【呪術廻戦】呪術界最強!五条悟が発動する領域展開無量空処とは!?

今回は、物語の中でも大人気キャラクターである五条悟の領域展開「無量空処」について紹介していきます。

あの呪術界最強である特級術師が扱う領域展開とはどんなものなのか気になりますね。

領域展開「無量空処」とは

無量空処とは呪術界最強であり、主人公たちの通う呪術高専の教師でもある五条悟が扱う領域展開のことです。

領域展開無量空処の読み方

渋谷事変にて無量空処を発動する五条悟

引用元:呪術廻戦

無量空処は「むりょうくうしょ」と読みます。

あまり聞き慣れない言葉が多く登場する呪術廻戦ですが、この無量空処は仏教にある言葉で、本来は空無変処(くうむへんしょ)という言葉で表され、別名が無量空処です。

では、仏教には三界と呼ばれる世界があることはご存知でしょうか。

  1. 欲界:欲望にとらわれたと淫欲と食欲がある生を受けた全ての物が住む世界
  2. 色界:淫欲と食欲の2つの欲を離れた生を受けた全ての物が住む世界
  3. 無色界:物質的なものから完全に離れた生を受けた全ての物が住む世界

その内、空無変処は無色界の世界に属しており、物質的存在がまったく無い空間の無限性についての瞑想の境地のことを指しています。

これは、五条悟が扱う領域展開無量空処の世界観を表していると捉える事ができますね。

 

領域展開無量空処の指について

久字護身法の印の組み方

引用元:丑の刻呪術研究会

呪術廻戦において技の極位とも言える領域展開ですが、使用者はそれぞれ手で印を結んでいます。

今まで本編にて発動された領域展開は全部で6つで、それぞれの印は、除災戦勝等を祈る作法である久字護身法の手の形にとても似ていました。

関連記事

主人公の虎杖悠仁を器として復活の時を静かに待っており、また、呪術廻戦の中で最も恐れられている呪いの王こそが「両面宿儺」です。 普段は虎杖悠仁が宿儺の力を抑えていますが、過去に幾度も入れ替わりその強さを見せていました。 そこで今回[…]

領域展開の印を組む両面宿儺

うち、五条の使用する無量空処は刀印の形に似ており、その方法は人差し指と中指を立てるものです。

他の領域展開使用者の手の形にも注目して見てみると更に面白く読めそうですね。

無量空処の効果とは

無量空処を受けた漏瑚

引用元:呪術廻戦

最強と言われる五条悟の領域展開ときたら、それは凄いのだろうと思いますよね。

実際にどんな効果があるのか紹介していきます。

特級呪霊の漏瑚は、何もかも見える、全て感じる、情報が完結しない、故に何もできんと話しており瞬殺されていて、五条曰く無量空処は、知覚、伝達の生きるという行為に無限界の作業を強制すると発言しています。

いつまでも情報が完結しないという状態について、漏瑚が何もかも見えるというのは何もかも見えるように感じているだけであり、対象は無限の情報を流し込まれているだけなのです。

例えば目の前にリンゴがあった場合、リンゴと判断できるまでの情報が永遠に流し込まれ永遠に情報が完結しないということであり、情報が完結しないまま緩やかに死へと向かっていきます。

五条悟とは

大丈夫僕最強だからと発言する五条悟

引用元:呪術廻戦

  • 東京都立呪術高等専門学校1年生担任
  • 年齢:28歳
  • 誕生日:12月7日
  • 等級:特級術師
  • 術式:無下限呪術
  • 好きな食べ物:甘いもの
  • 苦手な食べ物:アルコール
  • イメージソング:ASIAN KUNG-FU GENERATION「未だ見ぬ明日に」/ Avicii「Shame On Me」

五条悟は、自他ともに認める呪術界最強の呪術師です。

五条は呪術界の名門である御三家の一つ、「日本三大怨霊」の1人と称される菅原道真を祖先とする五条家の当主で無下限呪術と六眼を併せ持っています。

六眼とは呪力をサーモグラフィーの様に見通すことができ、微細な呪力操作を可能にするものです。

無下限呪術を相伝する五条家の中にも五条悟と同じように無下限呪術を相伝している術師もいますが、本来の力を発揮させるためには繊細な呪力操作を可能にする六眼が必要不可欠となります。

五条は接近物の質量や危険度に応じて、術式効果の発動対象を自動で選択できるように、反転術式を用いて常に新鮮な脳みそにすることで無下限呪術の常用を成し遂げたのです。

領域展開無量空処は何話で発動するのか

虎杖に領域展開を教えようとする五条悟

引用元:呪術廻戦

五条悟が無量空処を初めて発動したのは、呪術廻戦第2巻の第15話「領域」です。

漏瑚の領域展開蓋棺鉄囲山を発動し、それに対応するためと虎杖に領域展開を教えるために発動したのが無量空処でした。

領域展開は互いに領域を発動した場合、より精度の高い領域が押し勝つというもので、当時の漏瑚は宿儺の指8、9本分の強さでしたが、その漏瑚ですら瞬殺されてしまいます。

また、渋谷事変では0.2秒の領域展開を行い非術師と改造人間が混合した空間で被害を極限まで減らすために、五条が勘で設定した時間が0.2秒で、非術師が廃人にならず後遺症も残らないであろう無量空処での滞在時間でした。

ただ、非術師に後遺症が残らないための領域展開のため、普段よりも精度は低く特級呪霊であれば目を覚ます可能性も考慮し改造人間のみを標的とした0.2秒の領域展開だったのです。

五条悟が発動する領域展開無量空処とはのまとめ

今回は呪術界最強の五条悟が使用する領域展開無量空処について紹介しました。

チート級の強さで納得の術中効果でしたね。

渋谷事変で獄門彊に閉じ込められてしまった五条ですが、いつかまた無量空処を展開する姿を見たいものです。