柏木鈴音

ダーウィンズゲームというアニメに登場するキャラクターの一人である解析屋のレイン。

だが、このレインが想像以上に可愛く、冷静な口調ながら声も可愛いレインが気になりすぎる!!ということで、ダーウィンズゲームに登場するレインのあれこれについて調べてみました。

ダーウィンズゲーム解析屋のレインの本名やプロフィール

「解析屋のレイン」として名が通っているようですが、レインの本名は「柏木 鈴音(かしわぎ れいん)」というそうです。雨という意味のrainだと思っていたら違っていたんですね。

鈴の音と書いてレイン、いい名前です。

アニメで主人公のカナメに対し、「スドウカナメ、登録名が初期設定なままなのは初心者にありがちです」と言っていたのに、レインもしっかり本名でプレイしていたんですね。

  • 柏木 鈴音(かしわぎ れいん)
  • 中学1年生の13歳
  • 左目の下に黒子が魅力
  • うめえ棒の納豆味が好物
  • 職業は女子中学生兼『解析屋』

誕生日や身長、体重などは現時点で公開されていません。ただ、カナメが大きいのかレインが小さいのか分からないので断定はできませんが、一般的な13歳の女子の平均身長は153.6㎝となっているので、レインも150㎝、もしくはカナメから最初は子供だと思われていたので140㎝台という線もありますね。

解析屋のレインの声優

大森日雅
引用元:https://www.crocodile-ltd.com/talent/omori-nichika

ダーウィンズゲームのレイン役の声優は「大森日雅(おおもり にちか)」さんです。

大森日雅さんといえば、

「六畳間の侵略者!?」の虹野ゆりかや、

虹野ゆりか
引用元:http://corona106.tv/character/

「理系が恋に落ちたので証明してみた。」の棘田恵那(いばらだえな)

棘田恵那
引用元:https://rikekoi.com/character

の声優としても有名ですね。

大森日雅さんの所属する「クロコダイル」の「https://www.crocodile-ltd.com/talent/omori-nichika」こちらにあるボイスサンプルをクリックすると、日雅さんの色々な幅の声が楽しめるので、これを聴くために公式サイトを覗いてみるのも♪

解析屋のレインの能力(シギル)

レインの能力(シギル)は「全ての動きを予想する情報処理系の超人級異能『世界関数(ラプラス)』」というもので、ざっくり説明すると「少し先の未来が見える」といったところでしょうか。

このラプラスによって相手の攻撃(銃撃)などを回避したり、相手の先を読んで狙撃するといった使い方をメインとしています。

ただ、レインは自ら戦闘を仕掛けるタイプではないですし、本人も自らを逃げ専と表現しているので、主に戦闘を回避するために能力を試行しているようです。

解析屋のレインは弱い?

レインの能力をフルに使えば相手の先を読める力なのでそうそう負ける相手には会わないでしょう。

ただ、本人が、

  • 戦闘が好きではない
  • 逃げ専

など、逃げて生き残って何が悪い!死んだら終わりだ!というタイプですし、13歳ということで小柄で戦闘向きではないので、戦う力でいえばそこまで強くは無いのかもしれません。

ただし、生き残るものが強者とするならレインはどんな手段を使っても生き延びようとするため、中途半端に強くて死ぬよりも逃げて逃げて逃げぬいてでも生き抜くレインは強いということになりますね。

ダーウィンズゲーム7話で王(ワン)に腕を折られる

ダーウィンズゲーム7話『圧砕(エイス)』において、先読みの能力で逃げ続けたレイン。

エイスに見つからないように隠れるレイン引用元:https://darwins-game.com/

予想以上に数が多すぎます。このルートから脱出するのは難しいですね

丁寧口調も可愛いレイン。

その後エイスのメンバーに発見されながらも、シギルラプラスによって経路を探しながら王にだけは見つからないように逃走。

エイスに追われるレイン

ラプラスによって逃走経路を見つけるレイン引用元:https://darwins-game.com/

ここしかない!その矢先、

『バァー』

ワンに見つかるレイン

ラプラスですらワンの登場を予測できなかったルイン

ワンに捕まったレイン
引用元:https://darwins-game.com/

ラプラスの能力によって王のいない経路を探しだし行動に移したレインでしたが、王の瞬間移動のシギルによってあっさり捕まってしまうレイン。

そりゃそうですよね。

王の瞬間移動もそうですがレインはまだ中学一年生。逃げる体力も逃げる腕力もないのに、その上王の瞬間移動なんてシギルを使われたら逃げられる方が不思議というもの。

ワンに捕まり腕を折られるレイン
引用元:https://darwins-game.com/

王は人を殺すことを喜びとする人間なので、拷問のために腕をへし折るなんて造作もないことなのでしょう。

痛がるレインも可愛い、と言いたいところですが、さすがにこのシーンだけは目をそらしてしまいました。

腕は折られたものの、その後宝さがしゲームをクリアしたレインたち。

解析屋のレインと言われるレインでも、王のように圧倒的な能力差がある場合は、いくら先読みに特化した能力でも対処はできないようです。

解析屋のレインのかわいい画像がいっぱい見たい!

