【進撃の巨人】イケメンキャラランキングTOP5!リヴァイは何位に?

進撃の巨人に登場する男性キャラクターは各々の信念を貫き命を賭して戦う姿がすごくかっこいいですよね。

そこで今回は進撃の巨人のイケメンキャラをランキング形式で紹介していきたいと思います。

進撃の巨人イケメンキャラランキングTOP5

それでは早速進撃の巨人のに登場するイケメンキャラを見ていきましょう。

色々意見はあると思いますが、独断と偏見でイケメンキャラをまとめてみました。

第5位 エレン・イェーガー

地下牢を脱走した後、夕陽を浴びながらコートを羽織りフロックらと共にジークの元へ向かおうとするエレン

引用元:進撃の巨人

イケメンキャラランキング第5位は主人公エレン・イェーガーです。

エレンの魅力は何と言っても幼い頃から「自由」を追い求めてきた揺るぎない意志であり、その姿勢は敵が巨人から人間へと変わっててもブレることはありませんでした。

「自由」に固執するあまり壁外人類を皆殺しにしようとする残虐な一面も見せましたが、その真意は自らを犠牲にしてアルミンらを英雄にするためだったことが最終回で明らかになります。

世界から巨人を消し去るという大きな運命を背負わされることがなければ、エレンは誰よりも仲間思いで心優しい少年だったのではないでしょうか。

第4位 ファルコ・グライス

意を決した表情でライナーを真っ直ぐ見つめながら、鎧の巨人を継承するのは自分だと宣言するファルコ

引用元:進撃の巨人

イケメンキャラランキング第4位はマーレの戦士候補生ファルコ・グライスです。

初登場は物語終盤のマーレ編でしたが少ない登場回数の中でも数々の優しい振る舞いを見せてくれました。

  • 負傷兵であれば敵国兵であっても何も考えずに介抱する
  • 同期の候補生ガビを命がけで守り続ける
  • PTSDを負い話すこともできなくなった兵士に優しく語りかける
  • 「島の悪魔」と教えられてきたはずのパラディ島の人たちに全く偏見を持っていなかった

マーレの洗脳教育を受けたにもかかわらず敵味方関係なく誰に対しても優しく接しているところや、自分のことより他人のことを優先する姿勢は1人の人間として本当に尊敬します。

戦力面ではガビなど同期の候補生には劣っていましたが、天と地の戦いでは鳥の巨人の能力を発現させ様々な活躍を見せました。

関連記事

天と地の戦いではファルコが鳥の巨人になってみんなを助け出す場面が描かれていました。 ファルコはなぜ空を飛ぶことができたのでしょうか。 今回は、ファルコが鳥になった理由とファルコが見上げていた鳥の正体について解説して行きたいと思い[…]

鳥の巨人になって104期生を助け出したファルコ

第3位 エルヴィン・スミス

調査兵団への入団を決意しその場に残った兵士達に向かって、死ねと言われたら死ねるのかと問いかけるエルヴィン

引用元:進撃の巨人

イケメンキャラランキング第3位は調査兵団団長エルヴィン・スミスです。

物語序盤では謎めいた言葉を残したりと何を考えているか分からないという印象でしたが、連載が進んでいきエルヴィンの真意が分かると限られた情報からなぜそこまで先を読めるのかと本当に驚かされます。

またエルヴィンは洞察力だけではなく作戦立案力と判断力にも秀でており、人類のためであればどんなに非情な作戦あってもためらわず実行し調査兵団を導いてきました。

中盤では人類のためではなく自分のために戦っていたことが明らかになりますが最期には死んだ仲間に報いるため団長としての使命を全うし命を落とします。

エルヴィンが最期に遺した「戦う意味」を説いた演説は調査兵団の生き様を体現するような心が震える名言でした。

関連記事

エルヴィン・スミスは類まれな洞察力を活かしてエレンらを率いてきた、調査兵団に欠かすことのできない存在です。 そんなエルヴィンですが、ウォール・マリア奪還作戦の際にある衝撃的な理由により死亡してしまいます。 今回は、エルヴィンが死[…]

