【ミステリと言う勿れ】紘子への絵手紙ネタバレ!新幹線でもミステリー!?

バスジャックに出くわしてしまいいく予定であった「印象派展」に行き損ねた久能。

次は広島でやっているとガロに言われ聞きつけどうしても見に行きたい、また広島に行けばなんとなく「ガロくん」に会えるような気がして広島へむかう回での新幹線の中での出来事、原作2巻episode3『つかの間のトレイン』とepisode4『思惑通りと予定外』ネタバレです。

京都には来るな?紘子との出会い

新幹線で隣の席に座る久能と紘子

引用元:ミステリと言う勿れ

広島行きの新幹線で貝づくしのお弁当を食べようとした主人公の久能整の隣の席に「お隣いいですか」とたまたま座った女性が紘子です。

お弁当を食べ終えゴミを捨てに通路に出て思ったより混んでいると思いつつ、席に戻った久能は後ろの席の人に一声かけ背もたれを倒して眠ろうとウトウト。

隣の女性がなにか手紙らしいものを読んでおり、その手元が目に入り思わず盗み見をしてしまい、「きようとにはくるな、京都にはくるな」?手紙を見てそうもらす久能に紘子はわたしに言いましたか?と尋ねると、久能は手紙に書いてあると言いますが、どこを見てもそんなことは書いてなく紘子は不思議がります。

手紙には色んなイラストが描かれていてその頭文字を繋げて並び替える、と久能が説明しつなげてみる紘子、うさぎの「う」にんじんの「に」トンボの「ト」など並べるとやはり先ほど久能が口にした「京都には来るな」になり、ちょうど京都に行くところだった紘子は偶然にしては出来すぎていることに驚き、また毎回手紙にはイラストが書いてあるといい2人は解読してみることにするのです。

紘子宛の絵手紙に隠されたメッセージ

イラストの頭文字を解読する久能と紘子

引用元:ミステリと言う勿れ

他の手紙のイラストからもメッセージを読み解いていく2人、すると「だまされるな」「嘘だ」「危ない」「危険」などとにかく京都には来ないで欲しいととれる内容が書かれているのでした。

気になった久能はこれは誰から誰に宛てられた手紙なのかと聞くと、父から自分に宛てられた手紙だと言いますが紘子には父の記憶は全然ありません。

両親が亡くなったと聞かされており、実母と友達だった育ての親に引き取られ育ったと思ってきた、しかし最近育ての母のクローゼットに隠すようにしまってある手紙を見つけ、何度も自分を返して欲しいと頼んでいる内容であることを知り育ての母が嘘をついていたこと、両親は生きているということを知ったと言います。

ミステリと言う勿れをまんが王国で読む

送り先の住所に手紙を書いてみたら父から返事がきて実母も入院はしているが健在、会いたい、と紘子は手紙のやりとりで知り、育ての母には内緒で京都に向かおうとしているところでした。

絵手紙で伝える必要があったのはなぜ?

実母は父から暴力と支配をうけているのではと気付いた紘子

引用元:ミステリと言う勿れ

もうすぐ結婚する紘子は父にバージンロードを一緒に歩いて欲しいと手紙で伝え、ぜひと言ってくれたのに反対の意味のイラストが描いてあるのはなぜか、と困惑してしまったので、この際全部解読してみようと久能が言います。

読み解いたメッセージは「しんじるな」「ぼうりょく」などでした。

手紙を書いているのは父だがイラストを描いたのはお父さんではないのではないかと考え、文章で伝えることは出来ないが父親に実母が暴力と支配を受けているということを父にバレないように警告を出したい人物、つまり実母が考えた苦肉の策ではないかと推理する久能。

紘子へ実母と育ての母からプレゼント

実母から育ての母への思いを知って涙ぐむ紘子

引用元:ミステリと言う勿れ

紘子は実母からもらったというお守りを大切に持っており、その中の手紙にも同じようなイラスト、それを解読すると「にげて」というメッセージ、また元々入っていたわけではないというターコイズがぽろっと出てきて今の母が入れたのかな、と言います。

すると久能はこれは実母から育ての親に送られたメッセージなのではないかと、古い手紙には紘子を守って欲しい、ありがとうサキというメッセージがあり父から紘子を逃すために託したのではないかと推理するのです。

「サキ」は育ての母の名前だったため紘子は思わず涙を流し久能は席を立ちました。

久能がトイレから戻ると涙ぐみながら「結婚おめでとう」という新しい手紙のメッセージを解読している紘子。

ひとつわかりにくいのがあるが「ひろこ、しあわせで」ときっと書かれているというと、頭文字が違うので解読できないのではないか?と久能は疑問に思うがそれでいいんです、そう思っておきますと紘子は言いました。

[itemlink post_id="40598"]

ネタバレ!絵手紙でのメッセージの真相

バージンロードは一番大事な人と歩いてと言う久能

引用元:ミステリと言う勿れ

電車に乗るたび辺りを見回すという久能は席を移動してどんどん近づいてくる後ろの女性は知り合いかと尋ね、紘子が振り返るとそこにいたのは育ての母でした。

手紙のことも京都に行くことも伝えていなかった紘子は驚きます。

久能はターコイズをお守りに入れたかと尋ね、ターコイズは邪悪なものや危険から持ち主を護る旅のお守りの石、紘子が京都に行くことを知っていたと聞くと手紙のやりとりをはじめたことに気づいてこっそり見たと言いました。

実母と育ての親は幼馴染で「絵手紙」といってこういうイラストで秘密の会話をしていたと話し始めます。

やはり紘子の父親はすぐ暴力をふるう人間で別れろと言っても実母は別れることができなかった、紘子が産まれてから紘子も危険になったため実母から頼まれて預かることになったと、実母は自分が父のそばにいることで紘子を守っていると思っていたと聞かされるのです。