レインがあまりにも可愛いので、魅力が伝わる画像をいくつか探してみました。

シンプルに可愛いレイン

柏木鈴音

柏木鈴音のアップ画像

焦って走る柏木鈴音
引用元:ダーウィンズゲーム放送分より抜粋

ダーウィンズゲームの3話に登場するレインは見た目はもちろん何度再生しても可愛いと感じる声!!

3話中盤あたりから主人公のカナメと会話するレインだけを目的にダーウィンズゲームを見るのも大いにアリだと思います。

ダーウィンズゲームに初登場した時の「解析屋」の可愛いレイン

ダーウィンズゲームに初登場したレイン

ダーウィンズゲームに初回登場時のレイン
引用元:ダーウィンズゲーム放送分より抜粋

見た目は幼いけど頭がいいから実年齢は結構いってるのかな?と思われた初登場シーンですが、やはり見た目相応の13歳だったんですね。

血行残酷なダーウィンズゲームを逃げ専とはいえ、生き抜いているレインは可愛さだけでなく内に秘めている強さも感じられます。

中学の制服を着ているレイン

中学生の友人と歩くレイン

ダーウィンズゲームの蛇に噛まれるレイン

シギルに目覚めるレイン

シギルを発揮するレイン
引用元:ダーウィンズゲーム放送分より抜粋

レインがシギルに目覚める(ダーウィンズゲームを始める)前後の様子も回想シーンでしっかり描かれています。

ダーウィンズゲームに登場するレインは基本的にコート(レインコート?)を着用しているので、違う服装をしているレインも可愛いですね!

原作のレインも可愛いすぎ!!

ダーウィンズゲーム原作12巻表紙のレイン

ダーウィンズゲーム原作18巻の表紙

ダーウィンズゲーム18巻に登場するレイン
引用元:Amazon

アニメのレインも可愛いのですが、原作に描かれているレインの可愛さと言ったら…何巻を買えばいいのかではなく、全館買ってレインの可愛さを堪能する!この一択以外に無いでしょう。


ダーウィンズゲーム コミック 1-19巻セット

ダーウィンズゲームで可愛いのはレインだけじゃなかった

https://twitter.com/nichika1015/status/1238495665509949441

ダーウィンズゲームのアニメにレインが登場するのは3話から(正式には2話後半)なので、最初はレイン目的で作品を見たわけではありません。

シュカが可愛い

シュカのプロフィール

  • 声優:上田麗奈
  • 16歳女子高生
  • シギル(能力):紐状の構造物を自在に操る王級・念動系の能力者
  • 日本ランキング5位

ストーリー重視でない限り最初に目が行くのはダーウィンズゲームのメインヒロインであるシュカでしょう。

主人公のカナメに対して一途なところも可愛いですね。

スイも可愛い

スイのプロフィール

  • 声優:花守ゆみり
  • 11歳の小学生
  • シギル(能力)水を自在に操る超人級異能。至近距離なら相手の血流操作も可能

スイは二重人格?で1年前に死んだ双子の兄が交互に現れるので男の子に間違われやすいが、身体はれっきとした女の子

11歳という年齢を考えるとアレなのですが、イラストの可愛さだけで考えるとサンセットレーベンズの中でもトップクラスの可愛さだけでなく、カッコよさも兼ね備えているのがスイちゃんです。

まとめ

今回はダーウィンズゲームに登場するレインの可愛さを中心にご紹介してきましたが、ダーウィンズゲームは話自体も結構面白いので原作を読むとさらにレインの魅力を堪能できること間違いなし!

ちなみにレインは今現在主人公カナメ(男)と恋愛どうこうという流れにはなっていないので、いろんな意味でピュアなレインで居続けてくれているため、アニメはもちろん原作のレインも堪能しましょう。

ダーウィンズゲームの「レイン・シュカ・スイ」を堪能するなら無料で視聴できるフルがオススメ!

以上、ダーウィンズゲームのレインの詳細なプロフィールでした。アニメも原作も今後のレインの動向に目が離せません。

data-ad-format="auto" data-full-width-responsive="true">
data-ad-format="auto" data-full-width-responsive="true">
おすすめの記事