【オーバーロード】フロスト・ドラゴンの王オラサーダルクと強さと一族の末路

2022年夏放送予定のアニメオーバーロード第4期では、アインズが遂に世界最強の種族であるドラゴンの一種、フロスト・ドラゴンと対峙します。

そこで今回は、

  • フロスト・ドラゴンの王オラサーダルクの強さ
  • 残されたオラサーダルク一族のその後

以上、オラサーダルクの強さとアインズと出会った後のオラサーダルク一族のその後を見ていきましょう。

フロスト・ドラゴンの王オラサーダルクの強さ

オラサーダルクは原作11巻、ドワーフ編で登場しました。

世界でも最強の種族であるドラゴンの中でも更に強者のオラサーダルクの強さはどれ程なのでしょうか?

関連記事

オーバーロードでは原作11巻よりアインズがある目的の為にドワーフの国に訪れるのですが、ドワーフ国を訪れた理由やデミウルゴスの楔の意味など気になる点が多くありました。 そこで今回は、 デミウルゴスがドワーフ達に対して言った楔の[…]

アインズを見つめるデミウルゴス

オラサーダルクのプロフィール

オラサーダルクのプロフィール引用元:オーバーロード11巻

  • 本名:オラサーダルク=ヘイリリアル
  • 種族:異業種 フロスト・ドラゴン
  • 性別:雄
  • 年齢:不明だがかなりの年月を生きている
  • 性格:よく言えば誇り高く、悪く言えば傲慢
  • 好きな物:黄金や宝石などの財宝
  • 家族:妃3匹、子供15匹
  • 強さ:Lv.46

原作2巻のニニャとアインズの会話で存在が確認されていたフロスト・ドラゴン、そのフロスト・ドラゴンを束ね、王として君臨しているオラサーダルクは白き竜王という異名でドワーフやクアゴア達から恐れられていました。

世界最強の種族として誇りを持っているオラサーダルクはその誇り高い性格が仇となり、他種族を見下す傲慢な性格でもあります。

では、気になるオラサーダルクの強さはどれほどなのでしょうか?

オラサーダルクの強さ

世界最強の種族であるドラゴンの中でも更に強者として君臨するオラサーダルクの強さは、ンズ達や一部の例外を除いて世界の中ではかなりの強者だと思われます。

ドラゴンは成長するほど強くなるという特徴を持っている中で、オラサーダルクはその最高位まで到達しており彼が到達した段階以上の成長は無く、ドラゴンとしてのスペックもかなり高水準でしょう、

読者の間でオーバーロードの強さはリ・エス・ティーゼ王国で最強の戦士、ガゼフ・ストロノーフを基準にして見られることが多く、そのガゼフがLv.28ぐらいだと言われている中、オラサーダルクはLv.46なので単純なレベル差ではオラサーダルクの方が強いと考えられます。

オラサーダルクが死亡した理由

先ほど強者として紹介したオラサーダルクですが、実は作中ではその強さの片鱗すら見せることなく死亡してしまいます

原作11巻ではドワーフの元王都を奪還するために元王城跡に訪れたアインズと対峙したオラサーダルクは、アインズをスケルトンと侮り見下しますが、アインズが身につけていた装備品に目を惹かれ、装備品を置いていくようにアインズに命令したものの、アインズはもちろん渡すはずなどありません。

オラサーダルクの要求に対してアインズも言葉は、

「ふむ……これほどに愚かな相手と喋るのは苦痛だな」

引用元:オーバーロード11巻

これに怒ったオラサーダルクはアインズを殺そうとしましたが、その瞬間にアインズが心臓掌握<グラスプ・ハート>を唱えた為、オラサーダルクはその力を1つも見せることなく死亡しました。

残されたオラサーダルク一族のその後

オラサーダルクには3匹の妃と15匹の子供達がいますが、オラサーダルクの死後、彼の一族は一体どうなったのでしょうか?

ドラゴンは死体でも利用価値は高く、肉や牙そして皮や鱗など肉体のほとんどが様々な用途で使用できるため、アインズとしてみたらみすみす見逃すことは無いと思われますが、残されたフロスト・ドラゴン達のその後は意外なものでした。

1匹のドラゴンはアインズに歯向かい殺される

オラサーダルクが殺され、3匹の妃と15匹の子供はアインズの元へ集められひれ伏しますが、1匹のフロスト・ドラゴンは父親がアインズに殺されたことが信じられず、アインズに怒鳴り声を上げました。

アインズはそのフロスト・ドラゴンに対しかかってこいと挑発し、その挑発に乗ったフロスト・ドラゴンはアインズに対し鋭い爪で攻撃するもののアインズに簡単に受け止められた後に、父親と同じ心臓掌握<グラスプ・ハート>で死亡します。

その光景を見ていた他のフロスト・ドラゴン達は先程よりも深くひれ伏し、もはやアインズの力を疑う者はいませんでした。

オラサーダルク一族は空輪関係で活躍中

ドワーフの国での事件がひと段落した後のフロスト・ドラゴン達はその後、魔導国にて空輪関係で活躍中であり主に郵便配達で飛び回っています。

世界最強の種族が郵便配達員とは流石は魔導国ですね。

郵便配達とは別に原作11巻のエピローグでは、ルプスレギナがフロスト・ドラゴンに乗ってナザリックからカルネ村に来たと発言しているため、人の移動手段としても利用できるみたいです。

関連記事

オーバーロード11巻でドワーフの国に訪れたアインズはドワーフの王都を奪還する為にフロスト・ドラゴンと対峙する必要があることを知った際に彼の頭の中に、ある少女が思い浮かびます。 アインズが思い浮かべた少女とは一体誰なのでしょうか? […]

トロールの攻撃を受けるも平然としているアインズ

フロスト・ドラゴンの王オラサーダルクとその一族のまとめ

ポイント
  • オラサーダルクは世界の中ではかなり強者だったが、アインズ達にしてみたら雑魚であり瞬殺された。
  • オラサーダルクの一族はその後、ナザリックにて空輪関係で活躍している。

オラサーダルク含めフロスト・ドラゴンはアインズが物語の初期から警戒していたモンスターだったものの、いざ対峙してみるとあっけなかったですが、これは相手が悪すぎました。

フロスト・ドラゴンが登場するアニメ第4期は2022年7月放送予定なので久々にアインズ様の心臓掌握<グラスプ・ハート>が見れるのが楽しみです。

【最新刊】オーバーロード
created by Rinker
オンラインゲーム「ユグドラシル」サービス終了の夜、名残を惜しむためログインしていた主人公は異世界に飛ばされてしまう。見た目は骸骨!?最強で魔法使い!?おまけに悪役――!?カリスマ世界征服物語、開幕。