【呪術廻戦】人気キャラクターランキング!投票第1位の栄冠は誰の手に?

今回は、連載3周年を記念し、第2回キャラクター人気投票が行われ更に盛り上がりを見せる呪術廻戦の過去に行われた人気投票の順位発表と個人的なランキングを紹介していきたいと思います。

人気キャラクターランキング

まずは、連載当初に行われた最速の人気ランキングをご紹介しましょう。

最速キャラクター人気投票

最速ランキング1位に輝く五条悟

引用元:呪術廻戦

  • 1位:五条悟
  • 2位:虎杖悠仁
  • 3位:狗巻棘
  • 4位:伏黒恵
  • 5位:パンダ

6位は乙骨憂太、7位は七海健斗、8位は両面宿儺、9位は釘崎野薔薇、10位は禪院真希という並びになりました。

最速キャラクター人気投票は2018年に行われたジャンプフェスタにて実施され、1位の五条は芥見先生がイラストを描き下ろしています。

第1回キャラクター人気投票

第1回で上位3位になった虎杖、伏黒、五条

引用元:呪術廻戦

  • 1位:虎杖悠仁
  • 2位:伏黒恵
  • 3位:五条悟
  • 4位:狗巻棘
  • 5位:七海健斗

第1回キャラクター人気投票は2019年に行われ、総投票数163,066票を集めました。

そして、1位に輝いたのは作品の主人公である虎杖悠仁で、最速投票で1位だった五条は3位に陥落しています。

やはり主人公が1位になるのはとても嬉しいことですし、過酷な運命を歩む虎杖悠仁がこうして人気を集めるのには、応援したくなる素直さや人柄の良さがあるのではないでしょうか。

強くなることに貪欲であり、闘うたびに強くなっていく虎杖はやはり主人公らしい主人公だなと感じます。

そして第2位の伏黒恵は、禪院家の相伝術式である十種影法術を扱い、とても優秀な呪術師です。

普段のクールで多くを語らない伏黒ですが、とても仲間思いで、自分の存在が周りの人たちを傷つけると高専関係者との接触を避ける虎杖に素直に気持ちを伝える姿がとても印象的でした。

第2回のランキングでは、主人公の虎杖が1位を守るのか、それとも波乱の展開があるのかとても楽しみですね。

一押しキャラクターランキング

第2回のランキング投票が行われていることもあり、ここでは私の独断と偏見のランキングを発表します。

第1位 伏黒甚爾

五条悟に挑むときの禪院甚爾

引用元:呪術廻戦

1位は伏黒甚爾です。

伏黒甚爾は、天与呪縛により呪力を一切持たずに生まれその代わり圧倒的な肉体の強さ(フィジカルギフテッド)を手に入れました。

甚爾は呪術界においてエリートである禪院家で生まれましたが、呪力を持たない甚爾は家族から酷い扱いを受けます。

呪霊がうようよする中に放られたりということもありましたが、そのおかげで呪霊に対する耐性ができ、格納型呪霊との主従関係を築くことができるようになりました。

決して恵まれた環境ではありませんでしたが、天与呪縛にて獲得したフィジカルギフテッドの完成形は並みの術師以上の力を持ち、一度は五条に勝つほど強力な力を持っていたことが分かります。

死に際は悲しい結末ではありましたが、渋谷事変にて再度登場したのはかなり衝撃でしたし、やはり圧倒的な強さだと再認識しました。

また、恵の名付け親である甚爾ですが、恵ママが死んでからすっかりクズに戻り恵のこともほったらかしでしたが、恵ママから「恵をお願いね」と頼まれたことと、恵が完全に呪力を持っていることを確信していたため、禪院直毘人に術式の有無がはっきりしたら恵を禪院家に売り出すと発言しています。

結果、五条の計らいで禪院家には引き取られなかった恵に対し、オガミ婆の術式で現世に降ろされた甚爾は、恵に名前を問いただ一言「よかったな」と放ち自害したのでした。

甚爾が再度登場することは考えにくいですが(回想シーン以外で)、フィジカルギフテッドの完成形にたどり着いた真希が活躍することで、甚爾の強さを再認識することになるでしょう。

