【東京リベンジャーズ】ドラケンが死亡確定した瞬間と生き返る可能性

関東事変後、東京卍會は解散しました。

その後未来(現在)は変わり、マイキー(佐野 万次郎)を除いた元・東卍メンバーは平穏な生活を送り、幸せに暮らしています。

しかしそんな中、「東京リベンジャーズの主力メンバーである「ドラケン(龍宮寺 堅)」の死亡が確定した」との情報を入手しました。

今回は下記の内容を元に、その事実証明をしていきたいと思います。

  1. 関東事変を経て現在(未来)に帰ってきたタケミチが見た景色
  2. 未来(現代)のマイキーの姿とは
  3. 10年前にタイムリープしたタケミチだが、その世界とは一体どうなっていたのか、その詳細を解説!
  4. ドラケンが死んだのは本当か!?またその経緯とは!?
  5. 今後生き返る可能性はあるのか?
  6. まとめ

※今回の記事は最新話の情報が含まれています。ネタバレにご注意ください。

ドラケンが死亡確定した理由と経緯

物語のキーマンであるドラケンの死亡した理由と経緯はどのようなものがあるのでしょうか?

関東事変を経て現在(未来)に帰ってきたタケミチが見た景色

過去から帰ってきたタケミチを出迎えるヒナ

引用元:東京リベンジャーズ 第193話

関東事変が終結し、タケミチは未来(現代)にタイムリープしました。

そこは、パーちん(林田 春樹)の結婚式に参加している途中で、橘 ヒナタはもちろんのこと、橘 ナオト、ドラケン、松野 千冬や元東卍メンバーが参加していたのです。

未来(現代)で死んでしまった人達みんなが生存している幸せな世界が訪れ、タケミチは幸せな日々を過ごしていました。

ある日タケミチがテレビを観ている時に日本最大の犯罪組織「梵天(ぼんてん)」の特集を目にします。

特集の中で、関東事変で死亡した黒川イザナに似た白髪と、イザナがしていたピアスのタトゥーを入れた男の姿が映されました。

後日タケミチはヒナタと一緒に、スマイリー(河田 ナホヤ)とアングリー(河田 ソウヤ)が経営しているラーメン屋双悪(スゴアク)を訪れ、東卍解散の時に撮った写真が飾ってあるのを見つけます。

ふと、マイキーの消息を訊ねた際に2人は「10年以上会ってないから知らない」と答え、梵天白髪の男の姿を思い出し、嫌な予感がしたタケミチは、ドラケンを問い詰め、パーちんの結婚式の時、ドラケンと千冬は”マイキーは海外で経営している飲食店が忙しく、パーちんの結婚式には参加できなかった”と言っていました。

しかし、それはタケミチを心配させたくないためについた嘘で、実はマイキーと元東卍メンバーは12年前に決別したため、現在マイキーの生死も分からない状態になっていたのです。

タケミチはナオトに詳細を調べてもらい、梵天のトップがマイキーであることが判明しました。

過去(12年前)のマイキー事情を聞くために、過去(12年前)に戻ろうとナオトと握手しますが、ナオトに”ヒナタを救うという過去を変えたい強い気持ち”が無くなったため、「トリガー」としての役割を終えてしまっており、過去に戻れなくなってしまっていました。

途方に暮れていたタケミチでしたが、羽宮 一虎を協力得て梵天が潜伏していそうな場所を探り続け、マイキーに接触することができたのです。

未来(現代)のマイキーの姿

タケミチに助けて欲しいと懇願し、タケミチの手を強く握るマイキー引用元:東京リベンジャーズ 第203話

マイキーはひどく痩せており、目の下のクマも酷く、やつれているようでした。

タケミチは、マイキーがみんなを守ってくれたおかげで幸せな未来(現代)を迎えることができているが、未来(現代)でのマイキーは幸せそうでないため救いたいと思っていると伝えますが、マイキーはタケミチのことを銃で撃ってしまうのです。

そして、マイキーは全部終わらせる為にビルの屋上から飛び降り、自殺を試み、その時タケミチがマイキーの手を掴み、「絶対助けてやるから助けて欲しいと言って欲しい」と伝えました。

