【ミステリと言う勿れ】ライカの正体がついに判明!二重人格疑惑の真相

4巻の終盤、温室に現れた美女ライカ。

「自省録」を使った数字の暗号で主人公久能整と会話したり、春には自分はいなくなると言ったり、謎多き存在のライカは一体何者なのか?今までの考察と最新刊8巻で明らかになった正体をまとめてみました。

謎の美女ライカどんな人?

数字の暗号で話すライカ

引用元:ミステリと言う勿れ

ライカの初登場は4巻episode7暖かいのか温かいのか、写真に映り込んだ「直毛の人」を探していた久能は、サラサラストレートのロングヘアー美女の登場にすぐピン!ときて久能とライカは初対面です。

数字を使った暗号で会話をする謎の美女ライカは

  • 「千夜子」という妹がいる
  • 頭の病気で入院している
  • 桜が咲く頃には私はこの世にいない
  • 「自省録」を丸暗記していてそれを使った数字で久能に指示してくる
  • きまって午前、午後3時に待ち合わせ
  • 無断外出をしているので1時間以上ベッドを空けられない

などと言います、謎が多すぎますよね。

ライカは二重人格?考察!

謎多き美女ライカですが二重人格なのではないか?と思っいて、ネット上でも同じように考察している方がとても多い印象ですが、なぜライカが二重人格だと思ったか理由をあげてみます。

でももし本当にライカが二重人格なのだとしたらせっかく仲良くなって惹かれている久能には少し辛い話だなぁと思っているのですが。

5巻に登場する放火犯に頼んだ過去がある

亡くなった放火犯に暗号で話しかけるライカ

引用元:ミステリと言う勿れ

家に放火して子供を虐待している親を焼き殺しているという炎の天使、井原 香音人(いはら かねと)と下呂 陸人(おりと ろくた)が登場する回。

香音人自身も幼少期に母親から虐待されており偶然の火事によりその母親が亡くなった経験でその時に感じた爽快感が忘れられず、自分は炎の申し子だ、炎を司る能力があると思い虐待されている子供に許可をとって放火しているという回です。

そんな香音人に対しライカは暗号で「感謝する、君の火に助けられ、苦悩は過ぎ去り、私は喜びに満ちている」と伝え、この時にも「私が決断した、千夜子は何も知らない」と話します。

ライカもまた幼少期に虐待を受けていたので、虐待から千夜子を守るため二重人格になってしまいライカが生まれたのでは?と感じました。

ライカは桜が咲く頃にはこの世にいない

桜の木の下で春には自分がいなくなると話すライカ

引用元:ミステリと言う勿れ

久能と知り合ってすぐにライカはこのことを伝えますが、この時クリスマスプレゼントの話をしているので漫画の中は12月、そうすると桜が咲くころまで余命はあと3〜4ヶ月、そのわりにはとても元気そうに見えます。

のちに初詣に行き焼肉を食べたりもしますので身体的には健康なのか?また頭の病気で入院していて食事制限はないという事なので、春にライカがいなくなる(亡くなる)というより、ライカという『人格』がいなくなるということなのか?と思ったからです。

無数のリストカットのような傷がある

焼肉屋でライカの手首の傷を見つける久能

引用元:ミステリと言う勿れ

初詣後に寄った焼肉屋さんで見えた手首の傷、それに気付き久能がハッとするとライカは「私が自分でやったわけではない」と言います。

虐待されていたようなのでその時の傷なのかとも考えられるが虐待でそんなことするかな?という疑問が生まれますし、もし二重人格ということになれば元の人格『千夜子』がやった、という事が考えられるのでは?と感じ、以上のことからライカは二重人格だと考えられました。

ミステリと言う勿れ
5

話題沸騰★ 青年・久能整! ついに登場!! 『BASARA』『7SEEDS』の田村由美、超ひさびさの新シリーズがついに始動!! その主人公は、たった一人の青年! しかも謎めいた、天然パーマの久能 整(くのう ととのう)なのです!! 解決解読青年・久能 整、颯爽登場の第一巻!! 冬のある、カレー日和。アパートの部屋で大学生・整がタマネギをザク切りしていると… 警察官がやってきて…!? 突然任意同行された整に、近隣で起こった殺人事件の容疑がかけられる。しかもその被害者は、整の同級生で…。次々に容疑を裏付ける証拠を突きつけられた整はいったいどうなる…??? 新感覚ストーリー「ミステリと言う勿れ」、注目の第一巻です!!

最新刊8巻でついにライカの正体が判明

ライカに似た目が虚な女性を見て戸惑う久能

引用元:ミステリと言う勿れ

いつものように病院のライカの元を訪ねる久能、そこで「寒くない?千夜子さん」と声をかけられながら車椅子を押されている女性を見かけ、ちやこ?と振り返る久能はライカにそっくりのその女性をみてびっくりし思わずちやこさんのお姉さんのライカさんと知り合いだ、と話しかけますがこの子には姉はいません、と一掃され、?マークが浮かぶ久能。

その後足湯をしながら話す久能とライカ、さっき千夜子さんを見かけた、そっくりで驚いた、双子だったのか、と聞くとライカは違うと話しはじめます。

ライカの真実は「解離性同一性障害」だったのです。

実はこの世に存在するのは千夜子だけ、ライカは千夜子の「多重人格」という病気のせいで後からできた複数の人格のひとりとして生まれたのでした。

千夜子は幼少期に父親から性的虐待を受けておりそれに耐えきれず生まれたのがライカ、「ライカ」の由来はそんな父親が唯一大切にしていた「ライカ」のカメラ、父親が大事にするカメラになりたいとどこかで思っていたのかもしれない、と話します。

痛みや苦しみや死から千夜子を守るため一時はたくさんの人格があったが、両親の死や入院治療の末、今はライカ以外の人格は統合されて消えておりライカも春には統合して消える約束を先生としたとのこと。

そしてライカは千夜子のときも見えているが、千夜子はライカの人格のときは見えていないので久能のことは何も知らない、だから千夜子には話しかけないでくれ、と説明。

自分は千夜子のレプリカだと淡々と話し驚きと動揺を隠せない久能ですが、数日後久能はライカに、千夜子のレプリカではなく千夜子と共に生き抜いたサバイバーだ、被害者じゃなくサバイバー、アメリカではそんなふうに言われると話します。

その後に触れられた久能の過去の話を聞きライカが「整くんの痛みも変わってあげれたらよかった」といい泣きそうになる久能、その久能の表情のリアルさとライカの気持ちにつらいながらも心がギューとなるエピソードでした。

ライカの二重人格疑惑と本当の正体のまとめ

ライカは二重人格なのではないか?という考察は当たりましたが真実はなんとも苦しく悲しい話でした。

春になると消えてしまうライカと過ごせる時間がどんどん少なくなってしまい別れが切ないですが、8巻もとても気になるところで終わってしまったので早く続きが読みたいです。