【呪術廻戦】伏黒恵が使う術式と式神玉犬の種類と白の特徴

現在渋谷事変後の展開がますます加速している呪術廻戦ですが、そのキャラクターの中心人物の1人である伏黒恵が使う術式はご存じでしょうか?

伏黒恵は禪院家相伝の術式である「十種影法術」を使いさまざまな式神を召喚して呪いを祓っていきます。

今回その中でもはじめに与えられる犬型の式神で特に白という式神とはどんな式神なのか、そしてどうなっていったのかを詳しく見ていきましょう。

現在破壊されてしまったため白の活躍はありませんが、式神の玉犬とはどんな種類があり、役割があるのか、そして今の玉犬の形とはどんなものなのかを紹介していきます。

伏黒恵が使う式神の玉犬の白とその後継

伏黒に召喚される白

引用元:呪術廻戦 芥見下々

まずは玉犬などの式神を扱う術師伏黒恵について簡単に紹介していきます。

伏黒恵の年齢・誕生日・術式

険しい顔立ちの伏黒恵

引用元:呪術廻戦 芥見下々

伏黒恵は呪術高専東京校に通う1年生で主人公虎杖悠仁の仲間です。

  • 年齢:15歳
  • 誕生日:12月22日
  • 術式:十種影法術
  • 階級:2級術師(1級術師推薦中)
  • 趣味:読書
  • ストレス:人間

呪術界において御三家といわれている1つの禪院家の血筋であるが、父である甚爾が禪院家から出て伏黒となった為伏黒姓となっています。

しかし術式は禪院家相伝の術式を用いて式神使いとして活躍中で虎杖や釘崎とともに高専に通い、現在死滅回遊編にて虎杖、乙骨とともに姉である津美紀を救うために奔走中です。

関連記事

呪術廻戦には魅力的なキャラクターが多く登場しますが、その中でも飛び抜けて人気なのが呪術高専一年の伏黒恵。 虎杖に次ぐ主人公格である伏黒は、高専の一年生の中でも呪術師として一番長く活動しており、実力と才能を共に持ち合わせていることから読[…]

瀕死に追い込まれた伏黒恵が宿儺により反転術式の治癒を受ける

式神の玉犬とは

伏黒恵が使う式神の玉犬とは一体どんな存在なのかを見ていきましょう。

玉犬には名前(種類)がある

召喚される白と黒

引用元:呪術廻戦 芥見下々

式神は影を媒体として召喚することができ、全部で十の種類を持つことが可能となります。

ほとんどの式神は戦うなどして調伏をしてから召喚することとなりますが、初めに2体だけ与えられるものがあり、それが2体の玉犬です。

その2体の玉犬は「白」と「黒」という名前がついており、字のごとく白色の式神が「白」黒色の式神が「黒」になり、「白」の額には逆三角形「黒」には三角形の模様があって、嗅覚や探知の能力に優れていて敏捷性も備えている式神となります。

実際に白は少年院編で呪力探知用に召喚されており、伏黒が虎杖たちに呪霊が近づくと教えてくれると言っていました。

玉犬の渾

新しい式神渾の登場シーン

引用元:呪術廻戦 芥見下々

式神は一度完全に破壊されると二度と召喚されることがなく、白は少年院編にて特級呪霊により破壊されてしまうことになります。

これでもう出てくることが無いのかと思っていましたが、実は式神には能力を別の式神に引き継いで進化することができる事が分かりました。

コミックス6巻にて特級呪霊の花御との戦闘時に白の能力を受け継いだ黒が渾として進化して登場し、特級呪霊にも攻撃が届くほど強力となって復活を遂げることとなったのです。

白の後継として渾が誕生した瞬間は驚きと感動があったのを覚えています。

また、八十八橋編でモグラたたき系の呪霊やそこに出てきた特級呪霊と戦った時にも活躍しており、特級呪霊相手にも劣らない強さが光っていましたね。

見た目は犬型というよりオオカミのような風貌で体も白や黒に比べてかなり大きく、白と黒が混ざった体の色合いがとてもかっこよかったです。

玉犬を出す時の手の動き

手の影絵で映し出される玉犬

引用元:呪術廻戦 芥見下々

式神は影絵を使い召喚すると紹介してきましたが、玉犬も影絵を使い召喚をします。

その時に影絵を作る手がやはり一番分かりやすく犬の形になっており、伏黒恵にとって手のポーズは術式において非常に重要な役割を持っていてたのですが、はじめは特に手の動きを意識せずにコミックスやアニメを見ていました。

しかし、伏黒の事を知っていくうちに影絵を使う術師ということで再度見返していくと鳥や象、犬の方たちをちゃんとやっているなと気づき面白さが増したのです。

そう見ていくと白と黒を出す時の手と渾を出す時の手の角度が若干違うのは、わざと違いを出すためにかいているのでしょうか。

関連記事

呪術廻戦において虎杖に次ぐもう一人の主人公である伏黒恵は、御三家の血を引きその類い稀な呪術センスから呪術の極致「領域展開」すらも習得しており、これからの展開でも重要な位置を占めるであろう注目のキャラクターです。 今回の記事では、そんな[…]

呪術廻戦2巻表紙の伏黒恵

アニメで見る玉犬

虎杖と釘崎にかわいがられる白

引用元:呪術廻戦 芥見下々

初期で出てきたためアニメでもほぼ最初に出てくることとなった玉犬ですが、アニメで見ると影に包まれて出てくるところはかなりカッコよかったです。

ギャップがあったのは、少年院編で中に入る前に白が召喚されて虎杖たちにモフモフされている時の気持ちよさそうな毛並みや、硬い表情だけでなくかわいらしい犬の顔が見れたのはとても印象的。

また、渾が出てきた時は更に素早さや強さが目立ち花御に向かっているシーンや攻撃が効いたときは大きな驚きがありました。

それだけに白が破壊されてしまった時と渾が誕生するシーンの時に、白から血が流れていくシーンはアニメで見ると少しショッキングな映像で式神なのにかなりリアル描写になっています。

伏黒恵が使う玉犬の白のまとめ

伏黒恵が使う術式の式神は手で作る影絵動物を召喚し呪いを祓っていきます。

その中でも玉犬の白と黒は術師の初期に与えられる2体の式神で、虎杖の学校に友達を救出しに行く際にも一番最初にでてきて活躍していました。

残念ながら白は少年院編で特級呪霊に破壊されることとなってしまいましたが、その能力をもう一体の式神である黒に引き継ぎ渾として進化を遂げ特級呪霊にも劣らない強い式神となり活躍しています。

現在、よく出てくる鵺や渋谷事変編の魔虚羅などの強い式神に注目がいきがちですが、初期から活躍している玉犬にも再度スポットライトを当ててみてほしいです。