【BLEACH】草鹿やちるの正体とは?剣八との関係や伏線について

千年血戦篇の剣八対ジェラルドの最中、グレミィ戦以降行方不明となっていた草鹿やちるが姿を現しました。

そこで今回は、

  1. 草鹿やちるの正体
  2. 草鹿やちるが剣八の斬魄刀だと言われる伏線
  3. 草鹿やちるが消える瞬間
  4. 草鹿やちるの最後やその後

以上を踏まえて、やちるについて解説していきたいと思います。

草鹿やちるの正体は更木剣八の斬魄刀「野晒」

突如剣八の眼前に現れた草鹿やちるが剣八に力の使い方と卍解を教えるシーン

引用元:BLEACH

  • 原作73巻669話

グレミィ戦以降行方不明となったやちるでしたが、原作73巻の剣八対ジェラルド戦の最中、剣八がジェラルドの攻撃に倒れてしまうと目の前に行方を眩ませていたやちるが突如姿を現すと意味深な言葉を投げ掛けるのです。

  • 「剣ちゃんがあたしを使えば剣ちゃんが斬れない奴なんていないんだから」
  • 「剣ちゃんなんにも知らないんだから」
  • 「その力の名前はね、卍解だよ」

以上の様に、再登場したやちるの台詞は全て剣八の力と斬魄刀に関するアドバイスばかりであり、更にはやちるが手を差し伸べると剣八の体中にかつてない霊圧の高ぶりが目覚め、剣八は卍解へと段階を上げる事ができました。

「あたしを使えば」とやちるの台詞にあるように、この段階でほぼほぼやちるが斬魄刀である事が分かると共に、卍解に到った剣八の腕が破裂した際に「剣ちゃんの力を解放しすぎちゃった」とやちるが謝っている事から、もはや完全に斬魄刀視点だと分かります。

そして何より確実なのは、やちるが剣八に話しかけている様子を近くに居る筈の白哉や冬獅郎が気にも留めていないどころか、ジェラルドさせ口出ししていない不自然な状況です。

したがって、この時点でのやちるは斬魄刀の具象化、即ち剣八にだけ見える状態で対話をしている事になるので、やちる=野晒となります。

関連記事

護廷十三隊の隊長としては異例の唯一始解もできない死神「更木剣八」ですが、最終決戦では始解から卍解まで一気に習得して大活躍を魅せてくれました。 今回は、 更木剣八の卍解は何巻で登場した? 更木剣八vsジェラルドはどう[…]

更木剣八が卍解した事で肌が赤黒く変色していく姿

やちるが「野晒」である伏線とは?

次にやちるの正体に関する作中の伏線を紹介したいと思います。

やちると剣八の出会い

  • 原作13巻114話

初めて剣八とやちるが出会った北流魂街79地区「草鹿」での回想では、まだ赤ん坊のやちるに対して剣八は「どこから来た」と問いかけていますが、やちるは剣八が持っている刀に触れるだけでした。

また、「刀だぞ、怖くねえのか」という質問に対してもさほど反応を見せていませんでしたが、これはやちるが赤ん坊だから喋れないという意図ではなく、やちるが剣八の斬魄刀だからこそ刀に触れており、やちる自身が斬魄刀の一部であるから怖くないという伏線だったと考察されています。

剣八とやちるは当時互いに名前が無い事を強調していますが、やちるに関しては始解の前提である名前を呼んでもらっていないから名前が無かったのでしょう。

剣八の始解と同時に消失

  • 原作64巻578~579話

千年血戦篇序章、剣八は卯ノ花烈との命懸けの斬り合いを経て漸く「野晒」の声が聞くことが出来ました。

そして、続く見えざる帝国の二度目の侵攻時にはグレミィと交戦する事で初めて始解を解放させていますが、その際、剣八の始解と同時にやちるの存在が死覇装と副官章を残して消失しているコマが描かれています。

