エマレイギルダドンアンナ

約ネバ7巻表紙エマレイギルダドンアンナ
引用元:ジャンプ公式サイト

子どもたちが楽しく仲良く暮らしていた孤児院が、実は鬼のエサとして育てられる「農園」だった・・・そんな衝撃の事実から始まる週刊少年ジャンプにて連載中の「約束のネバーランド」にはたくさんの子どもたちが登場します。

その中で今回は「アンナ」という女の子に注目。

アンナって誰だっけ?と思ったそこのあなたもぜひ読み進めてみてください。

約束のネバーランドでアンナが人気の秘密

エマ・ノーマン・レイといった成績優秀でみんなのリーダー的存在の中心人物たちと比べると主要キャラとはとても言い難い少女・アンナですが、誰だっけ?と言われてしまう一方で実はものすごく読者人気が高いのです。

登場回数は多いとは言えませんが、なぜか気になる存在のアンナを紹介していきます。

長い髪が特徴アンナのプロフィール

アンナ、クローネ、ナット、トーマのプロフィール
引用元:原作2巻26ページより

公式プロフィール「物静かだが心が強くみんなに優しい」

アンナはおさげにした長い三つ編みが特徴の9歳の女の子で農園の中で最年長のエマたちより1つ年下なので年長組に分類されていて、とてもおとなしい性格で目立つ言動は少なくみんなを引っぱるタイプではありませんが、フィルやジェミマなど小さい子たちの手をひいて、いつも面倒見てあげている姿が描かれており優しい性格であることがうかがえます。

農園では小さい子たちとともに洗濯をしたりガーデニングをして過ごすとても女の子らしく可愛いアンナは、エマがみんなに呼び掛けた脱走の練習のための鬼ごっこも一生懸命こなし、小さい子どもたちのこともいつもサポートしてあげて、エマたちを心底信用して協力する覚悟を持った芯のある女の子です。

当初長い三つ編みのおさげでしたが脱走のときに三つ編みをばっさり切って短くなってから2年ほど経ち、現在ではヘアアレンジされたロングヘアに変わっています。

エマ・ノーマン・レイの三人はこの小さな孤児院で幸せな毎日を送っていた。しかし、彼らの日常はある日突然終わりを告げた。真実を知った彼らを待つ運命とは…!?

読者人気ランキング5位!主人公に次ぐ高順位

アニメ版手を組むアンナ
引用元:anime.comより

第一回「約束のネバーランド」人気投票ランキングの結果でアンナは1564票を獲得し堂々第5位にランクインしており、中心人物であるエマ・ノーマン・レイそして黒幕では?と疑惑のあるフィルに次ぐ順位でした。

  1. エマ   5581票
  2. ノーマン 4763票
  3. レイ   4651票
  4. フィル  2094票
  5. アンナ  1564票

登場回数は少なめであるにも関わらずこの高い順位は、アンナの可愛いビジュアルとなにより芯のある強い心に胸を打たれた読者が多かった表れではないでしょうか。

アンナとレイの関係

アンナを追っていくとなぜか主要キャラのレイがよくいっしょに登場していますが、これは偶然なのでしょうか?はたまた伏線?

気になるアンナとレイの関係を探ります。

アンナはレイのことが好き?

レイの自殺を偽装したエマ
引用元:原作4巻174ページより

ノーマンが考えた農園脱走計画はレイが焼身自殺したかのように監視員・ママに見せることが非常に重要でしたが、頭の切れるママを欺くには入念な準備を必要であたかも人(レイ)が焼けたかのように演出するためにキーポイントだったのが「匂い」です。

衣類を燃やすこともちろんですがそれに加えハムやソーセージ・髪の毛をいっしょに燃やすことでより人が燃えているリアリティを演出したかったノーマンは、髪の長かったアンナから髪の毛を提供してもらい見事にママを騙すことに成功します。

アンナが長く伸ばしていた髪の毛を提供したのはレイが自殺をしてみんなを助けることを止めさせるためであり、髪を切らせてしまって申し訳ないと謝るレイに対して「そんなこと」と一蹴。レイのためなら髪を切ることなど厭わないアンナが素敵でした。

無事に脱獄を達成し外の世界に飛び出したエマたちは、囲われた農園とは違う危険で溢れた外の世界で何度も生死の危機に直面しますがそんな中でもアンナはレイに「誕生日おめでとう」と真っすぐに伝えます。

またエマたちと一時的に別行動をとったレイが戻らないことに不安がって「何かあったのかな?」とレイのことをとても心配するアンナもいました。

レイが驚くアンナの言動

立候補するアンナに驚くレイ
引用元:原作14巻11ページより

あまり感情を表に出さないレイが目を見張るほど驚いたアンナの言動は、前述の脱走のために髪の毛を提供したことともう一つ、怪我を負った仲間のために危険だらけの農園に再び侵入するメンバーにアンナ自ら立候補したことです。

できるだけ戦力になるメンバーには防衛として残ってもらい多少医療の知識がある自分が行くべきだとアンナ自ら判断・立候補したのですが、他のメンバーからもアンナの医療知識の高さや勤勉さは認められておりアンナは薬を取りに行く任務に抜擢されました。

農園からの脱走したあとエマたちについて行くのが精一杯だったのかと思いきや、自分でやれることを探し密かに医療の勉強していたアンナはいまや大きな戦力に成長していたのです。

結局エマとアンナのことが心配でレイも危険な任務に同行することになり、運動量の劣るアンナをレイは常にサポートしながら進み、恐怖から解放されて泣き出すアンナをレイはほっとした表情で見つめていて他の仲間とは違う感情を持っていそうな雰囲気がありませんか?

エマ・ノーマン・レイの三人はこの小さな孤児院で幸せな毎日を送っていた。しかし、彼らの日常はある日突然終わりを告げた。真実を知った彼らを待つ運命とは…!?

まとめ

「約ネバ」は孤児院(農園)で育てられた仲間たちを中心に織りなす物語なので、家族愛や兄弟愛・友情といった要素が強いと思いますが、魅力的なアンナは実はみんなから愛されるヒロイン的存在。物語の中でぜひアンナを探しながら読んでみてください。

これからアンナの登場がますます増えることを期待したいです。

 

おすすめの記事