呪術廻戦の夏油傑は偽物でその正体は既に作中に登場していた!?

アニメも絶好調でますます人気の高まる漫画の呪術廻戦の中でも、最も謎に包まれたキャラクターが夏油傑です。

夏油傑は物語の序盤から登場し呪術高専と敵対する悪役としての風格を見せながらも、8・9巻で描かれた五条悟との過去編ではその背景が描かれ高い人気を得ました。

しかし11巻では、今まで登場していた夏油傑は偽物だったという驚愕の事実が明かされることに。

そこで今回は、

  • 夏油傑が偽物だと判明したシーン
  • 偽物の正体は何者なのか

この2つの気になることを検証、考察をしていきたいと思います。

夏油傑は偽物であることが第90話で判明

夏油傑が頭蓋骨を外して中身の脳みそを見せながら自分が偽物だと打ち明ける

引用元:呪術廻戦

11巻第90話で五条悟を獄門疆で封印するために姿を現した夏油ですが、そんな夏油傑に違和感を感じた五条悟は「オマエは誰だ!!」と正体を問いただします

「なんでわかるんだよ」と言いながら夏油傑が縫合糸を抜き頭を開くと、そこには奇妙な脳が入っていました。

そして夏油傑の偽物が真実を明かします。

偽物いわく、

  • 「自分の術式は自分の脳を他人の体に移すことで肉体を転々と入れ換えられる」
  • 「入れ換えた肉体に刻まれた術式は自身も使うことが出来るようになる」
  • 「夏油傑の呪霊操術が欲しくて、五条悟が過去に殺した夏油傑の遺体を乗っ取った」

この展開はファンの間でも大きな話題になり、夏油傑の肉体に入っていた偽物は誰なのか?という考察と議論が飛び交いました。

呪霊と手を組んで高専に敵対する、この偽物の正体は誰なのでしょうか?

夏油傑の偽物の正体は加茂憲倫(かも のりとし)が有力

呪術廻戦で加茂憲倫の説明のコマ

引用元:呪術廻戦

私は、夏油傑の偽物の正体は加茂憲倫ではないか?と予想しています。

加茂憲倫は7巻で登場した明治初期の呪術師で壊相や血塗などの特級呪物の呪胎九相図を産み出した人物であり、呪術界の御三家でもある加茂一族ですが、彼は史上最悪の術師として作中に登場。

ではなぜ加茂憲倫が偽物の正体であると考察したのか?そこには3つの理由があります。

理由① 夏油傑の偽物の発言から正体が考察可能

夏油傑と冥冥が対峙するコマ

引用元:呪術廻戦

夏油傑の偽者が操る特級特定疾病呪霊の疱瘡神を冥冥が突破し偽物と対峙した時、「やるじゃないか 最近の術師にしては」と口にしたのですが、この発言が偽者の正体が加茂憲倫だと考察した一番の理由です。

冥冥を「最近の術師」と表現しているということは、偽物は現代より前の時代に生きていた術師であると考えられるのですが、前述のように加茂憲倫が術師として活躍したのは明治初期。

つまり、偽者の正体が加茂憲倫だと考えると、この発言は明治に生きた加茂憲倫が現代の術師である冥冥を「最近の術師」と呼んでいる構図であると分かるのです。

理由②偽物の目的と夏油傑の術式の関係

夏油傑が頭を開け話すコマ

引用元:呪術廻戦

次に偽物の目的に着目しました。

夏油傑の偽物が呪霊と手を組み暗躍する目的はまだ作中で明かされていませんが、偽物が夏油傑の体を乗っ取った理由は「夏油傑の呪霊操術が欲しかった」というもの。

呪霊操術は格下の呪霊を使役する術式となっているため、偽物の目的は呪霊を集めて従わせることがキーとなっているのです。

一方、加茂憲倫は多くの呪術文化財を残した人物であり、呪胎九相図のような特級呪霊にもなりうる呪物を多く産み出していたと考えられるため、自分が作った特級呪霊達を呪霊操術により操るために夏油の肉体を乗っ取った、という動機から加茂憲倫が偽物の正体だという考察が成立します。

理由③ヒントは既に描かれていた

加茂憲倫の説明のコマ

引用元:呪術廻戦

加茂憲倫というキャラクターが本編で初登場したときのコマで顔のほとんどが影に覆われ隠れてしまっていますが、加茂憲倫が偽物の正体だと考えるとこのコマのあることに気がつきます。

夏油傑の頭の縫合糸があった位置が、影によってちょうど隠れているのです。

額に頭蓋骨を結うような縫い目がある夏油傑

引用元:呪術廻戦

夏油傑の偽物の術式は脳を取り出し別の肉体に移すというものなので、どうしても頭に縫合の痕が残ります。

逆に言えば、偽物は頭に縫合の痕がある人物だということになり呪術廻戦には多くのキャラクターが登場しますが、夏油傑以外には頭部に縫合糸のあるキャラクターはいません

そんな中、加茂憲倫が唯一登場したシーンで頭が隠されているというのは偶然とは思えませんし、作者の意図(伏線)を感じます。

呪術廻戦の第133話で更に夏油の偽物の伏線が張られている

ボロボロになりながらも立ち上がる虎杖を見て偽物は我ながら流石と言うべきか宿儺の器タフだねと笑みを浮かべながら話す夏油傑

引用元:呪術廻戦

週刊少年ジャンプに掲載された呪術廻戦の第133話で、夏油傑の更なる伏線が話題になりました。

このコマは夏油傑の偽物が虎杖悠二に呪霊のラッシュを仕掛けた後のシーンで、ボロボロになりながらも立ち上がる虎杖を見て、偽物は「我ながら流石と言うべきか」「宿儺の器 タフだね」と笑みを浮かべながら言ったのです。

この発言から夏油傑の偽物は虎杖悠二が両面宿儺の器であることに関わっているということが判明しました。

まとめ

漫画もアニメもますます熱くなっている呪術廻戦において、夏油傑の偽物の正体はこれからの物語の核となる重要な部分です。

今回はその正体を加茂憲倫だと考察しましたが、あなたはどう思ったでしょうか?

加茂憲倫は登場回数の少ないキャラクターで、これから明かされていく情報も多いと思います。

夏油傑の偽物の正体を判明するために、

  • 今後の偽物の発言や動向
  • 加茂憲倫についての記述

に注目しながら、呪術廻戦を読んでみると面白いですね。