【ミステリと言う勿れ】バスジャックの犯人は誰?ネタバレあり

原作1巻、2巻またいだ【前編】会話する犯人、【後編】犯人が多すぎる、事件の解決までを分析!

これはマンガの中でも特に人気がある話ですが、まずは前編バスジャック編でのあらすじと伏線を見ていきます。

バスジャックされるバスに乗り込む久能

バスに乗り込む久能と久能を見つめる乗客とバスの運転手

引用元:ミステリと言う勿れ

「印象派展」のチケットを握りしめ上機嫌にバス停に向かう久能、するともうバス停にバスが到着しているのに気付き、行き先も見ぬまま飛び乗り、勢い余って美青年にぶつかります。

美少年は凄く驚いている様子で、運転手も驚いた表情で注意、その後も2人の乗客に見られ、謝りながら気まずそうに席に座る久能。

バスは老若男女数名が乗っていて久能もウトウトしていると乗客が「行き先が違う」と騒ぎ始め、久能も美術館に向かっていないと気付き運転手に確認しようと立ち上がった時ナイフを突きつけられるのです。

ナイフを持った無精髭の男は運転手に指示し、通報されないよう乗客のスマホを没収、カーテンを閉めさせ「バスを乗っ取らせてもらうぜ」と言い久能が乗ったバスはバスジャックされます。

「いつも乗るバスにはカーテンがないはずなのに」と気付いた乗客もいました。

バスジャック内で乗客の自己紹介

自己紹介する久能整

引用元:ミステリと言う勿れ

印象派展にいきたいため「バスジャック犯にせめて3時半までに終わりますか?」と言い犯人を怒らせる久能。

犯人はガード下にバスを止めさせ運転手と一緒になにか作業をしに外へ行き、戻ってくると自己紹介をしようと言い出し、フルネーム、仕事、目的地、自分の欠点を一人一人言わせるのです。

  • 気弱そうな男性、淡路一平、コンビニバイト、バイトに行くためにバスに乗った、欠点はバイトが続かない
  • 大柄の男性、坂本正雄、職探し中、あてもなくたまたま乗った、欠点は勇気がないこと
  • 怯えている女性、柏めぐみ、主婦、終点付近のクリニックに通っている、欠点は弱いこと
  • 犯人が外に行っているときにジャーナリストと名乗っていた女性、露木リラ、町工場の事務、欠点は見境がないこと
  • 威張っているおじさん、奈良崎幸仁、定年退職したが大手保険会社で重役まで登りつめた、ボランティアに行くためにバスに乗った、欠点は頑強さ
  • 静かな男性、小林大輔、無職、祖父のお見舞いに行くためにバスに乗った、欠点はコミュ障
  • 美少年、熊田翔、大学院生、友達の家に行くためにバスに乗った、欠点は執念深いこと
  • 久能整

久能はバスジャック犯にも自己紹介をするように言い(他の乗客はみんな聞くのか!と心の中でツッコミます)

バスジャック犯は犬堂オトヤ、欠点はキレやすい、と答えました。

スマホを没収される前にジャーナリストと名乗っていた露木が送ったメールを見て警察に通報してくれていたが、どの路面バスも通常通り動いているため警察にはイタズラかと思われるもバスと言うことに引っかかっている様子です。

全ての問題はバスジャック犯のせい

バスジャック犯に臆さず立ち向かう久能

引用元:ミステリと言う勿れ

その後もバスは動き続けるがトイレ休憩と飲み物を買いに行かせて欲しいと熊田が頼み、行けることになるが犯人は、

  • 1人ずつ3分以内に行ってこい
  • 誰か逃げたらその人のせいで皆殺しにする
  • 逃げた人のせいだ
  • お前の責任だ、逃げるなよ

などと脅すと久能はそれは違うと言い、責任転嫁するなここで起きる問題は全て犯人であるオトヤのせいだと犯人に臆せず言います。

トイレに行くためバスを降りるとバスは路面バスではなく観光バスに張り替えられており、ガード下でなにかやっていたのはこれか、と気付く久能。

すぐキレる人にしては用意周到で変だ、と思いながら警察への手紙をトイレの横に隠してバスに戻りました。

次々トイレに行くが単純計算で45分ほどかかる休憩をとるということは絶対追手が来ないと安心している、誰かが見張っているということ?じゃあなぜ逃げても捕まるぞ、ではなく逃げたら皆殺しと言ったのか、犯人は何かを乗客に考えようとさせているのか?と推理、熊田に面白いことを考えると言われます。

そして今更だけど元々このバスは美術館には行かないと聞き驚く久能でした。

バスジャック犯とのおしゃべり

生き埋めがイヤだと言う熊田と同意する犯人

引用元:ミステリと言う勿れ

人を殺したことはあるか、どうして人を殺していけないのかと犯人が聞くと各々理由を話します。

すると久能は、

  • 別にいけないことはない
  • 平和で安定した社会を作るために便宜上そうなだけ
  • 戦時下になればいきなりOKになる

そのぐらい適当な話だといい、殺したいのならそういうところに行ったらいいのでは、でも自分は殺されたくなくて自分が殺す側の人間でいたいというなら話は別、

とベラベラ犯人を煽り続けると犯人は遂にブチ切れナイフを突きつけますが、久能は熊田に庇ってもらい、犯人を大柄の男坂本が殴り倒すことに成功し乗客は拍手喝采ホッとします。

しかし坂本はナイフを拾いまた乗客を脅しはじめ、犬堂ガロ、犯人の兄だと名乗り、オトヤ、ガロ?と不思議そうな久能。

関連記事

ミステリと言う勿れに登場する重要人物 犬堂 我路(いぬどう がろ)、初登場からイケメンが出てきた!と大人気の1人で、何より主人公 久能 整との関係に萌えている人が多いとか。 どんなマンガでもカップリングが話題になることがありますが、ま[…]

見つめ合う久能とガロ

熊田にどこまで言って大丈夫か試していたでしょう、と聞かれそんなことはないがそう思うってことは熊田もそれをしてるって事ですね、と俺たち似ているとこありそうと話す2人。

次は一番イヤな死に方のアンケートだといい、病気、焼かれているときに意識を取り戻したら怖い、溺死、孤独死、生き埋め、と次々答え生き埋めは確かにイヤだと犯人も同意しやっぱり変なバスジャックだ、普通のバスジャックなら交渉の相手次第ですぐ終わる可能性もあるのに3時半には終わるわけない、と即答した事を思い出し、乗客そのものが目的だと気付く久能、するとバスは目的地である犬堂家に到着しました。

バスジャックでの伏線

  • バスに乗り込んだとき4人にガン見される久能
  • 生き埋めはイヤだという話
  • ガロ、オトヤという名前の違和感

他にも乗客一人一人の伏線も丁寧だと感じたのですがここでは後編を読んだときにすごくスッキリする重要な3つを挙げておきます。

犯人が多すぎる前編バスジャック編のあらすじと伏線のまとめ

犯人を挑発するかのようにベラベラ話す久能

引用元:ミステリと言う勿れ

バスジャック編ではまだまだハッキリしないことが多いが、犯人に臆さずベラベラと語る久能を満喫できる回です。

続きがとても気になるところで1巻終了、2巻を読まざるを得ない作りなのがさすがと思いました。

次回は後編犯人が多すぎるではバスジャック編での伏線回収、衝撃の結末などまとめてみます。