また、グレミィ戦の前に剣八がやちるのピンチに駆け付けた時にも、普段なら真っ先に飛びつくやちるがただ無表情で剣八を見つめるだけに留めていたのは、剣八が卯ノ花との戦いで斬魄刀の名前を知った事を感じ取ったからではないでしょうか。

その為、剣八が始解の際に斬魄刀の名前を呼ぶと同時に二人が出会った時の回想が差し込まる演出があったと考えられます。

やちるの回想は矛盾しているのか

  • 原作13巻114話

やちるの正体が剣八の斬魄刀だと言う伏線は幾つか散りばめられていましたが、やちるの回想に関しては少し矛盾があるのではと議論されています。

やちるの回想では、やちるは剣八と出会う以前から北流魂街「草鹿」に存在していたような口ぶりで、赤ん坊だったやちるはいつ踏み殺されてもおかしくない環境と血以外の色を見た記憶がないと綴っているのです。

その後、剣八の回想通り二人はすぐに出会うのですが、やちるが剣八の斬魄刀ならば何故剣八と離れた場所に一人で居たのか不思議でなりません。

ただし、剣八がその場に訪れる以前はどの時期から存在していたのかは言及されていないので、やちるの言う「あたしには名もなく親もいなかった」「血以外の色を見た記憶がない」という意味が剣八が訪れた瞬間に顕現したのだとすれば整合性は取れます。

因みに、やちるの過去回想が終わった直後に、やちる本人が剣八に対してもっと強くなろう「二人で」と強調している事から、やちるの斬魄刀設定は初期から練り込まれていたと考えられるでしょう。

やちるが消える瞬間は小説で触れられている

やちるが消失した剣八対グレミィ戦、その背景に触れたのが小説「BLEACH WE DO knot ALWAYS LOVE YOU」であり、虎徹勇音の回想でした。

瀞霊廷の上空で熾烈な戦いを繰り広げる剣八とグレミィですが、地上にて勇音はグレミィにへし折られたやちるの両腕に霊圧治療を施しています。

しかし、治療が終わるや否や、やちるは勇音にお礼を述べた後に「あたし行くね!」と勇音が伸ばした腕をすりぬけて剣八の許へ駆け出すシーンが描かれているのです。

加えて「やっと……やっと剣ちゃんに呼んでもらえる……」という言葉を勇音が聞いたのを最後にやちるは消失しています。

草鹿やちるの名前の由来

  • 原作13巻114話

やちるの名前の由来が判明したのは剣八の回想シーンです。

やちるは剣八同様に名前を持たなかった事から、赤ん坊の頃にいた出身地である北流魂街79地区の「草鹿」を姓とし、名は剣八が唯一人こうありたいと願う人「卯ノ花八千流」からあやかった「やちる」をつけたものでした。

因みに八千流の由来は天下無数に在るあらゆる流派そしてあらゆる刃の流れは我が手にありと、尸魂界史上空前絶後の大悪人だった卯ノ花自らが付けた名前です。

草鹿やちるの最後とその後

  • 原作74巻685話

やちるがジェラルド戦で現れて以降、原作でやちるに触れられたのは霊王護神大戦から10年後を描く最終話手前の回です。

ルキアの十三番隊着任式が行われる一番隊舎に向かう筈が十一番隊は剣八を先頭にしていた為何故か十三番隊舎を目指しており、後続の一角は一番隊舎だと進言するのですが、剣八は「そもそも俺が道によく迷ってたのはやちるのせいだ」と言い放っています。

つまり、やちるの居ない今、剣八が道に迷う事は無いときっぱり宣言するのですが、結果的にはやちるが居ても居なくても迷子になっていました。

これらのやり取りから霊王護神大戦以降やちるが十一番隊の前に姿を現していない事が分かります。

 

護廷十三隊は除隊扱い

やちるは千年血戦篇で消失した為、霊王護神大戦後は行方不明となり護廷十三隊を除隊扱いされています。

↓千年血戦篇での護廷十三隊の構成メンバーの移り変わりについてはこちらからどうぞ。

剣八は斬魄刀に戻ったやちると会話ができる

小説「BLEACH Can't Fear Your Own World」にて、産絹彦禰と戦っていた剣八の許へ檜佐木が割り込むと、彦禰の相手は自分がやるから剣八は手を出さないほしいと願う場面があります。