やがて父は病気で急死、母は旦那が死んで病んでしまったが、今も旦那は生きていて旦那から紘子を守っていると思っており、そう思うことで生きる目的ができていると、今の手紙は文章もイラストもお母さんが自分で書いている、これを紘子には言いにくかったと話しました。

そんなことも知らず父とバージンロードを歩きたいなどと浮かれてしまったと落ち込む紘子に、久能はなぜ父親と歩くのが基本なのか、一番大事な人と歩いて、と伝えると育ての親に一緒に歩いてくれる?と頼みお母さんと歩くことになります。

紘子にあなたの結婚式はご両親と歩くのかしら?と聞かれる久能ですが、自分は結婚しないと思う、彼女もいないと話し、気になっている人は行方不明になったとガロの話をしました。

関連記事

ミステリと言う勿れに登場する重要人物 犬堂 我路(いぬどう がろ)、物語に大きな影響を及ぼす超重要キャラクター。 初登場からイケメンが出てきた!と読者からは大人気の1人で、何より主人公 久能 整との関係に萌えている人が多いとか。 […]

見つめ合う久能とガロ

紘子は2人で守る。本当の事実が判明!

思いを話す育ての親とそれを聞き自分も親孝行したいと言う久能

引用元:ミステリと言う勿れ

京都に到着、久能はイラストが合わなかったことを育ての母に尋ね、紘子は「ひろこしあわせで」と読んだけれど、久能の解読は「ふたりでころした」だと伝えました。

本当は父を2人で殺したのではないかそして実母が病んだのではないか、と尋ねます。

絵手紙は読みたいように読める、「幸せで」と読んだのならそれが正しいと答え、これからも2人で紘子を守っていく、そしてターコイズは友情の石、学生時代に送り合ったものだと話し、久能も育ての親がいるので孝行しなければと伝え、母は新幹線を降りて行きました。

広島に到着した整はまた新たな出会い

男性に絡まれている女性を見て驚く子供

引用元:ミステリという勿れ

広島に到着し念願の「印象派展」に入った久能はマグネットを買ったり満喫してきた様子です。

その後慣れた様子で原爆ドームに行って手を合わせたり宮島の思い出を思い出したりする久能、そんな中街で女性が男性2人に絡まれている場面に出くわします。

少女は驚いて持っていた風船から手を離してしまい捕まえる久能。

女性に「助けて」と言われますが「イヤです」とはっきり断り「好きにしてください」と言うとお芝居でしょ?と見破るのです。

その女性は新幹線で後ろの席にいた女性でした。

その後の美術館でも原爆ドームでも見かけており観光ルートではあるからありかなとは思っていたが、ここまで来ると変だと思ったようで、また絡んでいる男性達もお店のものにはぶつからないように注意している様子にお芝居だと思ったと話します。

少女をフォローする久能

驚く少女をフォローする整

引用元:ミステリという勿れ

絡まれている様子を見てしまった少女は怖くて震えている様子でした。

久能はお芝居だからねごめんね、と話しかけ戦隊シリーズのショーみたいなやつと言うと男性2人もポーズを決めます。

何にも怖くないと話し風船を返すと少女は「ありがとう」と言い母親の元に戻りました。

子供は乾く前のセメントのようで落としたものの形がそのまま後になって残ってしまうそんな児童心理学者の言葉がありフォローをした様子です。

そんな話を女性にすると、女性は久能を東京からつけてきたと話しました。

東京からつけてきていた女性の正体は?

女性はガロの知り合いとわかり興味を示す久能

引用元:ミステリという勿れ

女性は新幹線での久能をずっとみており、椅子を倒すときに断る珍しい人だと思ったことや絵手紙のことなど、そして危ないときに助けてくれる人かどうかどう出るかをみていたと話します。

75点、まあ合格、ガロちゃんの代わりにはならないけど、と言うとガロちゃん??と反応する久能。

ガロちゃんで我路くん?と俄然興味を持つ久能に命とお金がかかっているから力を貸して欲しい、バイトしませんか?と尋ねる女性に、話が見えないにも程があると困惑してしまいます。

ドーナツおごるからと女性と一緒にドーナツ屋に行き、「狩集 汐路(かりあつまり しおじ)」と言う名前だと聞くと我路くんと同じで路がついている、と漏らす久能、それよりガロくんって本当に犬堂我路?連絡取れる?と聞くと多分外国にいる、連絡取れないと返されました。

そこでばったり汐路のいとこに会い、もうみんな集まっているぞと言われ汐路の家に行くことになり、そこでおじいさんの遺言書が公開されるとのこと、久能が頼まれたバイトの内容とは?そこで原作2巻は終了です。

紘子の手紙のメッセージの秘密のまとめ

今回は新幹線の二時間ほどの話ながら、やはり主人公はとても濃い出会いをしてしまう?巻き込まれてしまう?回でした。

手元がチラッと見えただけで隠されたメッセージを解読してしまう久能はあいかわらずさすが。

真相は暴力を振るお父さんを幼馴染であり仲良かった2人の母親が殺してしまった、そんな2人の母親の愛情ゆえにやってしまったことが悲しくもあり感動的でもあり、少し切ない語です。

今後紘子と母2人は幸せになって欲しいなぁと思いました。

広島に到着しガロの知り合いに出会う久能、バイトの内容はなんなのか?またガロと久能2人の再会はあるのか?また続きが気になるところで2巻は終わるのでした。

【ミステリと言う勿れ】を試し読みする

[itemlink post_id="40598"]
>ねるBL

ねるBL

☆BL作品は最近立ち上げたばかりの姉妹サイトをご覧ください。