自分が去っても大丈夫だと確認する早坂

【かぐや様は告らせたい】早坂愛が突然の侍女解任!?自らやめた真相

主人公かぐやの侍女こと早坂愛は、本作の序盤から登場している重要人物の一人。

彼女の相談に乗ったり、無謀な作戦を実行したりと主人であるかぐやを公私ともに支えてきましたが、そんな彼女が突如「修学旅行を以て辞める」と告げました。

なぜ彼女はそのような選択をしたのでしょうか?

  • かぐやののろけ話に付き合いきれなくなった
  • 白銀がいるので、もう自分の役目は終わったと思ったから
  • かぐやへの隠し事が露呈することを恐れたから

今回の話は単行本18、19巻の内容になるため、アニメ派の人にはかなり先取りしたものになります。ネタバレが気になる方はご注意ください。

早坂愛はなぜ侍女を辞めることになったのか

かぐやに辞める意思を伝える早坂

引用元:かぐや様は告らせたい

それでは、彼女が辞める理由についてじっくり見ていきましょう。

早坂愛がかぐやへの嫉妬で辞めた可能性

藤原にキスしようとするほどおかしくなった早坂

引用元:かぐや様は告らせたい

白銀との交際が始まってからというもの、かぐやののろけ話はどんどんひどくなり、それに対しての早坂の態度も徐々に冷ややかなものになっていきます。

キスの自慢をされた時には、反動から藤原千花にキスを迫る、こんな行動をするくらい早坂愛はおかしくなってしまうのです

かぐやにマウントを取られることが嫌だったのですね。

また、少しさかのぼるのですが、早坂は普通の女の子のように友達を作ったり、好きな人ができたりしているかぐやに対して羨ましいという気持ちをもっていることも読み取れます。

白銀に触発されて本音を吐露する早坂

引用元:かぐや様は告らせたい

しかし、それが彼女が辞める原因かというと、そうでもなさそうです。

かぐやとの話を楽しかったと振り返る早坂

引用元:かぐや様は告らせたい

嫉妬心はあっても、それ以上にかぐやととりとめのない話をすることの方が早坂にとって大事なのは明白なので、嫉妬ぐらいで揺らぐような主従関係ではないということですね。

早坂愛は白銀に託して辞めた可能性

白銀御幸はかぐやにとって重要な人物ですが、早坂にとっても大変重要な人物です。

早坂は白銀にだけ、「自分はかぐやのことを本家に連絡している」と告げていて、これは、白銀を信頼しているからこその発言であり、ヘルプサインでもあります。

白銀に自分がかぐやの密告をしていると伝える早坂

引用元:かぐや様は告らせたい

この時点で、早坂は無意識に白銀に頼る気持ちがあったと読み取れますし、実際に早坂のモノローグでも、白銀や仲間たちがいるから安心して辞められるという内容があります。

自分が去っても大丈夫だと確認する早坂

引用元:かぐや様は告らせたい

これらのことから、早坂が辞められる要因に白銀がいることは間違いなさそうです。

しかし、修学旅行1日目の夜、早坂が白銀に送ったヘルプサインを読み取ると、どうもそんな単純な話ではありません。

早坂のヘルプサインを受け取った白銀

引用元:かぐや様は告らせたい

このヘルプサインの真意は一体どういうことなのでしょう?早坂に送られた一通のメールから探っていきましょう。

早坂愛が辞めた本当の理由

早坂に届いた解任のメール

引用元:かぐや様は告らせたい

四宮家の本家に仕える母から突然の解任メール

これは、本家からのかぐやの侍女を辞めて本家に戻ってこいという命令で、早坂と本家との関係を見ることで、それが何を意味するか?読み取っていきます。

かぐやを裏切っていた早坂

四宮黄光に命じられる早坂

引用元:かぐや様は告らせたい

実は早坂は四宮家長男黄光によって送り込まれたスパイで、かぐやの様子を毎日本家に連絡していました。

これはかぐやに対する裏切りであり、かぐやにとって最も許せないことです。

裏切りを嫌うかぐや

引用元:かぐや様は告らせたい

早坂は毎日罪悪感に押しつぶされそうになりながらもかぐやの情報をリークしていました。

そんな彼女を本家が呼び戻すということは、

  • もはやかぐやの情報は必要ない
  • 早坂を本家に戻すことですべての情報を洗いざらい吐かせる
  • 早坂の任を解き、別の従者を差し向ける

等の意図が見えます。作中で明言されていないのでまだはっきりとはしませんが、少なくとも早坂から情報を絞り出そうという考えはありそうです。

解任される前に辞めることを選んだ早坂

先の解任メールを受けた早坂は自ら辞めることを決意。かぐやへの「修学旅行を以て辞める」という発言は、この解任メールを受けてのことだと分かります。

早坂は本家に戻ることよりも辞めることを選んだということです。

本家に戻れば早坂が内通していたこともかぐやに露呈し、さらに本家に情報を絞り出されることでかぐやが四宮家内で不利な状況に陥ります。

早坂の裏切りがかぐやにばれるということなので、そうなる前に四宮家から去りたい。それこそが早坂が辞めるに至った理由です。

早坂愛は無事に辞めることができるのか?

早坂は辞めるにあたって3つの果たしたい目的があります。

  1. 『かぐやと白銀の関係がバレないようにする事』
  2. 『四宮家から逃げ切る事』
  3. 『かぐやときれいにお別れする事』

早坂のヘルプを受ける白銀

早坂をとらえようと動き出す雲鷹

引用元:かぐや様は告らせたい

目的達成のために早坂は白銀に助けを求めますが、しかし、その陰で四宮家三男「四宮雲鷹」が機密を抱える早坂を捕らえようと画策。

果たして早坂は雲鷹の追っ手から逃げ切ったうえで、かぐやとの思い出の場所で別れを告げることができるのでしょうか?

まとめ

早坂はずっとかぐやを裏切り続けていました。それも最悪の形で。

かぐやのことをよく知っている早坂は絶対に許されないと恐怖していて、中でも最も恐れるのはかぐやに嫌われること。

解任前に辞めるのは、かぐやに嫌われないためそれが突然の申し出の真相でした。

早坂は3つの目的を達成できるのでしょうか?早坂とかぐやの関係性はどうなるのでしょうか?

この話の結末は是非本編にてご覧いただければと思います。

かぐや様は告らせたいの最新記事8件