【進撃の巨人】エレンが保有する全ての巨人の種類と能力について

エレンは始祖の巨人の力を初めとして複数の巨人の力を宿していますが、各巨人の能力については断片的に明かされていくのでなかなか整理しづらいですよね。

そこで今回はエレンが保有する巨人の種類や能力についてまとめてみました。

エレンが保有する進撃の巨人・戦鎚の巨人・始祖の巨人の各能力について

エレンが宿す以下の3つの巨人の能力について順番に解説していきます。

  • 進撃の巨人
  • 戦鎚の巨人
  • 始祖の巨人

進撃の巨人の能力は未来の継承者の記憶を見る力

第121話「未来の記憶」にて進撃の巨人の能力は未来の継承者の記憶を覗き見る力だと判明しました。

実際に進撃の能力が使われたシーンについてみていきましょう。

前継承者の父グリシャは未来のエレンの記憶を見てレイス一家を殺害

子どもを殺すことは出来ない、とへたりこむグリシャに向かって復讐心を煽るような言葉を投げかけるエレン

引用元:進撃の巨人

1つ目はグリシャがレイス一家を殺害した直前のシーンで、レイス家殺害はグリシャ自身の意志ではなく未来のエレンにけしかけられて実行したものだと判明しました。

一時的に始祖の力を手にしたジークによりレイス一家殺害事件の直前の記憶に連れ込まれたエレンは、子どもを殺すことなど私にはできないとへたりこむグリシャに向かって言い聞かせるように「忘れたのか?何をしにここに来たのか?犬に食われた妹に報いるためだろ?」などと復讐心を煽るような言葉を投げかけ、これを未来の記憶としてグリシャに見せ付けます。

エレンにけしかけられたグリシャはフリーダから始祖の力を奪った後、ロッドを除くレイス一家を皆殺しにしてしまいました。

前継承者グリシャの過去の記憶を通じて未来の自分の記憶を見た

シガンシナ区奪還作戦の褒章式の際、ヒストリアの手に触れたことで自分の未来の記憶を見たエレン

引用元:進撃の巨人

未来の記憶を見ることができるといっても、それは未来の「継承者」の記憶に限られ、原則として自分自身の未来を知ることはできません。

ただエレンは1度だけ自分自身の未来を知る機会がありました。

それはシガンシナ区決戦の褒章式の際に王家の末裔ヒストリアの手に触れたときのことで、エレンは前継承者グリシャの記憶を通じて現継承者の自分の未来を見ることができたのです。

褒章式以降エレンがよく思いつめたような表情で過ごしていたのは、人類の8割を虐殺する未来を知ってしまったためでした。

戦鎚の巨人の能力は武器を自在に作り出すこと

レベリオ襲撃の際、巨人となったエレンに向かって巨大なハンマーをふりかざす戦鎚の巨人

引用元:進撃の巨人

戦鎚の巨人はハンマーや槍などの武器を自在に作り出すことができます。

巨人大戦の英雄と称されるタイバー家が代々継承してきましたが、レベリオ襲撃の際にエレンが前継承者のラーラ・タイバーを食ったことでエレンに受け継がれることとなりました。

エレンが戦鎚の力を使ったのは地下牢から脱走した際と、パラディ島を襲撃しに来たライナーらに反撃した際の2つです。

始祖の巨人の能力は全ての無垢の巨人とエルディア人を操る力

始祖の巨人の能力は現在過去未来全ての無垢の巨人とエルディア人を操る力です。

始祖の巨人の大きさと始祖の力が使われた場面について順番に解説して行きます。

始祖の巨人(最終形態のエレン巨人)の高さと骨の大きさと高さ

始祖の巨人の力を手にして、無数の地ならし巨人を操るエレン

引用元:進撃の巨人

始祖の力を掌握したエレン巨人の見た目は変貌を遂げ、推定50mの地ならし巨人の約4倍はあることからその高さは少なくとも200mで、骨の大きさ(横幅)も同じくらいありますね。

今まで登場した巨人の中でもダントツの大きさなのが分かります。

地ならしの発動

始祖の力を掌握したエレンは壁の中に眠る超大型巨人に「世界を滅ぼせ」という命令を下し地ならしを開始しました。

壁に潜んでいた超大型巨人は何千万という途方も無い数ですが始祖の力を使えばこれら全てを操ることができるんですね。

ダイナ巨人を操りベルトルトを無視させた

シガンシナ区陥落の際、ダイナ巨人にベルトルトをスルーさせて母カルラの方に向かわせたのは自分だとアルミンに打ち明けるエレン

引用元:進撃の巨人

始祖の巨人は、現在だけでなく過去の時間軸に存在した巨人も操作することができます。

最終話でエレンはシガンシナ陥落の時間軸に干渉してダイナ巨人にベルトルトスルーさせたと話していました。

母を殺したのはエレン自身だったという衝撃的な事実ですが、これはアルミン達を英雄にするという結末に向けてベルトルトを生かしておくことが不可欠だったためです。

ベルトルトをスルーさせた理由の詳細については別記事をご覧ください。

関連記事

進撃の巨人最終回で、エレンはシガンシナ区陥落の際「ベルトルトは死ぬべきじゃなかった」と話していました。 エレンにとってベルトルトは母カルラの仇ですが、なぜ死ぬべきではなかったのでしょうか。 今回はベルトルトの正体や死亡シーンにつ[…]

アルミンに、ダイナ巨人をカルラの方に差し向けたのは自分だと告白するエレン

アルミンら104期の記憶操作

今話したことは全てが終わった後に思い出すだろう、とアルミンに話すエレン

引用元:進撃の巨人

エレンが始祖の力を行使したのは巨人に対してだけではありません。

エレンは104期生との戦闘に入る前に「道」を通じてアルミンらに接触し自分の本当の想いを伝えたのですが、始祖の力を使ってその記憶を一時的に消去しました。

これは、アルミン達を世界を救った英雄にするという結末に向けて104期生の自分に対する敵意を損なわないようにするためです。

エレンが保有する巨人の種類と能力のまとめ

進撃の巨人の能力は未来を見ること、戦鎚の巨人の能力は武器を作り出すこと、始祖の巨人の能力は全ての無垢の巨人とエルディア人を操る力だと整理できました。

また、エレンは自分の望む結末に向けて各巨人の力の特性を上手く活用していたことも分かります。

特に、エレンがグリシャをけしかけた事実やダイナ巨人にベルトルトをスルーさせた事実は目からウロコでした。

9つの巨人には今回紹介した意外にも様々な謎や伏線がありますので、別記事や今後のまとめ記事にご注目ください。