マイキーが「助けてくれ タケミっち」と言いタケミチの手を強く握った瞬間、タケミチはなんと今度は10年前にタイムリープしたのです。

再度10年前にタイムリープしたタケミチとドラケンの再会

梵に加入し、梵メンバーであるドラケンと握手するタケミチ

引用元:東京リベンジャーズ 第215話

過去(10年前)は高校2年生となった元溝中五人衆(千堂 敦、山本 タクヤ、鈴木 マコト、山岸 一司)や柴 八戒、千冬、ヒナタは平穏に生活していました。

一方で、東京卍會解散後の東京の不良界は三天時代に突入し、寺野 サウスが率いる「六波羅単代(ろくはらたんだい)」、瓦城 千咒が率いる「梵(ブラフマン)」、マイキーが率いる「関東卍會(かんとうまんじかい)」の3つのチームが鎬を削っている状態になってしまっていたのです。

タケミチはマイキーを救うために初めは元東卍メンバーの力を借りることも検討しましたが、みんな平穏な生活を送っており、巻き込みたくないと思ったタケミチは自分1人でなんとかしようとします。

そんな時、偶然ドラケンから連絡が来たため会いに行きました。

そこで、ドラケンをスカウトしにきた六波羅単代の寺野 サウスと遭遇し、更にタケミチをスカウトするため梵も駆けつけて一触即発する事態となってしい、そこでドラケンが現在、梵のメンバーである事実を知ります。

結果、「マイキー率いる関東卍會を潰す」目的の梵とマイキーをぶっ潰し、救う目的のタケミチの利害が一致したため、タケミチは「梵」のメンバーの一員となりました。

ドラケンが死んだ理由

タケミチに最期の願いを託すドラケン引用元:東京リベンジャーズ 第222話

ドラケンは、出世のためにタケミチを襲った六波羅単代の下っ端の銃弾を身代わりで受け、死亡するのですが、過去(10年前)にタイムリープしたタケミチは少し先の未来が見えるようになっていて、瓦城 千咒がタケミチを庇って死亡する未来を見ます。

千咒とタケミチが遊園地を訪れた際に、六波羅単代の数下っ端が数人でタケミチを囲み、タケミチに向けて銃弾を放ち、そこでタケミチを庇おうとした千咒をタケミチが止めたため、「千咒が死亡する」という最悪の未来は回避されました。

更に、イヌピー(乾 青宗)から「タケミチを襲おうとしている」と報告を受けたドラケンが駆けつけ、下っ端を倒し無事に事が済んだと思った矢先、ドラケンは「俺はここまでだ」と言い倒れます。

ドラケンはタケミチの身代わりになって銃弾を受けており、銃弾を受けたドラケンは「マイキーを頼む」とタケミチに遺言を言い残し、息を引き取りました

その後到着した救急隊が「残念ながらもう亡くなっています」と告げているため、ドラケンは死亡確定したと言っていいでしょう。

ドラケンが今後生き返る可能性はあるのか?

死んだ仲間を救うと誓うタケミチ引用元:東京リベンジャーズ 第152話

過去に死んだ人を生き返らせることは出来ず、実際に場地 圭介や佐野 エマも未来(現代)では生き返っていません。

つまり、現時点でドラケンが生き返ることは「不可能」なのですが、関東戦争勃発前、タケミチは「タイムリープ自体本来はあり得ないことである。どうすればいいかわからないが、場地もエマも救う」と言っているため、今後ドラケンを含め、場地やエマが生き返る可能性はあるかもしれません。

ドラケンの死亡が確定した経緯のまとめ

今回はドラケンの死亡が確定した経緯を、関東事件後から順を追って証明しました。

ドラケンの死後、「六波羅単代」、「梵」、「関東卍會」が終結し、三天戦争が勃発していて、現時点では元東卍メンバーは平穏に暮らしていますが、彼らにとっても「ドラケンの死」は大きな衝撃を与えるではすです。

そのため、三天戦争も元東卍メンバーも参戦する可能性も考えられるでしょう。

そしてドラケンについてはタケミチが現在の能力よりも凄い力を手に入れるか、同様の能力を他の誰かが得るか、によって生き返る可能性はあるものの、現時点の丈夫ではドラケンの死亡は確定しています。

今後現在(未来)がどう変わっていくかのか注目です。