【進撃の巨人】ルイーゼが死亡したのは何巻何話?ミカサとの関係は?

ルイーゼはマーレ編以降、フロックらと共にイェーガー派の中心として活躍してきた女性兵士でエレンとミカサを信奉し、地ならし発動に貢献した彼女は意外な最期を迎えました。

今回は、ルイーゼが死亡するまでの経緯や、ルイーゼとミカサの関係について紹介します。

ルイーゼは原作31巻126話「矜持」にて死亡

ルイーゼは、31巻第126話「矜持」にて、雷槍の破片がお腹に刺さり死亡してしまいます。

ルイーゼが死亡するまでの経緯について順を追って見て行きましょう。

ルイーゼとは

ミカサに向かって、敬礼のポーズをとるルイーゼ

引用元:進撃の巨人

ルイーゼは、フロックらと共にイェーガー派を率いる女性兵士。

ザックレー殺害への関与や、脊髄役入りのワインを義勇兵を通じて兵団上層部に飲ませた疑いがあります。

アニメ版の声優さんは、僕のヒーローアカデミアのMs.ジョークなどを演じる永井真理子さんです。

 

ルイーゼはエレン解放を訴える可愛い新米兵士として初登場

ハンジに対し、エレンを解放すべきだと訴えるフロック

引用元:進撃の巨人

ルイーゼは、27巻第109話「導く者」で、エレン拘束に関する情報を漏らした新兵として登場しました。

情報漏えいの目的は、民衆を巻き込み、兵団にエレンを解放させることです。

ルイーゼの考え方

ミカサに、力がなければ何も守れないと学んだと話すルイーゼ

引用元:進撃の巨人

ルイーゼは、情報漏えいの罪で投獄された後、ミカサに「力には力で対抗すべきだ」と自分の考え方を話します。

兵規違反もいとわずにエレン解放を訴えた点からも、イェーガー派の中でもかなり過激な存在だということが分かりますね。

彼女はこのような考え方を持つようになったきっかけは、ミカサとの関係にありました。

ルイーゼはトロスト区襲撃の際ミカサが助けた女の子

巨人から助けてくれたミカサにお礼を言うルイーゼ
引用元:進撃の巨人

ルイーゼはトロスト区襲撃の際にミカサが巨人から助けた女の子でした。

猛スピードで迫ってくる巨人に一瞬で接近し、一撃で仕留めた、とても印象的なシーンでしたね。

この時のミカサの姿を見て、ルイーゼは「力がなければ何も守れない」と考えるようになりました。

圧倒的な力で巨人から守ってくれたのですから、ミカサのような強さに憧れるようになったのもうなずけますね。

地ならし発動に向けて脱獄

脱走してきたエレンに対し、パラディ島を救うのはお前だと話すフロック
引用元:進撃の巨人

情報漏えいの罪で投獄されていたルイーゼでしたが、仲間の協力を得て脱獄し、エレンを脱走させることにも成功します。

目的は、エレンとジークを接触させて地ならしを発動させることです。

エレンとジークを接触させる

ライナーに苦戦するエレンに、後は任せろと語りかけるジーク
引用元:進撃の巨人

ジークとの待ち合わせ場所、シガンシナ区に到着したエレンでしたが、ジークを目の前にして、マーレ兵やライナーら戦士に妨害されてしまいます。

ジークはライナーらを排除するため、シガンシナ区に収容中の脊髄液入りのワインを飲んだ人たちを巨人化させ、ジークの生み出した巨人によりライナーらの手から逃れたエレンは、ジークとの接触に成功します。

関連記事

原作は既に完結した進撃の巨人ですが、アニメでは今後地ならしが発動し、ストーリーも大詰めへと向かっていて、エレンはこのまま世界の人類を滅ぼしてしまうのでしょうか? アルミン達が考える地ならしを止める方法はうまく成功するのでしょうか? […]

