【オーバーロード】フィリップが無能すぎる!彼が迎えた最後

オーバーロード第4期で登場予定のフィリップは作品内でもトップクラス無能として有名であり、今回はそんなフィリップのプロフィールと彼が迎えた最後について紹介します。

今回は、

  • フィリップのプロフィール
  • フィリップの無能さ
  • フィリップの最後

以上、フィリップについてまとめました。

目次

フィリップのプロフィール

  • 本名:フィリップ・ディドン・リイル・モチャラス
  • 年齢:不明
  • 性別:男
  • 階級:身分:リ・エスティーゼ王国の下級貴族
  • 家族:三兄弟の三男
  • 性格:かなりの野心家であり自信家

アニメ第4期で登場予定のフィリップですが現在のところ彼の容姿が分かる画像はありません

原作10巻から登場したフィリップはリ・エスティーゼ王国に領地を持つ下級貴族の三男として生まれます。

貴族において三男とは、何らかの理由で長男の後継ぎができなくなり、続いて次男も後継ぎができなくしまった際のいわば予備の予備で、フィリップには貴族としては決して明るいとは言えない未来が待っていました。

ですが彼の一番上の兄は原作9巻のカッツェ平原の大虐殺で戦死し、2番目の兄は病気のよって亡くなり、それより彼は予備の予備の役割が回ってきており長年溜め込んでた自分が領主になった際のアイデアを実行しようと奮起します。

そんな中カッツェ平原の大虐殺により過去類を見ないほどのダメージ受け、立て直しが急務とされる王国の現状も、フィリップにとってはチャンスでした。

リンク:フィリップが登場した原作10巻を読む

フィリップの無能さが分かるエピソード

フィリップは作品内でもトップクラスの無能です。

八本指に1人であり現在はナザリック側に恐怖心から忠誠を誓っているヒルマはフィリップを究極の無能と言っており、アルベドからも知性に欠ける糞と酷い言われようでした。

発想が穴だらけで何もやってないのに自分は特別だと思い込んでいる

まずフィリップが無能と言われる最大の理由が彼の発想や行動です。

彼が考えた作戦は穴だらけであり、その根拠はどこからきた?!と思ってしまうシーンもあり読んでいる私自身でさえ何度も困惑させられました。

フィリップが次代当主になれたのもただ単に幸運なだけ、でしたがその幸運が続いたことに調子に乗り、彼の野心家であり自信家の性格が暴走を始めます。

元々溜め込んでいたアイデアを展開し、三流貴族からの成り上がろうとしますが彼のアイデアのほとんどは穴が多く、フィリップの想像の中で彼の思い通りに進んだらといいなという妄想の域を出ないものでした。

勝手にアルベドとの結婚を計画する

番外編にてアニメ化が決まり他の守護者達を沈めながらも興奮が抑えられないアルベド引用元:オーバーロード

フィリップが考えた作戦の中でもトップクラスに愚かなものの1つが、アルベドと結婚をしようとしていたことです。

アルベドは魔導国の王であるアインズの片腕として働いており、いわば国の宰相クラスの人物ですがフィリップはそのアルベドと結婚をしようと計画しました。

国の三流貴族であるフィリップが他国の宰相クラスのアルベドと結婚をしようとするなど、普通であれば考えもしないほどのことであり、可能性は皆無に等しいでしょう。

ですが、フィリップは自分にはアルベドと結婚ができるチャンスがあると考えていて、それどころかアルベドは自分に少しは脈はあるはずだと根拠のない勘違いを起こします。

本当のアルベドを知る者達にしてみたらこのフィリップの考えがどれほど恐ろしく、現実性のない考えか分かりますね。

関連記事

オーバーロードで登場するアルベドは基本的に知性溢れる美女ですが、アインズのこととなると残念美女になりファンの間ではヒロインならぬヒドインと呼ばれてしまっています。 今回は2022年7月から予定されているアニメオーバーロード第4期で放送[…]

アインズに指輪をもらい笑顔になるアルベド

フィリップの最後は国を滅ぼして殺された

とてつもない幸運が続いていたフィリップですがそれも長く続きませんでした。

領地を継いで溜め込んでいたアイデアを展開していたフィリップですが、領内の食糧生産量が下がるなど統治はうまくいっておらず領民からも蔑まれており、そんな中、魔導国が聖王国に食料を支援していることを知ったフィリップは、その食料を輸送している荷馬車を襲うことで領地含めた国内の農作物の値上げを狙います。

更には憎き敵国に一矢報いた英雄として地位を上げてもらおうと作戦を計画し、奇跡的にフィリップの襲撃作戦は成功してしまうのでした。

所がこの作戦には致命的欠陥があります。

少し考えたら分かると思いますがフィリップのこの行動を魔導国は良く思うはずは無く、アインズ含めた魔導国は王国を武力ではなく裏から支配する方針から武力行使による王国制圧へと方向転換となり、王国に対し宣戦布告を行い、王国は瓦礫の山になりました。

このフィリップの軽はずみな行動に作品内でトップクラスの知者であるアルベド、デミウルゴス、ラナーも予想外すぎて驚きを隠せず、裏に高度な策力があるのではないかと悩ませてしまうほどです。

王国を瓦礫の山に変えた原因を作ったフィリップは部屋に引き籠り、酒に逃げる生活をしていましたが原作14巻でアルベドに領民もろとも殺されてしまい殺される寸前まで、俺は悪くない、なにもしていないと最後まで情けない姿でフィリップの人生は終わりを告げるのでした。

無能なフィリップの最後のまとめ

作品トップクラスの無能であるフィリップが辿った末路でしたが、アルベドやデミウルゴスに混乱させたフィリップある意味凄い成果を出しているのかもしれません。

最後の最後にとんでもないことをやらかしてくれた彼ですが、ビジュアルは今現在不明なのでアニメ第4期でどのような容姿で登場するのかは楽しみな点でもあります。

【最新刊】オーバーロード
created by Rinker
オンラインゲーム「ユグドラシル」サービス終了の夜、名残を惜しむためログインしていた主人公は異世界に飛ばされてしまう。見た目は骸骨!?最強で魔法使い!?おまけに悪役――!?カリスマ世界征服物語、開幕。