【 鬼滅の刃】201話で炭次郎が鬼の王になった真実を徹底調査

鬼滅の刃の最終巻で炭次郎が鬼になった!?ということが話題になっていました。

  • 鬼舞辻無惨の味方になってしまったのか
  • 炭次郎が鬼になったら強さの程度から無惨をも超える鬼の王になるのではないか

という疑問に答えるため、今回は原作201話で炭次郎が鬼の王になった理由を徹底調査しました。

鬼の王と炭治郎が言われた理由

鬼舞辻無惨の血を全て受け継ぎ鬼になった炭次郎

引用元:鬼滅の刃

炭次郎が鬼の王と言われた理由は、鬼舞辻無惨が死の間際に自分の血液を全て炭次郎に与えたからです。

自分が死んでしまうことを察した鬼舞辻無惨は、せめてもの思いで自分の思想や生き方を引き継ぐものを残したいと考えました。

そこで、まだ細胞が死に至っていなかった炭次郎に自分の血を全て与えて炭次郎を鬼化してしまったのです。

無惨が炭次郎を鬼にした理由

そもそも、無惨が炭次郎を鬼にしたのはなぜだと思いますか?

自分が鬼の始祖であり究極の生命体でありたいと願っていたはず。

ところが、この最後の戦いで無惨は自分の命がここまでだと自覚したのです。

そんな瀬戸際の無惨が炭次郎に託したこと、それは「自分の意思を継ぐもの」を残し、鬼狩りを壊滅させるということでした。

炭治郎が鬼の王になったのは201話

鬼舞辻無惨が炭次郎に託した願いの場面

引用元:鬼滅の刃

その場面が詳しく書かれているのが単行本第23巻第201話「鬼の王」の章です。

巨大な赤ちゃんの姿になった鬼舞辻無惨は右往左往しながら太陽の光から逃げようとしますが、力の残っている鬼殺隊の剣士と救護部隊の隠が力を合わせて鬼舞辻無惨を倒してしまいます。

全ての戦いが終わった時、炭次郎は全ての力を出し切り力尽きていましたが、まだ倒しきっていなかった無惨と炭次郎の攻防は意識の奥でもまだ続いていたのです。

自分が復活することは不可能だと感じた無惨が、まだ細胞が死滅していない炭次郎に自らの血を全て注入し、鬼の王として自分の意思を引き継がせようとしていました。

「受け入れられなければ細胞が破壊されてどのみち死んでしまう。」一か八かの選択で炭次郎は鬼としてこの世に戻ってきたのです。

鬼の王の強さ

鬼になった炭次郎

引用元:鬼滅の刃

鬼として息を吹き返した炭次郎が意識を取り戻して一番初めにしたことは、目の前にいる隠を攻撃したこと

これは、水柱の富岡義勇の咄嗟の判断で事なきを得ましたが、ここから無惨の血を受け入れた炭次郎の攻撃的な姿が露になっていくのです。

鬼の王となり手当たり次第に攻撃する炭次郎を誰も攻撃することは出来ず、柱たちも無惨との戦いで既に心身ともにぼろぼろの状態で、残されていた柱も水柱の富岡義勇、風柱の不死川実弥のみでした。

しかも、不死川実弥は無惨との戦いで力尽きて眠っていたのです。

必死に炭次郎を止める禰豆子と、義勇、そして自分が炭次郎を倒すと向かっていく伊之助でしたが、伊之助は炭次郎との思い出が強すぎて首を切ることができません

鬼の王としての強さと共に、優しかった人間の頃の炭次郎との思い出が合わさったことで更に最強の鬼の王となってしまったのです。

炭次郎がすぐに鬼化し最強となった理由

通常、無惨に血を分け与えられてもすぐには最強の鬼になることは難しいのですが、

  • 無惨の血に対応できない弱い鬼は細胞が破滅して死ぬ
  • 呼吸を使うものは鬼になるのに時間がかかる
  • 禰豆子のように太陽を克服することは可能だと予想されるが時間がかかる

この鬼になるための条件を炭次郎は一瞬にしてクリアしてしました。

その理由は、無惨の血だけを注入されていた場合は細胞が耐え切れない可能性がありましたが、この時無惨は無惨の能力そのものを炭次郎に受け継がせたのです。

そのために大量の血の流入に耐えられたと考えられます。

そして、炭次郎の並外れた力やこれまでの鍛錬がそのまま鬼になっても引き継がれ呼吸を使う剣士であっても、すぐに鬼化することが可能、更にはそもそも炭次郎が持っていた痣が鬼の紋様へと変化しました。

何より無惨の残された力全てを取り込んだこともあり、禰豆子ですら数カ月もかかった日光の克服を一瞬で成し遂げてしまったんですね。

関連記事

鬼滅の刃の126話にて遂に禰豆子が太陽を克服し、兄である炭治郎のもとへと現れます。 他の多くの鬼が太陽を克服できなかったにも関わらずなぜ禰豆子だけが成功したのでしょうか?また、人間に戻ることができたのでしょうか? 今回は、 […]

太陽を克服した禰豆子

鬼の王として炭治郎が登場する場面

鬼舞辻無惨の思い

引用元:鬼滅の刃

鬼の王として炭次郎が登場する場面は、単行本第23巻第201話の「鬼の王」の章。

ここでは炭次郎が鬼の王になった時の凄まじい強さと迫力の場面を紹介していきます。

鬼として目覚めた瞬間に隠を攻撃する炭次郎

引用元:鬼滅の刃

最初に隠を攻撃する瞬間です。

鬼になって隠を攻撃する炭次郎

引用元:鬼滅の刃

万が一、義勇が気づくのが一歩遅かったら炭次郎は人を殺してしまうことになっていました。

背中から触手を出す炭次郎

引用元:鬼滅の刃

次に、背中から無惨と同じような触手を生やして暴れまわる炭次郎。

もう、見た目だけは立派な鬼の姿で、理性のかけらも見当たりません。

暴れる炭次郎を止める禰豆子

引用元:鬼滅の刃

禰豆子にかみついてしまう場面です。

この瞬間、義勇は炭次郎が人間の血の味を覚えてしまったため、人としての感性も理性も感情も全て取り戻すことは出来ないと絶望したのでした。

炭次郎は鬼の王になってしまったのか

炭次郎が強烈な鬼の王になったことはここまでで理解できましたが、この後炭次郎がこのまま鬼として生きていったのかが気になりますよね。

実は、この後炭次郎は無事に人間に戻ることが出来ました

人間に戻る方法は、

  • 胡蝶しのぶが作った人間返りの薬
  • カナヲが最後の力を振り絞って炭次郎に注射を打った
  • 意識の奥でこれまで戦いで亡くなっていった仲間に支えられた

薬、カナヲの攻撃、仲間から繋がれた思いの3つが合わさったことで炭次郎は人間に戻れたのです。

201話で炭次郎が鬼の王になった事実のまとめ

今回は単行本第23巻第201話鬼の王で炭次郎が鬼の王になったということについて真実を徹底調査しました。

  • 炭次郎が鬼の王になったのは鬼舞辻無惨の血と能力全てを与えられたから
  • 無惨が鬼の王にした理由は自分の思いを引き継ぐものを残したかったから

鬼殺の剣士としても他とは並外れた力を持つ炭次郎が鬼になることはだれにとっても脅威だったはず。

その点でも炭次郎が鬼になったら鬼の王であることは当然の事実だったのかもしれません。

今後は、無惨が鬼の始祖になった謎についても調査していきたいと思います。

鬼滅の刃 全巻
created by Rinker