檜佐木の発言は「お前の獲物を俺に寄越せ」と言っているのと同義であり、周囲にいた一角達は檜佐木が剣八に殺される事を覚悟する息を呑むのです。

檜佐木は続けて「彦禰が弱い」と付け足すと、剣八は遠回しに彦禰と戦っている自分が弱いと言われていると受け取り「…そいつは俺に喧嘩を売ってるって事でいいんだな?」と殺気を放つのですが、檜佐木は彦禰をこの場にいる誰よりも弱いとした上で『天下の剣八』の名前を引き合いに剣八が弱い奴をいたぶる真似は似合わないと説得しました。

そして本文にてその言葉を聞いた剣八は誰かに語り掛ける様に「…ああ、そうだな、やちる」と独り言を口にしたと綴られた事で、やちるが剣八の精神世界で存在している事が判明します。

恐らく、檜佐木の必死の訴えを聞き入れたのはやちるであり、頭に血が上った剣八を諫めたのだと考えられますが、やちるの存在が完全に消え失せた訳ではない事が本作品で分かったのです。

草鹿やちると「野晒」の公式回答

「BLEACH」連載20周年特別企画で始まった久保帯人先生の公式ファンクラブサイト『Klub Outside』、その中の質問コーナーで草鹿やちるの正体について公式に回答が出されました。

勿論、有料会員制なのでこちらに書き連ねる事は出来ませんが、野晒の具象化の容姿ややちると野晒の関係性について詳細が語られていますので、興味のある方は登録を一考しても損はないかも……?

久保帯人公式ファンクラブ『Klub Outside』

『BLEACH』連載20周年特別企画としてスタートした久保先生の公式ファンクラブ『Klub Outside』が、2022…

草鹿やちるの正体と伏線についてのまとめ

草鹿やちるは、特筆すべき戦闘描写も無ければ、出生や年齢なども全てが謎に包まれているキャラクターでしたが、千年血戦篇にてベールがはがされたのです。

その結果、

  1. 草鹿やちるの正体は更木剣八の斬魄刀「野晒」だったことが判明
  2. 伏線① 草鹿やちるは、剣八と出会った当初「どこから来た」の質問に対し剣八の斬魄刀に触れている
  3. 伏線② 草鹿やちるは、剣八が始解する際に「あたし行くね」と勇音の腕を振り切り「やっと剣ちゃんに呼んでもらえる」と発言している
  4. 伏線③ 草鹿やちるは、グレミィ戦で消失した後に再び剣八の下へ現れた際には卍解についてレクチャーしている
  5. 草鹿やちるは、斬魄刀「野晒」に戻った後は護廷十三隊から除隊扱い
  6. 草鹿やちるは、「野晒」の状態でも剣八とは会話可能
    以上の事が分かりました。

やちるがどうして死神の力を宿しているのか、また、なぜあの姿なのかについては公式ファンクラブサイト『Klub Outside』にて回答されています。

↓草鹿やちるの斬魄刀「三歩剣獣」や強さについてはこちら

関連記事

尸魂界篇、破面篇と戦う事が無かった草鹿やちるは千年血戦篇でついに戦闘する事となりました。 そこで今回は、 草鹿やちるの斬魄刀「三歩剣獣」 草鹿やちるの強さと戦闘シーン 草鹿やちるのプロフィール […]

斬魄刀「三歩剣獣」を解放した草鹿やちる

 

【完結済み】BLEACH
created by Rinker
黒崎一護・15歳・ユウレイの見える男。その特異な体質のわりに安穏とした日々を送っていた一護だが、突如、自らを死神と名乗る少女と遭遇、「虚」と呼ばれる悪霊に襲われる。次々と倒れる家族を前に一護は!?