【BLEACH】マスキュリンとジェイムズはどっちが本体?強すぎる描写と最後

滅却師なのにほぼプロレス技で完結している「マスク・ド・マスキュリン」は、付き人の「ジェイズム」を引きつれている謎多きキャラクターです。

そこで今回は、

  1. マスキュリンとジェイムズはどっちが本体なのか?
  2. マスキュリンの強すぎる戦闘描写と最後
  3. マスキュリンのプロフィールと能力

以上、マスキュリンの基本情報について紹介したいと思います。

マスク・ド・マスキュリンとジェイムズはどっちが本体?

マスキュリンの死亡を受けジェイムズが死んだと語るユーハバッハ

引用元:BLEACH

  • 原作63巻565話

恋次がマスキュリンを撃破した原作63巻、ユーハバッハはマスキュリンの死を察知して「ジェイムズが死んだか」と発言しています。

ユーハバッハが部下を賛辞の言葉を贈る何の変哲もないこのシーン、よくよく読み返せばマスキュリンではなく付人のジェイムズの名を呼んでいる事が分かりますが、何故ジェイムズに言及したのかと波紋を広げたのです。

その謎は解き明かされないまま完結を迎えたので、読者は思い思いに意見を交わしある程度の可能性を列挙するのですが、何れも憶測の域を出ず、マスキュリンとジェイムズのどっちが本体か問題は永遠に謎のままとなるのでした。

「ジェイムズが死んだか」の意味とは

上述で触れた通り読者の間で交わされた考察として以下が挙げられます。

  1. マスキュリンの本名がジェイムズであり、付き人はその名をマスキュリンから貸与されている
  2. ジェイムズが本体であり、マスキュリンは憧れのスーパースターを具現化した産物だった
  3. マスキュリンとジェイムズは一心同体、若しくはどちらかが生み出した分身

先ず①についてですが、マスキュリンが仮名だとして本名を付人につける意味がよく分からないのでこちらの線は薄いでしょう。

では②についてですが、ジェイムズが本体の場合、聖文字を与えられた事で「英雄」で理想のヒーローを具現化したという説は大いに有り得ると思います。

ただ、それだとジェイムズが殆ど無敵に近い生命力を持っている事に説明がつきませんし、「夢想家」を持つグレミィと重複する事になるので少し納得はいきませんよね。

最後に③についてですが、マスキュリン自身が「一心同体」と発言している事から二人はどちらかが生み出した分身若しくは分裂体であり、同じ人物という可能性は高いと考えられます。

その為、恋次との戦闘中も片方だけを倒してもすぐに復活する仕組みは納得できるのではないでしょうか。

飽くまで考察の域を出ないので真相は分かりませんが、作者の回答が待ち遠しいですね。

マスキュリンとジェイムズは一心同体だが…?

  • 原作63巻564話

作中でマスキュリン自身が「ワガハイとお前は一心同体」と名言している事から上述で挙げた③説が今の所濃厚ですが、飽くまでもどちらかが生存していれば復活できるといった趣旨である為、結局の所マスキュリンとジェイムズのどちらが本体なのかは分からないままです。

本編ではジェイムズが消滅してもマスキュリンが存在していればいずれ復活できるような供述でしたが、逆のパターンで、もしマスキュリンが消滅してもジェイムズが生存していれば時間をかけてマスキュリンが復活する可能性もあるのではと考えられています。

ただ「ワガハイが生きておればお前もいずれ蘇る」と言い放った直後に「我らは…」とマスキュリンの口から真相が語られそうな一コマがありましたが、マスキュリンがそこで口を紡いだ為に結局謎は解明されませんでした。