エレンが始祖の巨人になり壁がくずれ大型巨人があらわれる

巨人との戦闘で重傷を負う

ジークが生み出した巨人を一斉に倒しにかかるジャン達
引用元:進撃の巨人

計画通り地ならしの発動に成功したイェーガー派でしたが、ジークが生み出した巨人との戦闘は避けられません。

ルイーゼも雷槍を使用して巨人と戦いますが、戦闘中に雷槍の破片がお腹に刺さり重傷を負ってしまいました。

雷槍の破片を取り出すことができず死亡

ミカサのマフラーを首に巻きながら、最期の言葉をミカサに伝えるルイーゼ引用元:進撃の巨人

死期が迫る中、ルイーゼは少しでもミカサに近付きたいとの思いから、ミカサが置いていったマフラーを首に巻いていました。

ルイーゼは、最期まで、自分を助けてくれたミカサの背中を追い続けていたのですね。

その後、雷槍の破片を取り出すことができず死亡してしまいます。

ルイーゼとミカサの頭痛・リヴァイの関係

ルイーゼは、ミカサに助けてもらったことで力に憧れ、イェーガー派に入り、戦いで命を落としました。

ミカサから多大な影響を受けていることがわかりますが、一方、ミカサも、ルイーゼの言動が引き金となり苦しんでいる場面があります。

ルイーゼの敬礼を見て激しい頭痛を起こしたミカサ

立ち去ろうとするミカサに向かって、敬礼のポーズをとるルイーゼ

引用元:進撃の巨人

ミカサが懲罰房に入れられたルイーゼから立ち去ろうとした際、ルイーゼはミカサに向かって心臓を捧げよのポーズをとります。

その直後、ミカサは今までなかった程の激しい頭痛を起こしました。

エレンが暴漢をめった刺しにする姿を思い浮かべるミカサ

暴漢をめった刺しにするエレンを思い浮かべ、頭痛を起こすミカサ
引用元:進撃の巨人

頭痛を起こしたミカサが思い浮かべていたのは、少女の頃に自分を襲った暴漢をめった刺しにしたエレンの姿でミカサにとって、エレンが命がけで自分を守ってくれた大切な思い出だったはずですが、このシーンの描かれ方は全く違いました。

つまり、もう動かなくなった暴漢を血を飛び散らせながらめった刺しにするという、エレンの狂暴さがクローズアップされていたのです。

ミカサの頭痛とリヴァイが頭痛を起こさなかった理由

暴漢に止めを刺した後、もう大丈夫だ、とミカサに話しかけるエレン引用元:進撃の巨人

このシーンから、ミカサの頭痛の原因について1つの答えが出たと考えられます。

つまり、本来はエレンやルイーゼのように好戦的な性格ではないにも関わらず、アッカーマンとして力に目覚めたミカサが、戦うことに抵抗感を示したときに頭痛を起こしていたというものです。

関連記事

進撃の巨人のキャラクターの中でも特に人気の高いリヴァイとミカサは、その圧倒的な強さに加えて2人にはいくつかの共通点が存在するため実は兄と妹なのでは?といった血縁関係が疑われることも。 そこで今回はリヴァイとミカサの関係やアッカーマンに[…]

【進撃の巨人】2人のアッカーマン!気になるリヴァイとミカサの関係

この仮説はミカサと異なり、幼い頃から戦いの世界で生きてきたリヴァイが頭痛を起こしていないことからも裏付けられます。

ルイーゼが死亡したのは何巻何話?ミカサとの関係は?のまとめ

自分を助けてくれたミカサの背中を追い続け、最期までミカサと共にあろうとしたルイーゼの生涯でした。

幼く純粋だった少女が進んで戦いに身を投じ死んで行った姿は、読んでいてとても辛くなりましたが、今後はルイーゼとは異なり、戦うことに抵抗するミカサがどのような道を選ぶのか、注目して行きたいですね。