【呪術廻戦】停学中の秤とは何者か?停学になった理由と登場回

原作では渋谷事変が終幕、新章が始める呪術廻戦ですがこれまでの話で登場していない人物が一人いるのですが覚えていますか?

停学中の『秤』ですが原作では顔だけ登場しており、これまでの話で登場していません。

なぜなのか考察しまとめましたので紹介します。

秤とは誰か?

まず秤のプロフィールを紹介します。

五条悟が優秀な生徒で名前を挙げている乙骨勇太と秤の顔

引用元 呪術廻戦

  • 東京都立呪術高等専門学校3年、現在停学中
  • 苗字『秤(はかり)』名前は不明

現在原作では秤の詳しい情報は全くなく謎が多いキャラクターですが、五条悟(ごじょうさとる)に一目置いている生徒です。

秤の顔は何巻に登場するか

呪術廻戦で登場していない謎のキャラクター秤の顔 引用元 呪術廻戦

秤の顔が描かれているのは『2巻11話ある夢想』で顔だけ登場しますが、全身描かれていません。

顔からの判断で口髭がありドレッドヘアーをしている事からヤンチャっぽい感じです。

マンガ呪術廻戦を読むなら【まんが王国】
5

まんが王国のバナー広告

・毎日最大50%のポイント還元なのでまとめ買いするなら一番お得
・レビューコメントをするとクーポンがもらえる
・無料で読める漫画が3,000作品以上!
・「じっくり試し読み」なら数十ページ~1冊丸々無料で読める
・まんが王国だけでしか読めないオリジナル作品も要チェック! 
・月額コースのボーナスポイントで超お得になる

アニメで呪術廻戦を見るなら【dアニメストア】
5

・初回加入時は31日間無料
・アニメ見放題月額440円(税込)
・DLすれば、いつでもどこでも視聴可能
・劇場版やOVAも見れる

秤は何級呪術師なのか?

五条悟が生徒のレベルが急激に上がってきている説明をしている時に秤の名前をあげているシーン

引用元 呪術廻戦

階級は不明ですが、五条悟が「僕に並ぶ術師になる」と発言していることから乙骨勇太(おっこつゆうた)・東堂葵(とうどうあおい)・虎杖悠二(いたどりゆうじ)と並ぶぐらいレベルが急激に上がってきている呪術の持ち主であるのは確かです。

乙骨勇太は特級呪術師、東堂葵は1級呪術師、虎杖悠二は1級査定保留中と考察すると秤は2級呪術師以上ではないかと考えられます。

秤が停学になった理由

東京都立呪術高等専門学校3年生をボンクラが停学中と1年生に教える禅院真希

引用元 呪術廻戦

秤が停学になった理由は不明ですが、単行本2巻10話雨後(うご)で伏黒恵(ふしぐろめぐみ)と釘崎野薔薇(くぎさきのばら)に京都姉妹校交流会に出てほしいとやりとりをしている時に、禅院真希(ぜんいんまき)が「3年のボンクラで停学中なんだ」の発言があります。

この発言から考えると「ボンクラ」という先輩が秤なのは確かです。

何故停学になったかは詳細不明ですが、禅院真衣の「ボンクラ」発言をもとに考察すると任務中に何か私事が入り、呪術師として禁じられている式術を発動し膨大な被害を出した、がこれまでのストーリー内容で考察した結果で可能性が高い。

もしくは呪術界のお偉いさんの怒りを買う事件を起こし停学になったことも考えられます。

もし禁じられている式術を発動し一般人を巻き込み他界させるのは重大問題なので、停学ではなく重い刑罰になる。

許可していない呪具を持ち出し使用するや他の呪術師や姉妹校の京都府立呪術高等専門学校で乱闘騒ぎを起こし被害を出すのも問題ですが、これまでのストーリー内容で考えると停学にはせず学長の夜蛾正道(やがまさみち)から拳か正座でみっちり説教するぐらいでしょう。

そして禅院真希が「ボンクラが停学中」とはっきり発言していることから、もし禅院真希が秤に会ったことがなければ「ボンクラだと聞いた」や「知らないが停学中」「会ったことないが停学中」のような発言をしていると思われるので、1年前に停学になったのは確かです。

東京都立呪術高等専門学校3年生が何人いるかも不明なので、3年生は秤の1人だけか同期が「いる」か、もしくは「いたか」も不明。

秤と乙骨勇太は会ったことはあるのか?

1年生の頃の禅院真希と乙骨勇太が教室で寮に誰もいない説明を禅院真希がしているシーン

引用元 呪術廻戦

0巻 東京都立呪術高等専門学校の『第3話 弱者に罰を』のストーリーで禅院真希が乙骨勇太と教室で話をしている会話で「2年は前から京都に遠征中だったからな」と言っていることから考察すると、

  • その時まだ秤は停学中ではなく京都に遠征しており、転校してきた時2年はもともと京都に遠征していており会っていない
  • もしくは京都の遠征時から停学になっており学校にはいなかった

とも考えられます。

さらに1年前の姉妹校交流会で乙骨勇太は人数合わせで参加し乙骨勇太の圧勝だったらしいと、4巻32話反省でパンダが話ていて、姉妹校交流会に秤がいたのかは不明ですが、

  • 1年前の姉妹校交流会で秤がまだ停学中ではなく交流会に参加していたら乙骨勇太に人数合わせの誘いはなかった
  • もしくは2年生は重大任務中で姉妹校交流会に参加できず当時の3年生と人数合わせてで乙骨勇太が参加した

加えて4巻32話反省の禅院真希が「里香の解除前だったからな」の話で推測すると、当時1年生だった禅院真希・パンダ・狗巻棘(いぬまきとげ)は会ったことがあっても転校生の乙骨勇太とは会ったことはない。

以上のことを踏まえると秤は乙骨勇太と会ったことはない可能性が高いでしょう。

もし秤が1年前の姉妹校交流会に参加しており、五条悟が乙骨勇太に人数合わせで行ってきてと無理矢理参加させていたら、秤とは顔合わせで会っているかもしれません。

秤が停学になった理由と登場回のまとめ

  • 東京都立呪術高等専門学校3年、現在停学中
  • 秤の登場は2巻16話で顔だけ出てくる
  • 五条悟に一目置いている生徒で「僕に並ぶ術師になる」と名前を挙げていることから、レベルが急激に上がってきている呪術の持ち主

秤の情報はかなり少なく3年生の話題の会話や今までのストーリーの内容から考察した結果なので、これが全て当てはまっているわけではありません。

新章で登場するのかそれとも意外な展開で登場するか、芥見下々先生次第ですが謎が多いキャラクターなのでいつ登場するかとても楽しみです。

登場した時は何故停学になったのか理由など判明できたらいいですね。