「我らは…」に続く言葉は一体何だったのか、今となってはマスキュリンとジェイムズの関係を知るには久保帯人先生から回答が出る事を待つ他ない状況なのです。

マスクドマスキュリンの強すぎる戦闘描写のエピソード一覧

マスキュリンは初登場時で既に恋次を一発KOするといった描写がある他、多くの隊長副隊長を通常形態で倒していました。

そんなマスキュリンの強すぎる戦闘を一覧にしたので見ていきたいと思います。

巻数 時系列と詳細 備考
原作56巻495話 阿散井恋次を強襲

初登場した瀞霊廷の一度目の侵攻時、マスキュリンは六番隊舎付近に降臨したのかエス・ノトと交戦する恋次に奇襲を仕掛けています。

しかし、白哉の奇策によって足場が崩落し一時離脱する事になります。

一時離脱
原作57巻502話 阿散井恋次を強襲②

白哉がエス・ノトに敗れた際に錯乱して攻撃を仕掛ける恋次でしたが、戦場に戻ってきたマスキュリンのドロップキックを受けて一撃でノックダウンします。

恋次を撃破
原作62巻559話 檜佐木・一角・弓親を襲撃

二度目の侵攻時、尸魂界に夜がやってくるとマスキュリンは戦場で息を潜めていた檜佐木・一角・弓親の3名が居る場所を襲撃します。

戦闘描写は省略していますが、ほぼ一方的に3名を瞬殺しており、恐らく意識を失うまでプロレス技でボコボコにしている様子が描かれていました。

檜佐木・一角・弓親を撃破
原作62巻560話 六車拳西と戦闘

檜佐木達がやられたすぐ後に六車と鳳橋が加勢に入り、マスキュリンは連戦する事になります。

はじめに六車と戦闘すると、早々に卍解した六車の攻撃力に膝をつくマスキュリンでしたが、ジェイムズの声援を受けるとパワーアップを果たし、六車の右腕をへし折った後に地面へ叩きつければ跳躍して腹部に膝蹴りを喰らわせ撃破するのでした。

六車を撃破
原作63巻561話 鳳橋楼十郎と戦闘

六車撃破後、マスキュリンはその影でジェイムズを手に掛けた鳳橋と戦う事になります。

鳳橋もまた早々に卍解を展開すると、聴覚を支配する事で生まれる幻覚攻撃を行いますが、何故か鳳橋自らこの幻覚能力が「音楽」にあると暴露し、マスキュリンは鼓膜を潰す事で能力を無効化させるのでした。

その後、マスキュリンの放った「スター・フラッシュ」に撃ち抜かれた鳳橋は胸に星形の風穴をあけて敗北します。

鳳橋を撃破

以上のように、マスキュリンは一度目の侵攻時には恋次を瞬殺し、二度目の侵攻時では5人の隊長副隊長を連続で打倒しています。

この圧倒的な描写がマスキュリンが強すぎる言われる由縁なのでしょう。

 

「どうやって戦えばいいんだ!」

原作56巻のエス・ノト&マスキュリン戦にて、白哉が卍解を掠奪された直後、恋次も卍解を展開しようとした所、白哉に「やめろ」と制されてしまいます。

白哉に続いて恋次の卍解までも奪われたら風向きは一気に変わってしまい敗戦は濃厚ですが、理屈は分かっていても星十字騎士団は卍解無くしては絶対に勝てない強者揃い。

そんな切羽詰まった状況で恋次が口にしたのは「どうやって戦えばいいんだ!」という、まさに全読者がその時感じていた心の叫びなのでした。

しかし、この一言はここまででかい顔をしていた恋次の態度だけに、原作終了後も長く続く読者の定番ネタとして引用されるとは思いもしなかったでしょう。

マスキュリンの最後

  • 原作63巻561話

マスキュリンの最後が描かれたのは原作63巻の阿散井恋次との戦いです。

連戦に次ぐ連戦で快勝をおさめたマスキュリンでしたが、鳳橋に止めを刺そうとした際、霊王宮から戻ってきた恋次によってその攻撃は弾かれる事となり、二人の戦いが幕を上げる事になります。

マスキュリンvs阿散井恋次 その①

  • 原作63巻562話

マスキュリンは一度目の侵攻時に「スター・ドロップキック」で恋次を戦闘不能に追いやっていますが、記憶には残っていない様子でした。

恋次を悪党と見定めやマスキュリンは「スター・ロケット・ヘッドバット」を繰り出しますが恋次はこれを難無く受け止めると、肘打ちで地面に叩きつけます。

しかし、マスキュリンは怒りを力に変換した「スター・殺人パンチ」を放ちますが、これも恋次に難無く受け止められた為「悪党風情がヒーローの拳を受け止めていいと思っておるのかああああ」憤慨し「殺殺殺殺殺……」と悍ましい掛け声と共に連続殺人パンチを繰り出すのです。