関連記事

今冬に映画化が決まり益々盛り上がる呪術廻戦ですが、その中でも見所はやはり呪術師の技の極意とも言える領域展開ではないでしょうか。 今回はそんな領域展開の最強ランキングを独断と偏見で紹介していきます。 領域展開最強ランキング 第150[…]

渋谷事変にて無量空処を発動する五条悟

第2位 虎杖悠仁

戦闘開始する前の虎杖悠仁

引用元:呪術廻戦

2位は虎杖悠仁です。

やはり、主人公はどうしても応援したくなるものですよね。

虎杖悠仁は、つい最近まで呪霊すら見えない、知らない状況からある日を境に呪いの王両面宿儺の器として生きることになります。

虎杖は伏黒やパンダが発言しているようにとてつもなく善人で根明な人間のため、呪術界においては珍しいタイプなのではないでしょうか。

ただ、両面宿儺とともにいることは爆発寸前の爆弾を抱えているようなもので、身体を乗っ取られたときは人間を簡単に殺してしまうため、自分の存在が周りの人間にとって恐ろしく排除したい存在なのだと実感していきます。

虎杖は生得術式を持っていませんが、五条曰くいつか宿儺の術式が刻まれるようになるそうで、読者の間では人の記憶をすり替えるものなのではないかと考察されていました。

理由は、東堂、脹相が体験した「存在しない記憶」という描写が描かれていたためです。

虎杖と対象者が会話をする中で、対象者がその時一番欲しい回答を虎杖が返答した時に発動するのではないかなど様々な考察がされていました。

しかし、FODにて配信されている漫道コバヤシに呪術廻戦作者の芥見先生が出演された際に、虎杖の術式について前述の考察がされていることをケンドーコバヤシが明かしたところ、虎杖の術式ではないとはっきり断言しています。

芥見先生もあまり考えて描いておらず、知り合いの漫画家さんから考察と同じ指摘を受け気づいたとの発言しており、虎杖の術式については、振り出しに戻ったという感じでしょうか。

どんどん大人びて、強くなっていく虎杖を今後も応援していきたいですね。

第3位 五条悟

大丈夫僕最強だからと発言する五条悟

引用元:呪術廻戦

3位は五条悟です。

呪術界最強というとんでもないチートキャラで、その甘いルックスで話題の五条は、普段はとてもお茶らけているように見えますが、実は一番闇が深いのではないかと思います。

学生時代、親友としてともに過ごした夏油が呪詛師となり、渋谷事変にて五条の手で最後は瀕死の夏油にとどめを刺したのです。

夏油は、「この世界では、俺は心の底から笑えなかった」と発言し、それに対し五条は、「僕の親友だよ、たった一人のね」と伝え、夏油はびっくりした表情を見せますが、最後は嬉しそうな顔をして最後くらい呪いの言葉を吐けよと残しこの世を去りました。

自分だけが最強ではダメなんだと語る五条は、伏黒恵に対して「強くなってよ、僕に置いて行かれないくらいに」と発言していることから、夏油の死を今でも深く受け止めていることが感じられます。

渋谷事変編から獄門彊に封印されており、次に登場するのはいつになるのか気になるところではありますが、夏油扮する羂索が「おやすみ五条悟、新しい世界でまた会おう」と発言していることから、獄門彊の封印が解かれ再登場するフラグは立っているのではないでしょうか。

人気キャラクターランキングのまとめ

今回は、最速、第1回と個人的なランキングをご紹介しました。

  • 最速ランキング第1位:五条悟
  • 第1回ランキング第1位:虎杖悠仁
  • 個人的ランキングだい:伏黒甚爾

現在第2回キャラクターランキングが行われていますが、誰が1位に輝くのでしょうか。

虎杖が前回に続き2冠を取るのか、それとも五条が1位に返り咲くのか、はたまた別のキャラクターが1位を獲得するのか、結果がとても気になりますね。