電話をするミネルヴァの横顔

約束のネバーランドウィリアム・ミネルヴァ正体が判明!真相と考察

週刊少年ジャンプにて連載中「約束のネバーランド」では子どもたちが幸せに過ごしていた施設が実は、鬼の餌として子どもたちを飼育しており、そしてある程度まで成長したら「出荷」されていたという恐ろしい事実が存在し、ある日主人公エマはその真実に気が付いてしまいます。

  • エマたち食用児たちに人権や自由はないのか?
  • 笑って幸せに過ごすことは許されないのか?

望む未来を目指してエマたちは外の世界へと飛び出すのですが、エマたちを手引きする「ウィリアム・ミネルヴァ」という人物を今回は解説・考察したいと思います。

ウィリアム・ミネルヴァの正体

外の世界へ逃げる術を伝えてくれたウィリアム・ミネルヴァは、食用児に向けて数々のアイテムを残し、手段や目的地を教えてくれました。

ミネルヴァの存在はエマの希望となり、エマが望む未来を目指す重要な道しるべとなります。

ミネルヴァはノーマン

ノーマンに駆け寄る子どもたち
引用元:原作14巻81ページより

エマが長い間探し続け、ヒントを頼りにたどり着いた先にいた者は、農園から出荷され死亡したと思っていた親友・ノーマンでした。

ノーマンがウィリアム・ミネルヴァを名乗っていた理由は大きくわけて2つあります。

  • 鬼とラートリー家を滅ぼし、子どもが食べられる世界を終わらせるため
  • エマやレイたちと再会するため

ミネルヴァが持つ人脈やネットワークを利用したかったノーマンは、ミネルヴァになることでそれを叶え、見事エマたちと再会。さらに食用児の子どもたちが安心して暮らせる楽園のようなアジトを造っていました。

もう1人のミネルヴァ=ジェイムズ・ラートリー

電話をするミネルヴァの横顔
引用元:原作9巻44ページより

エマがたどり着いたミネルヴァの正体はノーマンだったわけですが、ノーマンはあくまでミネルヴァの立場を借りていただけです。

では、本物のウィリアム・ミネルヴァは?

その正体はラートリー家のジェイムズ・ラートリーという人物でした。

ジェイムズは鬼に食用児を提供することで世界の平和を保つ「門番」の役割を担うラートリー家の一員でありながら、食用児を助けたいと願っており、農園の数々のアイテムに細工を施し、細工に気が付いた子どもたちだけでもせめて安全に隠れることができるようにと手助けしていたのです。

ジェイムズの弟ピーターは、食用児を助けるなど無益で自己満足だとジェイムズの行動を良く思っておらず、ついに刺客を向かわせジェイムズを殺害してしまいます。

エマ・ノーマン・レイの三人はこの小さな孤児院で幸せな毎日を送っていた。しかし、彼らの日常はある日突然終わりを告げた。真実を知った彼らを待つ運命とは…!?

ミネルヴァは1人ではないのではないか

ウィリアム・ミネルヴァの正体はジェイムズ・ラートリーだったのですが、もっと他にもミネルヴァの名前を語っていた人物がいた可能性はないでしょうか?

1人の人間が作れるとは思えないファシリティの数々

ふくろうのモールス信号とミネルヴァ
引用元:原作9巻52ページより

ジェイムズがミネルヴァを名乗ってペンや本などのアイテムに細工をし、子どもたちが安全に隠れることができるシェルターやゴールディ・ポンドを造っていたことはジェイムズ本人が語っていますが、さらに子どもたちを助ける手段として4つの高級農園に人間の世界へと繋がる「道」があるともジェイムズは言っています。

果たしてそれほど巨大な手助けが、ジェイムズ1人で準備できるのでしょうか?

もちろんミネルヴァを支援する者が何名かいたようですが、鬼の頂点と言われる「あの方」のような存在がなければ、人間の世界へと繋がる「道」を作ることは不可能なのではと思います。

ラートリー家であれば鬼との交流があってもおかしくはありませんが、鬼が子どもたちを逃がす手助けに加担するとは考えにくく、長い時間をかけて数々の施設や手引きを作り上げてきたのではないでしょうか。

1000年前に人間を生贄とすることで世界の均衡を守る条約が人間と鬼の間で結ばれたのですが、1000年という長い年月の間に食用児を手助けしたいと思う人間が現れ、ミネルヴァという人物を作ったのではと予想します。

食用児を助けたい鬼がいた?

電話をするピーター
引用元:原作9巻51ページより

弟のピーターによってジェイムズは殺害されたとありますが、実はジェイムズの死体が行方不明になっているのです。

刺客であるアンドリューはジェイムズ殺害をピーターへと報告しているのですが、死体が見つかっていない点が気になりますね。

残念ながら真相はいまだ不明ですが、殺害されたはずのジェイムズの死体が見つかっていないことから何者かが死体を持ち去ったか、ジェイムズ自身が死後復活したかが予想されます。

もし復活したのだとすれば、ジェイムズには鬼の血が流れ再生する能力があったのかもしれません。

まったくの想像ですが、邪血の少女ムジカのように食用児を食べなくても生きていける存在であれば、食用児を助けたいというミネルヴァの活動に賛同し力を貸してくれそうですよね。

エマ・ノーマン・レイの三人はこの小さな孤児院で幸せな毎日を送っていた。しかし、彼らの日常はある日突然終わりを告げた。真実を知った彼らを待つ運命とは…!?

まとめ

エマが長い間探していた人物ウィリアム・ミネルヴァの正体はジェイムズ・ラートリーであり、ジェイムズが食用児のために数々の手引きを用意していたことが明かされました。

ミネルヴァの人脈・ネットワークを利用するため、ノーマンがミネルヴァの名前を借り使っていたように、1000年の歴史の中でミネルヴァの名前を使った人物は他にもいたように思います。

食用児という存在に反対し、子どもたちを助けたいと考える大人はきっとジェイムズ・ラートリーだけではなかったはずです。