連続殺人パンチの猛襲をものともしない恋次は、マスキュリンが攻撃に夢中になっている隙に付き人のジェイムズを斬り刻んで撃破すると、卑怯な手口だと怒るマスキュリンに対して「悪党ってのは所詮卑怯なモンなんだよ」と悪人面を浮かべて腹部を斬り裂くのでした。

マスキュリンvs阿散井恋次 その②

  • 原作63巻563話

腹部を斬り裂かれたマスキュリンは腹筋に力を込めるだけで傷口を塞ぐと、死んだジェイムズに対してスターが悪党にやられるわけにはいかないと問いかければ、ジェイムズが返事しながらバラバラになった部位から小さなジェイムズが何人も登場しマスキュリンに声援を送るの奇妙な展開が始まります。

声援を受けたマスキュリンは筋肉の肥大化を促し衣服を破り捨てると真の力を解放し完全な覆面レスラーへパワーアップし、鼻歌まじりで一度目の侵攻で恋次と顔を合わせている事を思い出し、三下の悪役が強靭な悪党に成長した事に感嘆しスターの真の力を目にする事ができた事を光栄に思えと上から目線で言い放ちました。

真の力を解放した「スター・ラリアット」は凄まじい衝撃波を飛ばし恋次を建物事吹き飛ばすと、すかさず「スター・殺人パンチ」で畳み掛け、連続殺人パンチの暴風雨を受ける恋次は踏ん張る事も出来ずに攻撃を受け続けるのです。

そして仕上げに、完聖体に変身したマスキュリンは空高く上昇すると空中に五芒星を描き「スター・フラッシュ・スーパー・ノヴァ」を恋次のいる地上目掛けて撃ち込むのですが、心苦しくもジェイムズが巻き込まれて犠牲となりました。

マスキュリンvs阿散井恋次 その③

  • 原作63巻564話

圧倒的な暴力で恋次を畳みかけたマスキュリンの連続技でしたが、恋次は真の卍解「双王蛇尾丸」の装甲で攻撃を凌ぎ切っており、恋次の卍解姿を見据えたマスキュリンは即座にその危険度を警戒し「ワガハイの心は貴様を倒す正義の使命に今燃え尽きるほどに火を噴いておる」と闘志を振起させ飛び掛かります。

恋次は向かってくるマスキュリンを「狒狒王」の腕で迎え撃ち、マスキュリンの左腕を握力だけでへし折れば、マスキュリンは逆上してスターとしての体配を忘れたように「正義とか悪とかもう関係ねえ!ブチ殺す!」と憤怒の表情で暴言を吐き捨てるのです。

が、その刹那、恋次が懐に飛び込んでくると「オロチ王」の刃でマスキュリンの腹部を貫けば、恋次の必殺技「蛇牙鉄炮」をその身に受け一瞬の内に燃え尽き炭化するのでした。

関連記事

尸魂界編中盤から黒崎一護の仲間の一人として行動を共にする「阿散井恋次」ですが、習得した卍解が実は半分の力だと判明したことで、最終章で蛇尾丸の真の名前と卍解を知ることになりました。 そこで、 阿散井恋次の卍解は何話で登場し[…]

阿散井恋次のアイキャッチ画像

また、戦闘中に「燃え尽きるほど火を噴ておる」と息巻いていたマスキュリンですが、文字通り燃え尽きて絶命したマスキュリンに対し「本望だろ、スーパースター」と〆のセリフを吐き捨てる恋次は屈指の名シーンです。

マスク・ド・マスキュリンのプロフィール

恋次を蛇尾丸を毟って投げ捨てるマスキュリン

引用元:BLEACH

【名前】 マスク・ド・マスキュリン
【愛称】 ミスター
【一人称】 ワガハイ
【付人】 ジェイムズ
【聖文字】 S
【能力】 英雄ザ・スーパースター
【所属】 星十字騎士団
【初登場】 原作56巻
【声優】 間宮康弘