兵士達に、命を賭して戦う意味を説くエルヴィン

第2位 ジャン・キルシュタイン

エレンから巨人を継承すると申し出るジャン

引用元:進撃の巨人

イケメンキャラランキング第2位はジャン・キルシュタインです。

連載当初は臆病で自己中心的なイメージが強かったジャンですが、親友マルコの死に報いるため調査兵団に入団して以降はリーダー的存在となり見違えるような活躍を見せてきました。

  • 女型の巨人の奇襲に怯むことなく自らが犠牲になり撤退の時間を稼ごうとする
  • 重責を背負ったエレンを軽口を叩きながらも優しく気遣い励ましてきた
  • レベリオ襲撃の際は最新鋭の武器を持った敵に臆することなく指揮役として新兵達に的確な指示を出す
  • マルコ殺害を企てたのがライナーだと知り激怒するがその後の戦いを通じて心を通わせ最終的には再び仲間として受け入れる

仲間の死に報いるため戦い続けてきた漢気・指揮役としての頼もしさ・仲間を気遣う優しい一面・許しがたい過ちも受け入れ仲間と認めた懐の深さ。

ルックス面では馬面とネタにされるジャンですが、性格面では進撃の巨人の中でトップクラスにイケメンではないでしょうか。

関連記事

調査兵団に入団した104期生の中でリーダー的なポジションなのはジャンですね。 訓練生の頃は嫌味で自己中心的な言動が目立っていましたが、調査兵団入団以降は指揮役として様々な活躍を見せてきました。 今回は、そんなジャンのかっこいい場[…]

落下しそうになっているライナーの手を掴みながら、俺たちは仲間だとライナーを受け入れたジャン

第1位 リヴァイ・アッカーマン

幼い頃からの夢を叶えるか団長の使命を全うするかで迷うエルヴィンに対し、夢を諦めて死んでくれと語りかけ背中を押したリヴァイ

引用元:進撃の巨人

ランキング第1位はやはりこの方、兵士長のリヴァイ・アッカーマンです。

整った顔立ち・人類最強・常に冷静で落ち着いた振る舞い・実は仲間思いで優しい・意外に小柄で可愛いなど、まるで計算されたかのように完璧なイケメンキャラですね。

例を挙げるとキリがないので以下ではリヴァイの強さにスポットを当ててかっこいい戦闘シーンを厳選してみました。

  • 調査兵団を壊滅させた女型の巨人に対し硬質化を使うスキも与えない程のスピードで斬りつけたった1人で行動不能に追い込む
  • 対人型立体起動装置を装備した中央憲兵約10人の急襲を目にも止まらない程の立体起動の扱いで切り抜けた後、銃やイスなど周囲の物を的確に使用し全員を1人で蹴散らす
  • 獣の巨人との戦闘ではジークがどこを攻撃されたのか思考が追いつかない程のスピードで次々に斬りつけていきあっという間に勝利
  • 可愛がっていた部下30人がジークの叫びで一斉に巨人化した後、ためらうことなく瞬く間に全員を倒してジークに迫る

無垢の巨人・知性巨人・人間・敵が何であっても勝ち続けたまさに人類最強の男ですね。

進撃の巨人イケメンキャラランキングのまとめ

ランキングのまとめは以下の通りです。

  • 第1位:リヴァイ・アッカーマン
  • 第2位:ジャン・キルシュタイン
  • 第3位:エルヴィン・スミス
  • 第4位:ファルコ・グライス
  • 第5位:エレン・イェーガー

物語が始まった当初は幼さが残るメンバーも4年間の時を経て大人の魅力も高まり、作品本編よりもキャラクターを眺めているだけで癒される、そんな画も魅力的な進撃の巨人、今後もランキング形式の記事を随時更新していく予定ですのでご注目下さい。