【鬼滅の刃】炭子・善子・ 猪子は何者?3人の活躍や変装したイラスト付き

遊郭編に登場する3人の遊女、どこか見たことのある面影ですが、

  • 炭子・善子・猪子の正体
  • 潜入先の任務
  • 遊郭編での活躍
  • 上弦の鬼について

など、炭子・善子・ 猪子の正体や面白すぎるイラストについて紹介します。

炭子・善子・猪子は誰のこと?

炭子・善子・猪子のイラスト

引用元:鬼滅の刃

遊郭編にて登場するこの3人の正体は、善逸・炭治郎・伊之介が女装をしている姿なのです。

化粧技術の高い宇髄によってメイクをされた3人ですが、その仕上がりはなんとも残念な出来栄えでした。

しかしこれには訳があり、変に際立ったメイクを施してしまい目立っては面倒な事態を引き起こすと考えたために、あえて可愛く見られないようにしたのです。

原遊郭に潜む鬼を調査していた宇髄は先に潜入していた3人の嫁と連絡が付かなくなったことから蝶屋敷で働く、アオイとなほを無理やり連れていこうとするところに止めに入った善逸・炭治郎・伊之介が代わりに女装して調査をすることになったのでした。

善逸・炭治郎・伊之介は宇髄の嫁3人が調査していた店に入り込み、鬼がいるかどうかに加え嫁3人の行方を追うことになります。

炭子は須磨が潜入した「ときと屋」へ

手伝う炭子

引用元:鬼滅の刃

炭治郎は「ときと屋」に潜入し、鯉夏花魁のもとで手伝うことになりました。

白粉をとった際に額の痣がバレてしまったので、労働力として働くことなり、鯉夏花魁のもとに大量の届け物をとどけることになった炭子はお礼として鯉夏から飴玉を貰います。

すると遊女たちが足抜けした遊女たちの噂を聞いた炭子は、それは鬼の仕業だと見抜き宇髄へと知らせるのです。

その後、善逸からの連絡が途絶えたことによって、任務は中止となり、宇髄は自分の命を守れと命令しますが、炭治郎は、宇髄と嫁の3人、そして伊之介、善逸の皆で生きて帰るのだと告げ、伊之介もそれに賛同し、任務は続行することになります。

炭治郎は鬼の行方を追うため、ときと屋の鯉夏に自分の正体を明かし、ときと屋から出ることを伝えに行きました。

善子は雛鶴が潜入した「京極屋」へ

三味線を鳴らすぜんこ

引用元:鬼滅の刃

炭治郎、伊之介と続々潜入が上手くいくなか、一人取り残された善逸でしたが、なんとか潜入に成功し、京極屋で三味線を弾いています。

情報も掴めないまま自分を見失いかけていた善逸でしたが、ふと女の子の鳴き声が聞こえすぐさま駆けつけると、荒れ放題の部屋で女の子が泣きながら部屋の片づけをしていたのです。

すると背後から京極屋の花魁である蕨姫花魁が現れ、善逸に声を掛け、人の心音がしないと気づいた善逸は身動きがとれず震えてしまいます。

蕨姫花魁は片付けができない女の子に対して耳をつねり、今にも殺してしまいそうになるのを善逸が腕を掴みますが、遠くの方へ吹っ飛ばされてしまい、なんとか受け身をとった善逸ですが、あまりの衝撃に気を失ってしまったのでした。

蕨姫花魁が上弦の鬼

善逸が潜入した京極屋では、以前お店の女将が不可解な死を遂げた事件が起こっており、蕨姫花魁の正体に気づいた女将は、彼女によって空中に捕まったあと「年寄りは美しくないから喰わない」という美学によって、食べれることなく地面に落とされ亡くなったのです。

その眼には上弦の陸と刻まれており、蕨姫花魁が堕姫という鬼であることが判明します。

猪子は、まきをが潜入した「荻本屋」へ

伊之介の素顔

引用元:鬼滅の刃

荻本屋の女将の魅入られ、潜入に成功した伊之介は化粧を落とされ素顔になりますが、そのポテンシャルの高さから遊女たちを魅了してしまいます。

伊之介は先に潜入していたまきをの部屋を訪れ、強引に侵入をはかりました。

しかし部屋には誰もおらずもぬけの殻だったのですが、鬼はまきをを天井に縛り付けていたようです。

鬼がいることを感じ取った伊之介は先回りをして鬼を捕まえようとしますが、人の出入りが多かったこともあり見失ってしまいます。

その後、善逸が行方不明となり、炭治郎とともに鬼を退治して全員で帰るという約束を交わし、上弦の鬼との戦いに挑むことになりました。

関連記事

鬼滅の刃の遊郭編に登場する鬼でありながら、100年以上も上弦の陸としての地位を守り続けた実力の持ち主です。 上弦の陸の死亡!最後はどうなった? 上弦の陸との戦いは? 妓夫太郎と堕姫の最後は悲惨?童磨との関係は? […]

堕姫と妓夫太郎の二人は地獄へ向かう

遊郭編の大正コソコソ噂話のエピソード

鬼滅の刃の裏話などを紹介する大正コソコソ噂話にて遊郭編の小話が登場したので、紹介します。

善逸だけ遊郭がどんな所か知っていた

遊郭を知っている善逸

引用元:鬼滅の刃

唯一の都会っ子だった善逸のみが遊郭が何をする場所なのか知っており、1人だけ赤面していました。

炭治郎の額にある痣をみて激怒する「ときと屋」の女将

炭治郎の痣について怒るときと屋の女将

引用元:鬼滅の刃

遊郭に潜入するため女装していた3人はそれぞれの店に売られていき、炭治郎は鯉夏花魁のいる「ときと屋」の女将に買われましたが、化粧によって隠されていた額の痣に気づくと「これでは客がつかない」と激怒しながら炭治郎にあたります

働き者の炭治郎を褒めるときと屋の女将

引用元:鬼滅の刃

遊女として働くことができない炭治郎は裏方に配属されますが、腕力を活かしてよく働いたため、真面目な姿勢が遊郭たちには重宝されており、女将にも仕事の速さと真面目さを評価されていました。

鯉夏花魁はみんなから愛されている

鯉夏花魁はみんなの人気者

引用元:鬼滅の刃

炭治郎が潜入した「ときと屋」の看板花魁の鯉夏花魁は誰にでも分け隔てなく優しく、内緒でお菓子をくれるので見習いの幼い女の子などにも好かれています。

しかし、周りを甘やかしすぎるため女将には叱られてしまうのだとか。

炭子・善子・ 猪子は何者?変装したイラスト付きのまとめ

  • 炭子・善子・猪子は炭治郎、善逸、伊之介が遊女に変装した姿
  • 3人は鬼を探しながら失踪した宇髄の嫁を探す

遊郭に孫れ込むための変装とは言え、なかなかインパクトの強い3人、目立たせないようにしたようですが、逆に悪目立ちしそうなルックスです。

アニメ2期でどこまで原作に忠実に面白く描いてくれるのか、楽しみですね。