額に星のマークが特徴的なマスクを着用したレスラーのような筋骨隆々の滅却師で、凛々しい鼻髭を蓄え、チャンピオンベルトを腰に巻きつけた男性です。

セリフの節々にレスラー用語を交えるなど戦闘スタイルはプロレス技に特化している為、何故か滅却師の得意分野である「矢」は一切使用しませんでした。

飽くまで自身を正義、敵対者を悪党として扱う姿勢で、マスキュリンをヒーローのように祭り上げる付人のジェイムズの声援を受ける様子と、3カウントで敵を沈めるこだわりはプロレスショー宛らです。

関連記事

今回は総勢29名いる星十字騎士団のメンバーの中で誰が最強で有用なのかあくまでも主観による評価をランキング形式でまとめたものになります。 判定基準としては、 固有能力 貢献度(隊長格の撃破など) 脅威度(攻略が難し[…]

聖十字騎士団集合扉絵

マスキュリンの付き人「ジェイムズ」

バラバラになった肉体から生えてくる小さなジェイムズ

引用元:BLEACH

  • 原作63巻563話

スキンヘッドで丸縁のサングラスを掛けた団子鼻と、オーバーオールを着用した4頭身くらいの小柄な男性で、マスキュリンを「ミスター」と敬愛し常に声援を送っている謎の人物です。

戦闘力は皆無でありながら体を真っ二つに斬られようが細切れにされようが、一心同体であるマスキュリンが生きている限りジェイムズは何度でも再生します。

また、細切れにされた際にはバラバラになった肉片から小さなジェイムズが再生されるなど意味不明な生命力を見せつけました。

恐らく、このジェイムズの存在は読者の中でも解明したいBLEACHの謎の一つでしょう。

マスキュリンの能力「英雄ザ・スーパースター 」

マスキュリンの能力「英雄」と抽象的なものです。

しかし、能力は至ってシンプルであり、付き人のジェイムズの声援を受ける度にパワーアップや傷の回復を図る事が可能で、作中ではズタボロにやられる度に声援を受けパワーアップして立ち上がる他、自ら破った鼓膜の修復が可能だったりと、声援がマスキュリンの力となります。

マスキュリンの技一覧

技名 詳細
スター・ドロップキック

(原作57巻502話)

マスキュリンが繰り出す強力なドロップキックで、作中ではエス・ノトに激昂し斬りかかる恋次に不意打ちの形で使用し、一撃で戦闘不能にしました。
スター・イーグルキック

(原作63巻561話)

六車戦で使用したただの飛び膝蹴りで、鷲のように急加速したマスキュリンの膝が腹部目掛けて繰り出されます。
スター・ヘッドバット

(原作63巻561話)

六車戦で使用したただの頭突きで、スター・イーグルキックで怯んだ相手の頭を鷲掴み引き寄せた後豪快に額で頭突きをくらわせます。
スター・フラッシュ

(原作63巻561話)

マスクの星模様から高出力の五芒星のビームを放出することで相手を撃ち抜く謎の技です。

予備動作や霊子を溜める素振りもなく突如として繰り出されたビームは相手の意表を突き貫かれた部位は星型の風穴を空ける事になる恐ろしい威力でした。

スター・ロケット・ヘッドバット

(原作63巻562話)

マスキュリン自身が予備動作無くロケットのように頭頂部から相手へ向け飛んでいくスター・ヘッドバットの亜種で、威力はただのヘッドバットの数倍はあると思われます。

ただし、恋次に受け止められたため実際の威力は不明です。

スター・殺人パンチ

(原作63巻562話)

マスキュリンの怒りを買う事で拳に星の紋章が浮き上がり、悪をくじく選ばれしスターの殴打「スター・殺人パンチ」を繰り出す事が可能となり、撃ち込まれた衝撃は滅却師の紋章を描きます。

因みに、星の紋章が浮き出たマスキュリンのパンチの威力は通常の10倍らしく、曰くこれは正義の鉄槌であり、スター・殺人パンチを受けた悪は脳漿をブチ撒いて死ぬそうです。

ですが、恋次に軽々受け止められてしまい不発に終わったのでこれも実際の威力は不明となります。

※繰り出す際の掛け声は「殺(ころ)」でした。

スター・パワーアップ

(原作63巻563話)

