【オーバーロード】クアゴアはどんな種族?王リユロの強さ

2022年夏放送予定のアニメオーバーロード第4期の範囲でもある原作11巻では、クアゴアという種族が新たに登場しますがこのクアゴアという種族は一体どんな種族なのでしょうか?

そこで今回は、

  • クアゴアの特徴
  • クアゴアの王リユロの強さと犯した過ち

以上、クアゴアの特徴とそのクアゴア達の王であるリユロについて解説していきます。

クアゴアの特徴

原作11巻でアインズがドワーフの国に訪れた際に登場した新たな種族、クアゴアはどのような外見や特徴を持ち、戦闘力はアインズ達の脅威となり得るのでしょうか?

クアゴアはモグラのような種族

ドワーフと一緒のアゼルシア山脈に住むクアゴアは平均身長は140㎝、体重は70kg程で外見は二足歩行、モグラに近い見た目の亜人種であり基本は地底に暮らし、その体のほとんどは長い体毛に覆われ長い爪を持っています。

クアゴア達の持っている毛皮や爪は中途半端な武器より優れており、金属武器の攻撃を吸収する力も持っているなど身体能力は高いですが、その反面に自らで武器や防具は作ることはないので文明レベルとしては低く、どんなに良く見積もってもリザードマンレベルでしょう。

同じ土の種族のドワーフとは、見かけ合うと殺し合うほどの仲の悪さであり宿敵同士の関係です。

関連記事

オーバーロードでは原作11巻よりアインズがある目的の為にドワーフの国に訪れるのですが、ドワーフ国を訪れた理由やデミウルゴスの楔の意味など気になる点が多くありました。 そこで今回は、 デミウルゴスがドワーフ達に対して言った楔の[…]

アインズを見つめるデミウルゴス

クアゴアの珍しい体質

実はクアゴアは珍しい体質を持っており、それは毛色によって強さが違うということです。

強さは幼少期に食べた希少金属が多いほど上昇し、毛色が基本的に焦げ茶の順で体の強度や金属武器耐性の高さが違い、希少種であるクアゴアは更に能力の高い個体であり、中でも赤いクアゴア(レッドクアゴア)の体毛はオリハルコン並と世界の中ではそこそこ高い強度を誇るものの、アインズ達からしたら大したことはありません。

クアゴアの強さはアインズ達の脅威?

特殊な体質を持つクアゴア達はここが持つ身体能力は高いもののアインズ達の脅威にはなり得ません

例え、クアゴアが数万匹の束になってもまるで勝負にならないでしょう。

現に、原作11巻では6万のクアゴアがシャルティアに大虐殺され、数を1万までに減らされています。

クアゴアの王リユロの強さと犯した過ち

クアゴアの全氏族を束ねるリユロクアゴアの種族史上最高の王として、クアゴアの頂点に君臨しています。

では何故、リユロは史上最高の王と言われているのか、その理由を見ていきましょう。

リユロのプロフィールと強さ

オーバーロード11巻より、リユロのプロフィール引用元:オーバーロード11巻

  • 本名:ぺ・リユロ
  • 種族:亜人種 クアゴア
  • 年齢:不明
  • 性格:クアゴアの中では非常に賢く、優秀
  • 役職:クアゴアの全氏族をまとめる王
  • 強さ:Lv.38

リユロはすべてのクアゴアをまとめる王であり、それまで文明レベルが低く武力的な行動しかできなかったクアゴアの弱点を理解し様々な政策を用いることで一族の発展に繋げました。

彼がクアゴアの王である最大の理由は彼がクアゴアの中で唯一無二の絶対的な強者だからであり、その強さは全クアゴアを相手しても勝利する力を持ち、デスナイト以上のモンスターを倒したこともあることから、クアゴアという種族において圧倒的な実力者で世界の中でもアインズ達など例外を除いて強者の類に入るでしょう。

王として君臨している一方で、同じドワーフの元王都に巣食うフロスト・ドラゴンには服従していながらも、反撃のチャンスを常に伺っています。

関連記事

オーバーロード11巻でドワーフの国に訪れたアインズはドワーフの王都を奪還する為にフロスト・ドラゴンと対峙する必要があることを知った際に彼の頭の中に、ある少女が思い浮かびます。 アインズが思い浮かべた少女とは一体誰なのでしょうか? […]

トロールの攻撃を受けるも平然としているアインズ

リユロの犯した過ち

リユロが犯した過ちと言えば、一族をほぼ壊滅に追い込んでしまったことでしょう。

原作11巻でドワーフの攻略作戦を決行していた際に魔導国側から支配下に入るよう交渉を受けたリユロは、「魔導国に力があるのなら支配されてもいい」と伝えたつもりでしたが、このリユロの返答に対して魔導国は「クアゴアは素直には従わないと答えを出した」と判断し、シャルティアに6万以上いるクアゴア達を1万までに間引きさせ、強制的に支配するという手段に出ました

圧倒的な力でクアゴアを始末していくシャルティアに対して、リユロ含めクアゴア達は成す術もなく1万まで数を減らし魔導国に支配される道をたどります。

王としてクアゴアを束ねるリユロとしてはかなり難しい問題ではありましたが、もし彼が交渉の時に素直に「支配下に入ります」と言っていたらクアゴアが虐殺されることもなかったでしょう。

リユロはジルクニフの親友

原作13巻魔導国の圧倒的な力で支配されたリユロはその後の帝国の皇帝であるジルクニフと出会い、魔導国から支配されている同じ境遇の被害者同士として悲劇を分かち合った親友となりました。

その後はジルクニフと共に、今後も新しくできるであろう同胞を哀れんでいます。

オーバーロードのクアゴアとリユロのまとめ

クアゴア達は原作11巻までであれば、原作9巻のカッツェ平原の大虐殺の次に悲惨な目にあった被害者と言っても過言ではないでしょう。

多数のクアゴア達とシャルティアの戦闘シーン(とはいってもシャルティアの一方的な虐殺ですが)はアニメ4期で放送されることは確実であり、第2弾のPVにはその一部シーンが確認できました。

そのシーンを見ただけでも、かなりの迫力あるシーンだということが分かるので、ますますアニメ第4期が楽しみです。

【最新刊】オーバーロード
created by Rinker
オンラインゲーム「ユグドラシル」サービス終了の夜、名残を惜しむためログインしていた主人公は異世界に飛ばされてしまう。見た目は骸骨!?最強で魔法使い!?おまけに悪役――!?カリスマ世界征服物語、開幕。