【月刊少女野崎くん】アニメ版最終回の口パクの内容は?第2期はいつ?

コミック第13巻が発売され、人気連載中の「月刊少女野崎くん」は連載開始から10周年を迎えています。

2014年7月にはテレビアニメ化され、その後は特典アニメやドラマCDの制作などで続編も楽しむことができました。

アニメ版は最終回の演出が話題になっていますが、どういった内容だったのでしょうか。

アニメ版最終回の最後のシーンで野崎は何と言った?

最終回の演出は、エンディングのところで野崎が千代に話しかけたが周りの音にかき消されて上手く伝わらなかった、という内容ですがもう少し掘り下げていきましょう。

アニメ版最終回の内容

アニメ版は全12話で第5巻50号までが扱われ、最終回の前半が「渡せなかったバレンタインチョコ」のお話で、後半が「花火大会」のお話です。

千代は瀬尾と鹿島くんと御子柴の4人で祭りに参加したところ、漫画の資料集めのために若松と2人で来ていた野崎とばったり出会います。

若松に会えたことでテンションの上がる瀬尾が若松を連れて行ってしまったこともあり、千代は野崎と漫画の資料集めも兼ねて一緒に屋台を回ることにしました。

野崎はどんなシチュエーションで口パクをしたのか

イベントごとはカップルが集まるので積極的に参加している野崎は、はりきって色んな写真を撮っていきました。

野崎は「高いところからの画が取りたい」とジャングルジムに上って撮影を始めますが、千代は浴衣で登れず野崎に抱きかかえられてジャングルジムに座らされます。

千代はその瞬間、入学式の日にも抱きかかえられたことがフラッシュバックし、野崎のことが気になりだした日のことを思い出しました。

二人で花火を見ながら思い出に耽っている千代は、不意にポロっと「好きだよ」と口に出してしまいますが、言葉を発した瞬間に花火がやんでしまい、野崎に聞かれてしまいます。

顔を赤くしながら野崎を見つめる千代に対して野崎が返答をしますが、再開された花火の音にかき消されて声が聞こえず、そのままエンドロールへと入っていきました。

野崎の口パクは何と言っていたのか

エンドロールで全登場人物の様子が描かれた後、また千代と野崎の場面に戻ります。

「今なんて言ったの?」という千代に対して、今度は耳元まで近づき「俺も好きだよ・・・花火」と囁きました。

残念そうな表情になった千代でしたが「よくよく考えたら野崎くんらしいなぁ」と笑いだします。

次のネタは花火だなとつぶやく野崎に対して、千代が「うんっ!」と元気に応えて、アニメ全編が終了したのでした。

野崎は本当に「俺も好きだよ、花火」と口パクで言ったのか

アニメ最終話の花火大会は、原作ではりんご飴をかじったところまでで終わっており、最後の一緒に花火を見たシーンは完全アニメオリジナルです。

入学式のエピソードなどは原作にもありますが、花火大会の最高潮のドキドキも相まってとても素敵なシーンになっています。

そういうわけで野崎くんが実際に何と言ったのかは原作の方を調べても分かりません。

野崎は一言しか返事をしていないのか?

アニメをよく見てみると、口パクの時間と耳元で囁いた口数が合いません。

千代に聞き返されて端折った部分がありそうですが、ここでは何と言っていたのでしょうか。

野崎が言いそうな言葉を考えてみました。

「佐倉は本当に花火が好きなんだな」

野崎は千代の自分に対する恋愛感情を知らず、構ってアピールをしてくる千代の真意に気付くことができません。

野崎に会いたい一心でお昼休みに教室までくる千代のことを「食いしん坊なんだな」とか「そういえば必死に飴を欲しがってたな」くらいしか考えないので、好きと急に言われても「あぁ、花火のことか」くらいにしか思っていなさそうです。

「俺も好きだよ。花火も、佐倉も」

漫画の登場人物に言わせたり、アテレコしたりするときはキザなセリフがどんどん出てくる野崎ですので、これくらいのことは落ち着いて言えるかもしれません。

一瞬微笑んでから耳元で言い直しているので、聞こえなかった恥ずかしいセリフをなかったことにしてる可能性はあります。

とはいえ、少女漫画家のくせに女性の気持ちに疎かったり、千代が相手だと急にボケに逃げたりする癖があるので、面と向かって千代にこの言葉を言えるのはまだまだ先になりそうです。

野崎は千代のことを好きなのか?

野崎は千代に目を付けていた理由を「ベタ塗りの技術目当て」であることを告白しています。

とはいえ特に用事がなくても「一緒に帰ろう」と誘ったり、他の女子と明確に差を付けていたりするので、恋愛感情はともかく野崎にとっても大切な人であるのは間違いありません。

周りの友人にいじられて軽いパニックになった千代が大胆な行動に出た時などは、一丁前に顔を赤くし動揺するシーンもありますので、女性として好意を持っている可能性はあります。

しかし初恋すらまだの野崎にとって、この気持ちが恋だと気付くにはもう少し時間がかかりそうです。

アニメ版第2期は実現するのか?

アニメが終了してから7年半、原作漫画10周年も迎え第13巻まで発売されていますが、待望の第2期はあるのでしょうか。

今のところ実現はしなさそう

アニメの放送終了後、原作の続きとなっている演劇部の合宿篇が全6話で特典アニメとして制作されたり、ほぼ完全オリジナルのドラマCD「秋篇」「冬編」が発売されたりと、2015年頃までは活発にアニメ関係のイベントが進行していました。

公式ツイッターも定期的に更新はされており、何かあるのではないかと期待してしまいますが、第2期に関しては全く発表がありません。

アニメ化された時のストーリーのストックもだいぶ溜まってきているし、他の作品でも「一年後アニメ化!」などの発表が増えたことから、2022年中の第2期は無いでしょう。

第2期が制作されるかもしれないポジティブな情報も!

元々原作漫画は進行がゆっくりで新刊が出るのが1年に一度ペースですので、ストックが十分溜まるまでに時間を要する作品でした。

  • DVDやBlu-rayの販売が好調だった
  • 動画配信サイトでの人気や地上波での再放送
  • グッズの人気

から考えるといつ第2期制作が決定してもおかしくはない状況でもあります。

野崎の家族や都ゆかりの大学の友人など数多くの魅力的なサブキャラも登場してきているので、素晴らしい作品になることは間違いないですね。

アニメ版最終回の口パクの内容は?第2期はいつ?のまとめ

野崎くんは「佐倉は本当に花火が好きなんだな。俺も好きだよ…花火」と言ったのではないかと予測できます。

オリジナルストーリーが最終話を彩った野崎くんのアニメですが、ほぼ全編ギャグマンガであるにもかかわらず、可愛い千代や口パクなどのエモい演出を随所に入れており、とても人気の出た作品でした。

第2期の制作決定を心待ちにしながら、原作漫画の方もしっかり読み込みましょう。

【最新刊】月刊少女野崎くん
created by Rinker
「堀政行」は職場で見つけたお色気本の所有者を捜すうちに、とある重大な秘密を知ってしまう…!! 「瀬尾結月」に大チャンス、遂に「若松博隆」の目の前で歌います!! ブログで「夢野咲子」のプライベートが丸裸!? 「鹿島麗」のヤバい友達も初登場してラブ&ギャグが暴走する、少女漫画家男子コメディー。