【スパイファミリー】オルカ・グレッチャーは無事に亡命できたのか?

スパイファミリー第8巻から始まる豪クルーズ編では殺し屋から命を狙われるオルカ・グレッチャーという女性が亡命のためガーデンに護衛の依頼を出しました

なぜ彼女は命を狙わなければならなくなったのでしょうか?

そして亡命は成功したのか紹介します。

今回は、、、

  • オルカはどんな女性?
  • オルカはなぜ命を狙われる?
  • オルカの亡命の主な協力者
  • オルカの亡命は成功した?

以上4点、オルカの亡命が行く末についてまとめました。

オルカ・グレッチャーはどんな女性?

整形する前のオルカの写真引用元:SPY×FAMILY

オルカは東国(オスタニア)の裏社会を取りまとめてきたグレッチャーファミリーのボスの娘であり、見ず知らずの孤児にパンを分け与えてあげるなど、優しい一面を持っている女性です。

依頼が来た際にヨルがみた写真では黒髪にややつりあがった目をしており、オルカの父親と同じ名前のグラムという一人息子がいます。

オルカはクルーズに来た時とは顔が変わっていた

ヨルに微笑みかけるオルカ引用元:SPY×FAMILY

クルーズ船にてヨルがオルカに初めて顔を合わせた時には最初に確認していた写真の人物とはまるで違う人物でした。

黒かった髪は明るい色に染まっており、つりあがっていた目も少々たれ目気味に変わっているなど、命を狙わているため顔を整形したのでしょう。

オルカはなぜ命を狙われる?

裏社会に携わってきたオルカはなぜ命を狙われることになったのでしょうか?

そこには理不尽ではありますがヤクザ者の宿命のような理由がありました。

組織の内部抗争に巻き込まれる

自分の家族が死んだことを語るオルカ引用元:SPY×FAMILY

オルカが命を狙われるのは単純な理由で彼女が組織のボスの娘だからです。

グレッチャーファミリーで以前から内部抗争があり、それによりオルカの夫、家族は息子のグラムを残して全員殺されてしまいました。

夫家族を殺し組織を乗っ取った男にとって唯一生き残ったオルカは非常に邪魔な存在であるため、彼女に莫大な懸賞金をかけ国内外の多数のプロの殺し屋に狙わさせます。

オルカは自分に相続されるはずだった組織も遺産も捨て、ただ息子のグラムと静かに暮らすことを願い、自分の命を狙う殺し屋から逃げるべく顔を整形し海を渡って亡命をすることとなりました。

オルカの亡命の主な協力者

多数のプロの殺し屋から命を狙われるオルカが亡命を成功させるには一人では確実に失敗し殺されてしまうことになるので、オルカが亡命を成功させるためにガーデンはじめ協力者が必要となります。

そんな彼女に協力した主な協力者は誰なのでしょうか?

いばら姫(ヨル)

オルカの息子であるグラムを見つめるヨル引用元:SPY×FAMILY

1人目の協力者はいばら姫ことヨルです。

基本ヨルは殺し屋なので来るのは殺しの依頼なのですが今回は殺しの仕事ではなくオルカの護衛としてクルーズ船に乗り、オルカを狙うプロの殺し屋たちから彼女を守り抜きました。

やはり作中最強クラスの強さを誇るヨルの前には凄腕の殺し屋たちは束になっても敵わず、ヨルにほとんど殺されてしまいます。

関連記事

スパイファミリーにてロイドの妻でありアーニャの母親でもあるヨル。 ロイドとはお互いの利益のため偽装結婚をしました。 では偽装結婚をすることで彼女にはどのような利益があるのでしょうか? 今回は・・・ ヨルのプロフィ[…]

3巻表紙の武器を持ち座るヨル

マシュー・マクマホン

敵の力を見定め格下と判断するマシュー引用元:SPY×FAMILY

2人目の協力者はガーデン所属のマシュー・マクマホンです。

マシューはガーデンと表家業として働いているバーリント市役所でどちらともヨルの上司であり、今回のオルカ護衛任務の統括を任されています。

個人としての戦闘力はヨルに劣りますが、ヨルの戦闘を援護し彼女が倒した敵の後始末などサポート面で活躍を見せました。

関連記事

スパイファミリーの作品内では様々なキャラクターが登場しますが、今回はその中でも筆者の個人的なスパイファミリー強さランキングベスト10を作ってみました。 ランキングの基準は単純な力の強さだけではなく知能やキャラクターごとの特殊能力、活躍[…]

煙に紛れる黄昏

ゼブ

オルカを見てほほ笑むゼブ引用元:SPY×FAMILY

ゼブは元々グレッチャーファミリーに所属していましたが、組織が乗っ取られた際にオルカと共に組織から逃亡しました。

クルーズ船ではオルカをも守るべく彼女の身代わりとなって敵の銃弾を背中に受けるなど勇敢な姿を見せています。

ゼブはそのまま組織に残ることもできたのですが、なぜ危険な目に遭ってまでオルカと共に組織を抜け出したのでしょうか?

その理由2つあり、ゼブは戦後の食べ物もほとんどない幼少時に死にかけていた際にオルカに助けられ、その後グレッチャーファミリーに入り恩を返すため彼女と先代ボスに忠誠を誓っているので恩返しの対象がいない組織にいても意味がないという理由ともう1つはオルカに惚れているからでした。

船内でのゼブの反応を見る限り、恩を仇で返したくないというのも本心でしょうが、ゼブが組織を抜けた大きな理由は惚れた女のためでしょう。

協力者のおかげでオルカの亡命は成功

ガーデンや身をていして自分を守ってくれるゼブのおかげでオルカは亡命することができました

彼女はクルーズから小型ボートに乗り込む直前、ヨルにグラムを抱かせ感謝を伝えると共にヨルの人生が幸せになるようにと願い、ゼブと共にクルーズ船を後にします。

オルカの人物像と亡命の行方のまとめ

凄腕の殺し屋たちに狙われながらも無事亡命を成功させたオルカですが、今後はグラムと一緒に静かで幸せな日々を送れると良いです。

もしかしたら亡命した先でゼブと幸せな家庭を気付いてるかもしれませんね。

【最新刊】スパイファミリー
created by Rinker
「このマンガがすごい!2020」オトコ編1位。「マンガ大賞2021」10位。赤の他人だったスパイの男、殺し屋の女、超能力者の少女が「家族としての普通の日常」を奮闘するホームコメディ。