【呪術廻戦】両面宿儺の強さは?術式や両面展開についても解説

様々な術式を持ったキャラクターが登場する呪術廻戦ですが、その中でも作中最強格なのがラスボスである「両面宿儺」です。

あの五条をして「完全復活した場合はキツい」と言わしめる実力を持ち、領域展開やその術式など未だ謎に包まれる存在でもあります。

今回の記事では両面宿儺の能力についてまとめ、その強さの秘密を探りました。

呪術廻戦のラスボスである両面宿儺はどんなキャラクター?

両面宿儺について五条悟が秘匿死刑が決定した虎杖悠二に説明するシーン

引用元:呪術廻戦

「呪いの王」とも称される両面宿儺は腕が四本に顔が二つある仮想の鬼神で、千年以上前に実在した人物でもあります。

術師全盛の時代、術師は総力をあげて両面宿儺に挑みますが敗れ、死後「両面宿儺の指」として二十本の特級呪物になった後も消し去ることは出来ませんでした。

「行動の指針は己の快・不快」という説明が入るまでに自己中心的でありながらも、自身に真っ向勝負を挑み敗れた特級呪霊・漏湖の実力をちゃんと認めているなど、媚びへつらうことのない強者を気に入る傾向が。

現在は虎杖悠二が両面宿儺の指を取り込んだことにより虎杖の中にその人格を宿しており、虎杖は器として稀に見る逸材なので自由に肉体を支配することは出来ませんが、それでも虎杖の内面から伏黒達の状況を見ていたり、虎杖が大量に両面宿儺の指を取り込み制御できなくなった際には渋谷を壊滅に追い込んだりと、邪悪な心と凶悪なまでの強さは健在です。

ちなみに、虎杖の内面世界では腕が四本あるからか女物の着物を着用。

両面宿儺は実際の伝説でどのように語られているのか

呪術廻戦の両面宿儺の巻頭カラー

引用元:呪術廻戦

五条の説明の通り両面宿儺は日本で実際に語り継がれてきた鬼神であり、その記述は「日本書紀」にまで遡ることが出来ます。

日本書紀において両面宿儺は「飛騨国に現れた鬼神で二つの顔を有し、左右に剣を帯び四本の手で弓矢を用いていた」と記述、また後世においても飛騨から美濃にかけて伝承が残り、千光寺や善久寺では寺院の縁起に関わる英雄のように崇める伝説も。

なんにせよ、九相図や疱瘡婆と現実の伝承などが元ネタに多く用いられる呪術廻戦において、頭一つ抜けた古代の伝説クラスのキャラクターであることは間違いありません。

両面宿儺の術式はどんな能力?

呪術廻戦14巻にて両面宿儺が領域展開したのちに術式「解」「捌」についての説明が入るシーン

引用元:呪術廻戦

一つの術式の質を高めたり応用させることが多い呪術師ですが、呪いの王たる両面宿儺は「■」「開」と詠唱することで複数の術式を操る描写があります。

今明らかになっている術式としては、通常の斬撃「解」、呪力差や強度に応じて一太刀で対象を卸す「捌」、それに加え大地への恐怖から生まれた特級呪霊・漏湖にも勝る炎を操る術式があります。

ちなみに「■」「開」という詠唱は芥見下々先生の過去の読み切りが元ネタになっているので、芥見先生の過去作がこれからも呪術廻戦に登場する可能性も。

マンガ呪術廻戦を読むなら【まんが王国】
5

まんが王国のバナー広告

・毎日最大50%のポイント還元なのでまとめ買いするなら一番お得
・レビューコメントをするとクーポンがもらえる
・無料で読める漫画が3,000作品以上!
・「じっくり試し読み」なら数十ページ~1冊丸々無料で読める
・まんが王国だけでしか読めないオリジナル作品も要チェック! 
・月額コースのボーナスポイントで超お得になる

アニメで呪術廻戦を見るなら【dアニメストア】
5

・初回加入時は31日間無料
・アニメ見放題月額440円(税込)
・DLすれば、いつでもどこでも視聴可能
・劇場版やOVAも見れる

両面宿儺の領域展開である伏魔御厨子はどんな能力なのか

異戒神将魔虚羅に対し両面宿儺が渋谷で領域「伏魔御厨子」を展開するシーン

引用元:呪術廻戦

両面宿儺はその術式だけでなく領域展開も特殊で領域「伏魔御厨子」は他の術式と異なり結界で空間を分断せず、相手に逃げ道を与えることで半径200mもの必中効果範囲を獲得しています。

更にこの領域内で使用出来る術式は一つに限られておらず、渋谷事変編で魔虚羅に使用した際には呪力を帯びたものには「捌」、呪力のないものには「解」と使い分けする描写も。

五条悟の「無量空処」や漏湖の「蓋棺鉄囲山」のように領域内に引き入れた時点で勝利可能というものではありませんが、それを補って余りある強さを誇ります。

両面宿儺の強さ

呪術廻戦14巻の表紙で、宙に両面宿儺の指が浮かぶ中、口元に手を当てている両面宿儺

引用元:呪術廻戦

両面宿儺は作中でもほぼ最強であり、指十五本の状態ですら特級呪霊・漏湖を得意分野の炎の術式で圧倒し、禪院家相伝の術式「十種影法術」において最強の式神「八握剣 異戒神将魔虚羅」も特性を瞬時に見抜き討伐していました。

強力な術式に加え、式神や術式など呪術界全般の知識があることも両面宿儺の強みであるといえます。

同じく作中最強格である五条悟も完全復活した両面宿儺はキツいと伏黒に語っており、間違いなく呪術廻戦の中でもトップクラスの強さを誇るキャラクターであると言えます。

両面宿儺はこれからどのように物語に関わっていくのか

少年院にて虎杖の体を奪った宿儺と虎杖の体を治させようとする伏黒が近接戦闘するシーン

引用元:呪術廻戦

渋谷事変編も終盤を迎えた現在、虎杖には15本の両面宿儺の指が集まっており、これから両面宿儺がメインストーリーに関わってくることも多いでしょう。

今のところ、両面宿儺の最大の目的は自身の完全復活であり、それには伏黒を利用しようとしていることから伏黒と絡む展開があるのではないでしょうか。

また、両面宿儺が完全復活した後に現在呪術界に何かアクションを起こそうとしているのであれば、それも今後の展開に関わってくるでしょう。

肉体の支配権を奪われつつある虎杖との関係性も必見であり、五条が封印され両面宿儺を止められる人物がいない現在、両面宿儺の動向は全ての読者が気になる所です。

まとめ

今回は呪術廻戦のストーリーの根幹に関わる人物にして最悪の敵である両面宿儺について人物像や実際の伝承、能力についてまとめ、その強さに迫りました。

最新話では夏油の偽物である加茂憲倫が虎杖の出生に絡んでいることを示唆する描写もあり、今後の展開では両面宿儺とその器・虎杖悠二の謎も次第に明かされていくことになるでしょう。

両面宿儺の謎について、そして虎杖達が最終的にどうやって両面宿儺を撃破するのか、これからの呪術廻戦も目が離せませんね。