スターが悪党にやられるわけにはいかない、そんなスーパースターの窮地にジェイムズの声援を受けることでエナジーが漲り、筋骨隆々だった筋力が更に肥大化し衣服を突き破りマスクとベルトを巻いたブリーフ姿に手足のグローブを纏った覆面レスラーへと変貌を遂げ、マスクの模様が変化します。

胸元に星型の体毛、そして黒い星型のステッカーのようなものを貼った乳首が露となり、より変態度が増していますが、この形態は滅却師完聖体ではなくただのパワーアップのようです。

ただ本人曰く1マイル離れた悪をも倒す真の力、人呼んで「ワン・マイル・アーツ」とのことですが最早理解が追い付きません。

スター・ラリアット

(原作63巻563話)

スター・パワーアップ後に使用するラリアットですが、霊子なのか波動なのか正体不明な出力を腕の振り下ろしと共に撃ち放ち、横薙ぎの衝撃波の様なもので広範囲を吹き飛ばす技です。

また、繰り出す際の掛け声は「星(せい)」でした。

マスキュリンの滅却師完聖体

マスキュリンの滅却師完聖体

引用元:BLEACH

  • 原作63巻563話

残念ながら完聖体の名称は不明ですが、大きな星型の光輪と裾に切れ目の入った翼、鎖骨部に洒落た小さな翼が生えた姿となり飛翔が可能になります。

握り拳を作った右手を進行方向に掲げた所謂ヒーローの飛び方を実演しており、ほぼ裸に近い覆面レスターの飛行姿はなかなかにシュールな光景となりました。

ただ一言添えるとしたら、こんな天使が居たら嫌だというのが率直な感想です。

マスキュリンの必殺技「スター・フラッシュ・スーパー・ノヴァ」

  • 原作63巻563話

完聖体状態で空を飛び回り五芒星を描くとその中心地で一旦停止し、手足を大の字に広げた格好から巨大な五芒星型の特大ビームで地上を焼き払うマスキュリン最大の必殺技です。

尚、声援を送っていたジェイムズはこの技に巻き込まれ蒸発してしまいました。

マスキュリンとジェイムズの本体や強すぎる描写のまとめ

滅却師というのに肉弾戦主体の覆面レスラーであるマスク・ド・マスキュリンですが、

  1. マスキュリンとジェイムズは一心同体だがどっちが本体かは明言されていない
  2. マスキュリンはジェイムズに向け「我らは…」と意味深な言葉を残している
  3. マスキュリンが滅却師の技を使用している描写は殆ど無い
  4. マスキュリンは一度目の侵攻で恋次を撃破し、二度目の侵攻で副隊長3人隊長2人を撃破している
  5. マスキュリンは二度目の侵攻で恋次の「蛇牙鉄炮」に撃ち抜かれて炭化して死亡した

以上の様に、滅却師でありながら肉弾戦主体、付人のジェイムズと一心同体と告げた後に意味深な事を発言など、多くの謎を残して退場しました。

特にマスキュリンが死亡した際にユーハバッハが「ジェイムズが死んだか」と発言している事の真意は連載終了した現在も判明していません。

とは言え、その謎も含めてマスキュリンの豪快な存在感が読者の記憶に焼き付く結果になったのは、もしかしたら敢えて正体を曖昧にしておくという思惑があったのかもしれませんね。

ただ、面白いキャラクターだったのですぐ退場したのは残念な所です。

↓星十字騎士団の生き残りや退場一覧はこちら

関連記事

今回は、星十字騎士団のメンバーと首魁であるユーハバッハの死亡経緯、そして千年血戦篇で生き残ったメンバーや現在の状況を簡単にまとめてみました。 キャラクターの生死や死亡経緯の詳細 現在の状況の詳細 以上を踏まえ聖文字のア[…]

星十字騎士団の生き残りアイキャッチ用画像
【完結済み】BLEACH
created by Rinker
黒崎一護・15歳・ユウレイの見える男。その特異な体質のわりに安穏とした日々を送っていた一護だが、突如、自らを死神と名乗る少女と遭遇、「虚」と呼ばれる悪霊に襲われる。次々と倒れる家族を前に一護は!?