【ミステリと言う勿れ】元刑事牛田との出会い!衝撃の未解決事件ネタバレ

今回は4巻episode6 ばちあたりの夜話、前話の最後で土手から転げ落ちてしまった久能が検査のため入院することになり、病室で隣のベッドにいた元刑事牛田という老人と知り合いました。

元刑事牛田との出会いで昔の事件の話に付き合わされることになるのですが、未解決事件の真相とは?

病室で元刑事牛田と出会う

久能は病室で隣のベッドで本を読む牛田と出会う

引用元:ミステリと言う勿れ

様々な検査をすると言われ入院することになった久能だが、特に具合が悪いところもないため「何かあったら呼んで下さい」と言われ病室へ向かうことになりました。

久能は1人じゃないと眠れないため誰かと一緒の部屋じゃなくてよかったと安心し、「月曜までのレポートがあるのに何にも持ってきていない!」と独り言を言いジタバタしていると横から物音がして、驚きながらカーテンを開けてみると隣には本を読む老人、牛田がいたのです。

牛田はバチが当たった?

バチは本人に当たらないとダメだと語る久能

静かだったので誰もいないと思ったすみません、と声をかけると病院だからな、と言い入院している女の子からもらったという「自省録」を読みながら死についての話が多くて面白い、この病院幽霊が出るらしいぞ、と話すが久能は幽霊は見ないから信じないと話します。

牛田も霊は見たことがなく親も女房も友達もみんな早く逝ってしまったが誰も出てこない、周りが削られていって結局1人、「バチが当たったんだろうなぁ」とつぶやきますが、久能はそれはバチではないと一掃し、バチだとしたら周りじゃなく本人に当たる、周りの人は牛田のおまけじゃないのでそれぞれ人生を全うしたと思うとのこと。

なぜバチが当たったなどと言うのが気になり牛田に尋ねると「自分は元刑事だった、面白かった事件の話をしてやろう」と久能の断りを聞かず昔話をはじめました。

元刑事牛田が語る昔の事件のクイズ

昔話をはじめる牛田

引用元:ミステリと言う勿れ

元刑事牛田が語る昔の事件のクイズに対し、久能はどのような結論を導き出したのでしょうか。

牛田から久能への問題①

ある年の春、共通項がない3人が殺される事件があったが手口も場所もバラバラで別の事件に思われていた、4人目が殺され前科あるAの髪の毛が出て他3人との関わりが確認されたためAを取り調べたがやってないの一点張り。

しかも4人目はAと接点がなかった、実際Aは犯人ではなかった、なぜでしょうと久能に問題を出します。

久能は真犯人はBで4人目を本当に殺したいと思っていた、犯人をAと思わせるためAにとって邪魔な人間を先に殺し4人目を殺したところで物証となるAの髪の毛を置く、物証からAが疑われるのではないかと推理すると「つまんね、そのとおりだ」と牛田は言い、美容室で働いていたBが真犯人でAの髪の毛を入手し利用したというのが真相だったのです。

牛田から久能への問題②

常々考えているアイディアを話す久能

引用元:ミステリと言う勿れ

  1. 路上で女性が刺される通り魔事件があったが凶器、物証が何もでてこなかった
  2. そしてちょうどその頃空き巣が何件か起きていたかだれも通り魔とは関連付けず別の事件として考えられていた

どんなケースが考えられるかという問題、久能は食い気味で常々考えているアイディアがそれだ!と言い、凶器や物証の処分が厄介だから知らない人の家にこっそり入ってクローゼットの奥とかに置いてくればいいのではと考えていて、空き巣は証拠を隠すために行っていたのではと答え、この問題も正解、そんなことを常々考えているのか!と牛田を驚かせました。

牛田から久能への問題③

  1. 20年ほど前、売春を生業にしている女性が次々殺される事件が起きたが犯人は証拠を残しまくっていたため刑務所を出たり入ったりしている羽喰 玄斗と分かり追っていた
  2. そんな時羽喰に追われているから保護して欲しいと言う連絡が入り相棒の霧島は指定された時間に向かい、牛田は家に空き巣が入られていたため10分遅れて向かった
  3. すると相棒の霧島の悲鳴が聞こえ牛田が急いで向かうと女性は殺されており、霧島は腹を2度刺されナイフが腕に刺さった状態で「羽喰を追って」と言うので必死に追ったが捕まえられなかった

霧島の爪には羽喰と争った時に入ったの皮膚がありナイフにも羽喰の指紋、その後羽喰の車が発見されたが姿はなく消息不明になったため未解決事件となってしまったと話し、霧島は生死を彷徨い一命を取り留めたが後遺症で左手があまり動かなくなり奥さんの実家の会社で働くことになり警察をやめたとの事でした。

牛田が語る問題③の真相

推理を話はじめようとする久能

引用元:ミステリと言う勿れ

久能は相棒の霧島さんが犯人だというケースが思いつく、と言うと大して驚かない牛田に牛田自身も疑ったことを確信し「さっきの2つの問題はこの問題のヒントになっていたんですね」と話すと牛田が真相を語りはじめます。

  • 羽喰の車を見つけた時にシートの隙間から霧島のボールペンを見つけ咄嗟に隠してしまった
  • 最後の被害者と霧島は不倫関係にあり奥さんにバレないよう羽喰に罪を被せ命をかけて大バクチを打ったこと
  • そしてそれを誰にも言えずにいたが時効廃止となり霧島の罪は永遠になってしまった

そのまま自分は黙って死ぬか悩んでいたことを打ち明けるのです。

証拠をどうするのか実は決めていたという牛田だが知らせていなかった霧島がお見舞いにきて、身寄りのいない牛田の面倒を見る、治療費を肩代わりすると言われそこまで落ちぶれちゃいない、昔と変わらず優しい、と言いながらその対応で気が変わったと言い、どう変わったのかという久能の質問には答えないまま眠りにつくのでした。

元刑事牛田の正体と霧島の結末

牛田はもう亡くなっていると聞き驚いている久能

引用元:ミステリと言う勿れ

翌朝、ぐっすり眠れた久能は部屋に人がいると普通眠れないのにめずらしいと言うと「え、誰もいなかったでしょ」と看護師に言われ、牛田さんは長く入院していたけど昨日の朝亡くなりましたよ、お知り合いでしたか?と聞き久能はゾッとします。

そこに1人の男性が入ってきて久能は霧島さんですか、と声をかけ牛田さんが亡くなって悲しいですか?ホッとしましたか?と話していると警察が霧島の元にやってきました。

牛田は亡くなる前証拠を警察に送っており、霧島の周りを調べたら別荘の花壇から20年以上埋まっていた羽喰の骨が出てきたと、それを聞き霧島は牛田さんやっぱり知っていたのか、自分が裕福になり腹がたったのか、とこぼします。

久能は牛田は死ぬまで真相を隠そうとしていたがあなたがお見舞いに来て気が変わった、プライドを傷つけたからではなくそういう申し出をされるのが嫌な人間がいることを知らないか忘れているというのが悲しかったのではないか、あなたのことは今でも優しい人だと言っていた、と伝え霧島は警察に連れていかれるのでした。

衝撃の結末ネタバレ!入院先で牛田との出会いのまとめ

幽霊は見ないから信じないと言っていた久能でしたが牛田さんなんと幽霊でしたね。

たった数日の入院で牛田さんと出会ってしまうあたりが久能らしい。そして犯人を当てていくのもとても面白くミステリ満載で個人的にとても好きなエピソードでした。