガチな内容になっています。

  • 物凄い武器や防具がある
  • 一撃必殺の魔法がある
  • 信じられないほど身体能力が高い

などの一般的なRPGにあるようのもはこの世界には一切存在しません。だから単に力が強いからこの世界でも強いのではなく、最後まで生き残る能力や判断力を持った者こそが最強です。

そして、それは主人公だしハルヒロの力を考えると最強だとは思いますが、それでもあっさり死んでしまう危うさが灰と幻想のグリムガルの魅力なんですね。