【進撃の巨人】ライナーは雷槍で死亡したのか?その後はどうなった?

ライナーは104期生の中で兄貴分的な存在でしたが、物語中盤でその正体が鎧の巨人だと判明し、数ヵ月後調査兵団との決戦を迎えました。

今回はシガンシナ区決戦でライナーが死亡したのか、その後はどうなったのかについて紹介していきたいと思います。

ライナーは死亡せずその後は仲間になった

ライナーはシガンシナ区決戦で瀕死の重傷を負いますが死亡しておらず、地ならし発動後にアルミン達の仲間になりました。

ライナー・ブラウンの年齢・誕生日・身長・体重

エレン達に正体を知られ巨人化しようとするライナー

引用元:進撃の巨人

  • 年齢:17歳(連載当初)→21歳(マーレ編)
  • 誕生日:8月1日
  • 身長:185cm(連載当初)→(マーレ編)
  • 体重:95kg(連載当初)→83kg(マーレ編)
  • 声優:細谷佳正
  • 巨人名:鎧の巨人
  • 好きな人:ヒストリア

「始祖奪還計画」のためパラディ島に潜入し訓練兵団に入団しますが、大勢の人を殺した罪悪感や仲間を裏切っている後ろめたさから精神を病んでしまい物語中盤で自ら正体を告白。

雷槍を打ち込まれ頭を吹き飛ばされるが巨人の力を使い生き残る

雷槍をうなじ部分に打ち込まれ頭部が吹き飛ばされたライナー

引用元:進撃の巨人

鎧の巨人は全身が硬質化で覆われているため刃を通すことは不可能かと思われましたが、「雷槍」をうなじ部分に集中的に打ち込まれたことで硬質化が剥がされてしまい、そして続けざまに雷槍による追撃を受けたことでライナーの頭部は粉々に吹き飛ばされてしまいました。

これによりライナーは死亡したかと思われましたが、その直後雄叫びを上げてベルトルトに助けを求めます。

なんとライナーは雷槍の攻撃を受ける直前、「脳の神経を全身の神経網に移す」という巨人の力を使い即死を免れたのです。

頭を吹き飛ばしても死なないなんて・・・巨人の力の底知れなさを思い知らされ調査兵団に絶望を与えた衝撃的なシーンですね。

ハンジに首を切断されそうになるが車力の巨人(ピーク)に救出される

手足をもがれ目隠しをされたままハンジに首を切断されそうになるライナー

引用元:進撃の巨人

損傷した身体を修復したライナーは再び104期生と対峙しますが、またしても雷槍の攻撃を受け巨人の身体から人間部分を引きずり出されてしまいます。

巨人化できないよう手足をもがれたライナーはハンジに首を切断されそうになりますが、寸前のところで車力の巨人(ピーク)に助けられ生き残ることができました。

ベルトルトを失うなど大きな損害を受け調査兵団に敗北したライナー達はマーレへと撤退を余儀なくされます。

その後マーレに帰還したライナーは罪悪感から銃で自殺未遂

パラディ島で過ごした日々を思い返しながら銃で頭を撃ち抜いて自殺しようとするライナー

引用元:進撃の巨人

シガンシナ区決戦を生き延びマーレに帰還したライナーでしたが、大勢の人を殺した罪悪感や自分の罪を誰にも打ち明けられない息苦しさから精神的に追い詰められていきました。

関連記事

ライナーはパラディ島からマーレに退却してから3年後、銃を口に咥え自殺未遂に及びました。死にたくなる程追い詰められていたのはなぜでしょうか。 ライナーの生立ちと壁内潜入前後の経緯から、ライナーの苦悩について考察して行きたいと思います。 […]

ライフルを口に咥え喉を打ち抜こうとするライナー

極限まで追い詰められたライナーはマーレ帰還から3年後自殺未遂に及びますが、姪のガビと後輩のファルコの今後を見届けなければという思いから寸前のところで思い留まります。

地ならし発動後アルミン達の仲間になる

その1ヵ月後ライナーは地ならし発動を阻止するためマーレ軍と共にパラディ島に乗り込みますが、結局はエレンを止めることができませんでした。

その後地ならしを止めるため104期生と共闘することに

寝込んでいなライナーの元を訪れ、共闘を持ちかける104期生達

引用元:進撃の巨人

こうなってはもうどうしようもないと落胆するライナーの元にアルミン達104期生が訪れ、アルミン達はパラディ島が助かるためであっても人類虐殺を望んでおらず、目的が共通するライナーに共闘を持ちかけたのです。

アルミン達の説得を受けたライナーは104期生と共にエレンを止めようと決意するのでした。

ジャン達104期生と和解

立体機動装置が壊れ落下しそうになるライナーと、ライナーに俺たちは仲間だと言葉をかけるジャン

引用元:進撃の巨人

ライナーとアルミン達はエレンとの決戦を前に心を一つにするため4年ぶりに食卓を共にしますが、修復しかけていた両者の関係にヒビが入るような許しがたい事実が発覚してしまいます。

それはトロスト区襲撃で殉職したマルコの死の真相であり、ライナーが中心となって口封じのため殺害したと知ったジャンは激怒しライナーの顔面をボコボコに殴りつけるのでした。

マルコへの仕打ちやトロスト区で食い殺された104期生のことを考えればジャン達との和解は不可能かと思われましたが、地ならしを止めるため共闘する中で次第に心を通わせていき、最終的にはジャンもライナーを再び仲間として受け入れます。

関連記事

原作は既に完結した進撃の巨人ですが、アニメでは今後地ならしが発動し、ストーリーも大詰めへと向かっていて、エレンはこのまま世界の人類を滅ぼしてしまうのでしょうか? アルミン達が考える地ならしを止める方法はうまく成功するのでしょうか? […]

エレンが始祖の巨人になり壁がくずれ大型巨人があらわれる

アルミン達と共にエレンに勝利したライナーは世界を救った英雄となり、最終回ではジャン達と昔のように冗談を言い合う微笑ましい姿が描かれていました。

ライナーは雷槍で死亡したのか?その後はどうなった?のまとめ

ライナーはシガンシナ区決戦で何度も命の危機に陥ったが死亡しておらず、地ならし発動後はアルミン達の仲間になりました。

マーレに帰ってからは自殺未遂に及ぶほど追い詰められていたライナーですが、最終回ではジャン達と昔のような関係に戻ることができたようで本当に良かったです。

他のキャラクターの生死やその後が気になるという方のために、今後も随時関連記事を挙げていきますのでご注目ください。