【呪術廻戦】両面宿儺はアニメ何話で領域展開伏魔御廚子を発動する?

主人公の虎杖悠仁を器として復活の時を静かに待っており、また、呪術廻戦の中で最も恐れられている呪いの王こそが「両面宿儺」です。

普段は虎杖悠仁が宿儺の力を抑えていますが、過去に幾度も入れ替わりその強さを見せていました。

そこで今回は、両面宿儺がアニメ呪術廻戦で見せる領域展開について紹介していきます。

両面宿儺はアニメ何話に領域展開する?

宿儺が領域展開を始めて発動したのは、アニメ呪術廻戦のシーズン1第4話の胎戴天です。

アニメシーズン1の第4話で領域展開が発動するシーン

虎杖の体を乗っ取りポーズを決める宿儺

引用元:呪術廻戦

呪胎戴天は少年院にて突如発生した特級呪霊を虎杖、伏黒、釘崎が祓うため派遣されるというエピソードで、3人にとって初めての特級呪霊との相対でしたが、まったく歯が立ちませんでした

全滅することを避けたい虎杖は、宿儺へ一時的に身体を渡し特級呪霊を祓わせることを考え伏黒と釘崎を領域外に逃がします。

関連記事

アニメもジャンプ本誌も大きな盛り上がりを見せている呪術廻戦。 大人気の渋谷事変編もいよいよ結末を迎えそうな中で、主人公・虎杖悠二について注目の説が浮かび上がり、物語序盤から多くの謎を抱えていた虎杖の謎にまつわる考察は、作中で新たな事実[…]

虎杖に体を受け渡された宿儺は渋々特級呪霊と戦闘しますが、呪いの本質を理解していない特級呪霊と虎杖に呪いとは何たるか、また自分の格を見せつけるために領域展開を発動し、一瞬のうちに特級呪霊を祓いました

領域展開「伏魔御廚子」の読み方は

領域展開伏魔御廚子を発動する宿儺

引用元:呪術廻戦

領域展開は術者それぞれで名前が違い、宿儺の領域展開伏魔御廚子ふくまみづしと読みます。

伏魔とは字のまんま、魔王が封印されていると読めるでしょう。

また、中国の伝奇小説水滸伝に登場する伏魔殿は、魔王を封じ込めた建物として今も中国に存在しています。

御廚子は仏像・舎利・経巻を安置する仏具を敬った言葉のことです。

作者が描く領域展開の背景を見れば一目瞭然ですが、伏魔御廚子とは魔王が封印された仏具と捉えらることができます。

領域展開発動時の手の形

宿儺の領域展開の手は久字護身法に似ている

引用元:丑の刻呪術研究会

先に述べたように術師によって技名も違えば手の形も違い様々で、宿儺の伏魔御廚子の手の形は真似しやすいのが特徴ではないでしょうか。

伏魔御廚子は両手の中指と薬指と親指は立て合わせ、小指と人差し指は折り曲げた状態で第二関節の背の部分を合わせます。

この手の形はある印の形にとても似ているのですが、ご存じでしょうか?

それは、久字護身法(くじごしんぼう)という陰陽術などで使われる除災戦勝などを祈る作法です。

印には「臨・兵・闘・者・皆・陣・列・在・前」の9つがあり、宿儺の領域展開の印はこの中の闘の印にとても類似しています。

闘は外獅子印(げじしいん) と呼ばれており、闘と唱え、左右互いに中指・人差し指をからませて伏せ、親指・薬指、小指を立て合わせるものです。

あくまでも類似しているもので、作者が参考にしているかどうかは定かではありませんが、他の術師たちの領域展開にも「久字護身法(くじごしんぼう)」が類似している可能性もあるのでチェックすると面白いかもしれませんね。

領域展開時のセリフはどんなだったか

領域展開前に特級呪霊に話しかける宿儺

引用元:呪術廻戦

アニメ呪術廻戦のシーズン1第4話の呪胎戴天の際、特級呪霊さえも圧倒的な力でねじ伏せていた宿儺ですが、なぜ領域を展開したのでしょうか。

領域展開前の宿儺のセリフはお前もこの小僧も呪いの何たるかをまるで分っていないな、いい機会だ、教えてやる、本物の呪術というものを、領域展開、伏魔御廚子となります。

宿儺は呪いの王として、呪術とは何たるかを教えようとしたのでしょう。

だた、相手が弱すぎたせいもあり宿儺の領域展開の術中効果についてはっきりと描かれることはありませんでした

宿儺の領域展開もそうですが、呪術廻戦という作品は強いキャラクターが多く登場し、どのキャラクターも自分の技を出し惜しみせずバンバン出してくれるところが読者のワクワク感を盛り上げてくれますね。

宿儺の領域展開の効果

7枚卸にされる特級呪霊

引用元:呪術廻戦

アニメ呪術廻戦のシーズン1第4話の呪胎戴天の段階で推測される宿儺の領域効果としては、刃物などで相手を切り刻むことと考えられます。

これ以外の情報はこの段階では明かされておらず、宿儺の術式さえもよく分からないため、推測することが困難でしたが、呪いの王である宿儺は術式や領域展開の質、精度は相当なものでしょうし、現呪術界最強の五条悟も完全復活した宿儺にはかなり苦戦するのではないでしょうか。

本編ではすでに術式や領域展開の術中効果などが明かされており、納得の強さを見せる宿儺ですが、術式については更に謎は深まるばかりです。

物語が終話に向かうにつれて、両面宿儺が完全復活する場合虎杖はどうなるのか、また、完全復活した宿儺対五条悟の戦いが見れるのか期待してしまいますね。

関連記事

渋谷事変で偽夏油が五条悟の前に現れ特級呪物により封印されてしまい最悪な事態になりましたが、何故五条悟は封印されたのか、呪物は何を使ったのか、このタイミングでなぜ偽夏油は五条悟の前に現れたのか、夏油傑の目的は何か?と気になるところがあるのでは[…]

呪術廻戦特級呪物獄門彊に捕まり封印される五条悟

まとめ

アニメでは、宿儺の戦いを楽しんでいる様子がとても恐ろしく描かれていましたね。

領域展開のシーンもピンと張りつめた空気の領域は恐ろしくもあり、とてもかっこよく両面宿儺らしい描写です。

作者は否定していますが、両面宿儺は日本書紀に凶賊や豪族として登場しており、今回紹介した領域展開の印や技名など、伝奇や書記などから参考にしていると思われるものも多いため、今後こう言ったところも注目して読むと更に面白くなるのではないでしょうか。

宿儺の更なる活躍を楽しみにしたいですね。